晴れたらいいね

no photo no life

MRI検査

山登りのような楽しいこともあれば嫌なこともある。昨日はその嫌なことを初体験。

いつもの病院でMRI頭部撮影を受けました。

2011113001.jpg

血管の老化に伴う検査をいろいろ受けてるんですが、

「念のためにやっときますか」

と先生に言われて、

「はぁ、じゃあお願いします」

と言っちゃって、その日が昨日だったんです。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 05:08:48|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

浅間尾根道を歩く

早朝5時半出発、真っ暗で寒~い。途中お仲間のSさんと相模原のYさんと落ち合い、立川経由で武蔵五日市駅に下りたのは7時半でした。本厚木から2時間か、遠いなあ~。ここまで来るとさらに寒い!

今日はお仲間三人で「浅間尾根」を歩きます。紅葉真っ盛りで電車もバスもものすごく混むと思ったら・・・肩透かし。時間が早いのかな、がらがら。奥多摩方面と違ってこちらはあまり人気がないのかな。

払沢ノ滝入口(ほっさわ)でバスを下車。さらに寒~~い。

2011112712.jpg

払沢ノ滝はパスしてゆっくり登り始めます。10年位前に一度このコースを歩いたことはあるんですが、ほとんど覚えていない。真っ赤な紅葉が見頃でさっそく出迎えてくれます。

20111127map02.gif

2011112702.jpg

ゆっくり高度を上げていくんですが、急斜面に民家がポツンポツント点在しています。住めば都といいますが、決して恵まれた環境とは言えませんが、父祖伝来の土地を守っているんですね。

2011112703.jpg

民家の横の真っ赤な紅葉が目を惹きます。もっと多くの人に見せてあげたいですね。登り始めて40分くらいで時坂峠(とっさか)に着く。体も温まり、少し薄着になる。

2011112704.jpg

舗装された林道を落ち葉を踏みしめてのんびり気持ちよく歩いていきます。勾配もほとんどなく楽ちん楽ちんです。

2011112711.jpg

1時間で峠の茶屋に到着。ここで林道は終わりです。彼方に御前山や大岳山が望める絶好の場所です。はるか彼方の山腹に民家が点在しているのが見えます。あんな所に家があるなんて・・・(驚)。ここは東京都檜原村(ひのはら)です。

ここから山道らしい急勾配にかかります。さすがにおしゃべりも止まり、黙々と登っていきます。しばらくは沢に沿って登りますが、やがて自然林に包まれた山腹を緩やかに登っていきます。

2011112705.jpg

山道を埋め尽くす落ち葉が絨毯のようにクッションとなり、落ち葉を掻き分けて進んでいくのがなんとも言えず気持ちよかった。

2011112706.jpg

やがて分岐点からしばらく急坂を登るとそう広くはないが展望台に到着する。時間は10時過ぎ。この広場を隔てて反対の西側に登ると富士浅間神社の小さな祠が祀られている。そこが本当の「浅間嶺」だそうです。

2011112707.jpg

富士山がかなり大きく、バッチリ見えた。

2011112708.jpg

時間はまだ早いんですが腹へった~、お昼だお昼だ。今日は簡単にコンビに弁当だったんでいつもに比べて楽しみ半分かな。いつもの炊飯道具一式も持ってきたかったんですが重たくなるのでパス。お昼を食べ終えたところで展望台も徐々に賑やかになってきた。

2011112709.jpg

下り始めたとたんにMTBで登って来たライダーと遭遇。ひゃーこんなとこまで自転車を引っ張ってくるんだ(驚)。この方のように山専門の八王子のmtbikerさんも頑張っているのなか。

2011112710.jpg

人里(へんぼり)分岐点から下ります。人里バス停に到着したんですが、運悪く次のバスまで2時間以上ある(キャー)。この檜原街道は交通量がすごい。バイク、車がびんびん、ロディーもびんびん。東京の自転車乗りたちのメッカなんでしょうか。でも結構勾配があってきついルートです。この先の奥多摩周遊道路、風張峠を走るんでしょうか。

