晴れたらいいね

no photo no life

新緑の丹沢を登る

昨日軽くのっけましたが、お仲間さん達と丹沢に行ってきました。二ノ塔~三ノ塔~烏尾山で丹沢といってもまあ気楽に登れるルートです。丹沢の山は2003年に鍋割山に登ったのが最後で三ノ塔も10年以上前に登ったきり。最近は大山、高尾山なんてお気楽な所ばっかりなんでたまにはいいでしょう。

7時10分、本厚木駅で乗り込み皆さんと合流して秦野で下車。ヤビツ行きのバス停には長蛇の列。「げー!すごい人だ。」臨時のバスがこぼれんばかりの登山客を乗せてちょうど出発。予想はしてたけどここまでとは・・・。あきらめておとなしく列に並びます。今日はどこにいっても終日人、人、人、。

ボーとしてると突然60歳前後のおじさんが目の前で大きな声を出し神中バスの係人に食って掛かりました。

『こんなに混んでいるのになぜ臨時のバスをじゃんじゃん出さないんだ(怒)。』

『連休で登山シーズンの今日、混むのが分っていて何もしてないじゃあないか!』

『他の所なんかちゃんと臨時バスを手配してるぞ!』

いやはやものすごい剣幕で係員にまくし立ててます。

『お客さん、ちゃんと手配してますよ。連休なんでここばっかりにバスを手配するわけにはいかないんですよ。』

『お客さんは山登りの人たちばっかじゃあないんですよ。』

係員も売り言葉に買い言葉で負けちゃあいません。

『なに言ってんだ。毎年、毎年混むに決まっているんだから、ちゃんとそれを予想して手配するべきじゃあないのか(怒)』

『バスの台数だって限りがあるんですよ。』

『景気が悪くて台数をじゃんじゃん増やすわけにはいかないんですよ。』

要するにおじさんは、臨時バスがじゃんじゃん出て、バス停で待つこともなくすいすいと山に向かう事が当然のような気がして秦野の駅に降り立ったんです。ところが、この長蛇の列にムカッ!
   
   ・・・・・・・

   ・・・・・・・

   ・・・・・・・

   ・・・・・・・


お二人のバトルは延々と続きます。同じことの繰り返し。

しかしそうこうしているうちに、おじさんの旗色が徐々に悪くなっていくのが手に取るように分ります。なんせ列に並んでいる登山客から

『そうだ、そうだ、神中なにやってんだ!バスをもっと出せ。』

なんて援軍がちっとも出てこないんです。シラー。
(連休なんだし、ちったあ我慢しろよ!自分勝手なこと言うなよ、このおっさん。)
なんて顔をして皆さんそっぽを向いてました。

おじさん周囲の雰囲気を敏感にキャッチしたのか次第に軟化し始め、なんと最後は多少話をすり替え係員のおじさんと握手をして手打ちです。さらにころあいもよく臨時バスが到着。これでバス停バトルも一件落着。

あ~おもしろかった。時間つぶしになったよ。
おっといけない、前置きが長すぎました。登山客をパンパンに詰め込んでバスが出発!
ヤビツ峠まで満員で暑さムンムンのバスに揺られ到着。途中3人くらいのローディーを見かけました。やってるやってる。当初はそんな姿をカメラに収めようとしてたんですが、とんでもないですこの混みよう。体が動かせません。

平地はいい天気なんですが、高い所は見通しが良くないですね。ヤビツ峠に自転車以外で到着するのも何か変な気分です。空気がいい。すがすがしい。緑がきれい。形容詞がいくつあっても足りないな。


8時30分ヤビツ峠を出発。


043001.jpg


富士見山荘を通過していよいよ山登り開始。久しぶりの本格的(?)登山にわくわくしちゃいます。人気コースですね、長い列が続きます。登りは女性陣のペースに合わせてゆっくりめです。このぐらいのペースだと楽チンでいいですね。それに今日はほとんどの登山客が目指す塔ノ岳には登らないのでとても気が楽です。



043002.jpg
二ノ塔

10時10分二ノ塔に到着。ここは見るべきものはなし。一息ついてすぐに出発。


043003.jpg


ガスが谷の下から吹き上げてきます。なかなかお目にかかれない幻想的な光景に登山客の中から「ウオー」と歓声が上がります。こんな光景を見ていると、下界とは違う山での気候条件のめまぐるしい変化に改めて驚きます。山は怖い。


