晴れたらいいね

no photo no life

植木金矢展

そんなわけで偶然見かけた(日経文化欄)植木金矢さんの懐かしい昭和の劇画を見に寒空のなか東京へ。

新聞に載っていた鞍馬天狗のような劇画は子供の頃雑誌で見てましたが、作者の名前が植木金矢さんとは今日までまったく知らなかった。当時「少年画報」という雑誌が人気があった。それに「三日月天狗」「剣光白頭巾」が連載されていたらしいけど、まったく記憶にない。というかなかなか買ってもらえなかったなあ~。みんなで回し読みをしてました。

植木金矢さんのことは → こちら(植木金矢さんのオフィシャルサイト)植木金矢さんの作品の詳細が分かります。

根津駅から坂道を上って10分くらいで弥生美術館・竹久夢二美術館に到着。ここに来たのは初めてです。

2012012803.jpg

ここは二つの美術館が同じ建物内に併設されてます。

2012012802.jpg

こじんまりした美術館で、まん前は東大工学部です。

館内一歩足を踏み入れると膨大な数の時代劇スターをモデルにしたチャンバラの劇画が目に飛び込んでくる。

思わず、おっ、これはすごい。

描かれているさまざまな大立ち回りの迫力に圧倒されます。劇画のモデルは嵐寛寿郎、市川右太衛門、片岡千恵蔵、大友柳太郎、東千代介等などひと目で分かる。館内写真撮影は出来ないのでこんなもので雰囲気を味わってください。

2012012919.jpg

館内で販売していたポスター。真ん中白頭巾のモデルは大友柳太郎かな。記念に買って帰りました。本当は館内で販売されていた植木さんの画集が欲しかった・・・。

部分的にアップすると、

2012012910.jpg

モデルは嵐寛寿郎。

2012012911.jpg

これは山城新吾かな。

2012012914.jpg

そして市川右太衛門。


2012012915.jpg

最後に三船敏郎。

本展では、チャンバラ時代活劇や挿絵、人の世の無情と不条理をえぐり出し正義を追究した入魂の劇画群を中心に、ライフワークの日本画やオリジナル映画ポスターなど、約450点を一挙公開いたします。(弥生美術館HPより)

植木金矢さんはお年が90歳で、今なお現役としてご活躍のようです。

水戸黄門など時代劇が消えていき、時代劇に関わったいろんな職人芸の継承が危ぶまれてますが、植木金矢さんの劇画も昭和の貴重な資料として後世に残していって欲しいですね。

植木金矢展は4月1日まで開催されてます。興味のある方はどうぞお出かけ下さい。

お隣の竹久夢二美術館へ。

2012012916.jpg

2012012917.jpg

その昔、夢二に凝って写真集や小説まで読んだけど、今はそれほどでもないなあ。ここも写真禁止なんで手持ちの雑誌「別冊太陽 竹久夢二」からピックアップして載せました。夢二の絵は上手いというより雰囲気ですね。初めてみる作品がけっこうあって思いのほか楽しめました。

そしてこのあと本郷から湯島へ。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L、IXY510IS、他
スポンサーサイト
  1. 2012/01/29(日) 16:09:46|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本郷から湯島

弥生美術館の「植木金矢展」の話はちょっと後にして。

美術館の目の前は東大です。簡単に構内に入れます。以前も言ったけど無用心ですね、これでいいの。

2012012824.jpg

安田講堂で何かの学会の発表会がちょうど終わったところでゾロゾロ。

2012012806.jpg

本郷通りを歩き、ちょっと菊坂を覗いてみます。もっと見たかったけど戻って春日通を下ります。

途中前回見過ごした麟祥院(りんしょういん)の徳川3代将軍家光の乳母・春日局のお墓を見学。お墓の墓石にはぽっかり大きな穴が開いてる独特なものです。

そしてやってきたのがここ。


2012012812.jpg

ご存知、湯島天満宮。この時期梅と絵馬でしょう。梅は全然咲いてないけど、絵馬はてんこもりでこぼれそう。


2012012825.jpg
(撮影2011年1月15日)

