FC2ブログ

晴れたらいいね

no photo no life

「武蔵小山商店街パルム」を通って発表会へ

孫の保育園の発表会に招待されて武蔵小山へ。めったに乗ることもない目黒線です。初めての街なんでちょっと調べたら、アーケードの長さ日本一の「武蔵小山商店街パルム」があるんですね。

2019030910.jpg


なるほどアーケードの先が遠すぎて見えない。全長800mだそうです。


2019030902.jpg


想像以上の賑わいぶりですね。


2019030903.jpg


何でも揃ってます。


2019030911.jpg


自転車がばんばん止まってます。


2019030908.jpg



2019030904.jpg


自然食品のお店で買い物をしていきます。。


2019030905.jpg



2019030906.jpg


この商店街は個人のお店をあまり見かけませんでした。チェーン店が多かったですね。いわゆる昭和の商店街をイメージしていくと、ちょっと違いますね。この先にあの戸越銀座商店街があります。

ところで肝心の孫の発表会ですが、無事終わりました。


2019030909.jpg

身内の人間全員固唾をのんで見守りました。ハラハラドキドキものでした。演技終了後横のカミさんが泣いていた(笑)。まあ自分の孫の演技に感動するのは当然ですが、全体のレベルの高さに驚きました。そこまでやるか・・・という感想です。ここまで仕上げた先生たちのご努力に敬服いたします。

帰りに食べ放題、飲み放題のしゃぶしゃぶ店に寄ってカンパーイ。4月からは下の孫も保育園に通うことになっている、心配だ(笑)。
(撮影2019.3.08)

DSC-RX100
スポンサーサイト



  1. 2019/03/09(土) 06:45:55|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

三軒茶屋商店街巡り②~エコー仲見世商店街、ゆうらく通り、三茶3番街

三軒茶屋には世田谷通りと246号線に囲まれた通称「三角地帯」と呼ばれる一角がある、ということを今回初めて知りました。迷路のような路地に飲み屋や商店が軒を連ねているというので楽しみでした。

20190222map04.png

三軒茶屋商店連合会の情報サイトを参考に「三角地帯」限定のマップを作成しました。ただサイトには「三茶3番街」のことが触れられてないのが気になりました。

まずはエコー仲見世商店街から。


2019021949.jpg


ここはありとあらゆるお店が揃っている。カフェ、製麺、時計、ハンコ、文具、婦人服、不動産、化粧品、アクセサリー・・・。


2019021941.jpg


このお店もここにあるんですね。


2019021942.jpg


通りもきれいで気持ちよくお店に立ち寄れそうです。というわけでこの商店街は昭和の趣を残していますが、噂のドキドキするようなディープ感はそれほどでもなかった。


2019021947.jpg


いかにも古いなあと感じさせる刃物・金物のお店を覗き込みます。お店の横がゆうらく通りでゆうらく街といわれています。


2019021945.jpg


通りの奥には何があるんだろう、ようやくその気にさせる場所に来た。


2019021946.jpg


乾物屋さんは開いていたけど奥の焼肉屋さん等の店ははまだ開いてなかった。ちょっと肩透かし。


2019021948.jpg


そして三茶3番街のゲートのある通りに入って行きます。ここはなにかありそうだ。


2019021943.jpg


通りのごちゃごちゃ感がいい。確か右のお店は食堂をやっていたような気がするんだけど・・・記憶違いかな。今回商店街をぐるぐる回ったんで撮った写真がどの通りのものか分かんなくなっちゃった。後で判別するのに苦労した。


2019021944.jpg


路地からキャロットタワーを眺めるこの景色も新旧の対比で面白い。

ゆうらく通りも三茶3番街もさらにすずらん通りもどちらかと言えば夜の部が主役のような気がします。より楽しむには昼間より夜の方がいいと思います。グルグル回っているうちにここがどこなのか一瞬分からなくなった。事前にマップを頭に入れておけばよかった。各通りを横切っている真ん中の路地が薄気味悪かった。ここでも開いている店が少なかった。