043004.jpg
三ノ塔

10時35分三ノ塔に到着。1205m、今日のルートの中での最高点。もう着いちゃいました。記念写真を撮ったりして一休み。予定では今日の登山はここまでなんですが、あまりにも早すぎますね。体力も有り余ってます。今日の登山の全てを任されているS隊長がここで決断。『次の烏尾山までいきましょう。』本当は、こんなに早い時間に下山したって飲み屋さんどっこも開いてないぞ。と言うのが最大の決め手です(笑)。

さて三ノ塔から烏尾山までが今日一番の絶景でした。


043005.jpg
烏尾山を望む

稜線の彼方に烏尾山が見えます。他の皆さんもこの景色に思わず見とれてました。だけどここの下りは怖かったですね。鎖にへばりついてようやくのことで下りて行きます。すごい音がしたんで振り向くと、下から登ってきた半ズボンの若者がここで転げ落ちました。『大丈夫ですか?』あちこちから声がかかります。『大丈夫です。』多少すりむいたかも知れませんが無事だったようです。半ズボンは危険ですね。

11時20分烏尾山に到着。


043006.jpg
烏尾山


ここでお昼です。あまりの寒さにジャンパーを取り出し着込みます。必要ないと思ったんでが持ってきてよかった。山の準備は怠りなくやらなきゃあダメですね。おにぎりはコンビニで買いましたが、おかずは早起きして自分で作ったものです(自慢)。山さんが稜線が幾重にも重なるはるか先、宮ヶ瀬湖にかかる「やまびこ大橋」を発見(驚)。

ところでこれから塔ノ岳まで行く人?

・・・・・・

さすがに誰からも手が上がらなかったですね。というわけで今日はここまで。


043007.jpg


11時50分大倉目指して下山開始。このルートを下った人はいません。

最初は何事もなく、いたって順調に下っていきます。ちょっと早すぎないかな、ゆっくり行こうよ。店はまだ開いてないよ。なんて皆さん余裕のよっちゃんだったんですが・・・・。一時間ばかし下った所で経験したことのない激坂が始まりました。



043009.jpg



垂直に近い(ちょっとオーバーかな)石がゴロゴロの坂です。怖かったですね、足に相当負担がかかりました。今までの楽勝ムードがいっぺんに吹き飛んじゃいました。転ばないように、捻挫しないようにと細心の注意を払って下っていきます。こんな激坂が30分以上続いたでしょうか。いやあ心身とも疲れました。でも女性陣は臆することなく後に続いてもくもくと降りてきました。感心!脱帽!


043010.jpg


高度の高い所では淡い色をしていた若葉も下るにしたがって次第にその色を濃くしていきます。新緑は今がピークでしょうか。


下り始めて1時間半、ようやく林道に降りることが出来ました。全員「ホー」「フー」。どっと疲れが。良かったですね、無事降りられて。しかしこのルートを逆に登ることは絶対にいやだね。


ここから大倉のバス停まで4km、おしゃべりをしながらてくてくと下っていきます。聞けば山さん、この後の大宴会のためにさっきから水を一滴も飲んでないそうです。のどをカラカラにして準備をしているそうです。山さん、熱中症になっても知らないよ。

043011.jpg


水無川に沿ったこの林道も素晴らしかったですね。一面の新緑に囲まれ、山吹や白い花が目を楽しませてくれました。


043012.jpg



ここでもまたハプニング。S隊長の右の登山靴の底のラバーがごっそりはがれちゃったんです。良かったですね、これが今朝の登り初めに起こったら・・・と思うとぞっとします。優秀なS隊長は我々の制止も聞かず帰っちゃったことでしょう(笑)。ラッキーでした。


043013.jpg


しばらく下っていくと名水でお馴染みの「竜神の泉」がありました。ここにあるんだ。場所が分ったんで今度機会があればここまで自転車で来てみようかな。でもこのあたりは砂利道です。

