晴れたらいいね

no photo no life

第一菖蒲トンネル俯瞰

いつも拝見していて、そのバイタリティーにぶったまげている鉄っちゃんのブログにアップされていたポイントに行ってみました。

渋沢駅下車して246号を歩き、さらに高いところに上って35分で到着。鉄っちゃんの方の写真を何度も見て撮影場所を推定し、まったく迷うことなく現地に到着出来ました(ラッキー)。具体的な場所は写真からご推察下さい。

20170511map03.gif

2017051109.jpg


今日はいつもと違うカメラとレンズを使っているので写りが違う、あまりよくないなあ。全体的に霞んではいますが、ここから第一菖蒲トンネルが見えますし、さらに奥に渋沢の街並みが見えます。


2017051101.jpg
(10:18 はこね6号)


2017051102.jpg
(10:33 はこね11号)

撮影場所の周りに木陰はなく、直射日光が当たります。真夏はちょっと怖いかも。熱中症が怖くて水分補給をこまめにし、頭からタオルを被って撮影してました。


2017051103.jpg
(10:49 さがみ63号)

撮り方にもよりますが、300mm以上の望遠が必要ですね。


2017051104.jpg
(10:58 はこね8号)

聞こえてくるのは小鳥のさえずりと電車の音だけ。


2017051105.jpg
(11:07 Sはこね13号)


2017051106.jpg
(11:34 はこね15号)

今日はこれでおしまい。いい場所を紹介してもらいました。次回はOM-D E-M5でぜひ撮りたいですね。ただ超望遠レンズを持っていないのでちょっとアップはきびしいかな。

EOS50D、EF80-200mmF2.8、1.5X
スポンサーサイト
  1. 2017/05/11(木) 14:41:06|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0

小田原市石橋で鉄っちゃん

平日は東海大学生で混む小田急線も休日は空いている。

2017012201.jpg
(10:02 踊り子105号)

小田急から東海道線に乗り換え、ホームで待っていると踊り子がやって来た。


2017012215.jpg


いつもなら小田原から早川港を通り、JR早川駅まで歩くんだけど、昨日の疲れが取れないので電車に乗りました。木造のこじんまりした駅舎が好きです。

ここからトコトコ歩くこと30分、玉川橋梁をくぐって石橋のビューポイントにやって来ました。


2017012202.jpg
(10:47 踊り子102号)

ご同業者さんが数名いらっしゃいました。ご挨拶をして三脚を立てます。過去何度となくここで写真を撮ったけど、三脚を持ってきたのは今回が初めてかな。もっとも今まではハイキングの途中に立ち寄ったんだけどね。やっぱり三脚があると安心だし、撮影が楽だね。ちょうど日陰の場所だったんで寒いこと。


2017012203.jpg
(10:57 リゾートやまどり)

それにしても相模湾の海の色がめちゃめちゃきれいだ。波打ってるせいか海面が凹凸状態だ。


2017012204.jpg
(11:05 踊り子107号)


2017012205.jpg


海の上に白い雲がぽっかりと浮かんでいる。


2017012206.jpg
(11:35 リゾートやまどり)

あまり見かけません。


2017012207.jpg
(11:39 踊り子109号)

えいっ、東海道線はここまで。場所を移動して新幹線を撮ろう。


2017012208.jpg
(11:44)


この時になって風が、風が、ものすごく強くなった。カメラも体も飛ばされそうになり怖かった。しっかりと足を踏ん張り、三脚をぐっと握りしめながらの撮影です。この時間残っているのは自分ともうひとりの方だけになってしまった。この方、合間に読書をされてました(驚)。


2017012209.jpg
(11:58)


ものすごいスピードで走り抜けるんで、シャッターを押すタイミングばっかり気にしてたんだけど、こうして見てみると真上からのアングルはあんまりよくないね。何故って車両のてっぺんはなんだか汚いね(笑)。やっぱり横からのアングルの方が良さそうですね。新幹線は撮り慣れていないので気が付かなった。


2017012217.jpg
(12:07 スーパービュー踊り子5号)

電車もいいけど、相模湾の海の色、澄み切った青空に白い雲、遠くに広がる絶景にしばし見とれちゃいました。

強風が吹き荒れ、寒さに耐えきれなくなってギブアップ、これでおしまいにします。もう少し暖かくなったら早川から海岸に沿って丘陵地帯を根府川辺りまで歩いてみたい。


2017012211.jpg


帰り道、軽トラに積んであったミカンの写真を撮っていたら、おじさんが持ってってと2個くれました。家で食べたら甘くてとてもおいしかったです。おじさんありがとうございました。


