晴れたらいいね

no photo no life

新緑 ロマンスカー 川音川

新松田からバスに乗り、「神山滝」で下車。川音川の水辺から鉄橋を渡るロマンスカーを狙います。

2018041901.jpg
(12:36)

途中秦野辺りで曇っていたんで、やばいと思いましたが、現地に着いたらいい天気で青空が見えてました。中でもこの写真を撮った時が青空と雲のバランスがベストでした。去年の12月に来た時、日陰になっていて超寒く、あえなく敗退したんで今日はそのリベンジです。

ここに着いたのが11時過ぎ、ご同業者さんは一人もいなかったんですが、あとからおひとりいらっしゃった。昨日の雨で川音川の流れは少し濁っていたのがちょっぴり残念。川音川沿いの新緑が日増しに色を濃くしている。ヤギさんがぽつんと日向ぼっこをしてました。


2018041902.jpg
(11:48)

三脚を据えてほぼ同じアングルでずーとパチパチやってました。ここではこれ以外のアングルのアイディアが浮かばない。

というわけで同じようなっ写真ばっかりですがご勘弁を。


2018041903.jpg
(11:59)


2018041904.jpg
(12:00 スーパーはこね17号)

お待ちかねのGSEがやって来た。

ご同業者さんは地元の方で、撮影ポイントなどを教えて頂きました。そしてGSEを撮ったあと他のポイントに行かれました。


2018041905.jpg
(12:24)


2018041906.jpg
(12:38)


2018041907.jpg
(12:58 はこね16号)

戻りのGSEを撮って今日の目的達成。あとはだらだら。


2018041908.jpg
(13:04)


2018041910.jpg
(13:19)

新松田に戻る途中の710号線の道路端から最後のショットです。このころになると雲が湧いてきてしまった。

歩いて30分で新松田に到着。教えて頂いたポイントが途中にあり写欲がわいたんですが、今日は長いレンズを持ってきてないので次回ですね。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
スポンサーサイト
  1. 2018/04/19(木) 16:38:53|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0

緑の館

新緑の季節、同じ緑でも、

あれや、

2018041802.jpg

これや、

2018041801.jpg

歓迎せざる景色です。特にお隣や周辺の方は不安でしょうね。

近年、全国的な空家の増大が大きな社会問題となっています。受刑者が逃走している島でも、多くの空家が捜索を困難にしていると報道されています。空家に限らず、耕作されずに放置されている田んぼが年々増えている。一筋縄ではいかないと思いますが、周辺住民の不安等を払しょくする為に、各自治体の積極的な空家対策を望みます。
  1. 2018/04/18(水) 08:27:29|
  2. その他
  3. | コメント:0

この先にあるもの

2018041704.jpg

ご老人たちがゲームに興じている。よく見かけるゲートボールとは違うゲームのようだ。

お仲間とこうして楽しい時間を過ごすのが生きがいかも知れない。

自分の場合、今も、そして将来もこのようなお仲間の輪の中に入っていくことはないと思う。なによりも自分のペースでやりたい。他人に頼らず、すべて自分で考え、計画し、行動するのが性に合っている。

天気が悪いと気持ちが落ち込む。天気がよくなる週末が待ち遠しい。

GRDⅢ

  1. 2018/04/17(火) 16:51:59|
  2. その他
  3. | コメント:2

たまにはカフェ

コーヒー好きで一日5、6杯は飲むんだけど、外に出た時に喫茶店、カフェなどに立ち寄ることはほとんどない。

今日用事があって寒い中出かけたんだけど、たまには、

2018041709.jpg

ここへ。

ひとりでコーヒー飲みながら時間をつぶすのは大変だね。スマホだってそう長くは見てられないし、どうも居心地がよくない。肝心のコーヒーのお味を楽しむというところまで行かない。

その昔、植草甚一というジャズ、映画評論家がいたのを思い出した。スイングジャーナル誌に氏の連載があって人気があった。買いこんだ本を喫茶店に持ち込んでコーヒーを飲みながらペラペラめくる、そんなのが氏のお気に入りの日常だった。

