晴れたらいいね

no photo no life

白山~七沢森林公園ハイキング

今日は座間のANDOW君とハイキングです。絶好の天気に恵まれ、ホンアツからバスに乗り、降りたのが飯山観音前バス停。

20170520map04.png

今日のコースは、飯山観音~白山~貉坂峠~物見峠~順礼峠~七沢森林公園(野外ステージ)


2017052001.jpg


庫裡橋を渡るとポピー畑があり見ごろでした。今季初めて見るんだけど、これまた新鮮な感覚で眺められました。


2017052004.jpg


いくつかの階段を上って飯山観音長谷寺に到着。とても丁寧にお参りをしていた女性のわきでちょっことお参りをしていざ登山開始です。時間は10:00です。


2017052006.jpg


白山まで女坂を登ったんですが結構きついです。それに暑い~。


2017052007.jpg


息せきってようやく白山に到着。白山展望台からの眺めは少しもやっている。下に見えるのは小鮎川方面だと思いますが・・・はっきり分からない。


2017052008.jpg


白山からはいきなり急坂を下ります。今日のコースはこのようなアップダウンの繰り返しです。なだらかな尾根歩きを期待して来たANDOW君にとってはちょっと堪えたかな。実は自分も先日の大山帰りの九十九曲がりで猛スピードで下ったのが災いして、左足の調子がよくないんです。今日はその左足をかばいかばいなんで無理が出来ず、ちょっとしんどかったです。


2017052009.jpg


貉(むじな)坂峠や物見峠を次々と越えていきます。白山を登る時は暑かったんですが、ここでは森の中を吹き抜ける薫風がひんやりと感じられ、とても気持ちがいい。進路右側の下の方からカーンとゴルフボールを打つ音が聞こえてきます。「清川カントリークラブ」が隣接しています。


2017052010.jpg


スギ林の中を抜け、ベンチがあればちょっとひと休み、


2017052011.jpg


緑鮮やかな新緑を眺め、サル注意の看板をヤバいと感じながら進み、


2017052012.jpg


行き交う人とあいさつを交わし、アップダウンを繰り返して進んでいくと、


2017052013.jpg


この看板が見えました。時間は12:00、ようやく七沢森林公園に入ったのでひと安心です。


2017052014.jpg


この辺りに来ると緑がより鮮やかですね。広場の様な順礼峠を通り、登って下ればようやく今日の最終目標地点の野外ステージに到着。やれやれやっと着いたか、時間は12:35。


2017052015.jpg


写真左側の建物にテーブルとベンチがあるのでここで昼食にします。


2017052016.jpg


久しぶりのカップ麺、おにぎりの昼食に満足。でも2、3日前の報道でカップ麺が一番塩分が多いと聞かされて、ちょっと気にしつつおいしく頂きます(笑)。


2017052021.jpg


デザートは今日もANDOW君お手製のアップルパイとコーヒーを頂きました。甘~いアップルパイにちょっと苦いコーヒーがベストマッチです。ごちそうさんでした。ANDOW君は料理が得意でこまめに家事をやっているんようですが、自分は「男子厨房に入らず」の人間です。いや、いろいろ面倒になるんでやらしてもらえないといった方がいいかな。


2017052019.jpg


小鳥のさえずりや風に吹かれてサワサワと音をたてる森のささやきに耳を傾けるANDOW君、やっぱり自然ていいなあ~。


2017052020.jpg


アーチの優雅なデザインの「森のかけはし」を眺めて今日のハイキングは終了です。七沢温泉入口バス停から乗車してホンアツに帰って来ました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
スポンサーサイト
  1. 2017/05/20(土) 18:12:52|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:0

新緑の大山から日向の里へ

今日は新緑の大山へ。大山といっても頂上まで登らず阿夫利神社までです。

2017051601.jpg


いくら平地でのウォーキングで足を鍛えているといっても山登りは全然違うね。早くもこま参道で息が上がってしまう。毎回経験するんだけど慣れるまで最初の30分がきついね。


