晴れたらいいね

no photo no life

小動神社 天王祭 <後編>

午後2時、長いお昼休みが終わり江の島の八坂神社のご一行が到着しました。龍口寺の前で腰越の皆さんが丁重にお出迎えします。

2017071106.jpg


この酷暑の中多くの子供さんが行列に参加してます。大人でも辛いのにみんな頑張ってます。とりあえずここで小休止。


2017071107.jpg


江ノ電はこの八坂神社のご一行が腰越に来た時とお帰りになる時の2回運行がストップします。


2017071101.jpg


八坂神社の神輿を迎えて腰越の神輿も歓迎の印に大張り切りでひと揉みします。それに八坂神社も応えます。


2017071108.jpg


ひとしきり揉み合った後木が入りお神輿も小休止です。


2017071109.jpg


午後2時15分、この電車が行って3時前まで江ノ電の運行がストップします。以前はもみ合う二つの神輿と周りを取り囲む見物人の大混乱の中、江ノ電がそろりそろり通り抜ける様がとっても絵になったんですが、最近は安全のため運行一時ストップとなりました。

さあお神輿を担ぎあげ「どっこい、どっこい」の掛け声とともに始まりました。


2017071110.jpg


二つの神輿の熱気と取り囲む見物人の熱気、そしてこの酷暑、今にも倒れてもおかしくない条件の中で神輿に接近しパチパチパチ。そして邪魔にならないようにさっと離れます。通りにはこれといって高いところがないので撮影には苦労します。


2017071102.jpg



2017071103.jpg



2017071112.jpg



2017071104.jpg


二つの神輿が互いに競い合い、お祭りもクライマックスに近づいてます。出来ることなら広角レンズのカメラと望遠レンズのカメラが2台欲しいところです。この混乱の中レンズの交換が大変です。OM-D E-M5が修理中でM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱが使えないのが痛いですね。このレンズなら1本で間に合うはずです。


2017071105.jpg



2017071113.jpg


神戸橋を渡ったころ一時ストップしていた江ノ電が再び動き始めました。橋の袂で生ビールを売ってました、ゴクリ。飲んだら動けなくなっちゃう。この後お祭りはまだまだ続きますが、この暑さに参った。お神輿を担いでいる人の方がもっと大変なんだけどね。江ノ電も動き始めたことだし腰越から帰ります。朝から5時間もいたことになる。

同時に開催される八坂神社の海上渡御がマスコミで大きく取り上げられますが、ここ腰越のお祭りももっと取り上げて欲しいね。お神輿、人形山車、大勢の見物人、そこを通り抜ける江ノ電、魅力的な絵になると思いますが如何ですか。

EOS50D、EF17-40mmF4.0、EF24-105mmF4.0
スポンサーサイト
  1. 2017/07/11(火) 05:09:36|
  2. お祭
  3. | コメント:2

小動神社 天王祭 <前編>

朝10時少し前、江ノ電の腰越駅で下車。小動(こゆるぎ)神社の天王祭は始まってました。後を追いかけて腰越の浜へ。

2017071022.jpg


浜の端にある岩の上からはこの写真を撮るのが目的です。コンクリートの壁が立ちはだかりちょっと風情に欠けるけどね。


2017071003.jpg


神輿は腰越の通りに戻ります。左側奥は腰越のホームです。江ノ電の規制は午後からなので午前中は平常運転です。


2017071001.jpg


午前中はこの通りも小動神社だけの神輿や人形山車だけなんで見物人もカメラマンもそう多くはないです。過去この天王祭には何度も足を運んでいるので町内会の方のお顔はよく覚えてます。ここで江ノ電といえばこの方、と言われるほど有名な方にお会いしてご挨拶。何十年と腰越に通い詰めているので地元の方は知らない人がいない。ブログも日常的に拝見して参考にさせて頂いてます。とっても控えめな方ですが、ひとたびカメラを手に取ると激しく動き回りビシバシとショットを決めてます。


2017071023.jpg


江ノ電が近づいてくるとお祭りの係りの方が一斉に注意の合図を送ります。ご一行は一斉に線路から離れて脇に寄ります。


2017071005.jpg


江ノ電も久しぶりに撮ると「前パン」だったのを忘れてしまい、頭が欠ける失敗作になってしまうので要注意ですね。


2017071004.jpg


江ノ電が横を通り過ぎる度にこうして手を振って見送ります。腰越の人達の江ノ電に対する思いが溢れています。


2017071007.jpg


早くも記念撮影です。


2017071008.jpg


このギリギリのスレスレ感が堪んない。今日は運転手さんの他に監視員が乗車して注意深く見守ってます。


2017071009.jpg


毎年高校生がこの頭を持つのが役目です。

そしてご一行は腰越の細い路地を通り片瀬東浜へ。


2017071010.jpg


びっちりという感じではないですが、海水浴や水遊びをを楽しんでます。少し霞んでいて対岸の江ノ島の様子がちょっと見えにくい。時を同じくして11時過ぎに始まる八坂神社の海上渡御を見ようと見物人でびっちり埋まっているのがなんとなく見える。