14時50分秦野戸川公園に到着。大倉のバス停も下山してきた登山客で長蛇の列。ひえ~ここでもそうなんだ。何処に行っても満員。

自分の地元の本厚木で皆さん途中下車。午後4時少し回ってました。駅ビルの8Fで皆さん待望のお疲れさん会。今日のスケジュールは全てこの時間に合わせて設定したようなもんです、ねえ山さん。たくさん飲んでたらふく食べて解散。お疲れ様でした。朝から一日いろんなことがありましたが、新緑の丹沢は最高でした。それもこれも気の合ったお仲間さんたちと一緒だったからでしょうね。今度は秋かな、楽しみにしてます。




スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 20:12:26|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二ノ塔~三ノ塔~烏尾山

絶好の天気に恵まれ、山登りのお仲間さんたちと丹沢へ。

出発の秦野からお山まで連休で人、人、人。当初三ノ塔までの予定だったんですが、体力と時間があまっちゃったんで予定を変更。烏尾山まで登り大倉に下りてきました。秦野のバス停でのハプニング、烏尾山からの予想もしない激、激坂の下り、全山新緑と盛りだくさんのそれは楽しい登山の一日でした。


042901.jpg


三ノ塔を通過し烏尾山へ向かいます。ここもまた急坂で苦労しました。



042902.jpg


高度の高い所では新緑はぼちぼちだったんですが、烏尾山からの下山途中には目の覚めるような新緑にお目にかかれました。



042903.jpg


今日のお仲間さん。自分を含めて6名。新緑の林道を大倉を目指してのんびり下ります。

帰りは本厚木で皆さん途中下車。駅ビルでお疲れさん会。気心の知れたお仲間さんたちとのおしゃべりは果てしなく続きます。山さん、飲みすぎですよ。Sさん、登山隊長としてお疲れ様でした。Mさん、さすが日頃バドミントンをやっておられるだけあってタフですね。Tさん、考え過ぎないで気楽にブログを始めて下さい。Tさんのお友達さんのIさん、さすが山登りに慣れていらっしゃいますね。激坂もものともせず下られましたね。皆さんお疲れ様でした。今度は紅葉の季節ですね。

そんなわけで今日はここまで。詳しいことはまた明日。



  1. 2008/04/29(火) 19:05:17|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤビツ峠へ

29日ヤビツ峠に登ります。

皆さんの自転車ブログを見渡せば「ヤビツ」「ヤビツ」・・・・と大流行り。年に2、3回登る程度じゃあ一人前の自転車乗りといえない雰囲気ですね。勘弁してください(笑)。


自分も負けちゃあいられない。


よし!登るぞ~


といってもね・・・


rinndou01.gif実はね、登るといってもバスでヤビツ峠まで行くんですよ。相模原の山さんをはじめ山登り仲間のおじさん、おばさま達6人で1年ぶりの登山なんです。ヤビツでバスを降りて三ノ塔まで登ります。途中峠を目指して必死で自転車をこいでいる自転車乗りさん達をバスの窓からお気楽に眺められるのがなんともいえない楽しみです(笑)。


ところで前回三ノ塔に登ったのいつの事だったんだろうか?
備忘録をひも解くと載ってました。平成9年5月に登ってました。確かあの時は三脚を担いで登ったはずです。当時は元気があったなあ(驚)。あれから10年以上月日が経ち、お年に合った登り方で楽しんできます。さて帰りは何処で一杯やるのかなあ?本当はこっちの方が皆さん楽しみなんですよ。


でも連休中には裏ヤビツからでも自転車で登ってみるつもりです。新緑が楽しみです。



  1. 2008/04/27(日) 21:26:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴見川源流から小山田緑地

久しぶりに町田方面に行ってきました。目的地は鶴見川源流と小山田緑地です。3年前のある時期、集中的に町田方面に出かけたんですが、その後はパッタリ。なぜか遠く感じて今日まで敬遠してました。

いつもは相模川沿いを走るんですが、今日は51号、46号線を走りました。これが失敗でしたね。交通量が多く、歩道も狭いし神経を使いました。淵野辺駅の横をかすめ町田街道に出ます。桜美林学園の横を通り、尾根緑道に入りました。


042601.jpg



新緑の時期にここを走ったことあったけ?柔らかそうな若葉が日増しにその色を濃くしています。思い思いに散策をする人達はとても落ち着きを感じますね。種入のバス停で一般道に入り下っていけば小山田のバス停です。左折して500mぐらい進めば「泉の広場」に到着。



oyamadaryokuti02.gif

小山田緑地周辺地図(管理人のHPより転載)



