晴れたらいいね

no photo no life

伊勢原の田んぼと道灌まつり

今朝偶然伊勢原の「道灌まつり」の記事を読みました。先日の小田原行きの疲れが少し残っていて、今日はゆっくりするつもりだったんですが、近場だから行ってみよう。ついでに鶴巻温泉ー伊勢原の田んぼにも寄ってみよう。

2016100221.jpg
(10:18)

稲刈りのご夫婦がひと休みされていた。家を出る時は陽が差していたんだけど、相変わらずどっちつかずの天気です。


2016100202.jpg


お隣ではコンバインが動いているんですが、ここだけは手作業のようです。


2016100204.jpg
(10:32)

おじさんはロマンスカーに見とれているんじゃあないんです。


2016100205.jpg


様子をうかがっていると、どうも腰が痛いようで、腰を伸ばし伸ばし稲刈りをされてました。大変だなあ。稲刈り作業の方の写真を勝手に撮らせてもらいました。電車だけ撮るんではなくて、その中に人を入れて撮るのが好きです。もっと言えば人間に勝る被写体はないと考えています。


2016100206.jpg
(10:53)

ここではようやく稲刈りが始まった状態です。踏切近くの畑のコスモスも満開だった。例年このコスモスを入れて写真を撮っているんですが、稲刈り作業の方が大勢いて今回は断念。


2016100220.jpg


お母さんとお嬢ちゃんが軽でやってきた。電車を見せたり、田んぼを見せたり、お嬢ちゃんを目いっぱい遊ばせて、やがて遠くに行ってしまった。


2016100208.jpg
(11:48)

流し撮りをやったけど、失敗の連続。VSEやLSEに挑戦したけど、全部ダメだった。唯一70点ぐらいの写真がたった一枚撮れた。

鶴巻温泉駅の箱そばを食べて伊勢原へ。


2016100216.jpg


うん十年前にこの道灌まつりを見たような気がするんだけど・・・ものすごい人にびっくらこいた(驚)。例年こんなに人が集まるんでしょうか。お祭りのメイン行事である行列に太田道灌役に「三田村邦彦」さん、北条政子役に「杉本彩」さんがそれぞれ扮するので、それ目当てでこんなに多いのかな。


2016100213.jpg


通りの両側には屋台がたくさん出て、人気のお店には長い列が出来てます。この暑さでビールや焼き鳥がバンバン売れてます。沿道には行列見物の人がびっちり並び、座り込んで今か今かと待ちます。


2016100211.jpg


広島風お好み焼き?このお店は人気があった。


2016100219.jpg


ようやく行列ががやって来ました。


2016100210.jpg


馬に跨った太田道灌役の三田村邦彦さんが周りに手を振りながら通って行きます。この時間、日差しも強くなって暑くて大変でしょう。


2016100209.jpg


そして綱にに引かれた御車の上から北条政子役の杉本彩さんが手をふり、笑顔で愛嬌を振りまきます。


2016100218.jpg


甲冑姿の武者連中が続きます。


2016100217.jpg


見ていると安心して買えるお店がほとんどでした。


2016100215.jpg


伊勢原駅周辺でいろんなイベントをやってましたが、あまりの人出に圧倒されて帰りました。

EOS50D、EF24-105mmF4.0、EF17-40mmF4.0、DSC-RX100
スポンサーサイト
  1. 2016/10/02(日) 18:15:05|
  2. お祭
  3. | コメント:2

茅ヶ崎海岸 浜降祭2016

電車とバスを乗り継いでお祭り会場に着いたのが朝6:30。参加神社の旗が翩翻と翻っているのが遠くに見えてきたときは、さすがにワクワクしてきました。


2016071802.jpg


最後の一基の開場入場にかろうじて間に合った。


2016071801.jpg


神輿の周りはものすごい人混み、かき分けかき分け必死で近づきパチパチパチ。とりあえずこの写真が撮れたんでひと安心。本当はもっと早い時間に来たいんだけど、ホンアツからはこれが一番早い到着。

今まではこの後の浜降祭合同祭典をじっくり見てたんですが、今年は急いで防波堤に移動。防波堤の上はすでにたくさんのカメラマンが三脚を立てて待ち構えています。今日はここからお祭りの様子を見ようと思ってます。望遠撮影なんで手ブレ防止のため一脚を持ってきました。


