晴れたらいいね

no photo no life

振り込め詐欺

我が家でも待ちに待った(笑)振り込め詐欺師から電話があった。

今夜夕飯の最中に電話が鳴った。かみさんが出たら「息子」からだった。

息子の話では、

「風をひいて熱が38度でちゃった。インフルエンザかもしれないので会社の決まりで一週間休まなくちゃあならない。明日あたり帰るから」

「携帯が壊れちゃって会社から支給されたのを使っている。番号は080-xxxx-xxxだから」

話の内容は大体こんなところ。

インフルエンザかなあ、かわいそうに。そんなに熱があってちゃんと帰ってこられるのかなあ。部屋を片付けて準備をしなくちあ・・・なんてかみさんは心配になっちゃって食事はうわの空。新しい番号を早々に登録している。

この時点でだあれも疑っていない。ただただ息子の体調を気遣うばかり。
  
  ・・・

  ・・・

  ・・・

  ・・・

しばらくして・・・ピーン、もしかしたら詐欺師じゃあないの!

あわててかみさんが息子に電話(元の番号)したら・・・案の定そんな電話はしてないという。

やっぱりなあ。さっきの電話がこれからはじまる詐欺の前奏曲かな。

明日あたりいよいよお金をせびる電話がかかってくるのかな。

かみさん曰く、風邪声だったけど息子の声にそっくりだったと。

「あ~くやしい、気持ちが悪い!」

詐欺だってすぐバレたんで対応が出来るんで大丈夫なんですが、今回の我が家の体験で世の中のお年寄りがころっとだまされることがよ~く分かりました。

気をつけていてもだまされるのが詐欺です。くれぐれもご注意を。

★数ある振り込め詐欺のキーワードの内今回は、

風邪を引いている

携帯を変えた


です。

この言葉を聞いたら100%振り込め詐欺と思って下さい。






スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 21:33:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

元町裏通り

お仲間と予定していた横須賀、観音崎ツーリングが天候不順のため延期になりました。久しぶりにお仲間が集まるのでやっぱり最高の条件で走りたいですよね。

というわけでお昼から元町へ。以前から目を付けていた元町の裏通りを散策。もちろん昨日買ったばかりのレンズの試し撮りもしたいしね。裏通りというと怒られちゃいそうですが、リセンヌ小路(こみち)や元町仲通のことです。

JR石川町駅を降りてすぐの通りがリセンヌ小路です。

IMG_4529
IMG_4529 posted by (C)aki

元町の華やかな通りに比べ、ちょっと地味な、個性的な、小さなお店が並んでいます。

IMG_4524
IMG_4524 posted by (C)aki

元町東5の信号を渡ると元町仲通。リセンヌ小路に比べればこちらの方が活気がありますね。

IMG_4633
IMG_4633 posted by (C)aki

IMG_4638
IMG_4638 posted by (C)aki

IMG_4667
IMG_4667 posted by (C)aki

カフェ、ヘアーサロン、プティック、スパゲティー&イタリアン、ピザ、etc。珍しいハワイアンストアーが目につきました。

食べ物屋さんが多いですね。開店前に行列が出来ている洋食屋さんもあったよ。

カメラ好きのオジサンにとっては被写体がいっぱい。華やかな元町通りを1本裏に入れば、個性的でおもしろい素敵なお店が並んでますよ。混雑する元町通りに飽きたらちょっと覗いてみてください。

その他の写真は → こちらをご覧になってください。

EOS50D+EF24mmF2.8。今日はカメラの設定(色調、露出)をものすごくいじってます。「カメラ日和」風にしたつもりなんですが。レンズもここでは24mmのみ使用。




  1. 2010/05/30(日) 18:41:16|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超広角レンズ

超広角ズームレンズ「EF-S10-22mm」を買いました。思い立っていろいろ調べて購入まで3日。衝動買いに近いですね。

2010052902.jpg

当初中古で買おうと思ってました。中野のお店で2本あったんですが、気に入らず。結局新品を買いました。ちょっとした自転車が1台買えますね。

このレンズはAPS-Cカメラ専用で、35mm換算で16mm~35mmです。衝動買いといっても今手持ちのEF17-40mmF4では広角側が不足だったんで以前から欲しいとは思ってました。自分の場合神社仏閣での花などの撮影機会が多いので超広角レンズは必需品です。


