晴れたらいいね

no photo no life

「深大寺だるま市」は楽しい

深大寺だるま市」に行ってきました。正式には「厄除元三大師大祭」(やくよけがんざんだいしたいさい)といい、比叡山中興の祖「慈恵大師」の遺徳をたたえる縁日として、江戸中期頃に始まったといわれています。 深大寺のだるま市は、静岡県「富士のだるま市」と群馬県「高崎のだるま市」と並び、「日本三大だるま市」と称されています。毎年3月3日、4日と決まっています。

2017030301.jpg


ホンアツから乗り継いで京王線布田で下車します。いつものことですが、ここから深大寺まで歩きます。途中野川沿いを少し歩くんですが、菜の花はなかった。布田駅から急げば30分ちょいで着いちゃいます。

初めてで興味津々で臨んだんですが、うわっ、ものすごい人だ、想像以上です。

2017030318.jpg


見慣れた境内にだるまが所狭しと置かれていて、掛け声が飛び交います。


2017030302.jpg


お店の方がこのだるまを作っているのかなあ?よく見かける露店と違って、素人っぽくて、とても対応が丁寧です。馴染みのお客さんとの会話を楽しんでいるようです。


2017030327.jpg


ほとんどのお店(露店)は地べたにシートを引いてその上にだるまを並べています。超ミニサイズからひと抱えもあるような大きなだるまさんまで選り取り見取りです。他所ではあまり見かけないですが、だるまさんに目隠しをしています。


2017030305.jpg



2017030304.jpg


最初名前を入れているのかなと思ったけど、どうも「無病息災」「病気平癒」とか「商売繁盛」「安産祈願」など希望の文句を入れてもらえるようです。今回初めてだったんで勝手が分からず、お店の方にその都度お声がけをしたんですが、皆さん快く写真撮影をOKしてくれました。いちいち断らなくてもいいような気がします。カメラおじさんがうようよしていた。


2017030311.jpg



2017030307.jpg


値札は付いてませんが、このくらいの大きさだと数千円以上、1万円ぐらいするんじゃあないですかねえ(想像です)。


2017030312.jpg


混まないうちにお気に入りのお店に入りお蕎麦を食べました。


2017030308.jpg


いつもはざるそばなんですが、今日は暖かいかけそばです。汁は少し甘めです。


2017030309.jpg


いつもながらちょっと物足りないのでこのお店で、


2017030310.jpg


みたらし団子を買って食べました。甘味おさえ気味です。懐かしの「五平餅」も他で売っていたけどさすがにデカすぎて食べれない。


買い求められたダルマは元三大師堂前の特設『だるま開眼所』にて僧侶により直々に目入れをいたします。これはダルマの目に梵字(インドの古い文字)を入れるという深大寺独特のもので、古来「阿吽の呼吸」という言葉より、新しく求めたダルマの左目には物事の始まりを意味する「阿」字を入れて開眼し、心願叶ったダルマの右目には物事の終わりを意味する「吽」字を入れ感謝の意を込めて寺に納めます。(深大寺HPより)


2017030325.jpg


両目に梵字が書き入れられたこのだるまは、特設の納め処に投げ込まれお役目終了です。


2017030322.jpg


初詣以外はここに何度も来ているんですが、こんなにたくさんの露店が出て混んでいるのを見るのは今日が初めてです。


2017030321.jpg


季節柄草餅が売れてます。


2017030315.jpg


深大寺の露店は他ではあまり見かけないものが売られてます。

こんな干し柿がきれいに並べられて売られてました。


2017030316.jpg


端っこには三陸産だったかなあ、わかめがてんこ盛りで売られてました。


2017030317.jpg


川エビ、いりこ、天日しらすも売ってます。


2017030326.jpg


こちらでは、しじみ、わかさぎ、いなご、あさり・・等々の佃煮が並んでいます。


2017030320.jpg


こちらでは広島お好み焼きが飛ぶように売れてます。こんな風にだるまだけでなく、いろんな露店を見て回るのも楽しいと思います。


2017030314.jpg


梅も見ごろです。


2017030323.jpg


かわいい~。


2017030324.jpg


特大福だるまがあり、写真を撮る人は寸志をお願いしますと書かれていた。ほんの気持ちだけチャリンしてパチリ。

本当は午後2時から始まる「お練り行列」を見たかったんですが、今日は早く来すぎちゃって、まだ時間がたっぷりある。ぶらぶら歩き疲れて腰に来た。休みたかったけどベンチがない。残念だけどこれで帰ります。お練りは次回に期待します。バスも混んでいるのでまた布田駅まで歩き、帰って来ました。明日(4日)までやってます、よかったらお出かけ下さい。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
スポンサーサイト
  1. 2017/03/03(金) 18:06:24|
  2. 歳時記
  3. | コメント:2

入谷朝顔まつり

入谷の朝顔まつりは下町の夏の風物詩です。

やっぱ朝顔といえば早朝のイメージなんで早めに行ったつもりなんだけど、朝顔の鉢を提げて帰っていくたくさんの人とすれ違いました。早朝5時からやっているらしいから当然かな。


2013070703.jpg


歩道に所狭しと朝顔の鉢が並べられてます。まあこれだけの数をよく育てたまもんですね。


2013070704.jpg


入谷鬼子母神前の言問通りの歩道にずらーっと120軒の朝顔を売る植木屋のお店が並びます。


2013070705.jpg


直射日光が当たらないようにとブルーシートがかかっているので熱気がこもります。う~ん暑い!


