FC2ブログ

晴れたらいいね

no photo no life

試し撮り

2019071201.jpg

清水の舞台から飛び降りました。今でもこれで良かったのかなあ、と反芻(反省かな)する日々です(笑)。新しいモノを手にしました。すべての始まりはあの「中島踏切」からです。天気が悪くて試し撮りが出来ず困ってました。こうなったら近場でいいや。ということでホンアツのホームからパチリ。1枚だけでは分からないけど、期待通りです。早く梅雨が明けないかなあ、待ちきれない。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm f2.8 PRO
スポンサーサイト



  1. 2019/07/12(金) 14:35:12|
  2. カメラ
  3. | コメント:0

CP+ 2019を見てきました

CP+ 2019に行ってきました。

2019030111.jpg


10:30ごろから13:30ごろまでいましたが、平日だというのに例年になく混んでました。今回は各社のフルサイズミラーレスカメラが出揃ったということで皆さんの関心が例年になく高いのかも知れない。

その中でも、


2019030117.jpg


ソニーのブースが盛況でしたね。現在の勢いをそのまま会場に持ち込んだ感じでした。スペースは一番広いし、お金と人を投入してましたね。


2019030114.jpg


撮影体験として今回はブース内でこんなものをやっていたし、


2019030113.jpg


ジャズっぽい生演奏も飛び出した。そういえば何年か前にここで新体操を見た記憶がある。余裕と遊び心に満ち溢れてますね。


2019030119.jpg


お目当てのオリンパスの3月末に発売予定のM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3を手にしてみました。う~ん、試写してみていろいろ気になることがあった。じっくり考えます。隣にいたおじさんがオリンパス社員にオリンパスに対する苦言をとうとうとしゃべっていた。オリンパス愛の表われだろうけど、ほどほどに。こういうおじさん必ずいるね。


2019030120.jpg


ニコンのブースです。’ニコン史上最高画質’フルサイズミラーレスZ7やZ6が一押しですね。


2019030116.jpg


キャノンのブースを高い所からパチリ。


2019030122.jpg


新製品S1R、S1の試写の順番待ちの長い行列、50分待ちになってました。


2019030110.jpg


いつも地味なサンディスクの前に人だかりがしていた。時間になって現れたのは航空写真家のルーク・オザワさんとスポーツフォトグラフィーの水谷たかひとさんのお二人でした。オザワさんの人気がすごかった。

会場内をあてもなくぐるぐる彷徨ってましたが、各メーカーのセミナーは盛況でしたね。これといってお目当てがなくても、カメラ好きの人間が集まり、ワイワイガヤガヤするのもいいもんだ。この分だと週末はメチャメチャ混むだろうね。

帰りの道すがら適当にパチパチします。


2019030106.jpg



2019030104.jpg



2019030105.jpg



2019030102.jpg


この辺り久しく来なかったら水上レストランがぽっかり浮かんでいた。夜景の写真がいいじゃないの。


2019030101.jpg

ザブ~ン!ものすごい音がしたので振り返ったら、水陸両用車が水の中に入ったところだった。この辺りの空中をロープウエーが通る計画があり、2020年の東京オリンピックまでに開業を目指すようです。ひと言「う~ん」です。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2019/03/01(金) 18:02:51|
  2. カメラ
  3. | コメント:2

CP+が始まる

今週末2月28日(木)からCP+が始まります。

一応事前登録はしてますが、行くかどうか迷ってます。去年は結局行かなかった。行かない理由は新しいカメラやレンズを買う気がないからかな。それに毎年同じようなもので飽きちゃった。現在の手持ちの機材で満足してます。自分のブログにアップするだけの写真なら現在の機材で十分だと思ってます。

そんな事だったんですが、

2019022603.jpg

オリンパスから「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」が3月下旬に発売されるという記事をみました。これにぐらっときた。今回展示されると思うので実物を見に行ってもいいなあ。

現在一番使うレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱなんですが、AFが遅い、望遠側がもっと欲しい、など不都合を感じてました。この新しいレンズだと35mm換算で400mmまでなんで、鉄っちゃんの端くれとして便利かな。また広角側が35mm換算で24mmというのも使いやすい。F値が暗いという声を聴きますが、野外で三脚使用が多いので気になりません。決して安くはないけど欲しくなった。2年ぶりにCP+に行ってみますか。

ところで去年からキャノンやニコンからフルサイズミラーレスが本格的に発売されるようになりました。これによって現在独走状態のソニーに追いつけるのでしょうか。それにしてもカメラの老舗二大巨頭が何故ここまでソニーの独走を許してしまったのでしょうか。判断の誤り、迷いがあったんでしょうか。キャノンのカメラを長年愛用してきた者にとってちょっと残念です。マップカメラの2019年1月の販売上位(新品、中古)はソニーが独占していて、2位以下を大きく引き離してTOPはα7Ⅲだそうです。ソニー恐るべし。今後キャノンやニコンがソニーの牙城を崩すことが出来るのでしょうか。どうせ買わないけど(買えない)、フルサイズミラーレスカメラの高額なことにただただ驚くばかりです。
  1. 2019/02/26(火) 05:46:19|
  2. カメラ
  3. | コメント:2

