FC2ブログ

晴れたらいいね

no photo no life

写楽について松本清張の「一解決」

江戸東京博物館で「大浮世絵展」が11月19日から開催中です。前売り券購入済みで早く行きたいのですが、天気がここんとこ悪くて待機中です。歌麿、写楽、北斎、広重、国芳とまさに夢の競演です。

最近浮世絵もご無沙汰なんで、事前に予習をしとこうと本棚をごそごそしたら、こんな雑誌が見つかった。

2019112801.jpg
(表紙:二代目市川高麗蔵 敵討乗合話の志賀大七役)

存在をすっかり忘れていた別冊太陽「写楽」1975年2月号が出て来た。表紙は傷んでいて中は色褪せていた。この雑誌を購入した記憶がまったくない。ボロボロだから古本屋で買ったのかな?


2019112803.jpg2019112812.jpg2019112805.jpg

2019112807.jpg2019112815.jpg2019112808.jpg

2019112811.jpg2019112816.jpg2019112809.jpg

写楽と言えば、大首絵で役者の内面をとことん追求し、圧倒的な迫力で見るものに感動を与えます。また登場から実質わずか10ヶ月で消えている謎の絵師で、写楽が誰なのか諸説が入り乱れてます。

中味をペラペラと読んで面白かったのはあの松本清張が『写楽の謎の「一解決」』と持論を展開しています。ある「同好会」での講演を掲載したものです。これを読んだ記憶もなく、今回とっても興味深く読ませてもらいました。

要約すると、

①写楽が誰なのかまだ定説がない。玄人が分からないのに素人のわたしが分かるわけがない。
と謙遜しながら、
②阿波侯お抱え能役者で名前は斎藤十郎兵衛だという説、蔦屋重三郎=写楽などなど諸説がたくさんあるが、それぞれに疑問を持っている。
③蔦屋重三郎は稀代のプロデューサーで、ある意味ディレッタント(学問や芸術を趣味として愛好する人:管理人注)であったので結局商売に失敗する。採算を度外視して写楽をたくさん刷り、売れ行き不振で損失が出た。蔦屋は写楽に賭け過ぎた。
④何故蔦屋はそこまで写楽に力を入れて売り出そうとしたのか重要な問題だ。それは写楽が世に出る前に歌麿が蔦屋のところを出て行ったからである。
⑤歌麿にとって蔦屋は恩人である。歌麿はその恩人の蔦屋のもとをあと脚でけるようにして飛び出し、商売敵の版元から自分の作品をどんどん出させた。
⑥歌麿を育て、投資し、人気が出て蔦屋にとってドル箱となり、これから大いに稼がせてもらおうと思っていた矢先に去られた。蔦屋にとってはらわたが煮えかえる思いだっただろう。
⑥人気が出た歌麿にとって蔦屋に拘束されることや、安い画料に嫌気がさしていた。そんな折他の版元からの誘惑があったに違いない。
⑦歌麿がいなくなったあと、蔦屋は歌麿とは対照的な「醜陋(しゅうろう)の美」(醜陋:みにくく卑しいこと:管理人注)をもってする写楽が最適であった。当たるかどうか判らないけど写楽の売り出しには蔦屋の必死な賭けがあった。
⑧蔦屋の思惑が外れて写楽の絵は大衆受けしなかった。当時に役者絵は現在で言えば俳優のブロマイドです。その購買層は芝居好きの婦女が主です。彼の役者絵は漫画のようで、まるで猿の顔のようです。こういう絵を役者も劇場側も好むはずがない。
⑨写楽は先輩や同期の画家の誰からも影響を受けていない。その画は彼の独創です。これはおどろくべきことで、天才というほかない。写楽ははじめから写楽として出現している。おどろくべきことだ。
⑩写楽の絵の変遷は四つのグループに分類されている。第一グループは大判、雲母摺り、大首絵・・・・中略・・・第四グループは細判。市民の興味が役者だけから芝居の筋、場面の構成に傾いて行ったという考えがある。
⑪この変化はむしろ蔦屋のほうから考えた。金をかけた雲母摺りの大首絵がまったく不評でさっぱり売れず返品の山となった。そこで金のかかる雲母摺りを止め、安上がりの無地のバックにしたり、大判から間判を出すようになる。さらに写楽の間判は細判になって行った。そして最後には組み写真のようになっていった。すべて蔦屋の指示によるものです。これは完全に大衆受けする通俗作品だ。こうなると写楽も嫌気がさしてやる気をなくして行った。写楽の絵の衰退期です。
⑫かくして写楽はデビューから10ヶ月で版画の世界から消えていった。写楽をクビにしたか、写楽の方から去っていったのか分からない。それから先、写楽の消息は絶えてしまう。

