晴れたらいいね

no photo no life

街で見かけたお気に入り

鶴岡八幡宮から鎌倉駅への帰り道、ふっと見かけていいなあと思ったものです。

2018020401.jpg


2018020402.jpg

観光客目当てに店振り、商品は刻々と変化していくけど、何十年と変わらないものもある。

2018020403.jpg


2018020406.jpg

昔からカラフルなデザインの小物類を眺めるのが好きです。街歩きをしていても自然とそっちの方に目が行ってしまう。

2018020416.jpg


2018020417.jpg


2018020407.jpg

昭和6年創業「茅木家(かやぎや)」。気取らない暖簾に惹かれてパチリ。

2018020408.jpg

鎌倉一の人気お土産店の前に掲げられているもの。「名産〇」・・〇の字は何と読む?

2018020409.jpg


2018020410.jpg

店先に無造作に置かれていて、誰かに持っていかれないかとここを通るたびに心配してます。ところでこの鉢(?)は何に使うのでしょうか。

2018020411.jpg

どこかで見たことがあるぞ。

2018020412.jpg


2018020413.jpg

最近孫のせいかおもちゃに目が行きがちです。昭和の雰囲気が漂うこのお店はけっこう外国人に人気がある。

2018020414.jpg

お帰りはこちら。

2018020415.jpg

(撮影2018.2.03)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
スポンサーサイト
  1. 2018/02/05(月) 05:37:52|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

鎌倉鶴岡八幡宮 節分祭

2月3日は節分で全国で豆まきが行われます。江ノ電の写真を撮りながら鎌倉の鶴岡八幡宮に向かいました。

初めてで要領が分からず、枚数が限られている「福豆拾い参加整理券」を求めて1時間以上寒いなか並びました。後で分かったんですが、配布時間の12時を過ぎて来ても手に入ると思います。また整理券がなくてもロープの外からになりますが、豆まきはまったく普通に見られます。

午後1時30分、節分祭の祭事が本殿で行われた後、宮司を先頭に大石段を下りてきます

2018020314.jpg


そして、


2018020303.jpg


大紋衣装の年男と年女がぞろぞろと下りてきます。すごい人数にちょっと驚きます。この人達はどのように選ばれたんでしょうか。申し込むのかな。でも若い方はいないなあ(笑)。ミス鎌倉のお嬢さんたちの顔もみえました。あれっ、年男の中にエビスさんの顔が見えるぞ。


2018020305.jpg


石段を下りたところで記念撮影です。吉田宮司の左の女性は宮崎緑さんかな、似ている。それにしてもこれだけの大人数で華やかですね。


2018020304.jpg


細かい位置の修正のあと、は~い行きます、パチリ。


2018020306.jpg


この後舞殿では、「お祓い」、「鳴弦の儀」が行われます。


2018020307.jpg


烏帽子に鉢巻姿の年男が祭事を熱心に見つめます。


2018020308.jpg


午後2時待ちに待った豆まきの準備が整いました。


2018020315.jpg


ドーンという太鼓の合図と共に四方八方に豆がまかれ、取り囲む人たちが豆拾いに必死になります。


2018020313.jpg



2018020311.jpg


豆まきは数回に分けて行われ、あっという間に終了です。これで終わりなの・・と思うほど短時間です。撮影に専念して豆拾いはやりませんでしたが、たまたま一個拾い、ロープの外で見ていた家族連れの女の子に気前よくあげちゃいました。


2018020312.jpg

というのも拾えなかった人のために後でサービスで福豆を頂けるんです。これにて終了です。

家でも豆まきをして邪気を払い、手作りの恵方巻をおいしく食べました。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2018/02/04(日) 05:37:21|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:4

鎌倉七福神めぐり 其の二

鎌倉小町通りは予想通り混んでいる。入口の鳥居にトルコの国旗が掲げられている??のように見えたんだけど、入ってすぐのトルコ料理のお店が鳥居ギリギリに国旗を掲げていたんだ、まぎらわしいね。