新宿西口高層ビル
新宿西口高層ビル posted by (C)aki
(10mmで撮影)

なんでも写っちゃうって感じですか。慣れないと怖いくらい。

新宿中央公園
新宿中央公園 posted by (C)aki
(10mmで撮影)

10mmと17mmの差ってものすごいですね。

あいにくの曇り空でこのレンズの特徴である青空の鮮やかさが確認できなかったんですが、少しの試し撮りでそのすごさを実感しました。楽しみがまたひとつ増えました。



  1. 2010/05/29(土) 14:53:27|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

紫陽花の季節

そろそろ紫陽花の季節ですね。

色づく紫陽花
色づく紫陽花 posted by (C)aki

相模川沿いの紫陽花も通る度に大きくなり色づいてきた。このブルーがなんともいえません。

つい昨日までバラを追っかけていたのに、つぎは花菖蒲、紫陽花ですか。花追人にとってはまた楽しみな季節ですね。

もうひとつ忘れちゃあいけないのが、6月1日の鮎解禁。一年が巡るのも早いですね。




  1. 2010/05/26(水) 19:19:13|
  2. 四季の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

横浜近代建築part2(2)

横浜近代建築を訪ねてのぶらぶら歩き、前回(5月20日)からの続きです。本町通を先に進みます。

三井住友銀行横浜支店(1)
三井住友銀行横浜支店(1) posted by (C)aki

名称:三井住友銀行横浜支店
所在地:横浜市中区本町2-20
建築年代:昭和6年

イオニア式の円柱が見られるんですが、すっきりし過ぎてるかもしれません。

三井住友銀行横浜支店(2)
三井住友銀行横浜支店(2) posted by (C)aki

看板でお分かりのように、現在この建物の中で銀行業務が行われてます。これはとっても珍しいことなんです。

20100513map01.gif
(今回訪れたところ)

開港記念館の前には、

綜通横浜ビル(旧本町旭ビル)(1)
綜通横浜ビル(旧本町旭ビル)(1) posted by (C)aki

名 称:綜通横浜ビル。
旧名称:江商横浜支店
所在地:中区本町1-3
建 設:昭和5年 平成7年復元
備考:横浜市認定歴史的建造物

1階部分にはコーヒー店が入っていて、天井の高い内装で古い建物の雰囲気を伝えています。

綜通横浜ビル(2)
綜通横浜ビル(2) posted by (C)aki

1階の外壁のこんなぼこぼこの模様が珍しくてパチリ。

日本大通にはいります。この通りに面してづらづらと建造物があります。

横浜地方・簡易裁判所
横浜地方・簡易裁判所 posted by (C)aki

名 称:横浜地方・簡易裁判所/旧横浜地方裁判所
所在地:中区日本大通9
建設:昭和4年 平成13年復元 
備考:横浜市認定歴史的建造物

1階部分壁面や車寄せには花崗岩が使用され重厚です。建物正面中央壁の両端は、大きな半円柱となっていて特徴的です。戦後接収され、B,C級戦犯を裁く軍事法廷としても使用された。平成9年12月解体されました。平成13年に地上13階建ての新庁舎が完成し、低層階部分に外観や玄関ポーチが復元された。

写真では小さくてわかりづらいですが、1階の車寄せの部分の重厚さは目を見張るものがあります。写真を撮ろうとしたら警備員さんがじっとこちらを睨んでいる。一瞬撮影はNOかなと思ったんですが、外からの撮影は問題ないようです。

横浜情報文化センター(旧横浜商工奨励館)
横浜情報文化センター(旧横浜商工奨励館) posted by (C)aki

名 称:横浜情報文化センター/旧横浜商工奨励館
所在地:中区日本大通11
建 設:昭和4年 平成12年高層棟を増築 

石張りの1階、特に玄関まわりにはアール・デコ風のデザインが見られます。平成9年末から改築工事が始まり、平成12年に情報文化センターとして再オープン。旧横浜商工奨励館の外観や内部のほとんどは、低層棟として保存されています。まあこのあたりはさらっと見ておきましょう。

