FC2ブログ

記事一覧

ダイアナ・クラール DIANA KRALL

最近のお気に入りはダイアナ・クラールです。彼女のことは数年前から知っていたんですが、ちょっと聞いてそれっきりでした。ジャズとポップスの中間的感じがいまいちピント来なくてそれっきりでした。その時は彼女よりトリオのラッセル・マローン(g)の方に興味が湧いた。図書館から彼女のCD全部を借りてきました。少しハスキーで乾いた歌声だけど、暖かく包み込むような歌い方が聞く者の心に染みわたる。外見は小生意気な女性に...

続きを読む

The Danish National Symphony Orchestra ~ マカロニ・ウエスタン

先日YouTubeを彷徨っていたら偶然見つけました。それから気に入って繰り返し見ています。「The Danish National Symphony Orchestra(デンマーク国立交響楽団)」の素晴らしい演奏に聞きほれてました。LIVEで演奏は2018年1月だと思います。演奏されているのは主にイタリアの巨匠エンニオ・モリコーネの作品で、1960年代から1970年代前半に一世を風靡した「マカロニ・ウエスタン」の映画音楽でした。マカロニ・ウエスタンの映画音楽...

続きを読む

THIS IS TAL FARLOW

ジャズを聴き始めたのは学生時代からだけど、いまだに意欲は衰えない。ただしその対象は随分と変わりました。ハードバップのギンギンのジャズが好みだったけど、最近ではズート・シムス、デクスター・ゴードン、チェット・ベイカー、ジム・ホール、そして異彩を放つキース・ジャレット等々シブいところを好んで聞いています。若い時はほとんど聞かなかったジャズギター、なかでもタル・ファーロウ(TAL FARLOW)がお気に入りです。...

続きを読む

アレサ・フランクリン(ARETHA FRANKLIN)

先日、クイーン・オブ・ソウルの異名を持つアメリカの偉大な歌手アレサ・フランクリン(1942~)の病状が深刻だという報道があった。彼女については以前ニーナ・シモンと混同してたこともあったりして、あまり関心がなかった。この機会に(ちょっと後ろめたいけど)彼女のCDを何枚か図書館から借りて来て聞いてみた。評判通り、その歌唱力には圧倒されました。ただゴスペルフィーリングやソウルフルなオリジナルの楽曲は個人的には...

続きを読む

チェット・ベイカー

手持ちのMDに入っているCTI最大のヒットアルバム『アランフェス協奏曲』ジム・ホールを久しぶりに聞いたんだけど、うかつだった。(アランフェス協奏曲/ジム・ホール)ジム・ホールの名演はともかく、このトランペットは誰だっけ?間のとり方が凄くいいんだよね。今まで何気に聞き流していたけど、凄くいいじゃん。チェット・ベイカーだった。音が出そうで出ない、出ないようで出る・・・スースーという感じから柔らかな音色が流れ...

続きを読む

訪問者数

カレンダー

04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

aki

Author:aki
昔は自転車乗り、今はカメラ片手に神奈川、東京をぶらぶら。
小田急や東海道沿線で電車の写真を撮っています。