2017012212.jpg


「紀伊宮下」のバス停から裏道を歩きます。車がビンビン通る表通りに比べて静かです。


2017012218.jpg


2017012219.jpg


昭和の面影を残すお家が何軒かあり、思わずパチリ。


2017012216.jpg


道祖神も祀ってます。小さな鈴をちょっと鳴らしてペコリ。


2017012213.jpg


ここに来る度に目に留まる右側のお店はいろんなものを売っています。日曜日とあってお休みの店もありますが、クリーニング、へアーサロン、食堂、居酒屋なんかもあってちょっとした商店街です。


2017012214.jpg


小田原早川郵便局の建物がちょっとしゃれてます。

帰りに小田原市内をちょいと見物なんて考えもあったんですが、石橋で力を使い果たしちゃったんでそのまま帰りました。小田急の車窓から眺めた富士山が素晴らしかった。雲ひとつなく、くっきりと見えてました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2017/01/22(日) 16:50:08|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:2

富士山は見えなかったけど、EXEαの試運転に遭遇!

今季最大の寒波襲来、快晴となればきっと富士山もくっきり見えるに違いない。ロマンスカーと富士山の写真を撮りに行こう。

ということで新松田に着いたのが8時半過ぎ。途中なんとなくやばい感じはしたんですが・・・、

2017011501.jpg
(9:13 はこね2号)

やっぱり富士山は上の方が隠れてしまって半分しか見えない。そのうち姿を見せてくれるだろうと期待し、それまで酒匂川の鉄橋の下でパチリ。


2017011511.jpg
(9:33 はこね71号)

そろそろ見えてくるかなあ、場所を移動するとご同業者さんが3人すでに三脚を立てていらっしゃった。


2017011502.jpg
(9:56 スーパーはこね9号)

雲が取れそうで取れない、う~ん今日はダメかな。


2017011504.jpg
(10:13 はこね6号)

さっきの場所に戻り、右下に富士山を入れて(・・のつもりだけど半分隠れてます)パチリ。

ここで今日は富士山を諦めました。


2017011513.jpg
(10:29 はこね11号)


2017011506.jpg
(11:13 はこね10号)

これを撮って終わりにしようとしたんですが、


2017011507.jpg
(11:25)

もうちょっとねばってみよう。そしたら見慣れない車両が酒匂川を渡って来た。あれ、あれ、もしかしたらあれかな!


2017011509.jpg


そしたら目の前で一瞬止まりました。そうだ、やっぱりEXEをリニューアルした「EXEα(エクセ アルファ)」だ。三脚からカメラを外して近づこうとしたけど、焦っていてままならず、三脚担いで右往左往。結局横顔しか撮影出来なかった。


2017011514.jpg
(11:26 はこね15号)

ちょうどその時EXEが横を通過して行った。あわてて撮った1枚。新旧の顔合わせですね。そんなわけで運よく試運転中の新型EXEαを見ることが出来ました。営業運転予定は今年の3月からです。


2017011510.jpg
(11:43 はこね17号)

陽がかげり始め、急に寒くなって来た。富士山を見られず残念、またの機会に期待します。


2017011512.jpg


新松田駅前で大好物の箱そばを食べて帰りました。

<追記>
今日のようにせっかく行ったのに富士山が見れなかったということを回避するためにちょっと探したら → こちらがありました。松田町のライブカメラです。これで確認しても、現地に到着するまでに隠れてしまうことはあると思いますが、参考にはなりますね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2017/01/15(日) 15:20:40|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:2

11月の初雪は54年ぶり

ホンアツでも朝7時前後に雪に変わった。

その気はなかったんだけど、急に思い立ってあわててカメラを詰め込んで厚木駅へ。

2016112405.jpg
(8:38 はこね5号)

カメラが濡れるのが心配だったけど、パシャパシャパシャ。シャッタースピードが遅かった。いまいちだけど仕方がない。

2016112408.jpg

本厚木駅に戻り、

2016112406.jpg

寒さに震えながら、

2016112410.jpg
(9:18 さがみ76号)