横浜三井物産ビル
横浜三井物産ビル posted by (C)aki

名 称:三井物産横浜ビル(1号館、2号館)
所在地:中区日本大通14
建 設:1号館 明治44年 
    2号館 昭和2年

この建物(1号館)は、日本最初の全鉄筋コンクリート造の建築物です。
ちょっと見た感じではひとつの建物に見えますが、日本大通から向かって左が1号ビル、右が2号ビルです。2棟のビルが中央で連結する構造となっています。中をのぞいたんですが、物産とは関係ないいろんな企業がはいってますね。


旧大蔵省関東財務局横浜財務事務所(1)
旧大蔵省関東財務局横浜財務事務所(1) posted by (C)aki

名称:旧大蔵省関東財務局横浜財務事務所
所在地:横浜市中区日本大通34
建築:昭和2年

この建物は日綿実業(現ニチメン)の横浜支店として建てられたものです。

旧大蔵省関東財務局横浜財務事務所(2)
旧大蔵省関東財務局横浜財務事務所(2) posted by (C)aki

玄関周りの意匠は立派ですが、いかんせん時間が経ち風化しているように見受けられます。中の様子を観察したんですが、ひと気はなかったですね。現在は使われていないようです。ここも建物全体に金網がはりめぐらされていました。

再び本町通に戻ります。

横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館(1)
横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館(1) posted by (C)aki

名 称:横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館
旧名称:横浜市外電話局
所在地:中区日本大通12
建 設:昭和4年  
備考:横浜市認定歴史的建造物

2003年にリニューアルオープンし、2階が横浜ユーラシア文化館、3階が企画展示室、4階が横浜都市発展記念館となりました。外観はタイル張りと一部石張りによるシンプルな造形ですが、1階のアーチの窓列やコーニスなどが特徴的。

I横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館(2)
I横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館(2) posted by (C)aki

この少し濃い目のタイルの色が重みのある落ち着いた印象にしていますね。

そして今回最後は、

2010052101.jpg

名称:旧居留地48番館
所在地:横浜市中区山下町54
建築年代:明治16年
備考:神奈川県指定重要文化財

明治中頃から昭和初期にかけて、日本茶の輸出や、ダイナマイト等の外国製品の輸入販売をしていた、イギリス人のモリソン商会の店舗建物です。西洋の建築様式(手法)を取り入れた建物としては、横浜市内最古の洋風建築物です。また、全国的にみても数少ないとされる、フランス(フランドル)積みの工法によることから、建築史的にも貴重な遺構であるといえます。

関東大震災で建物の2階部分が崩壊。その後の区画整理で1階の3分の1ほどが失われながらも、建物は残存部分を修復し、使用され続けました。昭和53年からは県の所有。

訪ねた時はちょうど周辺の工事中で近寄れず。思ったよりちっちゃな建物です。

横浜近代建築に興味を持って何回も足を運んで見て回りました。身近な横浜にもこんな素晴らしい建物が数多く残されていることに驚かされました。現在は建築当時そのままが残っているものは少なく、当時の意匠を受け継いで復元、修復されてはいますが、往時の荘厳さや華やかさが十分忍ばれます。今度横浜の馬車道や本町通りの近くを通る機会がありましたら気に留めて見て下さい。

●横浜近代建築過去の記事

横浜近代建築(1)
横浜近代建築(2
横浜近代建築(3)
横浜近代建築part2(1)

※今回横浜近代建築の記事を書くにあたっては多くの方の関連の記事を参考にさせて頂きました。




  1. 2010/05/26(水) 05:22:03|
  2. 横浜散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三浦半島をかじる

久しぶりの自転車です。最近はやりたいことがいっぱいあってなかなか自転車に乗る機会がない。本当は今日も箱根方面に山登りをしたかったんですが、来週末ちょっと遠出のツーリングの計画があるんで今日は足慣らしです。皆さんについていけないと恥ずかしいので。