2016071803.jpg


波打ち際は子供たちが楽しそうに水遊びをしてます。そんな子供たちを眺めながら式典の終わるのをじっと待ちます。目の前を無数のトンボが飛び交っていた。


2016071815.jpg


遠くから式典の様子をパチリ、といって隠れて見えないけどね。今日はあいにく富士山が見えない。富士山をバックに御神輿が海に入る写真に撮るのが狙いだったんですが、きょうはダメですね。


2016071805.jpg


8:00、ようやく式典も終わり、いよいよお目当ての神輿が海に入りみそぎを行います。


2016071813.jpg


先日の江の島八坂神社の海上渡御に比べればさほど深みに入って行くことはないです。時折高波が打ち寄せて、担ぎ手もスリルを味わっているようです。


2016071806.jpg



2016071808.jpg


続々と神輿が海に入り大共演です。周りでは一般の見物人が取り囲んで写真を撮ったり、水遊びをしたり、泳いだりと賑やかなもんです。


2016071809.jpg


数年前までは自分も海に入り御神輿の近くまでいって写真を撮ったんですが、ずぶ濡れになりながらも迫力満点でした。最近は海の中で転倒するのが怖くてやってません。


2016071810.jpg


そろそろ終わりに近づいてきました。去年の神輿水没ハプニングのようなことを今年も期待していたんですが・・・。


2016071812.jpg


安全を考えてのきついお達しが出たんでしょうか、今年は全般的におとなしかったなあ。


2016071814.jpg


陸にあがって最後のひともみです。

結局去年御神輿が一時海中に消えてしまった場所にはには一基も来なかった。というわけで今年の浜降祭も無事終了しました。防波堤の上を移動しながら撮影するには一脚の方が便利ですね。こうしてみると同じような写真ばっかりだ。やっぱり神輿に近づいて撮らないと躍動感が伝わらない。次回はもう少し変化をつけたいね。

気になったことがひとつ。

防波堤で三脚を構えているカメラマンが、下にやって来たカメラマンの方に「そこ邪魔だからどいてよ」と注意をして再三どけていた。確かに早い時間からきて場所を確保するという「早い者優先」の暗黙のルールがあるけど、一方的じゃあないのかなあ。たまたま注意された人はおとなしく従っていてトラブルにならなかったけどね。三社祭でこんなわままま言ってたら写真なんか一枚も撮れないよ。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/07/18(月) 13:29:48|
  2. お祭
  3. | コメント:2

江の島 八坂神社例祭の海上渡御

今年も八坂神社の例祭で行われる御神輿の海上渡御を見に江の島へ。これに先立って執り行われる江島神社の辺津宮境内での発輿祭は今回も見ませんでした。このお祭りは去年初めて見たんで大体の様子は分かってます。海上渡御は11時過ぎになるんで、その前に江の島の海を「オリンピック記念公園」から東浜方面を眺めます。覚悟をしてきたけど、暑い~。


2016071001.jpg


青空が鮮やかです。先日は山登りで目の覚めるような緑を満喫し、今日は今日で海風に吹かれます。神奈川県に住んでてよかった。


2016071002.jpg



2016071003.jpg


この辺りで波乗りをやる方はたぶん初心者の方だろうと思います。


2016071004.jpg


オールを立てている子供たちがいた。


2016071005.jpg


カヤックでしょうか、小学生が練習をしてました。3人力を合わせて漕ぎ出します。でも勇気があるねえ。


2016071028.jpg


11:10ようやく御神輿が海に入りました。これに合わせたように引き潮でぐっと浅くなり、波風も収まったようです。さて去年の経験からいい場所を選んだつもりだったんですが・・・、


2016071008.jpg


今年はどんどん海の中に入って行ってしまうじゃあないですか、去年と違うぞ!(焦る)。これ以上ここでは撮れないので慌てて場所を移動します。去年は波が高かったんで御神輿は沖まで行かなかったんですね。


2016071009.jpg


時すでに遅し、2重3重にも人垣が出来ていて、近づけない。カメラを高く掲げて、モニターを見ながらなんとかパチパチパチ。後で見たらブレブレの写真が多かった。


2016071027.jpg


今日は波も穏やかで、だいぶ深みのところまでやってきました。


2016071010.jpg



2016071011.jpg


お神輿が海中でオイサオイサとやっていると、船を仕立てたお囃子の一行が近づいてきます。五色の旗をなびかせた神職船は海上からお祓いし海上渡御を見守ります。


2016071012.jpg



2016071013.jpg


お祓いを受けた御神輿は喜びの声をあげて手をたたきます。この時が海上渡御のクライマックスでしょうか。


2016071014.jpg


さんざん海中で暴れた御神輿もこれを機に引きあげます。


2016071015.jpg


海からあがった御神輿をどっと見物人が取り囲み、行く手を遮ります。おねえさんの注意も耳には届かない。まあそういう自分も迷惑のかからない程度に御神輿に近づいては離れます。