042602.jpg


気のせいか周囲の雰囲気が以前と変わったような気がするんだけど・・・。相変わらず水は湧き出ていたんですが、池が以前より汚くなってないかなあ。周囲も荒れた気がします。ところでこの中に自転車は乗り入れ禁止です。ご近所のおばあさんに「自転車は入っちゃあダメですよ。」なんて叱られちゃいました。案内板にちゃんと書いてありました。

まあ正直言って3度目となるとそれほど感慨も湧かなかったんですが、このあたりの雰囲気はいいですよ。


042603.jpg



あやめ?かな。遠くにおじさんがひとりもくもくと畑仕事をしてました。


042604.jpg


1本じゃあないですよ、ひとやま(3本)500円で竹の子を売ってました。


来た道を戻り、正山寺の看板を目安に左折して細い道を上って行きます。ちょっと正山寺によって行きます。3年前に相模原の山さんとこのルートを走ったんですが、その時境内にとても人懐っこい犬がいたんです。まだいるかなあ・・・・。


042605.jpg


いました!覚えていてくれたのか(そりゃあないよね)匂いを確かめてじゃれ付いてきました。かわいいぞ。

正山寺から細い道を上っていくんですが、谷戸の雰囲気がとてもいいですよ。


042606.jpg


上り詰めて一般道とぶっつかったら右折し、しばらく走り再び雑木林の中へ入っていきます。


042607.jpg



途中見晴らしのいい所もあるんですが、一般道に出るまで暗い山道が続きます。最後は道がぐちゃぐちゃで、堪らず自転車から降りて下ります。



042608.jpg


山ノ端のバス停に出るまでの道端に咲いていた八重桜。見事です。通りがかりのおばちゃんに話しかけられました。年々咲くのが早まっているそうです。


042609.jpg


大泉寺の前を通り小山田緑地へ。


042610.jpg



小山田緑地は自転車乗り入れが禁止になってました。以前は良かったのになあ。仕方がないので荷物一式を持って園内へ。


042611.jpg


「芝生運動広場」では一家族が広場を独占し、思いっきり遊んでました。天気のせいか他にはいません。


042612.jpg



小山田緑地へ来たら食事はこの場所でしょうね。小高い所にある「みはらし広場」です。


042613.jpg



斜面一面にタンポポが咲いてました。ねっころがって青空を見上げる・・・なんてしてみたいんですが、天気がいまいちなんで気分が出ません。やっぱ抜けるような青空でないとね。

帰途についたとたん、ポツリ、ポツリ。帰りは相模川沿いを走ってきました。三川公園辺りから本降りになっちゃいました。

本日の走行距離57.8km。


  1. 2008/04/26(土) 17:30:03|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

命拾い

ご安心下さい。
最近のSLENDERさんのように事故に遭ったというわけではないです。

仕事から帰ってきて明日のツーリングの準備でマンションの自転車置場へ。
さ~てと空気を入れてオイルをさしとこう。

あれ!前輪がペッシャンコだ。

いつこんなになっちゃたの???

おととい乗ったばかりなのに、その時はなんともなかったのに。

いたずらかな?

ざっと見たんですが、そんな様子もない。

う~んパンクか。先日後輪がパンクして大変な目にあったばっかりなのに。
さすがに今日は驚きません。続く時は続くんですね。
もちろんパンク直しは・・・・手に負えません(涙)。あれから何にも進歩してません(恥)。
あわててSBCさんに自転車を引きずっていきます。

SBC店長、今日はひとりっきりで奮戦中。納車があっててんてこ舞い。

「akiさんすみません、小1時間ばかししたら来てくれませんか。」

「ああ、いいですよ。」

街中の本屋さんで時間つぶし。ころあいを見計らってSBCさんへ。

「akiさん見てくださいよ。」

店長、チュウブに空気をプシュ!いっぱいに入ったところでストップ。

「スースースー」

なんとバルブとチュウブの接合部分が裂けてそこから空気が漏れていたんです。
パンクじゃあなかったんだ。チュウブを新品に交換してもらいました。
このMTBに乗り始めて4年、あちこちにガタが出始めました。

今日もお安くして頂き、店長ありがとう。

ってなわけで、命拾いをしました。良かったあ~走行中にタイヤがペッシャンコにならなくて。
自転車屋さんを探してさまようなんて災難に会わなくて。これって喜んでいいんだよね。ヤレヤレ。



