晴れたらいいね

no photo no life

「閑話」の閉鎖

予告どおり、自分のHP内で運営している「閑話」を閉鎖しました。

振り返ってみれば、2005年1月4日が第1回でしたから約2年半続いた
事になります。

「閑話」を立ち上げる時、ちょっとした勇気が入りました。
何を書いていいのか、果たして長く続ける事ができるのか等等。
記念すべき第1回は「箱根駅伝」のことを話題にしているんですが、
今読み返してみると、赤面しちゃいますね。ものすごくかっこう
付けて書いているんですね。難しい言いまわしでね。
ブログスタイルと違ってあまり日常の身の回りに起きた些細な
ことをつれづれ書くことも出来ず、話題探しにけっこう悩みました。

一貫して作者の生真面目な性格が出てて、読んでる皆さんには
面白みに欠けていたんじゃあないかと振り返って反省してます。
でも「閑話」を通じて自分という人間が少しは皆さんに理解して
もらえたと思っています。

先ほどHPから削除のキーを押したんですが、正直寂しかったですね。

ブログを始めて2週間ほど経ちました。
操作にまだ戸惑いはありますが、すらすら書ける程度には上達
しました。
肝心の内容は・・・やっぱりついつい書き過ぎの癖は直らないですね。
皆さんのようにもっとさらっと、ユーモアとペーソスに富んだ文章に
したいものです。


スポンサーサイト
  1. 2007/05/31(木) 20:13:45|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仇討ち

戸塚のサブさんのHPに「曽我の傘焼まつり」の記事が載ってましたね。曽我兄弟の仇討ちに因んだお祭です。兄弟の命日にあたる5月28日は、雨が多いことから兄弟の供養もかねて、使い古した傘を焼く供養祭が行われるようになったということです。

「曽我」の名前は子供の頃から知ってました。信州の田舎に居たんですけど。「曽我兄弟 富士の夜襲」という東映時代劇全盛の時の映画を観たんです。えらく感動した事を覚えてます。めちゃくちゃ古い話なんで年が分っちゃうね。

出演は中村錦之助、東千代之介、大友柳太朗、月形龍之介、片岡千恵蔵ほか。錦ちゃんが初々しかったですね。富士山と山裾に張られた天幕の白さを今でも鮮明に覚えてます。

後年、まさか曽我の里の近くを自転車で走るなんて想像だにしなかったですね。

主君、親兄弟を殺したものを討ち取って恨みを晴らすという「仇討ち」という報復行動は、江戸時代の武士の慣習として認められていました。
人を殺しても「番所」に届けて「仇討ち」と認められれば罪に問われなかったんです。藩主から頂いた仇討ち許可証みたいな書状を懐から出し、潔く裁きを受けるなんてシーンをよく観ましたね。

さすが明治政府になり、あまり野蛮な慣習も対外的にみっともないし、近代法治国家の体裁を早急に作る必要に迫られ、1873年(明治6年)最初の「仇討ち禁止令」が発せられました。

史上最後の仇討ちといわれる「臼井六郎事件」が起きたのはそれから7年後の1880年(明治13年)でした。
佐幕派の父を母や妹と共に勤皇派の一瀬直久に殺された当時6歳の臼井六郎が、それから10数年後22歳、判事に出世していた一瀬を殺害したんです。自首した臼井は終身刑に処せられたんですが、大赦により仮釈放され、大正6年(1917年)60歳まで生き延びたという事です。

振り返って、殺人のニュースを聞かない日がない今日、もし自分が被害者の家族になったら仇討ちの心境になるのかな。
勿論・・・です。

(今日の内容は大勢の方のHPを参考にさせて頂きました。)

  1. 2007/05/29(火) 20:05:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマすず

昨日のポタが以外に堪えて今日は一日休養。
それでも紫陽花の定点観測場所までママチャリで。
やっぱりまだ。来週末だね。

自転車のフロントバッグを探しにホームセンターへ。
まあ専門店じゃないので期待はしてなかったんですが・・・。
やっぱりなし。カゴばっかし。
ひょいと隣を見たら長年欲しかった熊除けの鈴が売ってました。
思ったより安いので購入。Mサイズで798円。十分いい音します。
(長さ14.7cm)
単独行動が多いので、先日も聖峰を登った時もあればいいなあと
思っていたんです。これで「熊出没!」の張り紙を見ても多少安心。
05271.jpg

それにしてもホームセンターって安くて何でも揃ってますね。
近くにあるんだけど、めったに来ないんです。

花が好きだけど園芸の趣味もないし。不器用なんで日曜大工なんて
経験ゼロ。動物も飼ってないし。これじゃあホームセンターに
用はないね。

  1. 2007/05/27(日) 16:35:30|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに厚木をポタ