時間つぶしに人里バス停から上川乗バス停まで歩きました。途中立ち寄った食堂で誤ったバス時間を聞かされ、必死でバス停まで走ったんですが、待てど暮らせどバスは来なかった(怒)。というハプニングもありましたが、なんとか武蔵五日市駅まで戻ってきました。行き帰りのバスの車窓から見える秋川沿いの紅葉は多少ピークを過ぎていましたが、見応えがありました。

久しぶりに八高線に乗り、八王子経由で帰ってきました。お疲れさん。

IXY510IS
  1. 2011/11/27(日) 19:26:29|
  2. 登山、ハイキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴヤ展から上野公園

9時半の開館に合わせて上野の国立西洋美術館へ。「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」展に行ってきました。

2011112601.jpg

さすがに土曜日とあってすでに100人くらい並んでます。

目玉の「着衣のマハ」は素晴らしかったですね。「洗濯女たち」に描かれている女性達の表情がとてもやさしかったのが印象に残ります。ただ油彩画が少なくて素描が多く少々期待はずれでした。

bijutu01.gif

美術展のあとは上野公園周辺をぶらぶら。

2011112602.jpg

イチョウは色づき見頃を迎えてました。上野動物園に向かう家族連れの波をかき分けて東京藝術大学のほうへ。美術学部のキャンパスは自由に入れるので中へ。自販機のコーヒーを飲んで一休み。

2011112603.jpg
(黒田記念館)

黒田記念館のイチョウも見事ですね。何度もここの前を通っているんですが、時間が合わなくて一度も中に入ったことはない。

この先にある「国際子ども図書館」はお気に入りです。この建物は明治時代のルネサンス様式の洋館であり、東京都選定歴史建造物に選ばれています。お近くまで行ったらぜひ一度は中を覗いてみてください。(休館日:月曜日、祝日、休日)こどもと銘打ってますがどちらかといえば大人向けの図書館です。

2011112604.jpg

建物外壁の大きなメダリオン(大きな徽章(きしょう)やメダルの付いた飾り)が目に入ります。もちろん入場無料です。

この建物は、今からおよそ100年前、明治39年(1906年)に帝国図書館として建てられました。・・・その後、建増しや修理を行い、国立国会図書館の渋図書館となって、大事に使われてきたのです。・・・そして平成12年国際子ども図書館として子どもも楽しめる、児童書がいっぱいの新しい施設に生まれ変わりました。(パンフレットより引用)

2011112606.jpg

最初の見所は3階まで吹き抜けの大階段。3F→2Fは木と鉄で出来ていて、2F→1Fは石で出来てます。一番てっぺんにあるシャンデリアは100年前のものです。

2011112610.jpg

室内の木製の建具はケヤキ材でできた創建時のものを調整したうえでそのまま利用しているそうです。

2011112607.jpg

この内部廊下の雰囲気いいですね。図書館とは思えない造りですね。

2011112608.jpg
(本のミュージアム内部)

3Fにある本のミュージアムの内部です。こった柱ですね。中央エディキュール部分は創建時はここが書庫の出入り口だった。係りの女性にいろいろ説明して頂きました。すみません、この場所は写真撮影禁止だったんですね。

2011112609.jpg

3F西側ラウンジではこのように表面に釉薬をかけた「白薬掛け煉瓦」が使われて創建時のままの外壁を見ることが出来ます。窓も3ヶ所で創建時のヒノキ材の建具が保存されてます。

上野のお山をもう少しぶらぶらするつもりだったんですが、ちょっと風邪っ気なんで素直に戻りました。

久しぶりに今日はこのカメラ。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
  1. 2011/11/26(土) 17:25:45|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横須賀のトンネル巡り