ここから松本清張のあっとおどろく見解が展開される。本人曰く、「写楽についての無責任な一解決」の意味ととって欲しい。

⑬写楽は少々精神異常者ではなかったのか。そう解することによって、写楽の描く役者の特異な面相ー後世の美術史家はそれを写楽の「強い個性」というが、その顔の謎が分かるようである。「強い個性」とは、彼の常人でない神経からだ。写楽が精神病者とすれば梅毒に罹っていたのではないか。彼の絵がいきなりデフォルメの顔で出たというのも彼の異常視神経からきたと思われる。このように写楽を想像すると、ゴッホやゴーギャンの場合に連想が走る。同じように梅毒に侵されていたと推測される。

そして最後に、

⑭写楽は忽然と消えた。写楽の役者絵が消えたのは彼が死亡したからである。写楽の全身は既に梅毒に荒らされていた。写楽はまもなく廃人となり、江戸の裏長屋かまたは路傍で死んでいったかもしれない。
⑮写楽は「写楽」でいい。その画を見ているだけでいい。そこに「写楽」が存在しているからである。その画家の不明な経歴を無理に詮議することもない。「科学的」と称して僅かな資料を拡大して見せ、その上に解釈を歪めることもない。

もっと簡潔にまとめようと思いましたが、長文になってしまいました。自分も写楽の正体探しにはほとんど興味がありません。ただただ眺めているだけでいいです。原文になるべく忠実に書いたつもりですが、誤解釈をしていないことを願うばかりです。またこの雑誌が今から44年前の出版ということも考慮して頂きたいと思います。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/28(木) 09:22:53|
  2. 美術展
  3. | コメント:0

鏑木清方 幻の≪築地明石町≫特別公開

日本画家の鏑木清方(1878~1972)の代表作として知られながら、1975(昭和50)年以来所在不明であった≪築地明石町≫が発見され、これとあわせて三部作となる≪新富町≫≪浜町河岸≫の3点が東京国立近代美術館に新たに収蔵されました。これを記念して特別展示会が開催されています。44年ぶりに発見、なんてちょっと衝撃的なお誘いの言葉に乗っかってみました。

鏑木清方についてはまったく知らないわけではなく、以前「鎌倉市鏑木清方記念美術館」に一度立ち寄ったことがある。当時は同じ美人画の上村松園の作品にはまっていた時期で、鏑木清方にはさほど関心がなく、展示品の記憶があまりない。

2019110903.jpg


展示作品の数は多くないです。入って一直線に≪築地明石町≫へ。明石町は明治期の外国人居留地でした。単衣(ひとえ)の小紋に黒い羽織姿、イギリス巻に結った女性の姿は美人画の最高峰に恥じない名画でした。額にかかるほつれ毛、ほのかにピンクに染まる頬や耳たぶが色っぽい。実物でははっきり見えなかったんですが、パンフレットのアップ写真ではっきり確認出来ました。三部作が並ぶとポーズや構図のバランスが取れていますね。


2019110908.jpg
(入口で配布されていた古地図の裏側に印刷されていた展示作品 中央左が三部作)

この三部作の他には「明治風俗十二ヶ月」「三遊亭円朝像」「初冬の花」などが展示されています。こじんまりと清楚に描かれ、明治期を思い起こさせる作品なんですが、ここに来る前に見たハプスブルク展の西洋画のデカイ、ギラギラ、ベタベタ感、とあまりにも対照的で落差があり、正直拍子抜けしちゃいました。三部作以外は感じるものが少なかった。毛色の違った美術展のハシゴはやめた方がいいかもね(笑)。

2019110706.jpg

前庭には白いオブジェが。これもアートなんですね(藤本壮介:窓に住む家/窓のない家)。写真を撮っていたら偶然和服姿の女性が通りかかった。今見た鏑木清方展にマッチしたお二人に感謝です。
(撮影2019.11.08)

DSC-RX100
  1. 2019/11/09(土) 05:09:52|
  2. 美術展
  3. | コメント:0

ハプスブルク展~600年にわたる帝国コレクションの歴史

今日は美術展のハシゴです。まずは「国立西洋美術館」で開催中の「ハプスブルク展」です。このあと「鏑木清方 幻の≪築地明石町≫特別公開」に東京国立近代美術館へ。

「ハプスブルク家」はもとはといえば10世紀末頃スイス北東部にあらわれたの弱小の豪族であった。1273年ルドルフ1世が神聖ローマ皇帝に選ばれて以来勢力を拡大し、15世紀から神聖ローマ皇帝位を事実上独占。政略結婚によってスペインも勢力下におさめた。20世紀初頭の第一次世界大戦後、オーストリア皇帝カール1世がスイスに亡命し、約650年間も続いたヨーロッパ史上最大の王朝は歴史の幕を閉じた。