先日コメントを頂いたkitaさんの話の中に荻野川が出てきました。
最近よそさまばっかり行っていて、地元はご無沙汰だなあ。そうだ、久しぶりに荻野川に行って見るか。川沿いの田んぼの様子も見てみたいしなあ。

というわけで、今日はのんびり厚木の荻野方面に出かけました。近場だと気が楽だね。

412号線成井田の信号から川沿いに遡ります。
予想通り田植えが始まってました。
05261.jpg

花が咲き乱れる隣の田んぼで代かきをするおじさん。

天気もよくあちこちで田植えが始まってました。早いところは先週の内にやったんだね。このあと厚木の行く先々で田植えをしてるところを目にしました。
こちらの田んぼでは肥料まき。
05262.jpg

そんな光景をひとりご満悦の表情で見て自転車を走らせます。お馴染みの木製の下清田橋まで来て引き返しました。
今日は荻野川から分かれている真弓川を遡ってみよう。初めてなんだよな。
05263.jpg

三沢橋付近から真弓川を望む。

真弓川も両岸をコンクリートで固められているので風情はないなあ。
「厚木精華園」を通り、真弓自治会館の先を左折すれば「松石寺」。
この辺り来るのはまったく初めてです。直進すれば「本厚木CC」へ。高取山を望む静かな場所ですね。同じ厚木とは思えないです。

真弓川に架かる短い華厳橋を渡れば松石寺です。
05264.jpg

予想に反してかなり広い境内。鐘楼もありました。本堂の屋根は他に類を見ない形をしてました。ただ裏へ回って本堂の中を見たんですが、少し荒れた感じがしました。お寺の縁起に関する案内板はなし。
しかし境内が広い分、とっても落着く場所ですね。お寺の先の山道を少し登ってみたんですが、高取山に通じているんですかね。
松石寺の寺林は県下でも有数のスダジイ林だそうです。裏手はうっそうとした大木が茂ってました。

先ほどの三沢橋まで戻り、「特養老人ホーム敬和荘」の前を通り、切通しを抜けるとそこは60号線の「飯山温泉入口」でした。この道も初めてなんですが、高原の感じがするすがすがしいルートでした。ひとりのライダーに出会う。

飯山観音入口の庫裡橋付近でコンビニのおにぎりをパク。
上古沢を通り、「上古沢緑地」「愛名緑地」に寄ったんですが、新緑からは時期が過ぎていて、瑞瑞しさには乏しかったなあ。よって写真はなし。何事も旬が命ですね。

その代わり「若宮公園」や「若宮橋」付近で素敵な写真が撮れました。
05265.jpg

若宮橋の下では黄色い花(名前が分りません)が一面に咲いていました。
05266.jpg


玉川を下って戻ってきました。今日はちょこっとだけど新しいルートを開拓したぞ。本日の走行距離40.1km。
  1. 2007/05/26(土) 16:50:33|
  2. 自転車でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

紫陽花ツーリングは何処へ

鎌倉に関するブログを見てますと、そろそろ紫陽花が咲き始めてますね。
こんな写真を見てるとうずうずしてきちゃいますね。今年は何処に紫陽花を見に行こうかな。そろそろ悩む時期になりました。いつも鎌倉だから他の所へ行ってみるか。

と思って神奈川の紫陽花の名所を探したんですが、色々ありました。確かに見所としては良いんですが、いざ写真を撮るとなるとどうも物足りないんですよね。やっぱり紫陽花のバックに写るものが大事なんですよね。その点鎌倉は背景にお寺の一部を入れ込む事ができ、写真もまとまるんだよね。

ところで、鎌倉の紫陽花の名所といえば「明月院」「長谷寺」「成就院」で決まりですかね。
05251.jpg

明月院の定番写真です。写真はすべてクリックで大

ここはとにかく混み過ぎ。朝一で入り、猛ダッシュで撮影場所に向かいパチパチで終わり。

その点長谷寺は多少混んでいても人影が入らず紫陽花を撮影するアングルはたくさんあります。
hasedera1.jpg

長谷寺の写真。

最後は成就院です。
ここの混雑振りは年々ひどくなりますね。ここは紫陽花も素晴らしいんですが、遠く望む由比ヶ浜が絶品です。
ajisai9.jpg

ただし最新情報では、崖崩れの防災工事中で今年は見るのが難しい、ダメだということです。(詳細は確認してください)

以上の3つの名所の他に人気スポットで「御霊神社」があります。
kamakuraajisai1.jpg

写真の通り、ここは江ノ電と紫陽花との組み合わせのベストポイントなんです。

そのほか海蔵寺もいいですね。というか鎌倉は他にいっぱい見所があるんですが、自分の知っている範囲で紹介しました。ありきたりな紹介になりましたが。

冒頭のブログ(鎌倉★情報館)が大変役立ちます。一押しです。

う~んやっぱ今年も鎌倉行きかな!