暑くなるのがいやなんで早朝6時に出発。行き先は葉山方面。帰りにちょっと寄りたいところがあります。

神川橋を渡って45号、134号と走って江ノ島へ。江ノ電の写真を撮りながらいつもの裏道を走ります。


2010052201.jpg

2010052202.jpg

バラと江ノ電の写真を撮ろうとしたら、

「何してんだ!」

いきなりおじさんに詰問されちゃいました。このお宅の私有地と思われる道路に入り込んじゃったせいかな。事情を話して納まりました。バラにいたずらされると思ったのかな。びっくりしたぁ~。

2010052203.jpg

極楽寺、成就院を横目に見ながら再び134号線へ。成就院もあと1ヶ月もすれば紫陽花で大混雑するだろうな。

2010052204.jpg

逗子マリーナの近くで一休み。

2010052205.jpg

小坪漁港をぼんやり眺めていたら、おかあさんがひとりで船をおろし、ひとりで漁に出て行っちゃいました。やるもんですなあ。感心してみてました。

逗子の市街地を抜けて三浦半島の入口へ。ここから先はどうも苦手意識が抜け切れません。去年かな、城ヶ島まで行った時何度もパンクしてひどい目に遭ったのがいまだにトラウマになってます(笑)。

2010052206.jpg

逗子海水浴場でKO大のネームの入ったヨットが次から次へと海へ。今日は風もあっていい訓練になるんじゃあないの。

2010052214.jpg

葉山マリーナに到着。

2010052208.jpg

防波堤を突端まで歩きます。潮風が気持ちいいですね。今日は霞んでいて何とか江ノ島は見えますが、富士山はダメ。

2010052209.jpg

とりあえず、長者ヶ崎まで走って戻ります。今日は自転車乗りがうじゃうじゃ。皆さん三浦半島一周にトライしてるんでしょうか。

鎌倉まで戻ってここへ向かいました。

2010052211.jpg

新緑がまぶしい坂を上って、入口でお金を払い、

2010052212.jpg

ちょっとしたトンネル(招鶴洞)を抜ければ、

2010052213.jpg

鎌倉文学館です。バラを見に来ました。ちょうどバラまつりを開催中(5.15~5.30)。この建物もなかなかのものですね。最近近代建築に凝っているんで興味あります。

鎌倉文学館のバラ(1)
鎌倉文学館のバラ(1) posted by (C)aki

今がちょうど見ごろですね。中にはピークを過ぎたものも。ここが鎌倉で有名なバラ園なんですね、初めて来ました。予想通り混んでました。

鎌倉文学館のバラ(2)
鎌倉文学館のバラ(2) posted by (C)aki

場所はそんなに広くないですが、色とりどりのバラが満開です。ひとつひとつのバラの花はしっかりしてますね。先日の港の見える丘公園のバラ園のバラより質がいいように見えましたが、これ個人的な感想です。

鎌倉文学館のバラ(3)
鎌倉文学館のバラ(3) posted by (C)aki

帰るとき、建物の中に入って見学してきました。鎌倉にゆかりの文士たち(大佛次郎、川端康成、小林秀雄、高見順他多数)の自筆の原稿や写真など興味深いものでした。

江ノ島のウッドデッキでお昼を食べて戻ります。

湘南大橋を渡って相模川を遡ったんですが、ここでもいいもの見つけました。

馬入のポピー(1)
馬入のポピー(1) posted by (C)aki

馬入のお花畑のポピーが見ごろを迎えてました。ラッキー。

馬入のポピー(2)
馬入のポピー(2) posted by (C)aki

馬入のポピー(3)
馬入のポピー(3) posted by (C)aki

久しぶりに走ったわりには調子良かったです。おまけにきれいな花もたくさん見れて大満足のツーリングでした。

本日の走行距離91.2km。



  1. 2010/05/22(土) 17:30:03|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

横浜近代建築part2(1)