小町通りが混雑しているときは決まってこの角を右に回ります。小町通りから若宮大路へ通じるこの一角が何故かお気に入りだ。狭い間口のお店が並んでいます。


2017010701.jpg


枝豆をすりつぶして、皮で包んだ「ずんだ大福」のお店「居 鎌倉(KYO KAMAKURA)」が端っこにあり、ひとつ飛ばしてアクセサリーの店「Little Lagoon」の入口は1mだ。そしてそのお隣は雑貨のお店「mignon」です。


2017010702.jpg


そしてちょっと行けば「魚浦」だ。お魚は新鮮で、切り身がどんどんと置かれている。いつもここを通り過ぎるんだけど、愛想のいいお店の人の親切丁寧、てきぱきとした対応が気持ちいいい。お客さんの要望に応じてさばいて切り身にしてくれる。お客の絶えることがなく、時間によってはすべて売り切れになっていることもある。


2017010703.jpg


鎌倉一の名物お土産屋さんの前に飾られている繭玉?のようなもの。


2017010704.jpg


豚饅が湯気を立てている、あ~お腹が空いたなあ。


2017010705.jpg


多くの参拝者が押し寄せていますが、ロープ規制もなくすんなりと大石段を上って行きます。今年のお正月は天気に恵まれ、真っ青な空が鮮やかだ。


2017010706.jpg


桜門をくぐると本殿です。撮影禁止のためカメラをしまい、参拝に集中します。明治神宮からの連続初詣で少々参拝疲れしてますが、ここは気持ちをアップさせ、むにゃむにゃむにゃ。


2017010707.jpg


縁起物がバンバカ売れてます。


2017010708.jpg


最近TV出見たけど、絵馬の願いごとを知られないよう、シールで隠すという神社があるんですね。京都の下鴨神社や福岡の八坂神社など縁結びの絵馬が対象だそうです。「彼氏、彼女が出来ますように」のせつない願いを人様に見られたくないんでしょうね。


2017010709.jpg


リスが人間を怖がらず餌をもらいにちょろちょろ近づいてきます。かわいい、なんて皆さん歓声をあげていたけど、このリスはタイワンリスで特定外来生物に指定されています。放置しておくと在来生物の生存を脅かしたり、生態系を崩す恐れがあるので、捕獲処分されています。住民の方からも苦情があるそうです。


2017010729.jpg


鶴岡八幡宮の弁財天は旗上弁天社にあります。

20170106map04.gif


2017010727.jpg


鶴岡八幡宮から次の宝戒寺(毘沙門天)へ。本殿に上がり参拝します。この中もカメラ禁止です。かつては評判だった境内の枝垂桜はすっかり枯れてしまい、生きているのはわずかな部分だけですね。寿命なんでしょうか。


2017010712.jpg


次は妙隆寺(毘沙門天)ですね。この時期にしか馴染みのないお寺なんでさっと通り過ぎます。


2017010713.jpg


小町大通りのこの蔵造りの喫茶店は以前から気になってました。といって外から眺めるだけで中へは入ることはないですが、いつかは。お店の名前は「tsuu (ツウ)」です。明治30年頃10年かかって造られた米蔵をリノベーションしたんですね。


2017010714.jpg


そして今日最後は本覚寺(夷尊様)です。


2017010715.jpg


1月10日に「本えびす」が行われます。福娘たちが、「商売繁盛 お祈り申し上げま~す」といって福笹を授けてくれます。数年前までは当日は餅つきも行われたんですが、何故かやらなくなってしまいました。


2017010716.jpg


夷堂で夷様を拝んだ後は改修なった本堂にも参拝します。

これで鎌倉七福神巡りはこれでおしまいです。浄智寺の布袋様が残っているんですが、ここから北鎌倉まで行くのもかったるいのでやめときます。


2017010717.jpg


最後に御成通りをぶらぶらして鎌倉駅に向かいます。


2017010719.jpg



2017010720.jpg


おしゃれなお店が多く、ここもお気に入りの通りです。どちらかと言えば地元の人が多いのかな。


2017010721.jpg



2017010722.jpg



2017010728.jpg



2017010725.jpg



2017010726.jpg


江ノ電の行先表示が正月バージョンになってますね。

毎年恒例の初詣も遠方のあのお寺を残すだけとなりました。来週辺りに行こうかな。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 
  1. 2017/01/07(土) 09:34:59|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

