晴れたらいいね

no photo no life

あっと驚く横浜洪福寺松原商店街

横浜の名物商店街をいくつか回ってきましたが、肝心のここ「横浜洪福寺松原商店街」を忘れてました。一説には(笑)、横浜橋通商店街六角橋商店街、そして洪福寺松原商店街を横浜の三大商店街と言うそうです。以前TV放映でちらっと松原商店街を見たことはある。

相鉄線天王町駅で下車。相鉄の各停はめったに乗らないけど、空いてていいね。

2016090301.jpg


改札口を出た所にある八百屋さんの角を曲がり、まっすぐ進んで帷子川を渡り、

20160903map03.png


2016090303.jpg


シルクロード天王町商店街を歩けば16号線とぶっつかる。「松原商店街入口」の信号だ。因みにこの通りは旧東海道です。


2016090304.jpg


目の前に松原商店街のアーチが見える。天王寺駅から数分です。


2016090310.jpg


これこれこれ、TVでお馴染み空の段ボールを屋根に放り上げる外川商店、これを見たかった。


2016090305.jpg


ここに来るまで半信半疑だったけど、この商店街の混みようは嘘じゃあないね!!


2016090306.jpg


過去にたくさんの商店街を見てきたけど、「飛ぶように売れる」とはここのことだったんですね(笑)。正直日頃買い物を手伝ったことがあまりないので値段のことはよく分からないのですが、相当安いんでしょうね。威勢のいいお店の方の呼び込みに誘われて次から次へと手が伸びてくる。とにかく商品は見た目新鮮でツヤツヤしている。


2016090319.jpg


八百屋さんが何軒か集中しているこの角あたりの混みようがすごい、通り抜けるのにひと苦労だ。平日でこんなんだったら、年末なんかどれだけ混むんでしょうかねえ、想像しただけでも恐ろしい。


2016090307.jpg


衣料品も売ってますよ。


2016090315.jpg


飛ぶようにに売れてポロポロと品薄になってきた。


2016090316.jpg


パン屋さんもあるよ。


2016090317.jpg


オーストラリア産のオレンジ、信州、青森、秋田のリンゴ、色鮮やかな果物がてんこ盛りだ。


2016090308.jpg


さすがに奥に進むと人通りも少なくなり静かです。混んでいた外川商店界隈の方を振り返る。


2016090318.jpg


今日の買い物の成果をお互いに披露しながら家路につきます。おっここにも昔ながらの家電のお店があった。

さっきの八百屋の外川商店の角を曲がり、こちらの通りへ。


2016090321.jpg


魚幸水産がありました。今年は高いと言われているサンマが店頭に並んでます。お値段はちょっと分かんなかった。


2016090322.jpg


くぅ~大好きなタコが並んでいる、ゴクリ。


2016090323.jpg


2016090324.jpg


買って帰りたいけどちょっと無理かな。


2016090320.jpg


目玉商品が超破格値で積まれてます。見たことないカップ麺だなあ。


2016090311.jpg


2016090312.jpg


2016090314.jpg


鉢巻き姿のおねえさんの威勢のいい呼び込みが響く。


2016090313.jpg


ということで松原商店街は本物でした。「良いものを安く」に徹していることが近場だけでなく、遠方からもたくさんのお客さんを引き付けている理由だと思います。

DSC-RX100
スポンサーサイト
  1. 2016/09/03(土) 16:49:54|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:2

高円寺商店街~パル商店街とルック商店街

高円寺駅の下をくぐって南口にやって来ました。

2016080450.jpg


大きなアーケードの「高円寺パル商店街」です。

20160804map13.png
(青梅街道まで途中一部省略してます)


2016080475.jpg


入口のところにある花屋さんは健在だった。


2016080476.jpg


アジア雑貨の宝庫、仲屋むげん堂。スタッフが直接インドやネパールから仕入れているとか。


2016080454.jpg


店振りはあんまり記憶がなくて入れ替わりがあったのか分かんないけど、このお店は前からあったのかな。


2016080455.jpg


たまたまかな、人通りが思ったより少ない。以前この通りにガネーシャの像が置いてあるお店があったんだけど、今回は見当たらなかった。月末の阿波おどりを見に来たいと思ってますが、どうでしょう。体調と気分とお天気次第です。