先日(4月25日)初めて横浜近代建築と言われてるものを訪ねてみた。横浜にこんな素晴らしい建築物が残っているとは夢にも思わなかった。荘厳な建築の魅力に惹かれてもう一度訪れてみた(5月13日)。横浜近代建築part2として2回にわたりご紹介します。場所は前回とほぼ同じで本町通、日本大通周辺です。

20100513map01.gif
(今回訪れたところ)

最初はここ。

横浜指路教会(1)
横浜指路教会(1) posted by (C)aki

名称:横浜指路教会
所在地:中区尾上町6-85
建築:大正15年
備考:横浜市認定歴史的建造物

指路(しろ)教会はヘボン式ローマ字の考案者アメリカ人宣教医J・C・ヘボンによって明治時代に建てられたものです。ただし関東大震災によって当初建てられた赤レンガの教会は完全に倒壊。その後フランス初期ゴシック様式をベースとして大正15年再建された。その後戦災に遭い内部は全焼。戦後の度重なる工事で教会は修復された。

「指路」という教会名は、ヘボンの母教会の愛称「Shiloh Church」からとられたものです。

横浜指路教会(2)
横浜指路教会(2) posted by (C)aki

上部にあるバラ窓の12枚の花びらは、イエスの12人の弟子を表しています。

入っていいものか迷いつつそっと中へ。ボランティアの受付の男性が快く案内してくれました。三脚、カメラOKです。

横浜指路教会(3)
横浜指路教会(3) posted by (C)aki

内部はきらびやかな装飾も、拝むべき像も、十字架すらなくとても簡素な感じです。この教会の流儀なんでしょうね。帽子を取り、長いすに腰掛けて周りを見渡し神妙な顔つきで心落ち着かせます。

横浜指路教会(4)
横浜指路教会(4) posted by (C)aki

2000年12月創立125周年記念事業として設置されたスイス、マティス社のパイプオルガンあり、運よく練習かな?女性が弾かれる場面に遭遇しました。教会中に響き渡るパイプオルガンの荘厳な音色が厳粛な気持ちにさせてくれます。

馬車道を歩き県立歴史博物館の隣に日本興亜馬車道ビルがあります。

日本興亜馬車道ビル(1)
日本興亜馬車道ビル(1) posted by (C)aki

名称 :日本興亜馬車道ビル(旧川崎銀行横浜支店)
所在地 :中区弁天通5-70
建築: 大正11年、平成元年復元

特徴のある外観なんですが、行ったり来たりとちょっと迷っちゃいました。横浜市認定歴史的建造物の第1号。

日本興亜馬車道ビル(2)
日本興亜馬車道ビル(2) posted by (C)aki

ガラス張りの高層階に比べ、石張りの低層階は重厚で対照的です。

県立歴史博物館の斜め真向かいにあるのは、

馬車道大津ビル
馬車道大津ビル posted by (C)aki

名称:馬車道大津ビル
所在地:中区南仲通4-43
建築:昭和11年
備考:横浜市認定歴史的建造物

今まで見てきな建物の中では地味で、すっきりした印象ですね。写真では分からないですが、近寄ってよく見ると建物周囲は金網で覆われてました。古いんで壁がはがれ落ちちゃう危険があるのかな?

本町通りにでました。

旧東京三菱銀行横浜中央支店(1)
旧東京三菱銀行横浜中央支店(1) posted by (C)aki

名 称:旧東京三菱銀行横浜中央支店
旧名称:第百銀行横浜支店
所在地:横浜市中区本町4-41
建築:昭和9年
備考:横浜市認定歴史的建造物

平成12年11月に銀行が閉店となり、平成13年秋に解体。跡地に立つマンションの低層部分に、この建物の意匠が復元されました。

旧東京三菱銀行横浜中央支店(2)
旧東京三菱銀行横浜中央支店(2) posted by (C)aki

旧東京三菱銀行横浜中央支店(3)
旧東京三菱銀行横浜中央支店(3) posted by (C)aki

通りの向こう側は、

横浜銀行協会(旧横浜銀行集会所)(1)
横浜銀行協会(旧横浜銀行集会所)(1) posted by (C)aki

名 称:横浜銀行協会
旧名称:横浜銀行集会所
所在地:中区本町3-28
建設:昭和11年

横浜銀行協会(2)
横浜銀行協会(2) posted by (C)aki

珍しい一本足のポーチ。八角形の柱に植物の装飾がアクセントとなって美しい。写真を撮ったときには気がつかなかったんですが、石貼りの白い壁面の所々に彩る、植物等をモチーフにした茶色いテラコッタが、アクセントになっているようです。