家でピーナッツをポリポリかじりながら、GYAOを見ながら、お味は少し落ちるかもしれないけど、インスタンチコーヒーを飲んでる方が断然気楽だ。

GRDⅢ
  1. 2018/04/17(火) 13:29:19|
  2. その他
  3. | コメント:0

追いつけなくなった

昨日は息子夫婦が外出するので孫たちのお子守を頼まれました。

天気予報では大荒れも予想され心配したんですが、朝田園都市線線に乗ったら東京の空は青空が見え始め、肩透かしを食らいました。着替えのGパン、靴下、雨合羽、タオル、吹き飛ばされてもいいようなビニール傘など万全の備えできたのにね。

2018041606.jpg

上の孫を外を外に連れ出したら大変。猛ダッシュで走り出し追いつけません。息せきってようやく捕まえると、また逃げ出す。こんな繰り返しでジイジははなからへとへとです。事故がこわいのでほんと神経を使います。大好きな電車を見たりしてようやくご帰還。孫のお子守は全身を使うので、鉄っちゃんやっているよりいい運動になります。

ところで、

2018041607.jpg

この電車が通ったら「しんがた、しんがた」と叫びました。調べたらこの春から導入された新型車両の6020系なんですね。君はなんでそんなことを知っているんだ!

P9LITE
  1. 2018/04/16(月) 05:28:20|
  2. その他
  3. | コメント:2

【偽警告】Windowsセキュリティシステムが破損

昨日突然こんなのが入って来た!

無題

ご注意: Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。ファイルは200(ここカウントダウンしている)秒で削除されます.
必須: 下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンし、ファイルが保護されていることを確認してください。


一瞬焦った。危うく「更新」をクリックしそうになった。

すぐ正気に戻り、あ~これはニセものだと判断しました。

以前から出回っていたのか知りませんが、皆さんご注意下さい。
  1. 2018/04/13(金) 07:53:12|
  2. その他
  3. | コメント:0

予想が当たった

2018年3月9日の自分のブログで朝日新聞に不定期連載中の「鎌倉ぶらり 洋風建築の名品を歩く~湯浅物産」のことを書きました。その時次回は「ホテル ニューカマクラ」が取り上げられると予想しました。

当たりましたねえ(笑)。今日(13日)の朝刊の神奈川版に「洋風建築の名品を歩く~ホテルニューカマクラ」が載ってました。

2018041301.jpg

「ホテル ニューカマクラ」は鎌倉市御成町13の2、JR鎌倉駅西口から1分のところにあります。1924年に建てられ、鎌倉市の景観重要建築物に指定されています。

この写真は2014年10月8日に撮影したもので、その時の記事は → こちら

当時から4年も経っているので変わったところもあるかもしれません。鎌倉駅からすぐなんで興味のある方はちらっと寄ってみてください。
  1. 2018/04/13(金) 07:12:19|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

新緑とロマンスカー

いつもの新松田ー渋沢間の四十八瀬川沿いの土手からロマンスカーと新緑を撮ります。

2018041216.jpg


先日頭高山でさんざん新緑を見たんで、目の前の景色にそれほど心を動かされるということはなった。時間は11時少し前です。なかなかアングルが決まらず、とりあえず普通にパチリ。


2018041217.jpg



2018041220.jpg



2018041218.jpg
(11:58)

お待ちかねのGSEがやって来た。ローズバーミリオンの車体が新緑に映えますね。ただ残念なことに青空が陰ってしまった。去年から小田急沿線でご同業者さんと一緒になる機会が多いのですが、皆さんLSEに対する思いは相当なものがありますね。正直言って自分はそこまでではないんだよね。気持ち的にはGSEファーストです。


2018041209.jpg


菜の花が咲いているところがあったんでちょっとお邪魔させてもらいパチリ。


2018041211.jpg


いつもロマンスカーを撮る時に前景として利用する大きな木があるんですが、まだほとんど葉っぱが出てないスカスカ状態でした。以前はなかったんですが、電流を通した柵が張り巡らされてました。


2018041221.jpg
(13:00)

ご同業者さんが踏切近くにいてパチパチやっておられます。ちょっと気になるんですが、写り込んでも仕方ないですね。


2018041222.jpg

これを撮っておしまいです。時間は午後1時です。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2018/04/12(木) 16:52:08|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:4