2016080457.jpg


緩やかに下って行ってアーケードが終わったところから「高円寺ルック商店街」になります。ここから一本道で東京メトロの新高円寺駅まで続いています。


2016080470.jpg


高円寺は古着屋が多い町ですが、そのなかでもここルック商店街が一番多いようです。といっておじさんに古着のことはわからないので、店頭に飾ってあるカラフルな古着を端からパチパチしていきます。

2016080469.jpg


北口の商店街と全く雰囲気が違います。


2016080468.jpg


以前はもっと古着屋さん多かったような気がするんだけど・・・。記憶にあった有名なお店が見当たらなかった。


2016080466.jpg



2016080458.jpg



2016080459.jpg


おっ、まだ残っていたか、ニッコリ。銅板の看板建築がまだ健在でした。以前は本屋さんだったかな?今回見たら、相続・空き家対策相談室になっていた。


2016080460.jpg


この目立つ建物はテキーラとメキシコ料理のお店「テキーラ・ハウス」です。今日はまだオープンしていないようです。


2016080461.jpg


新高円寺通の信号の角にある七つ森。自家製ケーキとオリジナル料理の喫茶店 です。敷居が高くてなかなか入れない。


2016080462.jpg


反対側の角にはがっしりした建物のフヂヤ薬局があり、もうひとつの角には八百屋さんがある。「ジ」じゃなくて「ヂ」を使っている薬局のこだわりがいいね。さすが昭和8年創業の老舗です。


2016080463.jpg


ここではこじんまりとしたお店がつつましく商売をされてます。とてもまったりとした、ゆる~い感じの通りです。


2016080464.jpg


阿波おどりの時、このお店で焼き鳥を買った覚えがある。


2016080465.jpg


そして青梅街道にぶっつかって商店街はおしまいです。青梅通りからルック商店街を見通します。近くの新高円寺駅から乗って帰ってもいいですが、まだ未練があるんで、とりあえず引き返します。


2016080471.jpg


パル商店街から西に延びているこの通りはちょっとディープな感じがします。


2016080472.jpg



2016080473.jpg



半袖は汗でビチョビチョ。堪らず近くの日王山長仙寺に涼を求めて駆け込みます。たいして涼しくはなかったけど、境内の緑が鮮やかだったんで少し気分がすっきりとした。


2016080474.jpg


真夏のぶらぶら歩きはつらいね。途中端折っちゃったけど、ほどほどにして帰ります。

DSC-RX100
  1. 2016/08/06(土) 05:38:11|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:2

高円寺商店街~高円寺純情商店街他

高円寺北口へ。くぅ~暑い、大丈夫かな今日一日もつかなあ。

2016080402.jpg


いつの間にか入口ゲートの色がグリーンから赤に変わっていた、塗り替えたんだね。


20160804map05.png
(JR高円寺駅北口周辺の商店街)

高円寺エリアは14,15の商店街があります。やっぱり何といっても北口では「高円寺純情商店街」「庚申通り商店街」「中通り商栄会」ですね。


2016080403.jpg


かつてねじめ正一さんが綴った昭和の商店街の面影はまったくない。入口ゲートをくぐって現れた商店街は日本のどこでも見られる普通の景色です。昔からのお店が何軒か残っているはずなんだけど、みんな新装しちゃって見た目の面白さはないです。高円寺純情商店街はこの通りと東側の一帯をいうようです。


2016080407.jpg


お茶の金子園、竹下精肉店を横に見て、7Day'sのかわいいお洋服を見ながら進めば、


2016080406.jpg


あっという間に通りにぶっつかりおしまい。3年ぶりに来たけど、店振りに変化があったか分からない。もしかしたr多少入れ替わりがあったかもしれない。因みに右に回ってディスカウントストアーのオリンピックのある通りを歩いてみましたが、目をひくものは見つからなかった。先ほどの場所に戻り、左に曲がって西側の庚申通り商店街へ。


2016080408.jpg


角にある肉のジャンプは特に印象に残っている。左の通りが庚申通り商店街です。


2016080419.jpg


庚申通り商店街を早稲田通り方面に進みます。人通りは多いですね。大型家電量販店のご時世にまだ街角の電気店が頑張っている。


2016080418.jpg


こんなお店を見るとほっこりしてしまう。家庭用品ならなんでも揃っている稲毛金物店。


2016080409.jpg


庚申通り商店街はさっきの純情商店街と違い、昔ながらのお店の雰囲気が残っていて個人的には好みです。


2016080410.jpg


手作りドーナツのお店floresta(フロレスタ)。動物ドーナツも取りそろえている。


2016080411.jpg


このお店の前に通りの名前の由来となった庚申塔があります。1716年に建立され、戦災にも遭いましたが、再建され今でも地元の商店街の方の信仰の対象となっています。この庚申塔の後ろにある珈琲コーラルの建物も独特で目をひきます。