今回三軒茶屋の商店街をいくつか見てきましたが、さらっと見た感じだったんで次回はもう少しお店を観察してみたい。この他に「なかみち街」などがあるので機会があればまた訪ねてみたいですね。

キャロットタワー26Fの展望台にやってきました。


2019021912.jpg


前回とは反対側から三軒茶屋の景色を眺めます。首都高速3号線が走り、先ほど歩いた三軒茶屋の交差点が見えます。かすかにスカイツリーも見えます。


2019021913.jpg


エフエム世田谷「アフタヌーン・パラダイス」の放送をここからやっていた。あれ、男性は見たことがあるぞ。名前を見ると岸田敏志と書いてあった。1979年に「きみの朝」が大ヒットした歌手の岸田智史(旧芸名 きしださとし)さんだった。懐かしの曲で今でも時々聴いてますよ。毎週月曜日にこの番組のパーソナリティーをやっています。女性は光部愛さんです。岸田さんはこの他にも幅広くご活躍のようです。


2019021917.jpg

せっかくですから世田谷線を1枚パチリ。西太子堂駅ですれ違う電車です。この後世田谷線に乗り下高井戸に向かいました。
(撮影2019.2.18)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2019/02/22(金) 05:42:03|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

三軒茶屋の商店街巡り①~すずらん通り、三軒茶屋栄通り商店街

下高井戸で「世田谷線散策きっぷ」を買い、三軒茶屋まで何度も途中下車して沿線の写真を撮りました。

2019021902.jpg
(下高井戸~松原)

毎度お馴染みですが、この写真を撮らないと始まらない。最近世田谷線の写真をあちこちで撮りましたが、全線を通じてこのアングルの写真が個人的には一番だと思います。


2019021903.jpg
(松原~山下)

隣の松原周辺でもいろいろ撮りましたが、気に入った写真はゼロ。唯一電車に手を振る元気な園児たちの写真が撮れてよかった。この後三軒茶屋まで数か所で狙いましたが、お見せできる写真は撮れませんでした。まあ今日の目的が三軒茶屋や下高井戸の商店街なんで気持ちが乗らなかったのかな。

三軒茶屋の街並みをじっくり見るのは初めてです。久しぶりの商店街見物でワクワクしてます。


2019021923.jpg


地下を走る田園都市線三軒茶屋駅前の交差点です。奥へと世田谷通りが走っていて、キャロットタワーが見えます。右は茶沢通りです。


2019021924.jpg

 
左をみれば首都高速3号線が上を走り、下は246号線(玉川通り)です。見慣れない人間にとってこの首都高速ぶち抜きの景観は暗くて圧迫感がある。陽が当たらなくて寒そう。


20190219map03.jpg
三軒茶屋商店連合会のHPより引用)

三軒茶屋周辺の商店街MAPです。最初からこのマップ見ていたら、例の三角地帯でうろうろすることもなかったかも。

2019021920.jpg


世田谷線三軒茶屋駅から西友の横を歩いて見つけたすずらん通り。ここは東京なのになんで関西弁なの。


2019021922.jpg


ここは飲食店ばっかりだ。餃子の王将もあった。この短い路地に20数軒のお店がびっちり並ぶ様が堪んない。


2019021921.jpg


さっきの交差点から246号線をちょっと歩き、首都高速下の横断歩道を渡ったところに栄通りの入口がありました。


2019021925.jpg


246号線沿いのこの辺りは商栄会商店街です。


2019021937.jpg


角の写真屋さんから少し入った所までが商栄会商店街で、続きは三軒茶屋栄通り商店街になります。街灯のデザインが変わるので分かるようです。今回はさらっとひと通り見てみましょう。


2019021933.jpg


魚屋、八百屋、肉屋さんなどは見当たらず、飲食店、レストランやドラッグストアーが多かったですね。いわゆる庶民派の商店街とは少し趣が違うようです。古いお店を残しつつ、若者向きのお店に変わっている感じです。ちょうどお昼時で通りは混雑してました。