八重桜の里から頭高山へ(2)

前回からの続きです。白山神社の太鼓の音を後ろに聞きながら、頭高山登山の開始です。といっても低山(303m)なんで登山というお大袈裟なものでなく、ハイキングといった方がいいでしょう。


2018041001.jpg


写真を撮っていたらおじさん連中が追い越していった。いい年したオッサンたちがそろってハイキングというのも微笑ましい。


2018041002.jpg


あとに女性3人組が続きます。今日は春の行楽シーズンの休日ということもあり、たくさんの人達と行き交いました。


2018041003.jpg


柔らかな葉っぱの薄緑色が新鮮だ。ほんの緩やかな山道を周囲の新緑を眺めながらゆったりと進んで行きます。


2018041004.jpg


眺めのいい場所に出た。遠くに八重桜がたくさん見える。隠れてますが写真左にも何本か八重桜があります。登り始めてここまでくる間にもたくさんの八重桜が見えました。まさに八重桜の里の名前にふさわしいですね。


2018041006.jpg


この辺りの新緑はまばらですね。左側の木々にはほとんど若葉が見えない。


2018041008.jpg


登り始めてから20分ぐらいで休憩スポットに到着。最初ここが頭高山の頂上かと勘違いしちゃいました。ここはちょっとした広場になっていて、東屋やトイレがあり便利です。


2018041029.jpg


八重桜や菜の花に囲まれて20人近い団体さんの宴会が始まっていた。時間は11:30ですが、宴会はすでに大盛り上がりで皆さんご機嫌です。こんな景色にいいお山でお酒を飲めるなんて最高です。

今年もこの場所で「頭高山桜まつり」が4.14(土)開催されます。歌謡ショーやよさこい踊りなどイベントが予定されてます。ただそれまでに八重桜がもつかちょっと心配です。


2018041010.jpg


斜面に咲き乱れる八重桜の下にきました。けっこう傾斜がきついので転げ落ちないように慎重に歩きます。例年の開花時期は分かりませんが、ちょっと遅かったかな。


2018041012.jpg


といっても初めて見る者にとってはこれだけたくさんの八重桜に圧倒されます。

東屋で昼食にします。

そして、


2018041013.jpg


休憩広場から数分であっという間に頭高山の山頂に到着。鳥居の前の階段が今日一番の急坂でした。


2018041019.jpg


山頂は少し傾斜はありますが、見晴らしもよく、東屋があり、なによりも広いです。


2018041016.jpg


思い思いの場所に座り、遠くの景色を眺めながらの昼食です。こっちは丹沢方面です。


2018041018.jpg


そしてこっちは渋沢丘陵かな。


2018041017.jpg



2018041020.jpg


ここの新緑がとびぬけて色鮮やかでした。


2018041022.jpg


山頂付近にも八重桜が何本か咲いてます。


2018041024.jpg


薄からず、濃すぎず、このくらいの新緑が一番好きです。新緑に魅せられて吸い込まれるよう奥へ奥へと入って行きそうになります。おっと危ない、転げ落ちたら登って来れないよ。

いつまでも写真を撮っていたいのですが、このへんで引きあげることにします。


2018041025.jpg


休憩広場ではまだ宴会が続いています。近くに咲いていた白っぽい八重桜は今がちょうど見頃でした。


2018041026.jpg


元気なボクとお母さんがおしゃべりをしながら下って行きます。そして脇道に入った二人は森の中に消えていきました。

ここから渋沢方面に下るルートはいくつもあるんですが、もう一度泉蔵寺の’ちゅーりっぷまつり’を見たかったんで来た時と同じルートで渋沢まで戻りました。

せっかくですから、渋沢の近くの陸橋からロマンスカーを狙います。

わずかな待ち時間で、


2018041027.jpg
(14:19)

VSEと、


2018041028.jpg
(14:23)

GSEが通過して行きました。

頭高山ハイキングは楽しかった。八重桜、チューリップ、新緑の季節にまた来たいですね。山と言っても丘のような感覚で登れるのでお勧めです。
(撮影2018.4.08)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2018/04/10(火) 05:40:51|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:0

八重桜の里から頭高山へ(1)

