FC2ブログ

記事一覧

写楽について松本清張の「一解決」

江戸東京博物館で「大浮世絵展」が11月19日から開催中です。前売り券購入済みで早く行きたいのですが、天気がここんとこ悪くて待機中です。歌麿、写楽、北斎、広重、国芳とまさに夢の競演です。最近浮世絵もご無沙汰なんで、事前に予習をしとこうと本棚をごそごそしたら、こんな雑誌が見つかった。(表紙:二代目市川高麗蔵 敵討乗合話の志賀大七役)存在をすっかり忘れていた別冊太陽「写楽」1975年2月号が出て来た。表紙は傷ん...

続きを読む

鏑木清方 幻の≪築地明石町≫特別公開

日本画家の鏑木清方(1878~1972)の代表作として知られながら、1975(昭和50)年以来所在不明であった≪築地明石町≫が発見され、これとあわせて三部作となる≪新富町≫≪浜町河岸≫の3点が東京国立近代美術館に新たに収蔵されました。これを記念して特別展示会が開催されています。44年ぶりに発見、なんてちょっと衝撃的なお誘いの言葉に乗っかってみました。鏑木清方についてはまったく知らないわけではなく、以前「鎌倉市鏑木清方...

続きを読む

ハプスブルク展~600年にわたる帝国コレクションの歴史

今日は美術展のハシゴです。まずは「国立西洋美術館」で開催中の「ハプスブルク展」です。このあと「鏑木清方 幻の≪築地明石町≫特別公開」に東京国立近代美術館へ。「ハプスブルク家」はもとはといえば10世紀末頃スイス北東部にあらわれたの弱小の豪族であった。1273年ルドルフ1世が神聖ローマ皇帝に選ばれて以来勢力を拡大し、15世紀から神聖ローマ皇帝位を事実上独占。政略結婚によってスペインも勢力下におさめた。20世紀初頭...

続きを読む

原宿駅~太田記念美術館~裏原宿~新国立競技場

明治神宮からの続きです。原宿駅はどうなっているのかなあ・・・おっまだ健在でした(もしかしたらなくなっていると思ってました)。写真左では新駅舎の工事が行われています。この歴史的建造物の運命はいかに。各方面から解体反対、保存の声があがっているんですが、JR東日本からは明確な答えはまだないようです。保存といってもこの場所に残すことはむつかしく、移築といっても費用や場所などの問題があるしね。ともかくその姿を...

続きを読む

MOA美術館~「奇想の又兵衛」/山中常盤物語絵巻 ② (追記)

「山中常盤物語絵巻」とは、義経伝説をもとにした物語「山中常盤」を題材とした全12巻、全長150m超える極彩色絵巻です。前半は母常盤午前の殺害、後半には牛若丸による仇討の場面が描かれています。誇張された人物表現によるドラマチックな表現が見どころ。今回その12巻が一挙公開されてます。絵巻に沿って各巻ごとに簡単なあらすじが書いてあるので分かりやすい。極々簡単にあらすじを追っていくと、15歳になった御曹司牛若丸...

続きを読む

訪問者数

カレンダー

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

aki

Author:aki
昔は自転車乗り、今はカメラ片手に神奈川、東京をぶらぶら。
小田急や東海道沿線で電車の写真を撮っています。
<使用機材>
E-M5 Mark II
DSC-RX100
GRDⅢ
EOS5DMarkⅡ
EOS50D
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm f2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