2016071016.jpg


自分と同世代のようなおじさん連中が頑張ってます。


2016071018.jpg


オイサオイサと最後の力を振り絞って御神輿を担ぎます。笑っているのか、それとも苦しいのか、必死の形相をパチッとさせてもらいます。


2016071019.jpg


「聖天島公園」に到着。藤沢消防署の方の真水の放水を被ります。こんな粋なサービスが最後にあるんですね。これでおしまいです、皆さん暑い中お疲れさまでした。


2016071024.jpg


戻る途中懐かしのアメ車を発見。シボレーですね。


2016071025.jpg


後ろからパチリ、改造されてるんですかね。


2016071026.jpg


もう一台はキャデラック。あとから来たカメラおじさんが、この写真を撮れて今日ここに来た甲斐があった、なんて感激してました。


2016071023.jpg


弁天橋を渡って戻ったんですが、この体に自信ありの真っ黒に焼けた肉体派のおにいさん達とずーと一緒でした。行き交う人の表情を見てると千差万別。特に女性陣は見て見ぬふりというか、目のやり場に困るという感じでした(笑)。

午後からは小動神社の御神輿と合流して腰越の街を小動神社まで渡御するんですが、もう何度も見てるんで今年はパスして帰りました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/07/10(日) 17:23:04|
  2. お祭
  3. | コメント:2

「三社祭」町内神輿連合渡御

浅草神社「三社祭」が5月13日から始まっていて、今日は浅草氏子44ヶ町内神輿約100基の「町内神輿連合渡御」です。浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、一基ずつ発進。浅草神社でお祓いを受けて各町内へ散っていきます。


2016051417.jpg


去年出遅れていい場所が確保出来なかったんで早めに行って場所を確保してたんだけど、無駄だった。浅草寺本堂の立ち入り禁止区域が去年と変わってしまい、どかされてしまった。周りのカメラおじさん達とおしゃべりしながら1時間以上待機してたのになあ。毎年禁止区域がコロッコロ変わるんでカメラマンにとっては堪んない。まあ安全第一だから仕方がないけどね。

