晴れたらいいね

no photo no life

スバル360

富士重工業が軽自動車の生産を終了するニュースが流れました。

「てんとう虫」と呼ばれたこの「スバル360」が生産開始されたのが1958年でした。

2012022901.jpg
2012022902.jpg

当時、国民車といわれたこの軽自動車が我が家(実家)の第1号のマイカーでした。

それまでスクーターで駆け回っていた父親が、さすがに冬場の寒さに耐えかねて中古で手に入れました。納車された時(いつだったのかまったく覚えていない)はそれはそれは誇らしい気分になったものです。

普通車に比べてちゃっちーなあと子供心に思いながら、ドライブをせがんだなあ。ちょっとした坂道でもちゃんと上れるのかハラハラしながら乗ってました。とっても懐かしい車です。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/29(水) 06:05:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

皇居から銀座で東京マラソン応援

天皇陛下のご病気のお見舞いにと思い、記帳するために皇居に向かいました。

東京マラソンによる規制のため急遽二重橋前から乗り換えて桜田門で下車。今日は思ったより天気がよくなく、寒っこい一日でしたね。

2012022621.jpg
(桜田門)

桜田門といえば「桜田門外の変」がすぐ思い浮かびます。襲撃当日水戸藩、薩摩藩の脱藩浪士たちが集合場所としたのが先日訪れたあの愛宕山だったんですね。そう言えば愛宕神社に「櫻田烈士愛宕山遺跡碑」というものが立っていたなあ。雪の積もったあの急階段を浪士たちは何を思い上っていったんでしょうか。

当初は一万数千人の記帳をする人で混雑した皇居も今朝はがらがらでした。

2012022602.jpg
(二重橋)

二重橋を目の前にすると何故か気持ちが引き締まります。

2012022603.jpg
(坂下門)

けっこう歩いて坂下門に到着。やっぱりすいてました。時間は10時少し過ぎです。

2012022604.jpg

並ばずに簡単に記帳が出来ました。天皇陛下の一日も早いご回復を祈りつつ厳粛に記帳いたしました。県名と名前だけです。この場所での撮影はOKをもらってます。

皇居のまん前の内堀通りを東京マラソンのランナーが走っているのが見えます。色とりどりのユニホームが色鮮やかです。まあ本格的な応援は銀座に行ってからだ。

桜田門の交差点まで戻ってきたら目の前に赤い煉瓦の洋館が見えました。もしかして・・・。ちょうど交番があったんで居合わせた年配のお巡りさんに聞いたらとても丁寧に説明してくれました。

2012022605.jpg

やっぱりそうだった。以前から見たかった「法務省旧本館」です。

2012022606.jpg

豪華で風格がありますね。

2012022607.jpg

現在でも法務省関係の施設として使用されています。

さて今日の目的は記帳と初めての東京マラソン観戦です。再び地下鉄で移動。銀座にやってきましたが・・・想像通りものすごい人、人、人。駅構内もごった返してます。

2012022608.jpg

当然一番前にはいけません。後のほうからの応援になります。この辺りノーファイダーで上のほうからパチパチ。

2012022609.jpg

沿道ではお目当てのランナーに分かるようにいろんな目印を掲げてます。待ち構えていて運よく見つけることが出来ると歓声が上がり、感激もひとしおです。身内で走る人間がいたらさぞ応援にも熱が入るだろうね。

2012022620.jpg

日比谷方面から走ってきたランナーはここ和光の前で左折して浅草を目指します。規制がかかっていて道路を横断できないのでいったん地下にもぐり向こう方に出ます。大変な数の警官、案内人が整理に当たっています。

2012022611.jpg

沿道からの「ガンバレ!」の声援にランナーは元気をもらい、ハイタッチをして駆け抜けて行きます。この辺りが往路の21~22kmでほぼ中間地点になるんですが、まだまだ元気のある方、もうギブアップしそうな方と様々です。浅草から折り返してきたランナーともすれ違います。