  1. 2007/05/25(金) 21:18:08|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TOUR OF JAPAN

今日の朝刊にかなり大きく「11th ツアー・オブ・ジャパン」の
広告が載ってましたね。
少しでも自転車をかじっている方ならご存知だと思いますが、
「TOJ」は日本を代表するステージレースで、日本で行われる
数少ない国際認定レースだそうです。

5月20日の「大阪」に始まり、23日の南信州」のステージまで
終わっています。27日の「東京」ステージがラストですね。

何か知ったかぶりで話してますが、自転車乗りと言っても自分
みたいなポタ系とは異次元の話なんで、特にレースの一部始終に
興味があるわけじゃあありません。

自分の周りのポタ系のブログを見てもまったくこのレースに
触れられた記事は見当たりませんね。

で何に関心があるかというと、実は第4ステージの
南信州」は自分の田舎なんです。

自分のHPのプロフィールでその事を一時書き込んでいた事も
あったんですが。

「南信州ステージ」の舞台飯田市がわが故郷なんです。
何故この地がレースの場所に選ばれたんでしょうか。
不思議ですね。

当然のことながら、レースの結果よりこのマップに載って
いる地名に懐かしさを覚えました。
弁天橋の近くの天竜川で泳いでいて、危うくおぼれそうに
なったんなんて遠い少年時代の思い出です。
昔から「暴れ天竜」なんて言われてたんです。

同じ長野県でも自分の生まれた南信州(地元の人間は南信:なんしん
という)は北部(同じく北信:ほくしんという)のような有名な
観光名所は少なく地味なんですが、素朴ないい所です。
1度おいでになってください。

飯田市のHPです。お暇ならどうぞ覗いてみてください。
  1. 2007/05/24(木) 19:01:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テレビ中継:秦野の棚田

!ようやく先日の
秦野の里山ツーリングパート2」をHPにアップしました。
ご覧になってください。

最近はブログとHPの両方の管理で忙しいです。
くわえて仕事もちょっぴりハードになって、
うれしい悲鳴です。

ところで今日の本題は違うんです。

実は
5月21日(月)午後0時20分~0時43分 
『NHK総合「ふるさと一番!」―わが町の棚田を守れ―』

のタイトルに惹かれてビデオを撮って見たら、なんと
秦野の名古木の棚田からの中継だったんです。

棚田の農作業の、田んぼに住む生き物の紹介を
タレント(?)の山咲トオルさんが実体験する
と言うものでした。
面倒を見たのはNPO法人「自然塾丹沢ドン会」でした。

先日自分が訪ねた名古木の棚田に違いないと目を凝らして
見てたんですが・・・似てるけどちょっとちがうなあ。
中継は最後まで詳しい場所は公表せず。
今日の場所の方が棚田らしいなあ。

05221.jpg

写真は先日(12日)訪れた棚田。この場所から
の中継ではなかった。

そこで「ドン会」の関係者にメイルで問い合わせしたら
場所を教えてくれました。
詳細を公表しない理由は、地域の方に迷惑がかかる
かも知れないと言う配慮からだったようです。

6月中旬には棚田に緑の早苗が映えて素晴らしいそうです。
行こうかな。

関心のある方はドン会のHPにアクセスして関係者に
問い合わせをしてみて下さい。

  1. 2007/05/22(火) 22:56:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

急接近、されど遭遇せず

今朝しまださんのブログを見て「え!そうだったんだ」とびっくり。

自分の場合、皆さんのブログは最初に写真だけをざっと
見ちゃうんです。その後じっくり本文を読むんです。
20日のしまださんのブログを見て、あれ!見たことある
花だなあ・・・と思ってよく読んでみれば・・・納得。

自分と同じく昨日は秦野の戸川公園方面に行かれたんですね。
知らなかった。ご丁寧にも自分と同じく鍋割山への
登山道にあたる西山林道も走ったというじゃあないですか。

林道に行く途中の大倉の里で栽培しているアネモネの写真も
自分とほぼ同じ場所で撮られたようです。

sato15.jpg
この写真は自分が撮ったもの。(クリックで大)
ツーリング記録にこの写真を載せようと仕込んでいたんですが、
先を越されちゃいました。それに悔しい事に自分よりアングルが
いいんだよね。どうしようかな(笑)

自分は戸川公園には10時ごろから11時30分ごろまで
いました。しまださんの当日の行動時間をみると、たぶん
戸川公園に到着する前に自分は菖蒲方面に出発したと
思われます。