  1. 2008/04/25(金) 20:19:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二の足林道~大沢林道

今日の午後、時間があったんで少し走りました。といっても2時近かったんで遠出は勿論出来ません。ならば二の足林道に新緑の様子を見に行ってこよう。


ninoasirinndou.gif
二の足林道周辺地図。管理人のHPから転載


場所は厚木の端っこです。玉川を遡り七沢川沿いにゆるゆると上って行きます。


042301.jpg


道端の八重桜と小さな石仏。こんな素朴な光景が好きです。



042302.jpg


広沢寺温泉を過ぎたあたり、最近少々荒れ気味の谷戸の棚田。「クマ注意」の立て看板に思わずドキ。忘れていたものを思い出しました。


水を飲みすぎて汗ダクダク。急坂を自転車を押して上って行きます。やがてゲート手前に恵みの湧水。ここは水量がいつも豊富です。一息入れて汗の引くのを待ちます。

042303.jpg



ボトルにたらふく詰め込んで出発。


山神ずい道を越せばパ~と視界が広がります。


042304.jpg



平地に比べて新緑は多少遅めかな。





折り返しの「一の橋」までゆっくり下っていきます。谷太郎川の渓谷の新緑がきれいですね。ここまで来るとほんと新鮮な空気を吸っているという実感がありますね。



042305.jpg




山吹の黄色が鮮やか。「一の橋」で折り返し来た道を戻ります。


大沢林道に入り、ロッククライミングの岩場までえんやこらっと上ります。


042306.jpg



いましたね、平日のこんな時間にも。林道沿いの小さな岩場では女性もアタック中。


042307.jpg


岩にへばりついておりました。ご苦労さん。この岩登り、どんな心境なんですかねえ。登るとスカッとするんですかねえ。一度お伺いしてみたいものです。


本日の走行距離27.7km。


  1. 2008/04/23(水) 17:53:21|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中津川~志田峠~服部牧場~宮ヶ瀬湖

いやあ~昨夜は久しぶりにお酒を飲みました。新潟から旧友のT君が上京し、K・O君と3人で先日亡くなったO君のお墓参りに行きました。夜はO君を偲んでしこたま飲んじゃいました。一年分飲んだ気がします。日頃一滴も飲まないので不安でしたが、何のことはない自分でも驚くほど飲めちゃいました。まだまだ捨てたもんじゃあないぞ!

そんなわけで今朝はたして自転車に乗れるか心配でしたが・・・ダメージもなく(笑)元気に出発。2週続きで中津川を遡ります。


042006.jpg



見通しのいいこのあたりの土手がお気に入りです。


042002.jpg



上三田青少年広場にタンポポが一面咲いてました。

今日は才戸橋を渡り、川沿いの道を八菅橋まで走ります。このルートを走る方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、車もほとんど通らず快適です。

「幣使の坂」を上りました。4年振りなんですが、道の真中にコンクリートが敷き詰められていて以前に比べて随分と上りやすくなってました


水道坂も久しぶり。前回はいつ通ったんだろう?


042003.jpg



「角田大橋」バス停の手前で「関東ふれあいの道・志田方面」の道標があり右に入っていく。200メートルほど進み最初の道とぶっつかったところで右折し進む。すぐに道標があり左折する。このあたり分りづらい。今日も一瞬迷っちゃいました。やがて「つづら折れの坂」を上って行きます。


042004.jpg



坂を上りきると一面白い花が飛び込んできた。きれいですね。ゆるゆると進めば「三増合戦場の碑」が見えてきます。

志田峠へは横の道を上っていく。やがて土道に変わり、自転車を降りて進む。すぐ着くと思ったんですが、なかなか。ひと汗かいたところでようやく志田峠に到着。




042013.jpg



えっちら自転車をひっぱってきた割には・・・少々面白みに欠けます。ベンチに座って腹ごしらえ。ここは長く留まる所ではないですね。足早に出発。

412号線に出て、服部牧場の看板の出ている坂道を上っていきます。これがまた急坂なんですね。よたよたと蛇行運転でなんとかしのぎ、服部牧場に到着。



042007.jpg



いつものものをいただきます。雨がパラパラ。やっぱりここまで上ってくると気温が違いますね、少し肌寒いです。


042008.jpg


道路沿いに菜の花が一面に咲いてました。


あいかわ公園でお昼にしました。予定では今日はここで帰るつもりだったんです。
今まで大変な誤解をしてました。公園内って自転車を引いていけば入れるんですね。乗り入れ禁止と思ってました。そうとわかれば自転車を引いてずんずん中へ。