2019110703.jpg
(左:上から マリア・テレジア マクシミリアン1世 ルドルフ2世 フランツ・ヨーゼフ1世 中央:上から マルガリータ マリー・アントワネット 右:上から エリザベト 馬上槍試合用甲冑セット フェリペ4世)

ウィーン美術史美術館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションから、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など約100点を展示されています。ハプスブルク家の8人の王族にスポットを当て、関連作品が紹介されています。館内は身動きが出来ないほどではなかったですが、けっこう混んでますね。


2019110711.jpg


個人的には以前中野京子さんの「ハプスブルク家12の物語」を読んでいたので今回参考になりました。とにかくややこしいです、なんせ650年も続いた王朝ですから家系図も複雑で長大ですし、同じような名前が出て来るんで覚えきれません。今回合わせて「ハプスブルク帝国」も読みました。事前にハプスブルク家の歴史をざ~と把握しておくとより楽しめると思います。

前置きが長くなりました。展示の中で特に印象に残ったのは①スペイン国王フェリペ4世の肖像②青いドレスの王女マルガリータ・テレサの肖像③皇妃マリア・テレジアの肖像④フランス王妃マリー・アントワネットの肖像⑤オーストリア=ハンガリー二重帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世⑥馬上槍試合用甲冑セット、です。

①のフェリペ4世の顔は忘れません。2018年3月開催された「プラド美術館展~ベラスケスと絵画の栄光」で狩猟服姿の肖像画を見ています。ハプスブルク家の人間に極めて特徴的な「突き出た下顎」「分厚い下唇」の顔立ちが懐かしいです。彼は政治的能力には欠けていましたが、絵画に対する審美眼だけはセンスの良さを発揮して王室のコレクションを充実させました。またまだ駆け出しの若いベラスケスを宮廷画家として厚遇しました。

②の王女マルガリータの幼い姿はかわいらしい(一番上の写真、中央上部の写真の女の子)。この時点で彼女がスペイン王家を継ぐはずだった。しかしその後弟が生まれ、彼女の運命は大きく変わります。15歳で結婚が決まりますが、相手は母の実弟でもあり、父の従妹でもある叔父のオーストリアのレオポルト1世(この関係理解できますか)。血族結婚が理由なのか、産んだ子を次々と亡くし、本人も二十二歳の若さで亡くなってしまう。詳しくは省きますが、ハプスブルク家は血族結婚が極めて多く、そのためなのか死産や先天性の病気、乳児死亡率が高く、やがてスペイン・ハプススブルク家は1700年カルロス2世(マルガリータの弟)の死去により終わりを迎えることになったんです。

①と②ともベラスケスの筆になるところがいい。

③の皇妃マリア・テレジアの肖像も迫るものがありましね。父カール6世が死去、男系が絶え王家断絶かという国家存亡の時、長女のマリア・テレーザが23歳でハプスブルク家を相続。権謀術数外交の渦中で難しい舵取りをし、内政でも天性と言うべき政治的手腕で乗り切った。家庭にあっては16人の子供をもうけ、幼くして亡くなった6人を除き10人を育て上げた。そんな女帝の自信の溢れる表情が見事に描かれている。

④歴史上伝えられているマリア・テレーザの性格が表情によく表れている。本展示作品の中で一番サイズが大きかったかな。これだけが他の作品と雰囲気が違っていた。因みに彼女は前出のマリア・テレジアの末娘です。

⑤事実上ハプスブルク家「最後の皇帝」と言われるフランツ・ヨーゼフ1世(1830~1916)の表情はとても複雑だ。1848年即位以来半世紀におよんでいる。勤勉な皇帝は国事に精励していたが、王家には不幸な出来事が続いた。メキシコ王となった実弟の死。ひとり息子の恋人との自殺。王妃エリザベトが旅先でイタリア人無政府主義者により殺害される。皇帝としての威厳と共に王家の行く末を案ずる憂いに満ちた表情がなんともいえない。彼は年を取り、老いてしまった。

⑥馬上槍試合用甲冑セットを前後からみました。これをどうやって身につけたんだろう?こんなのを被ったら前が見えないじゃあないの。

とまあ見所満載の展覧会を見て表に出ました。光がまぶしい。


2019110705.jpg

上野公園の紅葉も始まっていた。

2019110708.jpg

今日も定番のお気に入りの場所からど逆光にめげずパチリ。続きます。

<参考>
 「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」 中野京子 光文社新書  
 「ハプスブルク帝国」 加藤雅彦 河出文庫
 (撮影2019.11.07)