しばらく撮ってました。いくつになっても初雪はワクワクするものだけど、通勤、通学の人達にとっては電車遅延で迷惑だろうね。

余談ですが、

久しぶりにコンデジ、ミラーレス以外のカメラを使ったんですが、やっぱり違いますね。正直今日撮ったのは出来がいまいちなんだけどね。それでも奥行きというか、ほんわかさというか、コンデジやミラーレスでは表現できない何かがあるんだよね。はっきり言って手持ちのミラレースの方が写りはいいです。コンデジもそこそこの写りをします。だけどね、どうしても切り絵、貼り絵的な感じがしてならないんです。画像が薄っぺらなんだよね。そんな良さのあるカメラなんだけど、フルのEOS5DMarkⅡ共々出番がほとんどなくなってしまった。デカい、重たい、が主な理由です。

EOS50D、EF80-200mmF2.8
  1. 2016/11/24(木) 10:31:22|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0

秋日和には都電荒川線に乗って(2)

大塚駅前から乗車して飛鳥山で下車。いつどこで乗っても都電は混んでますね。場所柄お年寄りが多いです。お年寄りがよりお年寄りに席を譲るなんて光景が見られます。そんな時若者が知らん顔して座っているのにムッとくるし、優先席にわが子を座らせ平気な顔をしている母親にもムッとくる。飛鳥山公園で何かイベントをやっていると思ったら何もなし。

20161103map04.gif

王子駅前まで歩き、「北とぴあ展望ロビー」へ。最上階17階の展望ロビーからは遠くに筑波山、秩父連山など3方向の景色を楽しむことが出来ます。


2016110313.jpg


眼下に飛鳥山公園があり、遠くにスカイツリーが望めます。右下にJR王寺駅も見え、JR東北・上越新幹線、京浜東北線・宇都宮線・高崎線が走り、バンバン通過して行くので眺めていても飽きることはないです。


2016110311.jpg


反対側のロビーに場所を移動します。ガラス越しに撮っているんですが、変な写り込みもなく撮れました。


2016110338.jpg


最初の場所からは、都電が路線の中で一番急勾配の坂を喘ぎながら上って行くのが見えます。運転手さんにとって一番の難所だそうです。道路との併用軌道なんでうしろからバスがスレスレで追っかけてますね。


2016110325.jpg


王子駅前で昼食後再び都電に乗車。


2016110322.jpg


この写真どこで撮ったのか思い出せない?栄町、梶原だったかな。


2016110324.jpg


これは梶原停留場から。梶原付近から一直線に路線が延びていて撮影ポイントなんですが、思った写真が撮れず。


2016110334.jpg


荒川遊園地前で下車。


2016110333.jpg


荒川遊園地に続く商店街がちょっと魅力的だったんで降りてみたんですが、お目当ての文具屋さんや駄菓子屋さんはシャッターが下りていた。旗日なのに休みなの?残念。


2016110332.jpg


「延命子育地蔵尊」があった。子育てや延命にご利益があり、堂舎内には江戸時代の日待供養塔や庚申塔もありました。板張りのこんな建物も珍しい。


2016110314.jpg


喫茶チェリーの前で信号待ちをする女の子たち。


2016110315.jpg


終点の三ノ輪橋にようやく到着。


2016110339.jpg


線路の両側にバラが咲いていた。バラと都電の写真なんかありなんだけど、花の写真は色々面倒なんでやめときます。


2016110327.jpg


近くの踏切でじっと都電を眺めているおじさん。前にはかわいい女の子がちょこんと座っていた。お孫さんに大好きな電車を見せてあげてるんだなあ、うらやましい。


2016110328.jpg


「ジョイフル三ノ輪」の商店街へ。藤野青果のおじさんは有名だ。お断りしてパチリ。ぬか漬けの匂いがプンプンしてます。黙々と作業をしている姿は昔から変わってない。


2016110329.jpg


コロッケパン、やきそばパン、カレーパンが有名なオオムラパン。食べたいけど昼飯を食べたっばかりなんでパスします。


2016110330.jpg


惣菜のとりふじの店頭もにぎやかだ。焼き鳥やコロッケなどのおかずがてんこ盛りにつまれている。こんなの見たらついつい買っちゃうよなあ。

帰りは始発なんで遠慮せずどっかりこんと座りました。乗り換えのJR大塚駅まで三ノ輪橋から45分もかかるんだよね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/11/05(土) 06:11:38|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0
次のページ