2017051602.jpg


ここのツツジは終わっていると思っていたら、ちょうど今が見頃でした。

20170516map02.png

今日の予定は大山寺に寄り、阿夫利神社にお参りをして、見晴らし台まで行きます。その後は未定です。


2017051603.jpg


新緑といっても半月ほど来るのが遅かったんで瑞々しさはなくなってますね。それに今日は晴れると言ったのに、ほぼ曇り空で新緑があまり映えなかった。


2017051605.jpg



2017051610.jpg


途中駅の大山寺の跨線橋から大山ケーブルカーをパチパチ。


2017051611.jpg


横に走っているケーブルが邪魔して撮りづらいなあ。

ここからケーブルカーに乗ります。


2017051612.jpg


乗っていた人の大半が初めてらしく、急勾配や見晴らしに驚きの歓声を上げてました。常連さん(自分のこと)にとってはこうして喜んでもらえるのがうれしいね。


2017051614.jpg


阿夫利神社駅から登ってくるケーブルカーを待ち構えてパチパチ。見慣れている新緑なんだけど、山並みの新緑が鮮やかで見入ってしまう。色も薄い緑から濃い緑とパッチワークのような組み合わせが立体感を演出している。


2017051615.jpg


去年紅葉が素晴らしかったこの辺りの木々の新緑が見事です。


2017051617.jpg


今日見た中ではこの新緑が一番だった。


2017051618.jpg


阿夫利神社で丁寧にお参りをします。今回から願い事がひとつ増えました。なにとぞ、なにとぞ・・・。


2017051620.jpg


この先に大山への階段があるんだけど、もちろん遠慮しときます。


2017051619.jpg


幼稚園の年中さんかな、大勢の子供たちが登ってきた。居合わせたジイジやバアバ達は感激して拍手をする人もいた。かわいい、頑張ったね、孫のM君のことを思い出した。

見晴台へ向かいます。


2017051621.jpg


途中二重滝の前で見かけた何かの集まり。半分の人はガイドの話を聞いてません(笑)。


2017051622.jpg


ここまで来たら皆さん見晴らし台でお昼かなと思ったら戻っちゃった。ちょっともったいないね。


2017051623.jpg


見晴台でお昼にします。大山のてっぺんに雲がかかっている。雨が降りそうなのかな、急に気温が下がって来た。

さてこの後はどうしよう。阿夫利神社の方に戻るか、九十九曲を下って日向薬師方面に行くか迷いました。日向薬師へ下りたいんですが、本音を言うとクマが怖いんで躊躇しているんです。この辺りに出没した話は聞いてないですが、冬眠から目覚めて活発に動き回る時期なんだよね。迷っていたら屈強な若い方がこのルートを下り始めたんで急いで後を追いかけました。

いや男性の歩きの速いこと、追っかけるのが大変でした。通常の3倍ぐらいの速さで追っかけたんですが結局引き離されちゃいました。この下りの速さは自己新記録です。でもねえ、後で考えてみると膝を痛めなくて良かったと反省です。そして何事もなく日向林道まで降りてきました。


2017051624.jpg


日向川の写真を撮りながらゆっくり歩いていたら女性二人組が追い抜いて行った。


2017051625.jpg


そして梅ヶ尾橋の上からこの写真を撮っていたら「キャー」という悲鳴が聞こえました。

何事かと振り返ると「あそこに何か死んでいるんです」と先ほどの女性陣が震えていた(オーバーかな)。確かめて欲しいというので見に行くと、小動物がたぶん車に引き殺されたんでしょう、無残な姿で道路の真ん中に横たわっていた。ちょっと正視できない。「見ないように行って下さい」と女性陣には言ったけど、さすがに自分も気持ち悪いのでさっと通りすぎました。後始末はどうするんだろう。


2017051628.jpg


日向の里では田植えの準備が始まってました。土手の草が気持ちいいくらいきれいに刈り取られている。


2017051627.jpg

防中バス停のちょい先でイノシシの被害を嘆いている女性に会ってちょっと話をしました。その時パーンパーン、ドカーンと花火が鳴った。女性曰く、あれは出没したサルを追っ払うためにやっているだそうです。鳥獣保護も大事だけど、それによって被る人間の被害が近年増大している。

このあとリハビリセンターまで歩き、バスでホンアツまで戻って来ました。いやあよく歩いたなあ。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2017/05/16(火) 18:33:20|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:0

