FC2ブログ

晴れたらいいね

no photo no life

始発の飯田線

週末は法事で長野県へ。途中甲府過ぎた辺りから見た雪景色の富士山にちょっと感動した。地元の神奈川県から眺める富士山とまた趣が違いますね。また紅葉はピークを過ぎた感じがしました。

早朝、前泊のビジネスホテルの窓から飯田線の某駅をパチリ。

2019113005.jpg

早朝5時過ぎ、始発電車がやって来た。

2019113002.jpg

6時過ぎ、高校生らしきグループが乗り込んでいった。今季1、2位を争う冷え込みの中、大変だ。

2019113003.jpg

6時半過ぎ、明るくなってきた。今日は天気はよかったけど冷たい北風が吹きまくり、墓地で震え上がってしまった。これで一段落した、ホッと。ところで今季は悪天候と用事等で紅葉のピークを逃したかなあ~。まだまだチャンスが残っていることを願ってます。それにJR乗り入れで賑わっている相鉄も気になるしなあ。ここんとこ鉄っちゃんがご無沙汰です。

P9LITE
スポンサーサイト



  1. 2019/11/30(土) 20:52:14|
  2. 飯田線
  3. | コメント:0

飯田線

法事があって信州の実家に帰省しました。

日中の暑さはこちらと変わらない酷暑ですが、さすがに朝夕は涼しいですね。


2013081602.jpg
(飯田線 鼎~下山)


二日酔いで胃がムカムカしながらもいつもの癖で早朝起き。比較的見晴らしのいい所へ向かいました。高台から飯田線を俯瞰。カメラの性能がちょっと足りなかったかな、かすかに走っている電車が見えます。


2013081601.jpg
(飯田線 鼎~下山)


こちらは稲の生育が遅いですね。まだこんな状況です。

飯田線は朝夕のみ1時間に2本、それ以外の時間帯は1本のみ。いやあ堪んないなあ。飯田線の「撮り鉄」さんたちは大変だろうね。


2013081603.jpg
(飯田線 鼎(かなえ)駅)


2013081604.jpg


ちょっと入り込んで(無人駅です)パチリ。この駅は近くに高校があり、通学時間には賑やかなんですがその時間を過ぎるとパラパラです。えっ、この電車松本まで行くんだ(驚)。

実家の畳の上に大の字に寝っ転がり、涼しげな風に吹かれて高校野球を見るのもまた格別のものがありました。見上げれば古い家の大きな梁が懐かしかった。

GRⅢ

  1. 2013/08/16(金) 21:54:04|
  2. 飯田線
  3. | コメント:0

飯田線鼎駅(かなえ)

帰省当日の夜は一族郎党が大集合で大宴会。飲みすぎて夜中に心臓が踊ってしまって、何度も目を覚ました。

飯田駅から二つ目に鼎駅(かなえ)があります。

2011081808.jpg

駅舎として小さくまとまっていて以前からお気に入りの駅です。近くに高校が二つあり、登下校寺にはさぞ賑やかでしょうね。さらに近い将来他の場所にある工業高校も吸収合併されるようで、ますます賑わうのかな。一時期駅舎の中に信州そば屋さんもあったけど今はない。

2011081802.jpg

嘱託のおじさんが常駐していて、切符売りや雑務をこなしています。

2011081803.jpg

飯田線の時刻表です。こうしてみると改めて本数の少なさに寂しさを感じます。田舎は特に車社会だけど、まだまだ電車を必要としている人たちがいっぱいいるはずだ。

2011081804.jpg

その昔は向かい側にも飯田・辰野方面の専用ホームがあったんだけど廃止されてしまった。

2011081805.jpg

飯田も東京横浜と同じように猛暑なんですが、朝晩は涼しいですね。うっかり薄着で寝ていると風邪を引いちゃいます。昼間も表から裏へと涼風が吹きぬけて、家の中では扇風機もあまり使いません。

2011081806.jpg

いつもならお墓参り、親類訪問、宴会、ご近所散策とやることやってしまうとさすがに暇で、家の中でごろごろして昼寝でもしているんですが、今回は違いました。

2011081809.jpg

この子に夢中でした。甥っ子の6ヶ月になる愛娘です。兄貴にとっては初孫で、二人して46時中子守をしてました(笑)。おかげで暇をもてあますことなく過ごせました。こんなのを見ているとそろそろ世代交代かな・・なんて思っちゃいます。

お土産をたくさんもらって帰ってきました。

今回持参したのはこのカメラだけ → GR DIGITALⅢ
  1. 2011/08/18(木) 19:28:08|
  2. 飯田線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2