晴れたらいいね

no photo no life

予想が当たった

2018年3月9日の自分のブログで朝日新聞に不定期連載中の「鎌倉ぶらり 洋風建築の名品を歩く~湯浅物産」のことを書きました。その時次回は「ホテル ニューカマクラ」が取り上げられると予想しました。

当たりましたねえ(笑)。今日(13日)の朝刊の神奈川版に「洋風建築の名品を歩く~ホテルニューカマクラ」が載ってました。

2018041301.jpg

「ホテル ニューカマクラ」は鎌倉市御成町13の2、JR鎌倉駅西口から1分のところにあります。1924年に建てられ、鎌倉市の景観重要建築物に指定されています。

この写真は2014年10月8日に撮影したもので、その時の記事は → こちら

当時から4年も経っているので変わったところもあるかもしれません。鎌倉駅からすぐなんで興味のある方はちらっと寄ってみてください。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/13(金) 07:12:19|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

鎌倉ぶらり~湯浅物産館

今朝の朝日新聞の神奈川版に鎌倉の「湯浅物産館」の記事がのっていた。

「鎌倉ぶらり~洋風建築の名品を歩く」という不定期の記事で、過去に鎌倉文学館、旧華頂宮邸等が取り上げられている。昔から古い建築物に興味があり、好きな鎌倉ということもあって毎回興味深く読んでいた。そして今回は若宮大路にあるこの湯浅物産館でした。

2018030901.jpg
(撮影2016.8.12)

浅緑とベージュのスクラッチタイル(櫛で引っかいたような細い溝の模様があるタイルのこと)と六つの半円窓が特徴の看板建築です。創業は1897年、建築は1936年。若宮大路を通るときは写真に収めてきました。若宮大路は段葛もいいですが、両側に古いお店や建物があるので大好きです。

上の写真は2年前のもので、今朝の新聞の写真とはちょっと違ってますね。いつも建物ばっかりに目が行ってしまい、肝心のお店のことはほとんど知らなかった。記事によれば1階はカフェ、箸専門店、雑貨店などで、2階は着物スタジオになっています。

ところで、これを書くにあたって自分のブログの古い記事をペラペラめくっていたら、さらに古い写真が出てきた。

2018030902.jpg

2011年1月に撮影したもので、そういえばこんな汚い姿だったなあ。タイルも汚れ、店の名前も部分的に欠けていた。たぶん2014年に新装されたと思います。貴重な写真ですね。桜の季節にまた若宮大路を歩き、お店の様子をいつもよりは時間をかけて見てみたいです。

いらんおせっかいですが、このシリーズで次回取り上げられるのは、

2014100901.jpg
(撮影2014.10.9)

ここ「ホテルニューカマクラ」か、

2018030903.jpg
(撮影2011.1.25)

「日本キリスト教団鎌倉教会」と予想します(笑)。
  1. 2018/03/09(金) 06:10:44|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

街で見かけたお気に入り

鶴岡八幡宮から鎌倉駅への帰り道、ふっと見かけていいなあと思ったものです。

2018020401.jpg


2018020402.jpg

観光客目当てに店振り、商品は刻々と変化していくけど、何十年と変わらないものもある。

2018020403.jpg


2018020406.jpg

昔からカラフルなデザインの小物類を眺めるのが好きです。街歩きをしていても自然とそっちの方に目が行ってしまう。

2018020416.jpg


2018020417.jpg


2018020407.jpg

昭和6年創業「茅木家(かやぎや)」。気取らない暖簾に惹かれてパチリ。

2018020408.jpg

鎌倉一の人気お土産店の前に掲げられているもの。「名産〇」・・〇の字は何と読む?

2018020409.jpg


2018020410.jpg

店先に無造作に置かれていて、誰かに持っていかれないかとここを通るたびに心配してます。ところでこの鉢(?)は何に使うのでしょうか。

2018020411.jpg

どこかで見たことがあるぞ。

2018020412.jpg


2018020413.jpg

最近孫のせいかおもちゃに目が行きがちです。昭和の雰囲気が漂うこのお店はけっこう外国人に人気がある。

2018020414.jpg

お帰りはこちら。

2018020415.jpg

(撮影2018.2.03)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2018/02/05(月) 05:37:52|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

鎌倉鶴岡八幡宮 節分祭

2月3日は節分で全国で豆まきが行われます。江ノ電の写真を撮りながら鎌倉の鶴岡八幡宮に向かいました。

初めてで要領が分からず、枚数が限られている「福豆拾い参加整理券」を求めて1時間以上寒いなか並びました。後で分かったんですが、配布時間の12時を過ぎて来ても手に入ると思います。また整理券がなくてもロープの外からになりますが、豆まきはまったく普通に見られます。

午後1時30分、節分祭の祭事が本殿で行われた後、宮司を先頭に大石段を下りてきます

2018020314.jpg


そして、


2018020303.jpg


大紋衣装の年男と年女がぞろぞろと下りてきます。すごい人数にちょっと驚きます。この人達はどのように選ばれたんでしょうか。申し込むのかな。でも若い方はいないなあ(笑)。ミス鎌倉のお嬢さんたちの顔もみえました。あれっ、年男の中にエビスさんの顔が見えるぞ。