鎌倉七福神めぐり 其の一

鎌倉に新年のあいさつに行かなくちゃあ。ただ行ってもつまんないんで、鎌倉七福神めぐりも一緒にやっちゃいます。

20170106map04.gif

今日は、

江島神社(弁財天) → 長谷寺(大黒天) → 御霊神社(福禄寿) → 鶴岡八幡宮(弁天様) → 宝戒寺(毘沙門天) → 妙隆寺(寿老人) → 本覚寺(夷尊様)

の順番で回りました。江島神社と鶴岡八幡宮に弁財天様がいらっしゃいます。今回浄智寺は回りませんでした。

朝9時過ぎに片瀬江ノ島駅に到着し、寒風吹き抜ける江の島弁天橋を渡ります。富士山がくっきり見えている。時間が早いので鳥居をくぐった仲見世通りはまだ開いてないお店もあり、観光客もまばらです。

そんな江の島を突っ切って稚児ヶ淵にやってきました。


2017010601.jpg


いつもなら岩場は打ち寄せる大波に洗われて、ちょっと気をつけなくちゃあならないんですが、今日はいたって平穏です。


2017010602.jpg


目の前にトンビがとまっていたんでそおっと近づいてパチリ。すぐ逃げて行ってしまったけどね。富士山だけはよかったんですが、今日は他には見所もなく戻ります。上りの階段がきつかった、ゼイゼイ。

サムエル・コッキング苑のチューリップが見頃を迎えてます。あの昭和記念公園や横浜公園の情緒には遠く及びませんが、時期はずれということで希少価値はあります。


2017010633.jpg



2017010604.jpg



2017010627.jpg



2017010630.jpg



2017010609.jpg



2017010629.jpg



2017010634.jpg


久しぶりに見るチューリップはそれなりにきれいで、ちょっと心動かされます。


2017010631.jpg


中津宮を通り、


2017010632.jpg


辺津宮に降りてきました。


2017010613.jpg


今朝通った時より観光客も増えてきました。奥津宮、中津宮、辺津宮としっかりお参りをしたんですが、肝心の弁天様がどこにいたのか確認するのを忘れてしまった。


2017010614.jpg


仲見世通りもそろそろ賑やかになって来た。


2017010615.jpg


江ノ電の江ノ島駅から乗車し、長谷で降ります。駅前から鎌倉の大仏様に通じる道の両側の店も来るたびに少しづつ変わっているように見える。昔の面影がどんどん消えていってしまうなあ。


2017010616.jpg


長谷寺に通じるこの通りもお気に入りです。


2017010621.jpg


和風の小物が並べられていて、色鮮やかです。

長谷寺にやってきました。


2017010618.jpg


思ったより空いてますね。


2017010619.jpg


早くも蝋梅や、


2017010620.jpg


紅白の梅がほころんでいます。観光客が座るベンチの上を土足で歩いていた子供がいた。C語を話す親は注意をしない。今年も早々からマナーの悪い外国の観光客を目の当たりにして少しイラッとする。


2017010617.jpg


ご利益が授かるよう「さわり大黒」をなでなでしときます。


2017010622.jpg


次は福禄寿の御霊神社です。


2017010623.jpg


社務所の前では鎌倉七福神の御朱印をもった外国のご一行が並んでました。どうもガイドさんに連れられて鎌倉七福神巡りをしているようです。全部回るのかな?一緒に回っているちっちゃな子供たちは飽きちゃって境内の砂利いじりです。


2017010624.jpg


再び江ノ電に乗り鎌倉へ。


2017010626.jpg


むむっ、この車両は床が板張りだぞ、めずらしいなあ。連結部分にこんな丸い鉄板が置かれている。


2017010625.jpg


鎌倉駅に到着してみたら300形の車両でした。305-355号⾞ 1編成2両のみが生き残っているようです。見たことはあるけどもしかしたら乗ったのは初めてかもしれない。新年早々貴重な体験をしました。

続きます。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2017/01/06(金) 20:48:40|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:2

真夏の鎌倉をぶらぶら歩く

長谷駅から再び江ノ電に乗り鎌倉駅の到着。ホームは観光客で溢れてました。先日の「ぼんぼり祭り」に来たかったんだけど、あまりの暑さに負けちゃいました。この時期花も、お祭りもないんで適当にぶらぶらするだけです。