急接近はしたんですが、遭遇は出来なかったですね。
広い神奈川でも、会うときは会うんですよね。
そのうち何処かで・・・・。

それより肝心のツーリング記録がいっこうにはかどりません。

  1. 2007/05/21(月) 19:05:29|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

秦野里山めぐりパート2

昨日天気が悪くて延ばした秦野方面へのツーリングに
行って来ました。絶好の天気でしたね。

2週連続の秦野へのツーリングになったので、本日のは
パート2としておきます。お前秦野がそんなに気に入った
のかと言われそうなんですが。

まあ秦野の里山といっても見慣れた風景なんですが・・・
他と違うのは、丹沢の山々がもう目の前に迫り、
色濃くなった山々がほんの手の先にあるんです。
新緑のくっきりとした山並みは今が一番の見頃なんです。


今日走ったのは菩提~秦野戸川公園~菖蒲です。初めての
場所ばっかりです。まあ厳密には大倉のバス停は過去に
何回も来てますが。

05201.jpg


菩提では、葛葉川に沿って徐々に高度を上げていきます。
見慣れた風景なんですが、風が爽やかで気持ちがいいですね。

この近くに「向山林道」というのがあるんです。ちょっと覗いて
行こうと思ったんですが、しょっぱなあまりの急坂で林道に
入る前に戦意喪失。

ここに来た目的のひとつに、秦野の湧水のひとつに数えられている
「葛葉の泉」があるからなんです。

05202.jpg


道に沿って茶畑が広がってました。朝露に葉っぱが濡れていた。
見た目と違って、触ってみると葉っぱはとても柔らかですね。


「くずは青少年野外センター」からの激坂をおっちらおっちら
自転車を押して上っていきます。
「葛葉の泉」にようやく到着。

05203.jpg


皆さんものすごい量のポリタンクを持ってきてます。
聞けば一週間分の飲料水にするそうなんです。
ひとりの方が全部入れるのに相当時間がかかりそうですね。
待っている人余裕の表情ですが、内心いらついているだろうな。

秦野戸川公園に向かいました。
ここにある「大倉」のバス停は懐かしい所なんです。
鍋割山が気に入り何年か前まで頻繁に登りに来てました。
その時乗り降りしたのが「大倉」バス停なんです。

05205.jpg


写真は公園内にある「風の吊り橋」ですが、間近で見るのは今日が
初めてです。
公園は家族連れで大賑わいでしたね。
ここで山からの気持ちのいい風に吹かれてお昼。

最後に向かったのは、またまた湧水の「浄福水」のある菖蒲の
「浄徳菖蒲園」です。秦野の菖蒲地区って、ライダーはほとんど
走らないじゃあないの。


何とか探し当てて行ったのですが・・・ちょっとがっかり。

05206.jpg


最近は人手があまり入っていないらしく荒れてましたね。
湧水も形ばかりのちょろちょろ。
これから秦野の湧水巡りをされる方へ、ここははずしても
いいじゃあないですかね。

そんなわけで秦野の里山めぐりパート2も無事終わり、
早々と午後2時前には帰還いたしました。

本日の詳しいツーリング記録は、後日HPの方にアップします。

  1. 2007/05/20(日) 16:33:27|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ご近所をポタ

午前中天気が悪かったので今日のツーリングは中止。
明日にしました。

午後から久しぶりに自転車のお掃除。ざっとスポンジで水洗いを
してから、チェーンの汚れを取りオイルをさしておきました。

明日のツーリングに備えて軽い足慣らしで相模川までお散歩。

そろそろ紫陽花の季節ですね。早咲きの紫陽花の秘密の場所まで
直行。

05191.jpg


う~んまだ早いですね。かろうじて一輪、少しだけ色付いてました。
また来週偵察だ。

スポーツ広場では少年サッカーの試合の真っ最中。
聞こえてくるのは鬼コーチの怒鳴り声とお母さん達の
「キャー」の黄色い歓声。


05192.jpg


控えのちびちゃん選手達、さすがにもう飽きちゃって、
試合そっちのけでふざけてつかみ合い。

隣のグラウンドではソフトボールのチームが数人、これまた鬼コーチの
叱咤激励のなか練習をしてました。寂しいね、サッカーに比べると。
息子達の時代はソフトボール全盛で、それはそれはたくさんの
子供チームがあったのになあ。仕方がないね、時代の流れだ。


あゆみ橋を渡った遊歩道の近くで見つけた草花。フランスギクと何と
言う花なんだろう。紫が印象的でした。


05193.jpg

  1. 2007/05/19(土) 16:33:11|
  2. 自転車でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