去年1月15日ここに来た時には一部だけどこんなに咲いていたのに、今年はかなり遅れているようですね。


2012012811.jpg

合格祈願の絵馬が奉納されている掛け所の傍らでは受験生や親御さんたちが絵馬に願いをかけてます。

2012012813.jpg

2012012814.jpg

一心不乱に心をこめて。

2012012808.jpg

そして日頃神社とは無縁な子供も一生懸命お祈りします。みんなに希望に満ちた春が訪れるといいのですが。

2012012809.jpg

今年はこんな寒さなんで梅の開花も遅れそうですね。湯島駅から新宿に出て帰りました。
  1. 2012/01/29(日) 08:22:25|
  2. 東京お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャンバラ劇画

日経の文化欄は好きだ。中高年のおじさんを喜ばしてくれる記事が満載だ。

1月23日(月)にこんな記事が載った。

2012012822.jpg
(日本経済新聞2012年1月23日文化欄抜粋)


劇画家の植木金矢さんのお話だ。植木さんの画業の全容を回顧する展覧会「伝説の劇画師 植木金矢展」が文京区の「弥生美術館」で開催中との記事を見て今日行ってみた。


20120128230.jpg
(弥生美術館販売ポスターより)


チャンバラ劇画のオンパレード。

展覧会のあと、本郷、湯島と回ってきました。久しぶりに歩いて疲れた。詳しいことは明日。
  1. 2012/01/28(土) 18:44:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東小さな町小さな旅

いつも横浜や東京ばっかりじゃあね。たまにはもう少し足を伸ばしてみようか。

皆さんのブログを参考に探したらこんな本を見つけた。

2012012602.jpg

「関東 小さな町小さな旅」懐かしい日本の町をたずねて 亀井千歩子 (山と渓谷社)。

古本でわずか275円(+他250円)で手に入った。古本とはいえピカピカでほとんどいたんでいない。

2012012603.jpg

岩槻、川越、深谷、小川、寄居、秩父、・・・・佐原、佐倉、大多喜、勝浦・・・・足利、佐野、栃木、烏山・・・関東7県36ヶ所が紹介されている。日帰りには十分な場所だ。

IMG_2309[1]_copy

パラパラとめくったら千葉県の佐原が目に留まった。

2012012605.jpg

分かり易い地図が便利だ。行ってみたいなあ~。

早く暖かくなって欲しい。
  1. 2012/01/26(木) 05:30:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Picnikサービス終了

『楽しいことにもいつかは終わりが来ます。Picnikも例外ではありません。』

こんな書き出しで写真加工ソフトのPicnikが今年の4月19日をもってサービスを終了する告知が先日突然載った。

えっ!! ショック、そしてがっくり。

このサイトを使い始めて2、3年経ちます。使い勝手もよく、画質も劣化することなくアップ出来て究極の加工ソフトと喜んでいたのに残念でなりません。拙い写真を多少なりとも見栄えよくアップできたのもこのソフトのおかげです。

気を取り直し新たな加工ソフトを探し始めました。

とりあえず候補はひとつ見つけましたが、まだまだ時間があるので研究してみます。

画像縮小、加工が同時に出来る優れものがあったらご紹介下さい。



  1. 2012/01/24(火) 18:31:02|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有名駅弁大会は明日まで

前回の駅弁は好評でした。

新宿京王百貨店で開催されている有名駅弁大会はいよいよ明日24日が最終日です。そこでチラシを見ながら食べたいのを決めて、家人が再び新宿に向かいました。

そして買ってきたのがこれです。

2012012301.jpg

まずは、北海道 函館本線旭川駅 「蝦夷わっぱ」

2012012302.jpg

駅弁といえばこれでしょう。前回買い忘れた人気NO.1の駅弁。子供の頃からこの駅弁のことは知っていたから感慨もひとしお(笑)。

北海道 函館本線 森駅 「いかめし」

2012012303.jpg

そして最後に、滋賀県 東海道本線 米原駅 「近江牛としょいめし」

いかめしが結構匂って帰りの電車でヒヤヒヤ物だったとか。幸い電車が空いていて助かった~らしい。

お待たせ、写真を撮ったからさあ食べよう。
  1. 2012/01/23(月) 19:11:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅めの新年会

相模原のYさんなど山登りのお仲間さん4人(急遽ひとり欠席)が桜木町に集まり遅めの新年会。当初忘年会企画だったんですが、延び延びになってようやく新年会として集まりました。ここ2、3日寒い、寒い。

2012012106.jpg

桜木町駅下車、コレットマーレ6Fの「梅蘭」。いつもの馴染みの中華料理店です。

2012012102.jpg

おまかせコースで次から次へと運ばれてくる。食べきれない。

2012012103.jpg

北京ダックを店長に取り分けてもらいます。

2012012104.jpg

北京ダックをいただきま~す、パクリ。

あと何を食べたかな?

名物海鮮梅蘭焼きそばを食べたところでおなかもギブアップ。

2012012105.jpg

最後にデザートを食べておしまい。

Yさんが自分の「歌川国芳」のブログを見てさっそく観にいかれたとの事。うれしいですね。この展覧会は1月19日から後期展示が始まっているのでできたらもう一度行きたいなあ。

新緑の季節の浅間嶺ハイキングの約束をしてお別れ。楽しみです。

お土産に「梅蘭やきそば」をリクエストしてまだ暖かいうちに家にお持ち帰り。ここんところ食べすぎだなあ~。
  1. 2012/01/21(土) 21:35:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大相撲1月場所観戦

学生時代の友人5人で大相撲観戦へ。みんな子供の頃から相撲は好きだったけど、本場所を観るのは初めて。ちょっとワクワクします。

国技館前でみんなと待ち合わせ。両国駅西口から両国2丁目にかけての国技館通り沿いには力士の土俵入り像が並んでます。ここ両国はお相撲の街ですね。

2012011901.jpg

みんな触りまくるのか色が変わってます。

2012011902.jpg

青空にやぐらと鮮やかな色とりどりの幟が映えます。

2012011903.jpg

国技館正門切符売り場には当日券を求めて行列が出来てます。

2012011904.jpg

2時過ぎから3時ごろにかけて、南門前にはファンがずらっと並びます。お目当ては力士の入場。この場所だと力士の入場がほんの目の前に見られるんです。ちょうど通りかかったのは前頭4枚目の栃乃若関かな。力士が通りかかるたびに拍手と歓声が上がります。声援にちょっとうなずく関取、仏頂面で通り過ぎる関取といろいろです。

今回は事前に切符は買ってあるのですんなりと入場。なんと切符のもぎりをやっていた方は元三役まで勤めた親方でした。(現役時代の名前が出てこなかったなあ)

「現役時代応援してましたよ」

「あっそうですか」

あんまり愛想がなかったけど、こんな場所に親方クラスの方がいるとは驚いた。この後館内あちこちで見たことのある係員(元力士)お顔を拝見しました。

2012011905.jpg

時間は3時少し前。館内に入ると年間カレンダーを配布してたんでゲット。合わせて11日目の番付表ももらいます。そのほか館内で手に入れたものは記念に大事に家まで持って帰りました。

初めてなんで席の位置が分からず、係りのお嬢さんに席まで案内してもらいました。切符売り場案内嬢もそうだったけど、係りの女性の方は皆さんおきれいでしたね。

2012011906.jpg

今日のチケットと配られていた取り組みの「評価アンケート」。

2012011907.jpg

廊下を歩きいざ館内に入るとぷ~んとびんつけ油のいい匂いがしてくる。

6人マスB席が今日の席。東花道を見下ろせる位置です。力士の入場と退場がよく見える場所ですが、土俵に近いとは・・いえなかった。広さは一畳半くらいかな。たまたま今日は6人の定員ところ5人で座りましたが、それでも狭かった!足は伸ばせません。写真は他の連中が買い物に行った時にやれやれと足を伸ばした時の写真です。