2016081201.jpg

小町通りの花屋さんでは蓮の実が売られている。後ろにはほおずきもあった。

2016081203.jpg

着物姿の女性3人がスーツケースをがらがらと引っ張っていく。これで鎌倉観光はつらくないですか、大変だ。

2016081202.jpg

予想通り小町通りは観光客で埋まっている。この中に飛び込んで行く勇気はないので若宮大路方面に逃げます。裏通りの食事処でも行列が出来ています。ここまでして有名店で食べたいのかなあ。

2016081204.jpg

この建物の角を曲がって、若宮大路を歩いたんだけど、見慣れない新しいお店が目に入る。しょっちゅう来てるわけじゃあないので勘違いかもしれないけど、こんなお店前からあったけ?由緒ある若宮大路なんだけど、観光一辺倒にますます変貌していく感じだ。

あれほど繁盛していたお店がなくなっていたり、押すな押すなの店が今日見たら閑古鳥が鳴いていたりとか、競争は激しいようです。

2016081205.jpg

そんな中、古いお店も健在です。

2016081206.jpg

1897年に貝細工の製造販売店として創業。お店の名前が右から左に書いてある。老舗のこだわりですかねえ。2階に並ぶ6連窓が個性的です。

2016081207.jpg

あまり変わらないこれらのお店をみると落ち着くね。

2016081208.jpg


2016081210.jpg

鶴岡八幡宮に行ったけど、この時期蓮の花も終わってしまい、写欲をそそるものは見当たらなかった。

2016081211.jpg

ハーレーのサイドカーが止まっていて注目を集めてました。

2016081229.jpg

段葛をガタイのいい集団がやって来た。100人以上のアメリカ人の連中がノッシノッシと迫力満点で鶴岡八幡宮に向かっていました。なんでみんなあんなに太っているんだろう。

2016081212.jpg

妙本寺にやって来ました。

全山日暮のカナカナカナという鳴き声に埋め尽くされてました。同じ蝉の鳴き声でも許せる大騒音です。鳴き声がピタッと止んだ一瞬の静けさになんともいえない風情を感じます。腰をおろして柄にもない風流気分に浸っていたらおじさんに話しかけられた。

「いいね~日暮の鳴き声がなんとも言えないね」

自分と同世代らしき逗子から来たおじさんで、このあとお互い暇なんで世間話をして時間を過ごしました。東京五輪に2兆、3兆の巨額の費用を掛けることに大反対で意見が一致したところでお開きです。

2016081213.jpg

蓮の花は終わっていて、葉の後ろからなんとなくパチリ。

2016081214.jpg

本覚寺の百日紅もまだ見られた。本堂が改築されて初めてお目にかかった。

20160812map01.png


2016081215.jpg

丸七商店街に寄って行きます。

2016081216.jpg

初めてじゃあないんだけど、お店の人と目が合うと何故か後ろめたさを感じてしまい、自然とさっさっさと角を曲がっちゃいます。

2016081217.jpg


2016081218.jpg

商店街の看板を見ると12軒のお店があるようです。この時間閉まっている店もあったけどね。

2016081219.jpg

急いで回れば1分もかからずに終わっちゃうミニミニ商店街です。

2016081220.jpg

御成り通りにやってきました。

2016081221.jpg

小町通り、若宮大路に比べると観光色も薄く、落ち着いて歩ける素敵な商店街です。

2016081222.jpg

もちろん個々のお店のことは存じませんが、ふわっと受ける通りの印象がとっても良くて、ついついシャッターを切りたくなっちゃいます。

2016081223.jpg

外人さんもお蕎麦屋さんに並んでました。

2016081224.jpg


2016081225.jpg


2016081226.jpg

こちらのサイトが参考になるんでしょうか → こちら

2016081227.jpg

鎌倉駅の西側周辺にあるコンビニがなかなか見つからず、うろうろしてようやく見つけた。暑くて喉がカラカラだったんでアイスコーヒーに生き帰りました。

2016081228.jpg

江ノ電のチケット売り場が大混雑。案の定ぎゅうぎゅう詰めで冷房が効かない江ノ電に乗って帰りました。

DSC-RX100
  1. 2016/08/12(金) 14:31:02|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:1
次のページ