新緑の高尾山

GW最後の今日、やっとカメラを持って出かけることが出来た。連休の最後に選んだのがやっぱり新緑の高尾山でした。

2017050701.jpg


新緑の季節に毎回選ぶのは6号路です。時間は朝9時ですが、GW最後を高尾山登山で楽しもうと列をなしています。個人的な好みから言えば新緑はもう1週間早く来ればよかった。葉っぱの色が濃くなってました。

お子さんからお年寄りまで楽しめるのが高尾山の魅力なんですが、今日も小っちゃい子供が大人顔負けのスピードで歩いているのには感心した。でもお父さん目を離さないで。


2017050702.jpg


緑の中に吸い込まれて行きそうだ!


2017050703.jpg


逆光に輝く鮮やかな新緑に感動し、ゆっくり写真を撮っていたいですが、後から来る人の邪魔になるので急いでパシャパシャ。


2017050718.jpg


沢の飛び石の上を滑らないように歩き、ルート最難関の急坂を登れば頂上はもうすぐだ


2017050704.jpg


山頂直下のこの辺りの緑がまだ色薄く、自分好みの新緑でそれはそれは鮮やかでした。


2017050719.jpg


ほぼ1時間半で頂上に到着。予想通り広場はびっちりで、何とか座る場所を見つけました。


2017050706.jpg


ツツジがきれいでした。時間はまだ早いんですが、ここでお弁当にします。右隣には老夫婦、左には4、5歳ぐらいの男の子とお父さん、改めて高尾山がみんなに好かれているのが分かります。汗でびっしょりになったシャツを着替えます。今日は下山した後も半袖に着替えました。


2017050707.jpg


帰りはいつも通り4号路を下ります。ここも新緑の見所満載のルートです。写真に夢中になって足を踏み外したら地獄の底に落ちますから要注意です(笑)。真面目な話、ズルッと行かないように気をつけましょう。


2017050708.jpg



2017050711.jpg


吊り橋の周辺も目立って新緑がきれいです。


2017050710.jpg


4号路はこの吊り橋がお目当てで来る人が多いですね。もうちょっと風情があればと思うのですが。


2017050712.jpg


来た道を振り返ります。


2017050713.jpg


欲しいものがありそうだけど、そう簡単には買ってもらえそうにないだろうな。


2017050714.jpg


その店をちょっと高いところから眺めました。ひきも切らず薬王院、山頂方面に向かう人の列が続いています。


2017050717.jpg


ここでもツツジが見頃だった。

天狗焼きをお土産に買い、1号路を下ります。途中、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて登って来る若夫婦を何組か見かけました。また前抱き専用タイプの抱っこ紐で赤ちゃんと一緒に登って来るご夫婦もいらっしゃった。何と言ったらいいのか、すげえ体力と愛情です。


2017050716.jpg

シャガがあちこちに咲いていて、目を楽しませてくれた。都心に比べて半月遅れている。

駅前は相変わらず混雑していた。午後1時に近いのにこれから登ろうとする人がまだ大勢いました。四季折々の高尾山は飽きることがない。これからも登り続けるだろうな。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2017/05/07(日) 16:16:02|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:0

高尾山初詣

高尾山口駅に着いたのが朝9時過ぎ、思ったより参拝客や登山者は多くはなかったです。いつもはケーブルに乗るために長い列が出来ているんですが、閑散としてました。さすがの高尾山もやっぱ平日は少ないのかな。

2017011301.jpg


当初の予定としてはケーブルで上まで上がり、薬王院を参拝してから稲荷山コースで降りてくるつもりだったんです。ところがケーブルに乗る直前、目の前の6号路をおじいちゃん、おばあちゃんのグループが勇んで登って行く姿を見たら・・やっぱ歩いて登ろう。


2017011302.jpg


去年の11月ごろから毎朝のウォーキングも寒さのため中断していて、足に全然自信がないけど行ってみよう。


2017011303.jpg


6号路はいつもは列をなして登っていくんですが、今日はぽつりぽつりといったところです。周りの景色も冬枯れでさみしいなあ。ひたすら登っていくだけですが、あれほど寒かったのが、汗をかき始めた。途中で一枚脱ぐ。