1週間ぐらい前になるのかな、日経新聞に「横須賀のトンネル巡り」の記事が載っていた。

海の街というイメージが強い神奈川県横須賀市。山や谷が複雑に入り組んだ地形でトンネルが、150以上もあることは以外に知られていない。・・・(記事抜粋)

横須賀は軍港、三笠、カレー、等等のイメージしかなかったけど、そう言われてみるとトンネルは多かったような気がする。どちらかといえば自転車では通り抜けるだけの市街地なんだけど、ロディーの皆さんと違ってのんびり、ゆっくり派の自転車乗りとしては点在する歴史的なトンネル巡りも面白いかも。こんなの好きなんでちょっと興味を持ちました。

さらに読んでいくと「横須賀トンネルマップ」があると記事に載っていた。これがいいね、、暇な時に横須賀市役所に電話(あんたも好きだね)。

横須賀市商業観光課に切手を同封するのでこのマップを送って欲しいとお願いしたら、無料で送ってくれると快く引き受けて頂きました(サービスがいいですね)。

そして今日届きました。

2011112401.jpg

予想したとおり詳細な地図で①全体図と②追浜駅~横須賀駅周辺③観音崎周辺の部分図に別れていてとても見やすいです。ここでは39のトンネルが紹介されていて、おすすめコースも載ってます。

そして裏返すと、

2011112402.jpg

紹介されているトンネルすべての写真が掲載されてます。それぞれに簡単なコメント付きです。

横須賀はトンネルが多いまちです。日本一と言っても過言ではありません。道路用だけでも120本以上、鉄道用も合わせれば150本は優に超えます。横須賀のトンネルには個性的なものが多く、・・・以下略・・・ (横須賀トンネルマップより抜粋)

自分宛のコメントと横須賀の観光パンフレットも各種同封されてました。横須賀市商業観光課のAさんありがとうございました。

さてさて先日の小田原マップといい、せっかく送ってもらったんで何とか機会を見つけて行きたいものです。

※横須賀市商業観光課 TEL 046-822-8256  トンネルマップは地元の案内所などで手に入るそうです。
  1. 2011/11/24(木) 19:09:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根登山電車と紅葉

早朝6時過ぎに家を出る。箱根に向かいました。箱根の紅葉と箱根登山鉄道の写真を撮るのが目的です。

2011112302.jpg

例によってお得な「トコトコきっぷ」を小田原駅で買って箱根登山電車に乗り込みます。時間が早いのでガラガラ。電車に揺られながら周囲の紅葉を観察したんですが、あんまりきれいじゃあないですね。

箱根登山電車(1)
箱根登山電車(1) posted by (C)aki

とりあえず終点強羅まで上っちゃいます。

そして「トコトコきっぷ」があると無料なんで「強羅公園」へ。

箱根強羅公園
箱根強羅公園 posted by (C)aki

期待をして入ったんですが・・・紅葉はあまりきれいじゃあない。写真を撮るのに苦労しました。

強羅駅から彫刻の森駅へ向かって線路に沿って歩きます。

20111123map02.gif
(箱根登山電車撮影ポイント)

結局この地図の場所が今日の主な撮影ポイントでした。箱根登山電車と紅葉をからめた写真は簡単に撮れそうでなかなかどうして。去年も今年もそうですが、撮影ポイント選びには苦労しました。他のカメラマンも結局はこの撮影ポイントでの撮影がメインだったようです。