042009.jpg



中津川沿いの緑がきれいです。新緑のピークはもう少し先ですが、緑って目にやさしいし、見ていて気持ちが和みますね。大好きな色です。

ダムの上に上るエレベーターに乗り込みました。かごは休日でいっぱいです。とても気が引けたんですが「すみませ~ん、すみませ~ん」の連発で皆さんの視線をかわしました(汗)。



042010.jpg



下から吹き上げる風がものすごい!カメラが静止できない。


やまびこ大橋でたくさんのライダーと遭遇。皆さんこれから裏ヤビツですかね。よしここまで来たんだ、自分もついて行こう(冗談、冗談)。最初からその気で来ないと気持ちをアップさせるの難しいですね。宮ヶ瀬湖を眺めて土山峠を下ってきました。今日はこのあたりものすごい数の自転車乗りさんたちとすれ違いましたね。シーズンですね。



042011.jpg


坂尻のバス停付近で見かけた八重桜。見事です。


「おやじの花畑」のチューリップ。写真を撮っていたら男性が近寄ってきて話しかけられました。この花畑を管理しているボランティアの方で、皆さんに宣伝して欲しいという事なのでのっけました。とても熱心な方でした。



042012.jpg



今日は予定が変わり、宮ヶ瀬湖まで行っちゃいました。日々山肌は緑の濃さを増してました。5月の連休の時期が最高でしょうね。

本日の走行距離48.9km。いろんな所を走ったわりには大した事ないですね。



  1. 2008/04/20(日) 16:50:06|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一発勝負

北京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権がおもしろい。

この時期プロ野球のテレビ観戦が楽しみなんですが、ジャイアンツのあまりにもふがいなさに業を煮やし(怒)、毎晩こればっかり見てます。

競泳の五輪選考のシステムがこんな方法でやられているとは知らなかった。
まさに一発勝負なんです。①北京五輪派遣標準記録をクリアーすること。②2着までに入ること。両方クリアーしないとダメ。記録も決勝で出さないとダメ。選手にはとても厳しいですが、見ていてとっても分りやすいです。その分五輪行きを決めた瞬間の選手の喜びよう。感動、涙、感謝。見ている方も思わずもらい泣きをしちゃいます。

競技の特性で一概には言えませんが、毎度毎度選考基準のあいまいさで批判を浴びる他の競技にも競泳のような万人が認めるすっきりした選考方法を望みたいものです。

ジャイアンツも毎試合、毎試合一発勝負の厳しさで戦ってよ。(長年の弱点、投手力がちっとも改善されないなあ)
  1. 2008/04/19(土) 06:04:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢からの手紙~辻原登

先日、夢うつつで深夜ラジオを聴いていて、辻原登と言う作家を初めて知りました。経歴を調べてみると平成2年に芥川賞を取り、その後著名な文学賞を数々取っている方なんですね。そんな有名な方だとは今日の今日まで知らなかったなあ。次に読む本を物色してた矢先、さっそく図書館から3冊借りてきました。

041701.jpg


時代小説短編集の『夢からの手紙』からざっと目を通しました。遠い故郷に残してある妻の総から、江戸詰の夫、孝介の元へ届いた一通の手紙が、夫の遭遇した不思議な事件を言い当てていたという表題作「夢からの手紙」から読み始める。う~んなんともいえない不気味さ。次に読んだ市井物の「川に沈む夕日」も藤沢周平とは違った味。

ぺらぺらとページをめくってみたんですが、初めて体験する辻原登の世界に浸れそうでとてもわくわくしてます。


  1. 2008/04/17(木) 19:43:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

動画に挑戦

先日の鳶尾山ポタに初めて動画をのっけてみました。ご覧頂けましたか。まさか自分にこんな事が出来るとは・・・本人が一番驚いております!