引用:テラコッタ=建築の世界でしたら様式建築の装飾用大型粘土製品を呼びます。たとえばコリント式オーダーの柱頭に載っているアカンサス(葉あざみ)の葉などを石材で刻むのは大変なので、焼き物で造ることは珍しくありません。これなどが代表的なテラコッタなのです。

4階部分は昭和40年に増築されたものです。

まだまだ続きますが今日はこのへんで。


  1. 2010/05/20(木) 20:49:53|
  2. 横浜散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京スカイツリー四景

先日の三社祭の帰り道。ものすごい人ごみをかきわけ、ようやく隅田川にたどり着きました。お目当てはスカイツリーです。連日賑わっている撮影ポイントの業平橋や押上まですぐなんですが、朝から重たい機材を担いで歩き回っていてへとへと。ここんとこ何度も近くまで行きながらなかなかスカイツリーの下までたどり着けません。

まあせっかく浅草にいるんでここならではの写真を撮ろう。

東京スカイツリー(1)
東京スカイツリー(1) posted by (C)aki

東京スカイツリー(2)
東京スカイツリー(2) posted by (C)aki

東京スカイツリー(3)
東京スカイツリー(3) posted by (C)aki

東京スカイツリー(4)
東京スカイツリー(4) posted by (C)aki

吾妻橋の上は一目スカイツリーを見ようと観光客でいっぱい。シャッター押しを何度も頼まれました。皆さんのうれしそうな顔がとっても印象的でした。浅草、隅田川から眺めるスカイツリーもこれはこれでいいんじゃあないですか。

5月15日現在379m。



  1. 2010/05/19(水) 19:34:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スイングジャーナル休刊

今日の朝刊にとっても関心のある記事が二つあった。

ひとつはジャズピアニストのハンク・ジョーンズが亡くなった事。あの有名なジョーンズ3兄弟(ハンク、サッド、エルヴィン)の長兄です。派手さはないですが、美しいタッチと 堅実なプレイが魅力でした。高齢にもかかわらず、毎日の練習を欠かしたことがないまじめなジャズメンでした。

もうひとつはジャズ専門誌「スイングジャーナル」が6月19日の7月号で休刊することになった。これ読んであ~やっぱりなという感想です。この雑誌にはひとしお感慨深いものがあります。発行部数がピークから相当落ちていたんだろうな。

学生時代にジャズに夢中になり、この雑誌にはほんとお世話になりました。その頃定期的に購読していたのはこのスイングジャーナルと平凡パンチ。評論家のレコードレビューをむさぼるように読んで勉強。自分にとってはジャズ入門の先生でした。あのくらい一生懸命学校の勉強してたらなあ・・・。ジャズ初心者の自分にとって高名な評論家先生のご意見は絶対的なもので、先生がダメだといえば聞くに値しないと思ってたもんね。下宿の部屋の壁いっぱいに特典のピンナップ写真を貼って眺めてました。

その頃の評論家先生といえば、

油井正一、野口久光、粟村政昭、岩浪洋三、瀬川昌久、相倉久人、悠雅彦・・・。忘れてならないのがコラムを書いていた植草甚一。そして名編集長の児山紀芳。(敬称略)おおらかでやさしかった油井さん。常に厳しい評価をしていた粟村さん。すでに故人になられた方も。