2019021939.jpg



2019021929.jpg



2019021930.jpg



2019021938.jpg



2019021932.jpg


やがて通りとぶっつかったところで戻ります。次回はもう少しお店をじっくり観察しながら見て回ろう。


2019021931.jpg


お昼をこの通りのお店で食べる。


2019021936.jpg


246号線沿いにも写真のような古い味のある建物のお店がありました。


2019021951.jpg

次回は世田谷通りと246号線の間の三角地帯を歩いてみます。続きます。
(撮影2019.2.18)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2019/02/21(木) 05:33:35|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

新鮮な野菜がてんこ盛りの「サンロード中の橋商店街」

東武亀戸線の亀戸水神で電車を撮った後お目当ての「サンロード中の橋商店街」へ向かいました。

2017102502.jpg

亀戸駅前を通り、南に下り、新大橋通りにぶっつかりました。この下を都営新宿線が走ってます。

20171024map01.png

新大橋通りを歩き大島六丁目の交差点で丸八通りを渡ればようやく「サンロード中の橋商店街」の入口だ。亀戸水神から1時間かかった。上の地図を作る時に気が付いたんだけど、わざわざ亀戸駅を回らなくても丸八通りを下れば半分の距離で済んだ。知らないというもんだ。


2017102501.jpg


これが「サンロード中の橋商店街」の入口です。そもそもここにやって来たのは、例によって「散歩の達人」の最新号にこの商店街が取り上げられていたからです。以前から好きだった商店街巡りが去年の9月からバッタリ途絶えていてそろそろどこかに行きたかった。

第一印象は肩透かし。入口からもっとごちゃごちゃしていると思ったらあくまで平凡だった。あれっれっれ、残念賞かな?


2017102504.jpg


と思ったら、奥に入っていくと様相は一変しました。ごちゃごちゃ感はないけど、おじいさんおばあさんで賑わってました。大正時代に誕生したというこの商店街は、野菜に肉に惣菜となんでもそろいます。15時以降は歩行者天国になり大賑わいだそうです。当初その時間に合わせてこようかなとお思ったけど、あまり混んでいると写真が撮りにくいのでこのぐらいの時間(12時過ぎ)がちょうどよかった。


2017102503.jpg


店振りは他の商店街と変わらないですが、八百屋さんにはてんこ盛りの新鮮な野菜が並んでました。値段についてはまったく分からないですが、激安とのことです。


2017102505.jpg


この行列は何なんだろう?後で又ここを通った時その理由が分かりました。


2017102507.jpg


商店街の全景はこんな感じです。大体400mぐらい続いています。


2017102508.jpg



2017102509.jpg


ちょうどお昼時でお腹がグ~と鳴った。


2017102510.jpg


自分もおいしそうなお弁当を買いたかったけど、腰をおろしてゆっくり食べる場所が見当たらなかったのでここはぐっと我慢です。


2017102511.jpg


一番奥で見かけたこの古い建物は半分閉まっているのでよく分かりませんが酒屋さんのようです。ここから引き返します。


2017102513.jpg


「おや、久しぶりだね。どうしてたの」お店の方がお馴染みさんに気軽に声をかけてます。


2017102514.jpg



2017102515.jpg


このお店ご自慢の自家製のぬか漬けの樽がどーんと置かれている。きゅうりのぬか漬けがうまそうだ。


2017102516.jpg


どこのお店も盛りだくさんの果物や野菜がきちんと並べられているところに感心しちゃう。


2017102517.jpg


サツマイモがどんどんと並べられている。


2017102518.jpg



2017102519.jpg


さっきの亀戸駅周辺でも多く見かけたんですが、ここでもインドの方がものすごく多い。近くの大島六丁目団地に多くのインドの方が住んでいるという話もあるんだけど、よく分からない。