Powerextra Canon BP-511/BP-511A 互換バッテリー 2個セット

常用のM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱはピントが瞬時に合わないのが気になる。そのため古いEOS50DにEF24-105mmF4.0を付けて電車を連写することがたびたびある。

EOS50Dの2個のバッテリーのうち一個がダメになってしまった。残り一個も消耗が早い。純正バッテリーは高いしなあ・・何気にAmazonを見たら純正じゃあないけどド安いものを見つけた。1個の値段かなと思ったら、何と2個で1560円だった。安すぎない、心配でレビューを見たら概ね評判がいい。仮にダメでも諦められる金額だしなあ。因みにヨドバシでは6410円/1個です。

ポチッと、翌日到着。

2017081101.jpg

きちんとした元箱にはちょっと驚いた。

2017081102.jpg

ふたを開けると2個のバッテリーが小箱に入っていて、英文の礼文とカメラ用クリーニングクロスも入っていた。Made in Chinaのちっちゃな文字が見えた。

2017081103.jpg

外観は純正と見た目区別がつかない。カメラに装填したら満杯に充電されていた。純正のBP-511Aの容量は1390mAhなんだけどこれはそれより多い2200mAhだった。

まあそんなわけで実際使ってみないとどのくらいの性能なのか分からないけど、新しいバッテリーが揃ったことで安心して撮影が出来そうだ。もしこれが満足いく性能なら純正のあのバカ高い値段はなんなの?ただ昨日からちょっと体調が思わしくない。
  1. 2017/08/11(金) 17:58:40|
  2. カメラ
  3. | コメント:2

オリンパスに不信感

長文にて失礼。

6月にオリンパスOM-D E-M5の故障のことを書きました。現象としてシャッター幕が閉じたままになってしまうということでした。オリンパスといろいろやりとりがあり、念のためシャッター幕を交換しました。

2017070703.jpg
(写真は本文と関係なし)

さあ今度は大丈夫と秦野の築堤に行きました。最初は快調にシャッターが切れていたんですが、

突然シャッターが閉じたままになってしまった。ドキッ!!

えっえっえっなにこれ、また壊れちゃったの??直ってないじゃあないの!!(怒)


スイッチを切ったり、入れたりすると一時的に正常に戻るのでだましだまし撮影を続けました。おかげでたくさんのシャッターチャンスを逃してしまった。一挙にテンションが下がってしまった。頼む、LSEの時だけはどうか無事動いてくれ・・ふぅなんとか撮れた。そんなことがあって当日の写真を見て頂くと安易な構図の写真が多いと思います(笑)。

<経緯>
①5月ごろシャッター幕が閉じたままの現象が現れる。一時的なものと判断し使ってましたがいよいよダメ。
②6月新宿西口「オリンパスプラザ」に持ち込み検査を依頼。
③点検結果 - 「異常なし」の報告あり
不安であれば念のためにシャッター幕の交換をしたほうが安心です、というオリンパスのアドバイスでシャッター幕を交換。点検代とシャッター幕交換代を支払う。
⑤そして7月、今回も同じ不具合が発生。
⑥「オリンパスプラザ」に再び持ち込む。
⑦オリンパス側謝罪。無償で修理をし宅配便で返送することに。

ざっとこんなことでした。

振り返ってみれば、そもそも現実に「シャッター幕が閉まったまま」とユーザーが訴えているのに「異常なし」の点検結果を出してくるオリンパスのいい加減な検査が腹立たしい。それを妙に納得してしまった自分が今思えば情けない。調べたらこのシャッター幕の不良はOM-D E-M1でも起きていて、修理に出したとネットにいくつか事例がのっていた。それだけ起きているんだからオリンパスもこの不具合の修理のノウハウの蓄積があり、的確な修理を出来るはずなのに首をかしげたくなる。修理技術のレベルを疑いたくなる。

今日オリンパスに出向いた際窓口で点検修理体制の不備を強く抗議しました。原因はシャッター幕以外にありそうだ。今となっては不必要なシャッター幕の交換をしたことになりそうだ。オリンパスを使い始めて数年、このメーカー故障の多さに悩まされている。ただOM-D E-M5が気に入っていて手放す気になれない。キャノンを30年近く使って来たけど、こういった内部の機械的な故障には一度もあったことがない・・・確か。

それと以前にも話したことあるけど、オリンパスの窓口対応の係員のレベルをもっと上げて欲しい。ただ機械的に受付をするだけの方(主に女性)をもっと教育して欲しい。カメラが壊れてしまってショックと修理代のことで頭がいっぱいで駆け込んでくるユーザーに対して対応があまりにも事務的だ。故障の原因が的確に分からなくても、そこそこユーザーに説明できるだけの知識を持って欲しい。この点もキャノンのサービスセンターの方がはるかにレベルが高い。

さあ今度こそきちんと直って帰って来るかな。もしダメだったらどうしよう。OM-D E-M1 MarkⅡは高すぎる…けど欲しい。
  1. 2017/07/07(金) 14:47:06|
  2. カメラ
  3. | コメント:2
次のページ