2018020305.jpg


石段を下りたところで記念撮影です。吉田宮司の左の女性は宮崎緑さんかな、似ている。それにしてもこれだけの大人数で華やかですね。


2018020304.jpg


細かい位置の修正のあと、は~い行きます、パチリ。


2018020306.jpg


この後舞殿では、「お祓い」、「鳴弦の儀」が行われます。


2018020307.jpg


烏帽子に鉢巻姿の年男が祭事を熱心に見つめます。


2018020308.jpg


午後2時待ちに待った豆まきの準備が整いました。


2018020315.jpg


ドーンという太鼓の合図と共に四方八方に豆がまかれ、取り囲む人たちが豆拾いに必死になります。


2018020313.jpg



2018020311.jpg


豆まきは数回に分けて行われ、あっという間に終了です。これで終わりなの・・と思うほど短時間です。撮影に専念して豆拾いはやりませんでしたが、たまたま一個拾い、ロープの外で見ていた家族連れの女の子に気前よくあげちゃいました。


2018020312.jpg

というのも拾えなかった人のために後でサービスで福豆を頂けるんです。これにて終了です。

家でも豆まきをして邪気を払い、手作りの恵方巻をおいしく食べました。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2018/02/04(日) 05:37:21|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:4

鎌倉七福神めぐり 其の二

鎌倉小町通りは予想通り混んでいる。入口の鳥居にトルコの国旗が掲げられている??のように見えたんだけど、入ってすぐのトルコ料理のお店が鳥居ギリギリに国旗を掲げていたんだ、まぎらわしいね。

小町通りが混雑しているときは決まってこの角を右に回ります。小町通りから若宮大路へ通じるこの一角が何故かお気に入りだ。狭い間口のお店が並んでいます。


2017010701.jpg


枝豆をすりつぶして、皮で包んだ「ずんだ大福」のお店「居 鎌倉(KYO KAMAKURA)」が端っこにあり、ひとつ飛ばしてアクセサリーの店「Little Lagoon」の入口は1mだ。そしてそのお隣は雑貨のお店「mignon」です。


2017010702.jpg


そしてちょっと行けば「魚浦」だ。お魚は新鮮で、切り身がどんどんと置かれている。いつもここを通り過ぎるんだけど、愛想のいいお店の人の親切丁寧、てきぱきとした対応が気持ちいいい。お客さんの要望に応じてさばいて切り身にしてくれる。お客の絶えることがなく、時間によってはすべて売り切れになっていることもある。


2017010703.jpg


鎌倉一の名物お土産屋さんの前に飾られている繭玉?のようなもの。


2017010704.jpg


豚饅が湯気を立てている、あ~お腹が空いたなあ。


2017010705.jpg


多くの参拝者が押し寄せていますが、ロープ規制もなくすんなりと大石段を上って行きます。今年のお正月は天気に恵まれ、真っ青な空が鮮やかだ。


2017010706.jpg


桜門をくぐると本殿です。撮影禁止のためカメラをしまい、参拝に集中します。明治神宮からの連続初詣で少々参拝疲れしてますが、ここは気持ちをアップさせ、むにゃむにゃむにゃ。


2017010707.jpg


縁起物がバンバカ売れてます。


2017010708.jpg


最近TV出見たけど、絵馬の願いごとを知られないよう、シールで隠すという神社があるんですね。京都の下鴨神社や福岡の八坂神社など縁結びの絵馬が対象だそうです。「彼氏、彼女が出来ますように」のせつない願いを人様に見られたくないんでしょうね。


2017010709.jpg


リスが人間を怖がらず餌をもらいにちょろちょろ近づいてきます。かわいい、なんて皆さん歓声をあげていたけど、このリスはタイワンリスで特定外来生物に指定されています。放置しておくと在来生物の生存を脅かしたり、生態系を崩す恐れがあるので、捕獲処分されています。住民の方からも苦情があるそうです。


2017010729.jpg


鶴岡八幡宮の弁財天は旗上弁天社にあります。

20170106map04.gif


2017010727.jpg


鶴岡八幡宮から次の宝戒寺(毘沙門天)へ。本殿に上がり参拝します。この中もカメラ禁止です。かつては評判だった境内の枝垂桜はすっかり枯れてしまい、生きているのはわずかな部分だけですね。寿命なんでしょうか。


2017010712.jpg


次は妙隆寺(毘沙門天)ですね。この時期にしか馴染みのないお寺なんでさっと通り過ぎます。


2017010713.jpg


小町大通りのこの蔵造りの喫茶店は以前から気になってました。といって外から眺めるだけで中へは入ることはないですが、いつかは。お店の名前は「tsuu (ツウ)」です。明治30年頃10年かかって造られた米蔵をリノベーションしたんですね。


2017010714.jpg


そして今日最後は本覚寺(夷尊様)です。


2017010715.jpg


1月10日に「本えびす」が行われます。福娘たちが、「商売繁盛 お祈り申し上げま~す」といって福笹を授けてくれます。数年前までは当日は餅つきも行われたんですが、何故かやらなくなってしまいました。


2017010716.jpg


夷堂で夷様を拝んだ後は改修なった本堂にも参拝します。

これで鎌倉七福神巡りはこれでおしまいです。浄智寺の布袋様が残っているんですが、ここから北鎌倉まで行くのもかったるいのでやめときます。


2017010717.jpg


最後に御成通りをぶらぶらして鎌倉駅に向かいます。


2017010719.jpg



2017010720.jpg


おしゃれなお店が多く、ここもお気に入りの通りです。どちらかと言えば地元の人が多いのかな。


2017010721.jpg



2017010722.jpg



2017010728.jpg



2017010725.jpg



2017010726.jpg


江ノ電の行先表示が正月バージョンになってますね。

毎年恒例の初詣も遠方のあのお寺を残すだけとなりました。来週辺りに行こうかな。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 
  1. 2017/01/07(土) 09:34:59|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0
次のページ