2016080412.jpg


北海道から九州まで、約20種類の玄米をその場で精米する高円寺米穀店。


2016080413.jpg


何でも売っている食品のまねきや。


2016080414.jpg


どのお店もきっちりとした、こぎれいな感じに好感が持てます。


2016080436.jpg


こうしてみると庚申通り商店街は以前と店振りが変わってないように見えます。見覚えのある店がみんな健在です。


2016080416.jpg


いつの間にか早稲田通りに着いちゃいました。通りから今歩いて来た庚申通り商店街を見通します。

肉のジャンプの四ツ辻まで戻り、さらに先に進みます。


2016080420.jpg


ちょっと静かなこむらや。近くにライバル店があるからかな。


2016080423.jpg


さらに先に進んだところにあるユータカラヤ、ここから中通り商店街になります。通りの先は中通りにぶっつかります。途中で左の細い路地に入って行くと、


2016080425.jpg


肉の相州屋や総菜屋さんがあり、そして、


2016080426.jpg


高野青果のお店の中に入っちゃいました。


2016080428.jpg


どでかい荷物をひいた外人さんが買い物をしていた。このお店の前は高円寺駅のロータリーです。


2016080429.jpg


ここから中通りへ。


2016080430.jpg


通りはごちゃごちゃ感満載です。夜の商売が多いのか、この時間はかなりシャッターが下りてます。今までの商店街とはちょっと雰囲気が違いますね。


2016080431.jpg



2016080433.jpg


暑い暑いとご近所のあいさつで今日も一日が始まった。この通りで昔から商売をやっているという感じですね。


2016080434.jpg



2016080435.jpg


通りはこんな感じでずーと続いてます。駅前に戻りましょう。次は高円寺駅の南口へ行ってみましょう。続きます。

DSC-RX100
  1. 2016/08/05(金) 07:35:22|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

弘明寺商店街を歩く

ここんとこ横浜市内の商店街巡りが続いています。横浜から京急線に乗って弘明寺(ぐみょうじ)駅で下車します。

2016073001.jpg

駅に隣接している駐輪場の端っこから踏切を見下ろします。地元の小田急線に比べて行き交う電車の本数の多いこと、待つことはないで写真を撮るのが楽です。だけど梅雨明けのカンカン照りは堪えるなぁ~。駅前通りの長屋風の商店街はほとんどがシャッターを下ろしている。駅前からかなり急な坂を下って行きます。

2016073003.jpg

転げるように下って来て(笑)「弘明寺」の前に到着。坂を見上げます。

20160730map02.png
(弘明寺商店街は赤線以外に鎌倉街道沿いも一部含まれます)


2016073004.jpg

目の前の仁王門をくぐりお参りをしていきましょう。

2016073009.jpg

仁王門に安置されている仁王像は、13世紀後半、早期運慶様を尊守する鎌倉仏師の作。

2016073006.jpg

ちょっときつい階段を上ると本堂がありました。弘明寺は高野山真言宗の寺院で横浜市内最古の寺院としても有名です。 開かれたのが721年(養老5年)、インドの善無畏(ぜんむい)三蔵法師によって開創され、本尊の十一面観世音菩薩立像は行基によって安置されたと言います。

2016073007.jpg

本堂内は撮影禁止です。

2016073010.jpg

この弘明寺の門前町として発展したのが弘明寺商店街です。それでは全蓋式アーケードの通称「かんのん通り」と言われる商店街に入ってみましょう。

2016073015.jpg

なかなか賑やかですね。先日訪れた「横浜橋商店街」と雰囲気や店振りが似てますね。アーケードは鎌倉街道にぶっつかる所まで続いています。車が侵入禁止ではなく、通りを走ってます。