箱根登山電車(2)
箱根登山電車(2) posted by (C)aki

この場所で川崎から来たという中学生の鉄っちゃんの一団と会いました。撮った写真を見せてもらいましたが上手でしたよ。箱根が初めてだというので撮影ポイントの情報交換。

小涌谷駅まで戻り去年撮ったポイントに行ったんですが、あまりよくなく引き上げます。

彫刻の森に戻り撮った写真がこれ。

箱根登山電車(4)
箱根登山電車(4) posted by (C)aki

箱根登山電車(3)
箱根登山電車(3) posted by (C)aki

再び今朝の撮影ポイントに戻って最後のパチリ。

箱根登山電車(5)
箱根登山電車(5) posted by (C)aki

去年の経験で早めに引き上げます。箱根湯本に午後1時過ぎに着いたんだけど、ホームはこれから箱根を目指す人たちでいっぱい。

※ところで紅葉の時期、箱根登山電車の一番の撮影ポイントといえば出山鉄橋を孝三九橋(こざくばし)から狙うショットです。しかしこの孝三九橋が老朽化で立ち入り不可。この橋は元々は渡ったところにある観山苑の私橋だったようです。関連ブログを拝見するとただいま工事中で今年には完成するという話だったんですが、今日現在まだのようですね。この橋から撮影をしたことがないので来年の新緑の季節までには完成してくれることを願ってます。

今日は久しぶりにこのカメラ。

EOS50D、EF24-70mmF2.8L、EFS10-22mmF3.5-4.5
  1. 2011/11/23(水) 17:06:29|
  2. 鉄っちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さい運をつかった

プチ幸運が舞い降りた。

2011112201.jpg

プレゼントに当たった。

籤運は元々悪いほうなんですが、以前から行こうと思っていた「ゴヤ」展の招待券が申し込んでいたら運よく当たった(ニッコリ)。

このチケットの有効期限が11月30日までなんであまり時間がない。何とか都合を付けて上野に行こう。

※開催期間:2012年1月29日まで
  1. 2011/11/22(火) 18:34:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉真っ盛り大山登山

昨日は本厚木の自転車のお仲間さんとのツーリングを予定していたのですが、あの雨ではねえ。

2週連続で今日もお山歩き。何処へ行こうか迷った時は高尾山か大山へ。

でもって今日は大山だ。

こま参道で見つけたこれ。

2011112001.jpg

おっ、いなごの佃煮だ。懐かしいね。子供の時はよく食べたけど、今食べろと言われたら?どうかな。

2011112002.jpg

足に自信がないのでケーブルに乗ります。9時始発のケーブルなんですが紅葉シーズンですね、乗り切れないくらいに混んだけど、何とか詰め込み出発。

ケーブルの下社からの紅葉の眺めは素晴らしい。お山自体はもう少しの感があるが、十分楽しめます。

2011112003.jpg

ケーブルを降りて下社に向かうところで見上げれば、燃えるような紅葉が出迎えてくれる。

2011112004.jpg

下社の階段のところでも十分色づいている。

2011112013.jpg

下社境内の紅葉はまさに今が見頃ですね。写真ばっかり撮っていてなかなか登山が開始できない。

2011112006.jpg

ようやく登り始めました。今日は暑い!半そででも十分だ。紅葉を楽しみながら登りたいのですが、苦しいのでついつい顔が下を向いてしまう。ゆっくり、ゆっくりマイペースで登っていくんですが、汗びっしょり。今日は暑さにやられた。

2011112007.jpg

下社から1時間10分で山頂に到着。11時少し前なんですが、さあさあ飯だ飯だ。お得意のカップ麺とおにぎり。よかった着替えを持ってきて。

見晴台に下りたらここも満員。いつもならここ見晴台から日向方面に下っちゃうんですが、うん十年ぶりにここから下社に向かいます。

2011112008.jpg

びっくりした、こんなルートだったんだ。広い道が続いていると記憶してたらぜんぜん違った。この辺りまだ紅葉はピークではないですが、それなりにきれいでした。

下社方面に戻ったのはここから下って大山寺の紅葉を見たかったから。女坂を下ったんだけど急坂に目を回しそうだった。上りより下りのほうが怖くてたいへんだ。

2011112009.jpg

本堂のところの紅葉は今が見頃、階段のところはもうちょっとかな。気のせいかな、今年の紅葉はあまりよくない気がする。大山寺の紅葉の写真は(特に階段の紅葉)は午前中でないと光がうまく当たらないので要注意です。

2011112010.jpg

2011112012.jpg

そんなわけで登山と紅葉を楽しんだ1日でした。しかしなんだこの暑さは!