2017071011.jpg


いよいよ海の中へ。


2017071012.jpg


今日はこれに備えて半ズボンとビーチサンダルのようなものを履いて来たので海の中へ入り神輿に近づきます。でもねえ、浅瀬でも結構打ち寄せる波が強いので要注意ですね。ましてやカメラを持っているのでドボンしたら大損害だ(笑)。


2017071013.jpg



2017071014.jpg


浜に引き上げてきた神輿を見たら締め込み姿の子供がいました。(実は海上渡御の写真なんですが、この他によく撮れたと思う写真が何枚かあるんですが、ちょっと引いてしまう方が多く、アップを諦めました。前回より目立ってました。)

ご一行は再び腰越に戻り、ぐるっと回って所定の場所に神輿や山車を置いて午前中の部はおしまいです。


2017071015.jpg



2017071016.jpg



2017071017.jpg



2017071018.jpg



2017071019.jpg


先ほどの江ノ電通さんが記念写真を撮るというので横からちゃっかり写させてもらいました。やっぱ信頼されているカメラマンに撮ってもらうと皆さんの表情が生き生きとしてますね。半日密着して写真を撮りましたが、やはり地元のお祭感が満ち溢れてますね。このお祭りの時でなければ会うことのない知人との再会を喜び合います。家族の話、仕事の話でお互いの無事を確認し合います。


2017071024.jpg


老舗写真館の方でしょうか、建物の雰囲気にぴったしです。

さてこれから午後2時まで長いお昼休みに入ります。午後からは八坂神社のご一行を迎えてお祭りのクライマックスとなります。

続きます。

EOS50D、EF24-105mmF4.0
  1. 2017/07/10(月) 10:13:48|
  2. お祭
  3. | コメント:0

小動神社 天王祭

2017070901.jpg

腰越の小動神社天王祭に行ってきました。江の島の八坂神社の海上渡御を見るのか、小動神社のお祭りを見るか迷いましたが今年は腰越へ。

2年ぶり、3年ぶりかな。お祭りのクライマックスの時間帯に江ノ電が事故を避けるため運行を一時中止するようになってからテンションが下がった。神輿や山車と江ノ電のコラボがカメラマンにとってはこのお祭りの最大のシャッターチャンスなんだよね。でもたまにはいいか、あの方の顔も見たいし。

詳しくは後で。

EOS50D、EF17-40mmF4.0
  1. 2017/07/09(日) 17:37:17|
  2. お祭
  3. | コメント:0

伊勢原の田んぼと道灌まつり

今朝偶然伊勢原の「道灌まつり」の記事を読みました。先日の小田原行きの疲れが少し残っていて、今日はゆっくりするつもりだったんですが、近場だから行ってみよう。ついでに鶴巻温泉ー伊勢原の田んぼにも寄ってみよう。

2016100221.jpg
(10:18)

稲刈りのご夫婦がひと休みされていた。家を出る時は陽が差していたんだけど、相変わらずどっちつかずの天気です。


2016100202.jpg


お隣ではコンバインが動いているんですが、ここだけは手作業のようです。


2016100204.jpg
(10:32)

おじさんはロマンスカーに見とれているんじゃあないんです。


2016100205.jpg


様子をうかがっていると、どうも腰が痛いようで、腰を伸ばし伸ばし稲刈りをされてました。大変だなあ。稲刈り作業の方の写真を勝手に撮らせてもらいました。電車だけ撮るんではなくて、その中に人を入れて撮るのが好きです。もっと言えば人間に勝る被写体はないと考えています。


2016100206.jpg
(10:53)

ここではようやく稲刈りが始まった状態です。踏切近くの畑のコスモスも満開だった。例年このコスモスを入れて写真を撮っているんですが、稲刈り作業の方が大勢いて今回は断念。


2016100220.jpg


お母さんとお嬢ちゃんが軽でやってきた。電車を見せたり、田んぼを見せたり、お嬢ちゃんを目いっぱい遊ばせて、やがて遠くに行ってしまった。


2016100208.jpg
(11:48)

流し撮りをやったけど、失敗の連続。VSEやLSEに挑戦したけど、全部ダメだった。唯一70点ぐらいの写真がたった一枚撮れた。

鶴巻温泉駅の箱そばを食べて伊勢原へ。


2016100216.jpg


うん十年前にこの道灌まつりを見たような気がするんだけど・・・ものすごい人にびっくらこいた(驚)。例年こんなに人が集まるんでしょうか。お祭りのメイン行事である行列に太田道灌役に「三田村邦彦」さん、北条政子役に「杉本彩」さんがそれぞれ扮するので、それ目当てでこんなに多いのかな。


