FC2ブログ

記事一覧

「つげ義春大全」の刊行が始まりました

今日の朝刊につげ義春の全作を集めた「つげ義春大全」の記事が載っていた。寝起きのぼーとしていた頭が一瞬にして冴えわたった。第1回配本が2020年4月24日から始まっているんですね、知らなかった。これ以降毎月2巻づつ刊行されています。もともとマンガはほとんど読まないですが、唯一興味を持って何度も読み返しているのがつげ義春の作品です。以前このブログでも取り上げたことがあります。そのシュールでエログロの摩訶不思議...

続きを読む

模倣犯

「模倣犯」を読み切った。2ヶ月いや3ヶ月かかったかな。ありきたりな感想ですが、まあまあ面白かった。でもね、正直言って読みごたえがあったというより、長すぎたという感想です。ここまで長編にする必要があったのか疑問に思いました。一方では読み進むうちに引き込まれ、年甲斐もなく狡猾な犯人に対する憎しみがMAX。果たして捕まるのか、逃げ切るのか、それとも自ら命を絶つのか、結末が早く知りたかった。最後の巻は久しぶ...

続きを読む

女性作家のミステリーが面白い

東野圭吾の「白夜行」を読み終わった。どちらかと言えばその前に読んだ「幻夜」の方が面白かった。「白夜行」はあまりにも長編なんで、一気に読むことはむつかしく、並行していくつかを読みました。「火車」以外は以前一度読んだ気がするけど、よく覚えていない。もしかしたら面白くなくて途中で止めちゃったかもしれない。これらに共通するのはみな女性作家のミステリー作品で、ほとんどが20年以上前の作品です。そして朝日新聞の...

続きを読む

最後は「白夜行」に行きつく

(白夜行 集英社文庫)映画「マスカレード・ホテル」の上映を機に東野圭吾の本をまた読み始めたことは以前ちらっと書きました。その後も片っ端から読み、15,6冊は読み切りました。タイトルはだいたい覚えているけど、ストーリーは分からなくなった(笑)。主に写真を撮りに行く電車の中で暇つぶしに読んでました。全体の印象だけど、途中まではいいんだけど、最後がね・・・物足りない印象でした。ところが東野圭吾はこれでお...

続きを読む

「マスカレード・ホテル」東野圭吾

映画「マスカレード・ホテル」が好調なスタートをきったようですね。映画公開に合わせて東野圭吾の小説を何冊か読みました。ずいぶん前に「秘密」「白夜行」「容疑者Xの献身」等を読んだことはありますが、久しぶりです。そして最後に読んだのがこの「マスカレード・ホテル」です。(マスカレード・ホテル/東野圭吾 集英社文庫)東野圭吾の小説は読みやすいので結構ボリュームがありましたが一挙に読み切っちゃいました。高級ホテ...

続きを読む

訪問者数

カレンダー

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

プロフィール

aki(tetsudo.comでのニックネームmikun)

Author:aki(tetsudo.comでのニックネームmikun)
昔は自転車乗り、今はカメラ片手に神奈川、東京をぶらぶら。
小田急や東海道沿線で電車の写真を撮っています。
<主な使用機材>
E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm f2.8 PRO