IXY510IS
  1. 2011/11/20(日) 16:35:14|
  2. 登山、ハイキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

これでいいの

2011111701.jpg
(本文と写真は関係ありません)

猫ひろしさんがカンボジア国籍を取得した。オリンピックのマラソンにカンボジア代表として出たいが為だけに。日本をはじめ世界のスポーツの世界でのこの種の話は珍しいことではないようですが、オリンピック出場目的だけで外国籍取得には釈然としませんね。

カンボジア政府と猫さんの思惑が一致したと言う話もあるようですが、はたしてカンボジアの人はこの辺の事情を詳しく知っているのだろうか。カンボジアの人たちにちょっと失礼じゃあないのかな。

肝心なのはカンボジアの人たちが彼を応援してくれて、また猫さんがカンボジアという国を愛し、カンボジアに寄与し、永住するぐらいの気持ちがあるかと言うことだと思います。最終的に代表選手になれなかったといってまた日本国籍に戻すなんていうないでしょうね。(再取得が可能か分かりませんが)

今回の件は法律に則っているので、他人がとやかく言う事ではなく、すべて猫さんの自己責任の話かもしれません。それにしても猫さん、今回の東南アジアマラソンのタイム2時間37分39秒はあまりにも遅すぎます。
  1. 2011/11/17(木) 20:22:52|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルと目が合う

月末にお仲間との山歩きを控えていることだし、少しは鍛えておかないと。ここ1ヶ月運動らしいことはほとんどやっていない。ずいぶんと体力も落ちたことだろうな。

でもって軽いハイキングへ。飯山観音から白山を通って七沢森林公園に抜ける尾根ルート。

2011111303.jpg

紅葉はまだぜんぜん。このルートは何度も歩いているんだけど、思った以上に起伏に富んだルートで面白かった。

ところで終わりに近いところでハプニング。

曲がったら何か動くものが・・・げぇ、サルだ。突然5、6mくらい先に現れた、それも複数頭。

尾根道をゆっくりこっちに向かって歩いてくる。

ジロッとボスらしき大きなサルと目が合った。

やばい!目を合わしちゃあいけないんだよね。

とっさに落ちていた太い棒を拾う。(襲われたらこれで殴ろうと一瞬思った)

なんだよ、どこかに行くと思ったらどんどんこっちに向かってくるじゃあないの。

キャァー怖い!

後ずさりしながら逃げる。

50mくらい戻って様子を見てたらやがていなくなった。

あ~怖かった。

ハッハッハ、少しオーバーに書いたけど、正直ちょっとビビリました。

さすがに写真を撮る心の余裕もなかった(汗)。

帰りがけに公園の園内放送で、

「最近サルが出没しています」

「万が一サルと出合ったらけっして目を合わさないで下さい」

「えさはあげないで下さい」

等など注意の放送をしていた。やっぱ最近出没してるんだ。

そんなわけで2時間ほどだったけど、体を動かして満足。
  1. 2011/11/13(日) 21:27:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

結婚式で長野県へ

昨日は早朝出発、夜遅く帰宅。信州で姪っ子の結婚式がありました。

2011111302.jpg

りんごのような赤い頬っぺをしていたあの娘がお嫁さんですか・・・。

生まれた時からわが子(?)のようにかわいがっていた隣に座っていた誰かさんは式の最中ずーと鼻をすすっていた。自分といえば写真を撮るのが忙しくて、それどこじゃあなかったけどね。周りを見渡せば、昔の悪ガキ達もいつの間にか子持ちだ。時の流れを感じるなあ。いつの間にか次の世代へのバトンタッチが始まっているようです。

色づき始めた山並みを背景に、好天の青空の下素晴らしい結婚式を終えることが出来ました。前泊で乗り込んだ家人は信州の秋を楽しんでいるようでいつ帰ってくるやら。

IXY510IS



  1. 2011/11/13(日) 06:19:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