さすがに天井が高い。物珍しくてキョロキョロ。NHKの相撲中継ブースでは解説に北の富士さんがいた。せっかくだからデジイチを持っていこうか迷ったけど、狭い席では邪魔になると思ったんでコンデジのみ。

2012011908.jpg

飲食、土産売店。

2012011909.jpg

近くの6人マス席に2人だけで座っていたドイツのお嬢さん達。熱心に見入ってました。

さてさて相撲を観にいったんだけど、みんな飲むことに忙しくて相撲どこじゃあない。しょうがないなあ。

2012011915.jpg
(写真はO君より拝借)

さすがに幕内土俵入り後は知った力士も登場し、少しは真剣になった。でかい声で掛け声をかけます。これがまたスカッとして気持ちいいですね。大声を出すことなんでめったにないのでストレス解消になるね。遠目にも本物の力士の肌のきれいなこと。独特の肌つやがありますね。これはテレビでは分からない。

2012011911.jpg

緊張の面持ちで出番を待つ行司の木村寿之介。真剣な顔つきが印象的でした。

ところで席の埋まり具合は全体としては7割前後かな。溜席はほぼ埋まっていますが、マス席やボックス席は空きが目立つ。相撲人気が落ちているといえ、やっぱ入場料が高すぎない!自分達の席の前が開いていたので2人が場所移動。ゆっくり足を伸ばしてみることが出来ました。席の移動に関してはまったくおとがめなし。

取り組みも進み、結びの一番白鵬対稀勢の里。懸賞数も今日一番。

2012011912.jpg

2012011914.jpg
(コンデジではここまでがアップの限界)

白鵬の完勝でした。弓取り式を観ておしまい。やれやれ、飲んで食べて、掛け声かけての3時間があっという間に過ぎた。まあ一生のうち一度くらいは観ておきたいね。もっと来たいけどいいお値段なんでそうしょっちゅうは来れないなあ。

2012011913.jpg

はね太鼓に見送られて予約しておいた両国駅前のちゃんこ屋さんへ。お疲れさ~ん、乾杯!!相撲がはねてどっとお客さんが来たんでお店はてんてこ舞い。お味はよかったけど、サービスはよくなかった。本厚木に帰ったのが11時前だった。

IXY510IS(一部EOS50D)
  1. 2012/01/19(木) 19:49:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

国技館大相撲観戦

2012011801.jpg

友人5人で両国の国技館の大相撲1月場所を観戦してきました。

大相撲を見るのは今回が初めて。約三時間、目の前の本物の力士の熱戦に掛け声が飛び思わず力が入ります。

帰りは近くでちゃんこ鍋を食べて大いに盛り上がり、お疲れさんでした。

詳しいことはまた明日。

  1. 2012/01/18(水) 23:08:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

谷中七福神巡りで谷中の町並みを楽しむ

昨日は駅弁大会で買った3種類の駅弁をみんなで分け合って食べたけどうまかった。木の香がほんのりと匂う折詰弁当がなつかしい。

ところで昨日は皆さんのブログにつられて、今年も谷中七福神巡りに行ってきました。

20120115map04.gif
(谷中七福神巡り略図)

朝9時半に田端駅下車。七福神巡りというよりウォーキングのつもりでスタコラ。時期としてはちょっと遅かった。途中ワンカップ片手にご機嫌で回っているおじさん連中に出会ったけど、七福神巡りの人は少なかった。こういうイベントってやっぱり人が多いのが盛り上がるのにね。