2012022613.jpg

久しぶりに銀座に来たんですが、ちょこちょこと店ぶりが変わってますね。あれっ、こんなお店あったかなあというのに出くわします。

2012022614.jpg

かぶりもの、コスプレ等々相変わらずお盛んで眼を楽しませてくれます。

2012022615.jpg

「銀座あけぼの」の店頭にあった雛あられとさくらもち。ついつい手を伸ばしたくなります。

最近は撮影の許可を必ず取るようにしています。お店のお姉さんも「どうぞ、どうぞ」と言ってくれました。でも先日の川越では「何で撮るの」なんてお店のおばさんに嫌な顔をされたけどね。

2012022616.jpg

裏通りをぶらぶらしようと思っていたんだけど、それにふさわしいレンズ(50mm)を持ってきてないのでこのまま帰ります。新宿に出て本厚木へ。

東京マラソンに出場された方、また関係者の方々、お疲れ様でした。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/02/26(日) 18:03:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

待ち遠しい

2012022502.jpg
(松田町の河津桜 2011年2月26日撮影)

去年の今頃はもうこんなに咲いていたのに、今年はまだまだ。こうして昔の写真で愛でるほかない。

松田町の河津桜開花状況 → こちら

早咲きで有名な鎌倉の荏柄天神社の梅もまだ5分~6分咲きだそうです。

徐々に春めいてきましたが、見頃は3月に入ってからですね。
  1. 2012/02/25(土) 05:10:33|
  2. 四季の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひと安心

長野県の実家から結婚式の招待状が正式に届いた。

2012022401.jpg

実家の跡取り息子の甥っ子です。

去年の秋から身内の結婚式が続きます。ちょうどそんな時期なんだなあ。

これで兄貴もひと安心だなあ。亡き両親も喜んでいるだろうな。

式が終わったら久しぶりに兄貴と大酒を飲もう。

さてさて残るは我が家の・・・だけだなあ。悩みのタネは尽きない(笑)。
  1. 2012/02/24(金) 18:52:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵造りの町並み川越(後編)

昨日からの続きです。

通りから一歩入った所に「時の鐘」があります。

20120220map02.gif
(川越市内略図 道路は大幅に省略)

約400年前から城下町に時を知らせてきた川越のシンボルです。現在のものは4代目といわれてます。

2012022101.jpg

今も1日4回、午前6時、正午、午後3時、午後6時に市民に時を知らせています。確か鐘を鳴らすのは人力ではなくて機械が鳴らしていると聞いた記憶がありますが・・どうかな。ここでも観光用の人力車がお客さんを待ってます。

2012022102.jpg

さてもうひとつの見所は「菓子屋横丁」でしょう。

細い路地を入っていくと一角にお店が並び、駄菓子類が道路にせり出して並べられています。お店は20軒前後でしょうか。

2012022103.jpg

ニッキ飴やハッカ飴、串だんご、飴菓子、カルメ焼きなど昔懐かしいお菓子にお母さんもついつい手が伸びちゃいます。ちょっと見ても何がなんだかよく分からないけど、まあよくこれだけの種類があるなあと感心しちゃいます。

2012022110.jpg

子供たちもよそでは見られない珍しいお菓子に興味津々。こんなに種類があると迷っちゃいます。

2012022104.jpg

こんにゃくの串だんごがよく売れてました。奥にはアメ細工の屋台もあります。

2012022106.jpg

一番街に戻る途中に見かけた錦鯉の群れ。道端の普通の川に泳いでます。いたずらされたり、盗まれたりしないのかな。

2012022107.jpg

こんな路地にもこじんまりとした素敵なコーヒーのお店がありますよ。

さて一番街の蔵造りの町並みともお別れして駅方面に戻り、喜多院と仙波東照宮へ向かいます。けっこう歩きでがあり疲れた。

2012022108.jpg

ここは仙波東照宮。徳川家康の遺骸を久能山から日光に運ぶ途中天海僧正が喜多院で4日間法要を行ったことにちなんで建造されたものです。徳川家の葵の御紋が目立ちます。

隣合わせにあるのが喜多院。結構広い境内ですね。三々五々参拝者が訪れていました。

2012022109.jpg

ここは五百羅漢、正月3日のだるま市で広く知られ、平安時代の創建とされています。境内の山門、鐘楼門、慈眼堂は一見の価値があります。有名な五百羅漢はちょっとお疲れだったんでパスしました。