10時過ぎに町内神輿が仲見世を通り、宝蔵門をくぐって続々と入って来た。いよいよ始まりです。


2016051402.jpg


とりあえず本堂の真ん中から撮ります。


2016051416.jpg


写真を撮っているときは夢中であまり感じなかったんですが、こうしてみるとものすごい人ですね(驚)。このびっちり感が堪んない。


2016051404.jpg


場所を変えて階段の一番下から近づいてきた神輿を狙います。担ぎ手の熱気がバンバン伝わってきますね。


2016051405.jpg


クライマックスです。神輿を高々と上げて町内の心意気を表します。

2016051406.jpg


勢いあまって突進してくる神輿に要注意です。カメラ目線の方にはご要望に応えてあげましょう(笑)。


2016051407.jpg



2016051408.jpg



2016051409.jpg


場所を微妙に変えてシャッターを切ります。すべてカメラを高く掲げてノーファインダーでバチバチ。


2016051410.jpg


御神輿も押し合いへし合いだけど、見物人も規制線の中で前へ前へ。高い脚立から撮っているカメラマンがいたけど、押されて倒されないか心配だね。


2016051418.jpg


ほとんどの女性の髪形は「くわがた鉢巻」というもので、とっても粋ですね。


2016051411.jpg


宝蔵門から仲見世の方に場所を変えます。例年仲見世で神輿に接近した写真を撮っているんですが、今年は人が多すぎて危険だし、邪魔になるんでやめました。


2016051415.jpg


浅草寺の裏側に回ってみます。ずらっと並んだたくさんの神輿の雄姿には感動ものです。


2016051430.jpg2016051431.jpg

2016051434.jpg2016051439.jpg


浅草神社のお祓いを受ける前のしばし休憩です。笛や太鼓のお囃子屋台をぐるっと見物人が取り囲みます。見物人の求めに応じてポーズをとるおねえさん方。


2016051435.jpg2016051433.jpg

2016051436.jpg2016051437.jpg

かわいい子供たちもたくさん参加しているんですが、写真はそこそこにしときます。外人のお嬢さんとおじさんの会話も面白そうですね。


2016051413.jpg


お祓いを受けた神輿が本堂の前を通り、それぞれの町内に散っていきます。


2016051414.jpg


ところで三社祭の掛け声は何と言っているんでしょうか。

「そいや!そいや!」 「せいや!せいや!」 かな。

隣にいた外国のお兄さんが、「sexy girl!sexy girl!」に聞こえると笑っていた。


いつものことだけど、ものすごい人です。海外からの見物人もすごい。今年は神田祭が陰祭なんでこの三社祭を楽しみにしてました。今回はベストの場所が確保出来ず、写真的にちょっと悔いが残りましたが、それでも十分楽しんできました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/05/14(土) 17:47:20|
  2. お祭
  3. | コメント:2

三之宮比々多神社例祭

今日は伊勢原の「比々多神社」の例祭です。比々多神社はその昔自転車乗りだったころたびたび立ち寄った神社で、例祭も10年くらい前に一度ちらっと見たことがある。

2016042203.jpg

11時過ぎに到着。平日のこんな時間なんで子供の姿も見えず、たいして混んではいません。見渡せば、半分はカメラおじさんとカメラおばさんです。

2016042202.jpg

神社周辺のサトザクラが見ごろ迎えていました。こんもりもっこりの花びらを思わずいじりたくなっちゃいます。

時間が来ました、いよいよ始まりです。

2016042204.jpg

午後1時少し前、三ノ宮を皮切りに、栗原、神戸の氏子達が「青年宮詰」といって順番に神社に駆け込んできます。まずは三ノ宮がダーッと走り込んできます。

2016042206.jpg

栗原が続き、

2016042207.jpg

最後に神戸の氏子が拍手に迎えられて入ってきました。地区は違ってもご近所ですから、一年ぶりの再会にうれしそうで、お互いに声を掛け合っていました。

2016042208.jpg

本堂にあった御神輿が慎重に運び出されます。

2016042210.jpg

まずは境内の中で威勢よくひと揉みします。こんな時は御神輿に近づいてパチパチやるんですが、関係者の方たちに厳しく規制されて近づけません。なるほど御神輿はあっちこっちに激しく動き回り危険です。

2016042211.jpg

神社の境内から外に出たところでも威勢よく動き回ります。

2016042212.jpg

そして午後1時10分、行列出立、神輿御立です。土手の下から行列をパチパチ。ここが撮影ポイントのようで、カメラマンがいっぱい。

2016042214.jpg

勢いあまって土手の下に転げ落ちないように必死です。

2016042216.jpg


2016042217.jpg

バッチリカメラ目線ですね、お兄さん。

2016042218.jpg


2016042219.jpg

途中で御神輿を台車に乗せて移動するんですね。「栗原入口」バス停付近です。この辺りは畑ばっかりで民家は一軒もありません。

2016042222.jpg

東名が見える辺りです、加藤清正・熊谷次郎直実・先代萩の男之助のカラクリ人形が載せられた山車が止まっています。この山車は御神輿と一緒にこの先巡幸するのではなく、御神輿が再び比々多神社に戻る時一緒に神社に戻るようです。

2016042221.jpg

小中学生かな、お囃子をやってましたが、しっかりしたものでした。この先まだまだ続くようですが、ここで神社の方に戻ります。

2016042223.jpg

境内は屋台でびっちりなんです。でも子供たちがいないので今のところ閑散としてます。夕方5時過ぎに御神輿と山車が戻ってきます。その時が例祭のクライマックスのようです。見たいけどこのあと3時間も待てないので帰ります。

帰りのバス、途中「叔母様」バス停の名前がアナウンスされたら乗客がどっと笑った。「おばさま」なんてバス停の名前は全国探してもここだけじゃあないの。自分も知らなかった。でもこの辺りの長閑な雰囲気がいいですね。いつも東京の有名なお祭りしか見ないけど、地元に近い所のお祭りもいいですね。なお伊勢原駅北口から臨時バスが出てますし、帰りも比々多神社から臨時バスが何本かありました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/04/22(金) 18:45:14|
  2. お祭
  3. | コメント:0
次のページ