DSC-RX100
  1. 2019/11/08(金) 05:03:26|
  2. 美術展
  3. | コメント:0

原宿駅~太田記念美術館~裏原宿~新国立競技場

明治神宮からの続きです。原宿駅はどうなっているのかなあ・・・おっまだ健在でした(もしかしたらなくなっていると思ってました)。写真左では新駅舎の工事が行われています。

2019090802.jpg


この歴史的建造物の運命はいかに。各方面から解体反対、保存の声があがっているんですが、JR東日本からは明確な答えはまだないようです。保存といってもこの場所に残すことはむつかしく、移築といっても費用や場所などの問題があるしね。ともかくその姿をまた見ることが出来てよかった。もしかしたらラストチャンスかな?

そして太田記念美術館へ。


2019090801.jpg
(役者舞台之姿絵 まさつや 三代目大谷鬼次の江戸兵衛)

生誕250年記念 歌川豊国~写楽を越えた男」展が開催されてます。東洲斎写楽や勝川春英と役者絵で競い合い、当時の人気では写楽らに勝り、当代一流の絵師として活躍しました。また国貞、国芳ら若手絵師を育て、歌川派中興の祖といわれた彼なんですが、後世の人気では国芳らの陰に隠れてしまってますね。

太田記念美術館所蔵のものを中心に約140点もの作品が展示されています。見所満載ですが、なんといっても「役者舞台之姿絵」が気に入りました。バッチリ決まった役者のカッコいい姿がいかにも江戸っ子に喜ばれそうだ。興味深かったのは豊国の大首絵の隣に写楽の「三代目坂田半五郎の藤川水右衛門」と「三代目嵐龍蔵の金かし石部の金吉」の大首絵2枚があったんです。豊国と写楽をじっくり見比べたんですが、違いますね。豊国の絵は大衆が好む極めつけのポーズを表現したブロマイド的な描き方であり、かたや写楽は役者が演じる人間の奥深いものを表現しようとした重厚で写実的なものでした。写楽が大衆に飽きられ、短命に終わったのもこの表現方法に理由があるかも知れません。家に帰って写楽の展覧会(2011年)の図録を見直したけど、やっぱり大首絵は素晴らしい。役者の本性を描き切っていて不気味です。話がちょっとそれましたが、歌川豊国の画業を改めて確認するいい機会ですね。

明治通りの交差点を通り、


2019090803.jpg


裏原宿にやってきました。表通りの喧騒と比べたら静かなもんです。


2019090809.jpg


久しぶりに通ったけど、以前に比べて人通りが少ない気がするけど、たまたまかな。


2019090811.jpg


最近オープンした「デウス エクナ アキナ」。B1Fがギャラリーとサーフショップ。1Fがカフェとモーターサイクル・カスタムショップ。2Fがアパレルと雑貨。外人さんが多いとか。


2019090804.jpg


「BAPE KIDS HARAJUKU」このカラフルなイラストは前からあったかなあ。


2019090805.jpg


「BROWN HORSE」の前にはいつもオートバイが止まっている。


2019090807.jpg


今日最後のお目当てはここホープ軒なんですが、


2019090806.jpg

何と店の前に、ドカーンと新国立競技場があった。初めて見る競技場はさすがにデカい。元あった場所に建設かなと思っていたら、少し移動してホープ軒の真ん前に出来ていたのには驚いた。ちょうど昼時で1F 2Fいっぱいで3Fまで上って来た。お味は・・・あれ、ちょっと薄味じゃあない。いつもたっぷり入れる豆板醤が3Fにはなかった。そのせいかな?量はたっぷりでお腹いっぱいになったけど、お味に物足りなさを感じて店を出ました。ホープ軒はやっぱ1Fの立ち食いカウンターで食べるべきですね。
(撮影2019.9.05)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2019/09/09(月) 09:08:45|
  2. 美術展
  3. | コメント:0

MOA美術館~「奇想の又兵衛」/山中常盤物語絵巻 ② (追記)

「山中常盤物語絵巻」とは、
義経伝説をもとにした物語「山中常盤」を題材とした全12巻、全長150m超える極彩色絵巻です。前半は母常盤午前の殺害、後半には牛若丸による仇討の場面が描かれています。誇張された人物表現によるドラマチックな表現が見どころ。