本川越駅に戻り、今朝と同じルートで帰りました。

OLYMPUS E-P2はとても軽くていいのですが、快晴のコントラスの強い被写体が苦手のようです。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
  1. 2012/02/21(火) 20:13:57|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蔵造りの町並み川越(前編)

川越はその昔身内がここに住んでいたので2度ほど訪ねたことがあります。でもどうやっていったのか、まったく覚えていない。若い時にそれほど興味が湧かなかった町並みも年をとれば見方も変わってきます。

本厚木から新宿にでて西武新宿線に乗る。

2012022002.jpg
(西武新宿駅)

今までも、これからも乗る機会がほとんどないのでホームで記念にパチリ。急行に乗り、1時間で川越に到着。本厚木から2時間かかった。時間は10時。うわ~寒い!顔が切れるように痛い。神奈川とずいぶん気温が違いますね。

先日手に入れた「関東小さな町小さな旅」で予習はしていったんですが、このパンフレットを駅か現地でぜひ入手しましょう。とても分かり易くて便利です。もう少し丈夫な紙を使ってくれるとうれしいのですが。

2012021903.jpg
(川越市観光課パンフレット)

20120220map02.gif
(川越市内略図 道路はかなり省略しています)

有名な蔵造りの町並みのある一番街にまっすぐ行かないで、ちょっとわき道の「大正浪漫夢通り」を通りましょう。

2012022003.jpg
(大正浪漫夢通り)

その名の通り昔の洋館風の建物が並んでます。お医者さん、喫茶店、和菓子屋さん、が見えます。

2012022004.jpg
(加藤家)

川越市指定文化財の加藤家。屋根に「うだつ」が見えます。今日お目当ての蔵造りですが、喜びはぐっと抑えます。先に行けばもっとすごいのがあるから、ここであんまり驚いちゃあいけない。現在は鶏料理屋さんです。

2012022005.jpg
(川越商工会議所)

そして通りの終わり、角には国の登録有形文化財の「川越商工会議所」の洋風の建物があります。

角を回り、「山崎美術館」の黒々とした建物を眺めて仲町の信号を右折します。黒漆喰の豪華な店蔵が並ぶ一番街です。蔵造りの町並みは平成11年に国の伝統的建造物群保存地区に指定されました。本川越駅からまっすぐ来ても15分くらいかかるのかな。

ここから真っ黒な蔵造りの建物のオンパレードです。改めてみてもその迫力に圧倒されます。大きな鬼瓦の屋根に黒漆喰の壁と分厚い観音開きの扉。風格がありますね。同じように見えて一軒一軒違った個性を出してます。


2012022006.jpg
(亀屋)

まず最初に目に飛び込んでくるのがこの黒々とした建物。「店蔵の最高峰」なんてガイド本に書かれてます。店の創業は天命3年(1783)の和菓子の老舗店「亀屋」です。建物は明治のものだそうです。足を止めてまずはじっくり見ましょう。2階の観音開きの扉は防火の役目があります。

2012022007.jpg
(やまわ)

両側の町並みをゆっくり味わいながら進んでいくと路地の角にあるこの建物が目に入ってくる。川越の観光写真でよく目にする陶舗「やまわ」です。鬼瓦が圧巻ですね。このお店を前面に入れたところが撮影ポイントですね。長めのレンズで圧縮効果を狙ってみましょう。