2016073016.jpg

どこの商店街でも見かける焼き鳥のハマケイ。

2016073017.jpg

好物のアジのフライがうまそうだ、ゴクリ。

2016073039.jpg

新鮮組弘明寺店と人気の「みそ漬」をはじめ、今が旬の食材を使った漬物が並ぶ観音漬物清兵衛。

2016073018.jpg

 旬で新鮮な野菜やフルーツが店頭に並ぶ。今年はお中元に桃をたくさんもらった。

2016073020.jpg

プチモードヌマヤ。

2016073022.jpg

創業昭和3年の浜屋。お茶、コーヒー、お菓子までお茶の間を楽しませる商品が並ぶ。隣は酒学工房の川松屋。

2016073040.jpg

創業70年、下町の気軽な呉服屋のいまい。七五三の品揃えが自慢です。

2016073027.jpg

豊富な品揃いと安心して安い買い物が出来るのが自慢の地球堂靴店。

2016073024.jpg

洋傘バッグのハセガワ。バラエティに富んだ様々な種類・色・柄のバッグや革小物などが店頭に並びます。

2016073037.jpg

大岡川に架かる観音橋を渡ります。橋の上でもアーケードがあった。橋の袂のちょっとした広場にお年寄りが大勢集まっていた。何か始まるのかな。大岡川を上から覗き込みさらに先へ。

2016073035.jpg

橋の袂のラーメン琉二家。

2016073026.jpg

向かいは新鮮!笑顔!元気!安い!がキャッチフレーズのやさい畑。
.
2016073028.jpg

おじいさんが声を張り上げ、元気に商売をされていた。

2016073034.jpg

中華総菜の心味。

2016073029.jpg

横浜ハットと婦人用品のほまれや。お馴染みさんのお孫さんがかわいい。風情のある立派な看板が掲げられ、和装加工全般及び和風小物類の販売をしている老舗の濱田屋のシャッターが下りていた。定休日でもないのに何故だろう。

2016073033.jpg

不二家もあり、

2016073045.jpg

婦人靴専門のシューズのホソイ。

2016073031.jpg

地鶏、鰻蒲焼のとり忠。ちょうど今日が土用の丑でこのあと長い行列が出来ていた。

2016073032.jpg

ほまれや酒舗。各地の地酒や本格焼酎の品揃えが豊富。

2016073044.jpg

手作り豆腐の店藤方豆腐店。人気の出来立て「ざる豆腐」をはじめ、「油あげ」、「がんも」などの定番から「とうふコロッケ」、「おからサラダ」、「とうふドーナッツ」など、独創的で多彩な品揃えが魅力。

2016073038.jpg

お豆腐屋さんのすぐ先で商店街は往来の激しい鎌倉街道とぶっつかります。横断歩道を渡り、横浜国大附属中学のまえから商店街をパチリ。この下を横浜地下鉄が走っていて、地下鉄弘明寺駅があります。この鎌倉街道沿いにも老舗和菓子の盛光堂総本舗があるんですが、見そこなっちゃいました。

2016073041.jpg

商店街を戻り、観音橋まで来ました。さっき通った時お年寄りが大勢集まっていたけど理由が分かりました。中国の方かな、少しアクセントの違う日本語を話す若い女性が歌ってました。日本の昭和の歌謡曲がメインかな。拍手や写真をパチパチとなかなかの人気です。

2016073043.jpg

そういえばこの通りで魚屋さんを見かけなかったなあ。今日は横道を歩かなかったんでもしかしたらそこにあったかもしれない。弘明寺の仁王門が見えてきました。

2016073005.jpg

右手の花屋さんやラーメン店の建物も昭和を感じさせます。

2016073002.jpg

暑い中急な坂をおっちらと上り、弘明寺駅に戻ってきました。駅構内から京急線をパチリとしておしまいです。

※撮影日7月30日

DSC-RX100
  1. 2016/07/31(日) 08:52:00|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

ふれあいのまち六角橋商店街

先日の大船の商店街の次は「六角橋商店街」です。

2016072701.jpg

横浜から東横線に乗り白楽で下車します。横浜からみなとみらい線にはしょっちゅう乗っているけど、東横線は大昔からほんとご縁がない。なんで白楽駅に下車するのは今回が初めてです。

2016072702.jpg

めずらしくこの駅は電車から降りると目の前に改札口があり、即外に出られます。この逆も可で、駆け込み乗車が多そうだ。

20160727map01.png

2016072703.jpg

改札口から1分もかからず「六角橋商店街大通り」へ。坂道になっていて、緩やかに下っています。ステンドグラスをはめ込んだ鮮やかなデザインのアーチが目立ちます。この通りの第1印象は、ものすごく車の往来が多いこと。うかうか写真を撮っていられない。また路上駐車の多いこと。近くに神奈川大学があるので行き交う学生の多いこと。