2016100213.jpg


通りの両側には屋台がたくさん出て、人気のお店には長い列が出来てます。この暑さでビールや焼き鳥がバンバン売れてます。沿道には行列見物の人がびっちり並び、座り込んで今か今かと待ちます。


2016100211.jpg


広島風お好み焼き?このお店は人気があった。


2016100219.jpg


ようやく行列ががやって来ました。


2016100210.jpg


馬に跨った太田道灌役の三田村邦彦さんが周りに手を振りながら通って行きます。この時間、日差しも強くなって暑くて大変でしょう。


2016100209.jpg


そして綱にに引かれた御車の上から北条政子役の杉本彩さんが手をふり、笑顔で愛嬌を振りまきます。


2016100218.jpg


甲冑姿の武者連中が続きます。


2016100217.jpg


見ていると安心して買えるお店がほとんどでした。


2016100215.jpg


伊勢原駅周辺でいろんなイベントをやってましたが、あまりの人出に圧倒されて帰りました。

EOS50D、EF24-105mmF4.0、EF17-40mmF4.0、DSC-RX100
  1. 2016/10/02(日) 18:15:05|
  2. お祭
  3. | コメント:2

茅ヶ崎海岸 浜降祭2016

電車とバスを乗り継いでお祭り会場に着いたのが朝6:30。参加神社の旗が翩翻と翻っているのが遠くに見えてきたときは、さすがにワクワクしてきました。


2016071802.jpg


最後の一基の開場入場にかろうじて間に合った。


2016071801.jpg


神輿の周りはものすごい人混み、かき分けかき分け必死で近づきパチパチパチ。とりあえずこの写真が撮れたんでひと安心。本当はもっと早い時間に来たいんだけど、ホンアツからはこれが一番早い到着。

今まではこの後の浜降祭合同祭典をじっくり見てたんですが、今年は急いで防波堤に移動。防波堤の上はすでにたくさんのカメラマンが三脚を立てて待ち構えています。今日はここからお祭りの様子を見ようと思ってます。望遠撮影なんで手ブレ防止のため一脚を持ってきました。


2016071803.jpg


波打ち際は子供たちが楽しそうに水遊びをしてます。そんな子供たちを眺めながら式典の終わるのをじっと待ちます。目の前を無数のトンボが飛び交っていた。


2016071815.jpg


遠くから式典の様子をパチリ、といって隠れて見えないけどね。今日はあいにく富士山が見えない。富士山をバックに御神輿が海に入る写真に撮るのが狙いだったんですが、きょうはダメですね。


2016071805.jpg


8:00、ようやく式典も終わり、いよいよお目当ての神輿が海に入りみそぎを行います。


2016071813.jpg


先日の江の島八坂神社の海上渡御に比べればさほど深みに入って行くことはないです。時折高波が打ち寄せて、担ぎ手もスリルを味わっているようです。


2016071806.jpg



2016071808.jpg


続々と神輿が海に入り大共演です。周りでは一般の見物人が取り囲んで写真を撮ったり、水遊びをしたり、泳いだりと賑やかなもんです。


2016071809.jpg


数年前までは自分も海に入り御神輿の近くまでいって写真を撮ったんですが、ずぶ濡れになりながらも迫力満点でした。最近は海の中で転倒するのが怖くてやってません。


2016071810.jpg


そろそろ終わりに近づいてきました。去年の神輿水没ハプニングのようなことを今年も期待していたんですが・・・。


2016071812.jpg


安全を考えてのきついお達しが出たんでしょうか、今年は全般的におとなしかったなあ。


2016071814.jpg


陸にあがって最後のひともみです。

結局去年御神輿が一時海中に消えてしまった場所にはには一基も来なかった。というわけで今年の浜降祭も無事終了しました。防波堤の上を移動しながら撮影するには一脚の方が便利ですね。こうしてみると同じような写真ばっかりだ。やっぱり神輿に近づいて撮らないと躍動感が伝わらない。次回はもう少し変化をつけたいね。

気になったことがひとつ。

防波堤で三脚を構えているカメラマンが、下にやって来たカメラマンの方に「そこ邪魔だからどいてよ」と注意をして再三どけていた。確かに早い時間からきて場所を確保するという「早い者優先」の暗黙のルールがあるけど、一方的じゃあないのかなあ。たまたま注意された人はおとなしく従っていてトラブルにならなかったけどね。三社祭でこんなわままま言ってたら写真なんか一枚も撮れないよ。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/07/18(月) 13:29:48|
  2. お祭
  3. | コメント:2
次のページ