先日自分が使っているFC2ブログのお知らせに「FC2動画投稿ツール機能」の案内が載っていました。何気に覗いてみると、何となく自分でも簡単に出来そう(実際はそうでもなかった)。最近皆さんブログに動画を載せることが多いですよね。試しに一丁やってみるか。

今日は動画を投稿するまでの顛末をお話します。

鳶尾山への坂道で初めてカメラ?を回しました。これが大変でした。先人はそれぞれ工夫を凝らしてハンドルにしっかり固定していますね。初めての自分はそんな上等な仕掛けもなく、片手カメラで坂を上り始めたんです。苦しかったですね。再生してみると荒い息づかいがはっきり聞こえて恥ずかしいですね。

実際は鳶尾山からの下りも撮ったんです。こっちはもっと怖かったですね。路面が濡れていて、片手運転でブレーキもいまいち。必死で撮ったんですが・・・。

今回分ったんですが、自分の場合デジカメに512MBのSDカードを入れているんですが、動画を撮影するとあっという間に容量が一杯になっちゃいますね。動画を余裕を持って撮るなら数ギガのメディアを準備しなくちゃあならないですね。しかし容量の多いものをセットすればいいかと言うと・・・。

さて家に帰ってきてさっそくいつもの通りパソコンに取り込みを始めたんですが・・・。一時間を経過してもうんともすんとも言いません。カメラからデーターが流れません(涙)。やっぱり恐れた通りです。パソコンに能力がないのか分りませんが、ダメ。

えい!仕方がない。下り道で必死で撮った分を泣く泣く消去しました。再度接続、今度はなんとか取り込めました。ですから動画用に数ギガのメディアを準備しても受けてのパソコンを何とかしないとカメラからパソコンに取り込めないことが分りました。(パソコン得意な方は解決方法なんて簡単に分るんでしょうね。)

以上がパソコンに取り込むまでの第1ハードルでした。ところがホッとしたのもつかの間この後に第2ハードルが待ち構えていました。

その前にちょっと余談。
同僚のKさんに貸してもらいました。ご存知のUSBメモリです。初めて使いますが便利ですね。

041401.jpg
(1G:1180円、2G:2090円、4G:4380円~ヨドバシHPより、バッファロー)

閑話休題。

パソコンに画像を取り込み手順に従ってブログにアップしようとしたんですが・・・・またここでストップ。いくら待っても画像がブログに取り込めません。またここで30分待ち。よく見たらファイルサイズが100MB以下でないとダメって書いてあるじゃん。この動画110MBもあるじゃん。このガ~ン!どうしたらいいの?第2ハードルだ。

・・・・・・・?

・・・・・・・?

・・・・・・・?

そうだ、何かで見たぞ!圧縮だ。
いろいろ調べてみると圧縮ソフトが必要なんだ。動画圧縮ソフト・ムービーメーカーが見つかりました。ラッキーでした自分のパソコンに最初からインスツールされてました。ところがこのソフトを開いたんですが使い方が全然分らない。

もはやここまでか。

あきらめかけたんですが、さらに調べてみるとこのページが見つかりました。よしやっとたどりついたか。しかし喜びもつかの間。

<ムービーメーカーを起動したら、圧縮したい動画をドラッグアンドドロップします。>と説明があるんですが・・・・何度やってもダメ。30分トライ。ダメ。


再び、もはやここまでか。
ところがそれでもいろいろいじっていたら偶然出来ちゃいました。
ドラッグアンドドロップなんかしなくて、素直にやればよかったんです。

ムービーメーカー初期画面の左側のムービー作業の欄から

「画像の読み込み」or「ビデオの読み込み」
    ↓
「ファイルから選択」
    ↓
「画像指定」
    ↓
「読み込み」をクリック

これで画像が取り込めました。
あとは先ほどのマニュアルに従って作業を進めます。なんと110MBあったオリジナル画像が4.2MBに圧縮されてました。素晴らしい。

再びブログにアップをしたらすんなり行きました。

ツ、やったね!

何事もあきらめちゃあダメなんだ。な~んてアップしたブログの動画を見てひとりニヤニヤのご満悦。あと残された問題はカメラをどう固定するかですね。不器用なんで物作りが苦手です。当分は片手カメラかな。危険なんで十分気をつけなくちゃあいけないしなあ。ただそんなに動画を撮ることもないと思うんですがねえ。

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

ムービーメーカーについては → ここここを参考にしました。


  1. 2008/04/14(月) 20:11:13|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