渋沢で降りて歩きます。今日は八重桜で有名な秦野の千村地区から新緑が始まった頭高山(ずっこうやま)に登ります。出来たら八重桜の花摘みをしているところを見れたらいいなあ。

緩やかなのぼりのバス通りを歩いて行きます。頭高山ハイキングコースは → こちらを参考にして下さい。

20180408map04.png
(赤線=本日のルート)

千村配水場あたりから新緑がまぶしい道を奥に入っていきます。


2018040901.jpg


まだら模様の新緑が清々しい。こういう景色好きだなあ。


2018040902.jpg


配水所近くに戻ります。ちょうど一家そろって花摘みをやっているところを見ることができました。おじいちゃんが高い梯子に上って花摘みをやっています。下ではお孫さんらしき子供さんがお手伝い。多く栽培されている品種は30〜50枚の花弁を持つ「カンザン」だそうです。

こんな和やかな風景もこんな悩みがあるようです。

秦野市千村地区は「八重桜の里」として知られ、全国有数の食用桜花の産地。しかし近年は、摘み取り作業者の高齢化や人手不足の問題に加え、桜の樹木が10m以上に成長し摘み取りには高くなり過ぎることも課題となっている。農家からは「このままでは桜の摘み取りが途絶えてしまうのではないか」と懸念する声も上がっている。(タウンニュース秦野版2017.1.12号より抜粋)

今日こここしか花摘み作業を見ることは出来ませんでした。他の場所に行けば見られるのでしょうか。時期的にちょっと遅かったのかな。周囲に八重桜が咲いている畑がたくさんあるのですが、勝手に中に入っていけないのがつらいところです。


2018040918.jpg


先に進みます。あちこちに八重桜が咲いています。


2018040919.jpg


遠くに八重桜がいい感じで咲いているんですが、勝手に中に入れないのでここからパチリ。


2018040920.jpg


頭高山方面に徐々に登って行くと思ったら一旦下るんですね。


2018040903.jpg


敷地内に枝垂桜などが咲き誇るお宅を上から眺めます。広い敷地と立派なお宅が羨ましい。

さっきから車がびんびん走り、家族連れが多いと思ったら、泉蔵寺(せんぞうじ)で「ちゅーりっぷまつり」をやってました。まったく知らなかったので超ラッキーです。本堂前の会場をはじめ、第二、第三会場までありました。


2018040921.jpg


ジャストタイミングのチューリップが見事で訪れた人たちの喚声が上がります。先日の横浜公園や昭和記念公園のチューリップにとてもかないませんが、精一杯育てた気持ちが伝わってくる。


2018040908.jpg


地元の特産物や、おいしい食べ物、子ども達も楽しめるお菓子やお遊びゲームもたくさんありました。 泉蔵寺内の要所を巡るスタンプラリーもお楽しみのひとつです。ちょうどお釈迦様の誕生日なんで甘茶も用意されてました。


2018040905.jpg


枝垂桜がちょうど見頃です。


2018040907.jpg



2018040910.jpg


ここは第二会場のチューリップです。


2018040909.jpg


ここから下を見下ろすと馬がいる。


2018040917.jpg


乗馬体験をやってました。アメやチラシを配るチューリップガールも会場のあちこちで見かけました。


2018040916.jpg



2018040906.jpg


チューリップやお祭りを楽しんで先に進みます。


2018040911.jpg


道々相変わらずたくさんの八重桜を見ることが出来ます。


2018040912.jpg


ここで初めて八重桜のやわらかな花びらを間近に見ることが出来ました。


2018040913.jpg


思わず手に取ってその感触を確かめたくなります。


2018040914.jpg


境内から聞こえてくる太鼓の音に誘われて白山神社の階段を登ります。2本の巨大なスギの木がお出迎えです。「かながわの名木100選」に選ばれ、高さ46m、幹回り5mで樹齢約600年です。


2018040915.jpg

子供たちが真剣な眼差して太鼓を打ってました。お祭りに備えての練習のようです。

さていよいよこれから頭高山登山開始です。ここまで山里のとってもいい雰囲気が続いていて足取りも軽く、テンションMAXです。303mの低山なんで気持ちは楽です。

続きます。(撮影2018.4.08)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2018/04/09(月) 06:01:28|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:0
次のページ