FC2ブログ

記事一覧

横溝正史~金田一耕助シリーズを読み始める

暑さも去り、落ち着いて本が読める季節になりました。世の中、年寄り向けの「老後をどう生きるか」的な本がいっぱい出ていて結構な部数を稼いでいます。自分はそういう本には興味が湧かないので一切読みません。読んで楽しく、わくわくするものに限ります。何を読もうかなあ~と迷っていた時、たまたまあの角川春樹さんがテレビに出てるのを見ました。久しぶりに顔を拝見したけど、さすがにおじいさんになったなあ。そうだ、角川さ...

続きを読む

つげ義春

今夏、異常な暑さで外出もままならず、家に籠っていることが多かった。いつもなら本でも読んで時間をつぶすんですが、とてもそんな気にはなれなかった。そんな折図書館でぶらぶらして見つけたのが「つげ義春全集」でした。おっ久しぶりにまた読み返してみるか。つげ義春のマンガに初めて出会ったのは十数年前、それから何年かおきに読み返しています。子供のころからさほど漫画には興味も湧かず、大人になってからもちらっと立ち読...

続きを読む

「もう一度読みたい松本清張」

今日の朝日新聞の朝刊の「beランキング」に取り上げられていたのは『もう一度読みたい松本清張』だった。個人的には大好きな松本清張だけにとっても興味深く読みました。上位20位まで列挙されてましたが、「点と線」「砂の器」「ゼロの焦点」がベスト3でした。以下お馴染みの作品が選ばれていて妥当なところですね。20位までに入った作品は時代物の2作品を除き手元にあります。ただ相当昔に買ったので黄色に変色してるし、文字...

続きを読む

『昭和史発掘』~松本清張

GWの後天候に恵まれず、家でぐだぐだしております。お陰で読書三昧の日々が続いていて、松本清張の「昭和史発掘」を読んでいます。正確には読み直しです。昭和40年から出版された文芸春秋社の単行本を何冊かもっていたんですが、どこかにいってしまった。誤って捨ててしまったのか??仕方がないので図書館から借りてきました。ところでこの「昭和史発掘」は1964年7月6日号から1971年4月12日号まで文藝春秋の週刊誌「週刊文春」に...

続きを読む

「名画の謎」と「怖い絵」

文藝春秋3月号に載っていたホッパーの「ナイトホークス」の解説がご縁で中野京子さんの著作を一気に集めました。もちろんすべて図書館から借りました。「怖い絵」と「名画の謎」のシリーズ数冊が手元にあります。思い出してみれば「怖い絵」の表紙の絵は確かに見た記憶がある。あやしげな女性の横目遣いが忘れられない。2007年7月に世に出た時けっこう評判になったと思う。当時はまったく興味がなくて触りもしなかった。「名画の謎...

続きを読む

訪問者数

カレンダー

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

プロフィール

aki

Author:aki
昔は自転車乗り、今はカメラ片手に神奈川、東京をぶらぶら。
小田急や東海道沿線で電車の写真を撮っています。
<使用機材>
E-M5 Mark II
DSC-RX100
GRDⅢ
EOS5DMarkⅡ
EOS50D
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm f2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