2013070706.jpg


お店から掛け声がかかります。これだけの種類やたくさんのお店があると迷っちゃいますね。皆さんどのように決めてるんでしょうかね。


2013070707.jpg


宅配便もやってました。遠方から来た人が持って帰れないので送ってもらうのかな。それとも知り合いに送るのかな?


2013070708.jpg


写真を頼んだら二つ返事でポーズをとってくれたおじさん。でもちょっと照れくさいのかな、目線が下に行ってます(笑)。


2013070709.jpg


やっぱり若い女性がいるお店は強いですね。お店の方とお客さんの和気あいあいの会話が弾み、じゃあこれに決めた。


2013070713.jpg


鬼子母神(真源寺)の境内も朝顔がいっぱい。


2013070710.jpg


朝顔柄の着物の女性をパチリ。行ったり来たりして十分楽しみました。明日まで(8日)やってます。こんな狭い場所では超広角レンズが威力を発揮します。


このあと銀座へ。


2013070711.jpg


同じように入谷から流れてきた若いお二人と銀座で出会った。手には朝顔が。この猛暑で大丈夫かな。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8
  1. 2013/07/07(日) 19:35:48|
  2. 歳時記
  3. | コメント:2

入谷の朝顔まつり

2013070701.jpg


早朝7時には入谷鬼子母神前に着いたんだけど、もう会場は朝顔を買い求める人で歩けないくらい混雑してました。

色とりどり、いろんな種類の朝顔が取り揃えられていて迷ってしまう。

公式HPは → こちら

とりあえず。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8
  1. 2013/07/07(日) 14:41:08|
  2. 歳時記
  3. | コメント:0

浅草寺羽子板市

浅草仲見世の混雑はちっとも煩わしくはないですね。見慣れた光景でも来るたびに人の心をワクワクさせてくれます。

2012121815.jpg

年の瀬だというのに今日のポカポカ陽気は大助かり。ここでは急がず流れに身を任せましょう。

2012121804.jpg

今年もやってきました浅草羽子板市。

2012121805.jpg

「押絵羽子板」は、江戸時代後期(1800年ごろ)江戸歌舞伎の隆盛を背景に、浮世絵師の描く役者絵を押絵細工として羽子板に取り付けたのが始まりです。ー浅草寺歳の市パンフレットより

2012121806.jpg

五重塔前を中心に羽子板、羽根、江戸玩具、江戸小物、手摺り版画等を売る50以上のお店が所狭しと並んでいます。東京のお店が多いですが、平塚、春日部、二宮町、新座市からやってきてます。

2012121807.jpg

皆さんお値段が気になるところですが、高いものでも5万円ぐらい、売れ筋は1~3万円クラスでしょうか。
けっして高くないですよとお店の方が説明されてました。安いものは値札が付いていますが、お高いものは付いてません。交渉になるんでしょうか。縁起物なんであんまり値切っている人は見かけなかった。

お買い上げがあると揃って手締め、いい年をお迎えください。

2012121808.jpg

毎年カメラマンの一番人気はこのお店のおかみさん。

2012121812.jpg

この羽根もよく売れてました。

2012121811.jpg

五重塔前の名残のイチョウ。

2012121809.jpg

一見すると同じように見える顔も職人さんの個性が出ています。よく見ると、とても色っぽい表情をしてます。

2012121813.jpg

NHKの海外向けの放送でしょうか、TVクルーが取材に来てました。流暢に英語を話す女性が何度もリハーサルをやってました。

2012121816.jpg

品数が多く、下から上までびっちり並べているお店が景気がいいようです。それとお客さんの呼び込みの上手なところでしょうか。今年もいいものを見させてもらいました。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/12/19(水) 18:57:48|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草寺歳の市~浅草羽子板市

今年もあと2週間となりました。

年末の風物詩として有名な浅草の羽子板市が昨日から開催されています(17日~19日)。羽子板はもちろんなんですが、お目当ての方のお顔を一年ぶりに拝見したくて今年もやってきました。

2012121801.jpg

恒例の仲見世通りの正月の飾り物は干支にちなんだヘビの絵柄です。

2012121802.jpg

羽子板市は昨日が天気が悪かったせいかな、天気に恵まれた今日、メチャメチャ混んでました。

藤娘や娘道成寺?の表情が色っぽいですね。

とりあえず。
  1. 2012/12/18(火) 19:06:09|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