2016072704.jpg

会田金物店支店の前でおじさんが包丁を研いでいた。「作れない合鍵はない」のがご自慢だそうです。とりあえずこの通りをゆっくり歩き、六角橋の信号まで行きます。

2016072705.jpg


2016072706.jpg

取り立てて目をひくお店は見つからなかった。どこの商店街でも見かけるお店が並んでいます。それにしても学生さんがひっきりなしに通っていく。

2016072707.jpg

駅から約300mで六角橋の交差点に到着。昭和3年開業、昭和43年廃止になるまで横浜市電の六角橋線が走っていて、ここの交差点の中央で毎日発着を繰り返していたそうです。

2016072708.jpg

向こう側に渡り六角橋商店街を振り返ります。駅から歩いて来たんだけど期待したほどではなかった。もう少し古さを残していると思っていたんですが、ここではあまり見ることは出来なかった。

六角橋商店街大通りと平行して「六角橋商店街仲見世通り」がありました。予想とは逆でこちらの商店街の方が断然面白かった。

2016072709.jpg

さあ通りの中に入ってみましょう、どんなかなあ~。精肉、惣菜の福富商店。

2016072710.jpg

マルコシ洋傘店。様々な洋傘の部品を使って修理をしちゃうそうです。通りの道幅の狭いこと、混んでいたら肩触れ合って行き交わなくちゃあ。横浜の「浜マーケット」でも見たけど、この狭さがいいだよね。

2016072711.jpg

惣菜、お弁当のタクミ亭。

2016072727.jpg

専門店ならではの活きの良い様々な種類の魚が並ぶ魚大本店。

2016072728.jpg

通りがかった奥さんの足が止まった。ちらっと見たけどイワシがとても安く売られていた。

2016072729.jpg

寝具店いしかわやの前で世間話に花を咲かせるおばさん、話題の中心はやっぱり体の調子のことのようです。

2016072716.jpg

昭和20年創業の老舗青果店の池上商店。

2016072714.jpg

新鮮な野菜や果物がてんこ盛り。思わずトマトにかぶりつきたくなる。

2016072713.jpg

これは何のお店?主に1970年代までに製造された機械式アンティーク時計の専門店のファイアーキッズ。高級時計が陳列されている。

2016072717.jpg

ムーンキャットは猫専門グッズのお店。

2016072735.jpg

猫に特別興味はないけど、覗き込んじゃいます。

2016072718.jpg

婦人用品店のオーミヤ。丈直しや修理などのきめ細かいサービスが昭和30年頃の創業から今日まで続けられた秘訣とか。

2016072730.jpg

手焼き煎餅専門店の雷神堂六角橋店。

2016072723.jpg

幼稚園児が仲見世通りを通り抜けて行く。

2016072720.jpg

昭和22年創業の老舗食料品店の足立食料品店。佃煮、煮豆、乾物、など昭和の食卓を賑わしたおかずが並んでいる。

2016072721.jpg

老夫婦が元気で店を守ってます。

2016072722.jpg

これもなんのお店?コレクターズセレクトショップMILKHERO。オーナーが集めたコレクションを中心に様々なアイテムを取り揃える中古おもちゃ、フィギュアの専門店です。興味のある方はどうぞお立ちより下さい。

2016072732.jpg

老舗裁縫用具専門店の荻野屋。色とりどりのきれいな毛糸や様々な種類のボタンなどが所狭しと並んでいます。

シャッターもぽつぽつと目立つ商店街なんですが、たまたま定休日なのか、もうやっていないのか分かりません。

2016072725.jpg

再び六角橋商店街大通りに戻り、白楽駅に向かいます。

2016072733.jpg

駅近くの名取家具店の横の細い路地をちょっと入ったところに千代田湯がありました。最初に言ったけど、路上駐車が邪魔してこんな写真しか撮れなかった。

2016072734.jpg

途中ポツリときたけど、六角橋商店街を十分楽しむことが出来ました。

最近DSC-RX100を使っているんだけど、35mm換算28mmからなんで、今日みたいな狭い場所ではちょっとつらい。最低でも24mmは欲しいね。

DSC-RX100
  1. 2016/07/27(水) 18:47:03|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:1
次のページ