今回その12巻が一挙公開されてます。

2019090305.jpg


絵巻に沿って各巻ごとに簡単なあらすじが書いてあるので分かりやすい。

極々簡単にあらすじを追っていくと、


2019090329.jpg


15歳になった御曹司牛若丸は、驕る平家を討つために京都・鞍馬から東国の地に向かい、奥州の藤原秀衡之館に迎えられた。


2019090327.jpg


行方を案じていた母、常盤はそうと知り、一日千秋の思い出牛若丸のいる奥州へと侍従(乳母)を従え、旅立つ。しかし、それはあまりにも遠く、つらい旅だった。長旅の疲れに常盤は美濃国山中の宿で病に伏す。


2019090328.jpg


その常盤を六人の盗賊が襲ったのだ。


2019090332.jpg


盗賊が常盤と侍女の着物を剥がして逃げていく。


2019090310.jpg


「小袖を残す情けもないなら、わが命をばとられよ」と叫ぶ声に、盗賊たちは逆上。


2019090317.jpg


せめくちの六郎は、常盤の黒髪に手を巻き付けて胸を刺す。もがく常盤の肌から血の気が失せる。ついに命を絶たれる。


2019090331.jpg


宿の老夫婦が駆けつけ、常盤の裸身に小袖を掛けて介抱する。遺言を終え合掌して息絶える可憐な常盤の顔。

一方、牛若丸は夢にうつつに現れる母が気がかりになり、京へ。


2019090312.jpg


奇しくもその惨劇が起きた宿に、事もあろうその翌日、泊まる。宿の主人より事の顛末を知らされて、盗賊をおびき寄せるや盗賊全員バッサ、バッサと退治。死骸を淵に沈めて秀衡の館に戻る。


2019090323.jpg


それから三年三月後、牛若丸は大軍を引き連れて京の都に京攻め上がるが、


2019090314.jpg


途中、山中の宿で母、常盤の墓前で手厚く回向し、宿の主人夫婦に土地を与え、恩に報いたのだった。これでおしまいです。

ふぅ、さすがに全12巻を見るのは疲れる。事前に別冊太陽「岩佐又兵衛」等で予習をして行ったんで、戸惑うことはなかった。初めてこの絵巻を雑誌で見た時はそのおぞましい、生々しい描写に嫌悪感を覚えましたが、慣れは恐ろしいですね。盗賊の特徴ある漫画チックの顔がなんともこっけいだ。盗賊の首が飛んで鮮血が飛び散る描写は最初はアップするのが憚れましたが、重要文化財の価値ある絵巻ということでのっけました。白い肌に鮮やかな血を滴らせて息絶えていく姿を常盤が殺害される場面は最後まアップを迷いました。このエキセントリックな描写は、母を含めて一族を信長に皆殺しにされた又兵衛の心の奥底に宿っていた何かの発露かも知れない。この絵巻が描かれたのは江戸時代初期(17世紀前半)です。当時の武士の姿、衣装、刀剣類、などが克明に描かれていて興味深かった。

この後「浄瑠璃物語絵巻」や「堀江物語絵巻」などの重要な絵巻があったんですが、「山中常盤物語絵巻」の12巻で力尽きました。もうじっくり見る気力がなくなってました。でも今回の岩佐又兵衛は、自分の長い美術鑑賞の歴史の中でも異色の存在として記憶に残ると思います。

今まであげた絵巻物を又兵衛ひとりの筆になるとは考えにくい。そこで又兵衛工房の存在が考えられる。①又兵衛が作品の構想を練り②下書きを行う③彩色や文様などの細かい指示に従い又兵衛の画風に習熟したリーダー格の絵師が、下の絵師を使い分担して進める④最後に又兵衛が仕上げのチェックを行い、必要によって落款を入れ作品を完成させる。まさしく現代のマンガやアニメの制作現場そのものである。


2019090302.jpg


2Fのメインロビーからの眺めが素晴らしかった。


2019090304.jpg


こんな天気のいい日に鉄っちゃんをやりたいものです。


2019090301.jpg


能楽堂もありました。

たっぷり2時間ほどいて、バスで熱海駅に戻ります。また機会があれば来たいですね。

駅前の平和通り商店街を少し見て、


2019090318.jpg



2019090319.jpg



2019090321.jpg

帰りました。
(撮影2019.9.02)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

<追記>
2019090325.jpg

【参考文献】
「血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛」 辻惟雄 山下裕二 新潮社
「岩佐又兵衛 浮世絵をつくった男の謎」 辻惟雄 文藝春秋
「別冊太陽 岩佐又兵衛」 平凡社 2017年2月25日
「芸術新潮」 新潮社 2019.2
  1. 2019/09/03(火) 10:40:06|
  2. 美術展
  3. | コメント:0
次のページ