2017102506.jpg


さっきの長い行列の訳が分かった。ここは千葉県農産品直売組合の直販所で、てんこ盛りトマトが200円で売られてました。皆さんこれ目当てで開店まで待ってたんですね。

これでおしまい。商店街のど真ん中にある「竹の湯」という銭湯を見逃してしまった。

そしてもう一ヶ所立ち寄りました。新大橋通りの南に平行して走っている通りに「大島中央銀座商店街」がありました。「サンロード中の橋商店街」に来る途中に偶然見つけた商店街です。


2017102520.jpg


中央銀座と名前はすごいんですが、閉まっている店もあり、人通りもあまり多くはないですね。一番上の地図にこの商店街を緑色で色付けしたんですが、その範囲がはっきり分からず、正直自信はないです。念のためお断りしておきます。


2017102523.jpg


上の写真の大きな通りの他にも大島中央銀座の小旗が掲げてある狭い通りがありました。お店が点在していましたが、正直寂しさを感じました。


2017102522.jpg

大島駅前でようやくお昼を食べ、都営新宿線に乗り、新宿回りで帰りました。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2017/10/25(水) 17:25:53|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

白金の商店街を歩く

9月号の「散歩の達人」で見かけた白金の商店街にやってきました。南北線の白金高輪で降りたんだけど、初めてなんで最初あさっての方に行ってしまい駅まで戻りました。

2017100601.jpg
(白金商店会)

調べてみると白金にはいくつか商店街があるようです → こちらを参照。

20171006map01.png

今回はその内「白金商店会」と「白金北里通り商店会」を訪ねてみます。

2017100602.jpg


明治通り方面に約400mぐらい続く商店街です。


2017100603.jpg



2017100604.jpg


これといって目に留まるものは見つからなくて、ごくありふれた商店街が続いています。


2017100618.jpg


この四の橋市場がちょっと目に留まったんだけど、お客さんの姿は見当たらなかった。

通りに戻り、北里大方面に歩きます。


2017100612.jpg


道路端にこんな公衆便所があるのにはちょっと驚きました。北里大学関連の巨大なビルを眺めて先に進みます。


2017100605.jpg


白金という名前からくるイメージとは違うごちゃごちゃとした下町の雰囲気がありました。


2017100607.jpg


おっ、こんな風景を期待してたんだよね。お気に入りの古い建物が通りに面して建ってました。


2017100606.jpg


BARという文字の入った電灯らしきものがあり、店内は人の気配がなかった。あとで分かったんですが、この建物は大正7年(1918年)に建てられた金物店を改装した「きえんきえら」というバーです。

さらに首都高速2号目黒線にぶっつかる手前に、


2017100608.jpg


こんな長屋があり、一番左のお宅は分からなかったんですが、他はご覧の通り商売をされてました。


2017100609.jpg


こんな古い建物を見るとうれしくなっちゃうね。大正時代に建てられ、戦災を免れて現在に至っているんですね。

ここらで戻ります。


2017100613.jpg


来るときには気が付かなかったけど、道路沿いには写真に撮りたくなる建物やお店がたくさんありました。又横丁もたくさんあり、入り込んで覗いて見れば面白い街並みが見られるかも知れません。


2017100614.jpg


リノベーションされた長屋が目に留まります。


2017100615.jpg


このお店の看板は何と読むのでしょうか。「田ん古」と書いて「だんご」と読むようです。名物のお団子屋さんで桜もち、柏もち、草もち、おはぎ、豆大福、豆餅、甘団子、焼団子、蒸し饅頭等々が売られてます。お隣がお豆腐屋さんというのもいいね。


2017100619.jpg



2017100616.jpg


白金氷川神社に寄っていきます。


2017100617.jpg

鳥居越しに空を見上げればウロコ雲が青空を埋め尽くしていた、秋だなあ~。

この後東京駅に行き、丸の内仲通りを通って銀座へ。続きます。
(撮影日2017.10.5)

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2017/10/06(金) 10:46:05|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0
次のページ