当時はジョン・コルトレーンが亡くなったばかりで、ジャズファンの絶対的な存在で、コルトレーンにあらずんばジャズにあらず・・なんて雰囲気に満ち溢れてました。アート・ブレーキーの「モーニン」やデイヴ・ブルーベックの「テイクファイブ」でジャズの門戸を開いた自分のような者にとって、そんなコルトレーン信奉者の前では口が裂けてもブレーキーのジャズがいいなんて言えなかった。当時、ブレーキーファンなんていったら「このトーシローが!」と白い目で見られたもんです。ジャズ喫茶でコルトレーンのわけの分かんないジャズを聴きながら、深刻ぶって瞑想し、終始腕組みをしていた連中の姿を今でも忘れられない。

社会人になってからも毎月買い続けたスイングジャーナル誌もいつしか止めちゃったし、ジャズ喫茶(桜木町ダウンビート)からも次第に足が遠のいていった。でもレコードやCDで今日までジャズは聴き続けてます。当時わけの分かんなかったコルトレーンのジャズも今聴けばなんてことはないです。時の流れは人間を変え、成長させます。

あれほど溜め込んだスイングジャーナルも手元には一冊も残っていません。

あるのはこれだけ。

2010051901.jpg

創刊25周年記念臨時増刊「世界ジャズ人名事典」1971年スイング・ジャーナル社。

スイングジャーナルはわが青春のバイブルでした。でもあの頃のことを思い出すことは今はほとんどない。



  1. 2010/05/18(火) 19:25:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

港の見える丘公園~ローズガーデン

港の見える丘公園の一角にあるローズガーデンのバラが見ごろになってます。規模としては約80種1800株のバラが咲いています。

港の見える丘公園(1)
港の見える丘公園(1) posted by (C)aki

港の見える丘公園がバラの名所とは・・・皆さんご存知でしたか。ここんところ横浜づいているんで、いろいろネットで遊んでいる内に見つけました。昔向ヶ丘遊園地のバラ園に何度か足を運んだことはあるけど、ここは初めてです。

フランス山の階段を息を切らして上ればローズガーデン 。ちょうど見ごろになってますね。

港の見える丘公園(2)
港の見える丘公園(2) posted by (C)aki

園内はスケッチする人、写真を撮る人で混雑してました。

港の見える丘公園(3)
港の見える丘公園(3) posted by (C)aki

色とりどりのバラが美しい。日差しが強すぎるのが写真には難点ですが。

港の見える丘公園(4)
港の見える丘公園(4) posted by (C)aki

色は赤、黄色、ピンク、白とさまざまですが、写真には赤が一番撮りやすいですね。

港の見える丘公園(5)
港の見える丘公園(5) posted by (C)aki

ローズガーデンに隣接してイギリス館、山手111番館があるのでそれらをバックにパチリ。

港の見える丘公園(6)
港の見える丘公園(6) posted by (C)aki

港の見える丘公園(7)
港の見える丘公園(7) posted by (C)aki

港の見える丘公園(8)
港の見える丘公園(8) posted by (C)aki

バラの花は5月と10月、年2回楽しめるようです。やっぱり新緑の青葉が鮮やかなこの時期のほうがいいでしょうね。奥に行けば起伏に富んだ西洋風の庭園も広がっていて、洋館をバックにバラを眺めるのも素敵ですね。今日見た限りではこのあたりは本数もそれほど多くなく、見ごろはこれからでしょう。訪れる人々の目を存分に楽しませてくれるこのローズガーデン は一度は見ておきたい所ですね。

このあといつものコースを逆から回りました。

エリスマン邸
エリスマン邸 posted by (C)aki

エリスマン邸の中庭に大きな花が咲いてました。名前は?

ベーリック・ホール
ベーリック・ホール posted by (C)aki

ベーリック・ホールのバラも見ごろです。

そして最後は外交官の家ですね。

外交官の家
外交官の家 posted by (C)aki

建物正面の庭にバラが咲いていましたが、イタリヤ山庭園にはバラはなかったですね。

というわけで色鮮やかなバラを存分に楽しんできました。そういえばバラって刺があるんだけど全然気が付かなかったなあ。

EOS50D、EF17-40mmF4、EF24mmF2.8、EF50mmF1.8Ⅱ




  1. 2010/05/17(月) 19:11:30|
  2. 四季の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