いつも通り東覚寺からスタート。

2012011501.jpg

まず目に入るのは赤紙仁王尊。真っ赤なお札を仁王像の願を掛けたい部分に貼ると霊験があるということで,全身お札だらけでお顔は拝見できません。

2012011502.jpg

東覚寺境内はこれから七福神巡りに出かける人、もう回ってきた人たちで賑やかです。

これから順に回っていきますが、七福神巡りの途中経過は省略します。何度も足を運んでいるんですが、東雲寺までの道はすっかり忘れていて適当に歩いたら着いちゃった。大通りに面してあの有名な開成高校があった。

2012011503.jpg

修性院から天王寺へ向かう途中にある富士見坂。都内各地で富士見と名のつく地名で唯一富士山が見える坂だそうです。でも見えなかった。

この坂を上った所の通りは好きな場所です。お寺の白壁に沿ってカメラをぶら下げのんびり歩くなんて最高です。こんな場所ではギンギンのデジイチよりOLYMPUS E-P2が似合います。

2012011504.jpg

養福寺の仁王門にあるこれは広目天、それとも多聞天、いい面構えしてます。前からいい写真を撮りたかったけど、どうかな。

朝倉彫塑館前の通りも好きな場所。この辺りから言問通りまでそれはそれはたくさんのお寺が隣り合ってひしめいてます。この辺り谷中5丁目。

2012011505.jpg

台東区の「まちかど賞」のプレートがはめ込まれた観音寺の土塀。築地塀というもので瓦と土を交互に積み上げた練り土塀です。

2012011506.jpg

モノクロ写真がよく似合う古い家屋。

2012011507.jpg

文化庁の「登録有形文化財」に指定されている建物。小倉屋質店を営んでいた伊藤家の江戸時代の店舗と、大正時代に建てられた蔵をギャラリーに改装し、「すぺーす小倉屋」として展示室で展覧会が行われている。無料で開放。今まで何度もこの通りを通っているんだけど全然気がつかなかった。

2012011508.jpg
2012011509.jpg

こんな絵馬と看板が飾ってあるので何のお店かな???ランチタイムだけ開いている定食屋さんでした。

谷中霊園に隣接している天王寺に寄ってから先ほどの通りに戻り、たい焼き屋さんを見つけちょっと腹ごしらえ。

2012011510.jpg

谷中銀座へ。

2012011511.jpg

中高年のおじさんやおばさんは元気がいい。おばさん達はメンチカツをパクパク、おじさん達は缶ビールでごきげん。

2012011512.jpg

このお店のメンチカツは相変わらずの人気です。ゆっくり見たいけど、陽が入ってしまい寒くて寒くて先を急ぎます。

2012011513.jpg

谷中銀座から初めての路地に入り、「防災広場」横を通り、うろうろしていたら見覚えのある急な坂に出た。「ねんねこの家」がある三浦坂だった。

言問通り経由で護国院を回り、曲がりくねった坂(暗闇坂?)を下っていくと、

2012011514.jpg

「森鴎外居住之跡」の看板が見えてくる。今は「水月ホテル鴎外荘」になっている。鴎外はこの地で文壇処女作「舞姫」を発表。

上野動物園を横目に見ながら最終地点の不忍池にある弁天堂に到着。12時を過ぎていた。

2012011515.jpg

これで谷中七福神巡りも終わりです。今日はどっちかといえば、七福神より谷中の町並みを楽しんできました。

2012011517.jpg

不忍池は冬枯れでなんともいえない風景でした。季節には蓮が一面埋め尽くすのに、今はすっかり枯れ果てて、金色に輝いています。こんな場面にカラスのカァ~とお寺のボ~ンという鐘の音が似合いそうだ。

2012011518.jpg

ジャズの名曲テイクファイブでお馴染みのポール・デスモンドによく似た音色で吹いていたアルトサックスのおじさん。使い込んだサックスの金属の表面がいい味出してます。

上野駅前のお馴染みの蕎麦屋さんでお昼を食べて新宿へ。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
  1. 2012/01/15(日) 10:42:53|
  2. 東京下町散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