2017011304.jpg


6号路最後の地獄はこの長く続く階段です。でもこれを登り切れば頂上はすぐだ、と思うと力が沸いてくる。久しぶりの山登りで自信がなかったけど、この程度の登りだったら何とかなりそうだ。


2017011306.jpg


やっとこさ高尾山に到着。さてさて富士山はどうかな・・・。


2017011305.jpg


残念、こんなに天気がいいのに隠れてしまっている。ちょっと早いですが、ここでコンビニ弁当を食べました。汗をかいて脱いだんだけど、下る時に寒くなってまた着ちゃいました。今日は終日着るものの調整が難しかった。


2017011307.jpg


薬王院の飯縄権現堂に到着。周囲の極彩色の装飾が鮮やかです。


2017011308.jpg



2017011309.jpg


気分新たに参拝し、お願い事をたくさんしてきました。ここの朱色の鳥居がひと際鮮やかで目立ちます。


2017011311.jpg


階段を降りて、ここでお札を買いました。


2017011315.jpg


大本堂です。ここでもしっかり拝んできました。


2017011313.jpg


お馴染みの天狗の額です。


2017011314.jpg



2017011316.jpg



2017011322.jpg


天狗の絵柄が珍しかったのでパチリ。


2017011317.jpg


お札、お守りetc参拝者を誘惑するご利益グッズがいっぱい並んでいる。


2017011318.jpg


大、中、小の熊手もあった。


2017011319.jpg


仁王門をくぐりこれで帰ります。薬王院の境内や参道には大御所北島三郎さんの名前が見られる。歌碑や杉苗奉納にその名が刻まれている。八王子在住だけあって地域にいろんなことで貢献されているようです。


2017011320.jpg


日陰は結構寒いんですが、陽の光をいっぱい浴びたベンチは暑いくらいだ。


2017011321.jpg


1号路を下ったんですが、いつも気になるこのむき出しの無残な根っこの姿。時間とともに土が流れ出し、やがては大木も枯れたり、倒れたりする運命にあるのかな。いつもの店で高尾まんじゅうをお土産に買って帰りました。

DSC-RX100
  1. 2017/01/13(金) 17:14:18|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:0

すきすきの高尾山は快適だった

高校の同級生のANDOW君と梅雨の合間に高尾山へ。

平日だけど高尾山のことだから相当混んでいると思ったら、拍子抜けするほど空いてました。ケーブル前のお店は定休日なのか半分が閉まってるしね。


2016070801.jpg


山登りの経験が浅いANDOW君のためケーブルカーで一挙に登っちゃいます。ここまでくれば後は楽ちんです。


2016070802.jpg


参道では紫陽花がまだ見ごろでした。いつもはこの参道をびっちり登山客が歩いているんですが、パラパラ。歩きやすかったですね。


2016070803.jpg


時間は11時です。薬王院の中もこんな感じで、お店の方も手持無沙汰です。


2016070804.jpg



2016070805.jpg


ケーブルカーを降りた時は空気がひんやりして気持ちよかったんですが、この辺りでは蒸し暑くなってきて堪んなかった。


2016070806.jpg


新緑の時期はとうに過ぎたけど、紅と緑が逆光に鮮やかです。


2016070807.jpg


11:30山頂に到着。富士山は霞んでいて見えず。


2016070808.jpg


今日はANDOW君のために炊事道具一式を持ってきました。カップ麺におにぎりは山では最高の組み合わせです。


2016070809.jpg


食後はANDOW君持参のドリップコーヒーを味わい、甘いものも頂きます、うまい。久しく忘れていたアウトドアの楽しさを思い出しました。


2016070810.jpg


がらがらといってもさすが昼頃には山頂も大勢の人達で混み始めました。


2016070811.jpg


帰りは4号路を通り、吊り橋を渡り、下に降りてきました。ふたりしてお土産に高尾饅頭を買います。高尾山口駅のトイレがものすごくきれいにリニューアルされていた(驚)。お疲れさんでした、また行きましょう。

GRDⅢ
  1. 2016/07/08(金) 18:39:00|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:2
次のページ