2012022008.jpg

日曜日なのか観光客は想像以上に多いですね(驚)。

2012022015.jpg

もうひとつ驚いたのは交通量が多いこと。もう車がひっきりなしに通り抜けます。観光客が大勢歩いているので少し怖いですね。何とか車を入れないで建物の写真を撮りたいのですが・・ままならない。せめて土日だけでもこの通りを車の進入禁止にしてホコテンにして欲しいですね。もっと観光客が増えると思うけど?ダメかな。

2012022011.jpg

なんといってもここ川越は芋料理、芋菓子のお店が多いですね。気軽にどのお店も入れるので試食してみましょう。

2012022014.jpg

こんな箸置きのような小物を扱ったお店もあります。買わないのに店内をぶらぶらするのが苦手なんでちょっと覗き込むだけ。

2012022013.jpg

小江戸観光協会に展示されていた紙張り子面の狐面です。

2012022009.jpg
(大沢家住宅)

この建物は国の重要文化財に指定されている「大沢家住宅」です。寛政4年(1792)に造られ、呉服太物を商っていた店蔵です。民芸品のお店の暖簾がかかってますね。

2012022012.jpg
(埼玉りそな銀行川越支店)

順序が前後しますが、この建物は「埼玉りそな銀行川越支店」です。これも国の登録有形文化財です。明治11年(1878)に設立され、大正7年(1918)に改築されました。真っ黒な店蔵ばっかり見ていたんで、この白い建物を見ると何故かホッとしました。

ふぅ~、ここまでまとめるのもしんどいですね(笑)。後編に続きます。

※参考 「関東小さな町小さな旅」(山と渓谷社)「川越市観光課パンフレット」

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
  1. 2012/02/20(月) 20:03:14|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蔵造りの町川越へ

あまりの寒さに家に縮こまっているとロクなことがない。運動不足にもってきて、家人たちの46時中パクパク、ぺらぺらについつい付きあってしまう。カロリー過多。今度の定期検査の数値が怖い!

そこで出かけたのが川越。

2012021901.jpg

小江戸と呼ばれた商業の町川越。

2012021902.jpg

黒々とした蔵造りの建物が目の前にせまる江戸情緒溢れた町並みでした。

例によって詳しいことはあとで。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
  1. 2012/02/19(日) 16:08:07|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

そろそろ引退かな

先日の江ノ島サムエル・コッキング苑の写真は大半がマクロレンズで撮ってます。オールラウンドで写真を撮ってますので、マクロレンズは必需品でとっても大事な戦力です。

20年くらい愛用しているEF100mmF2.8マクロ。

2012021802.jpg

現在の「EF100mmF2.8マクロ IS USM 」の先々代の古~いレンズで、とっくにカタログから消えてます。。

ところが去年突然AFが利かなくなっちゃった。サービスセンターに持っていったんだけど、すでに生産終了で修理は不可。幸いマニュアルで撮影が出来るので今日まで使ってきました。

しかしAFが使えないと都合悪い。めんどうだ。

「マクロレンズはマニュアルでのピンと合わせは常識だ」

「マニュアルで合わせ、体を前後して最終的にピントを合わせる」

なんておっしゃってるのをよくお見かけしますが・・ほんと~かな。AFがあるのにわざわざそんな面倒なことはしたことがないです。AFでピンボケの経験は記憶にない。

自分の経験から言って時たまAFではピントが合いづらい時があって、マニュアルで合わせる時があるけどごく稀だよ。下手にマニュアルでやるとピントがづれちゃう。

そんなわけでこのEF100mmF2.8マクロもそろそろ引退かなって思ってます。

そして候補として選んだのがこれ。

2012021803.jpg

タムロンの90mmF2.8マクロです。もちろん中古で、お値段もお手ごろです。F店、M店のHPで探しています。先日いい出物があったんで出かけようとしたら、タッチの差で売れちゃった。まあ気長に待ってみます。
  1. 2012/02/18(土) 17:01:05|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「フォト蔵」の不具合

撮りためた写真はチョイスして「フォト蔵」にアップしています。まあ駄作も多いけどご愛嬌です。皆さんが見に来てくれるのをひそかな楽しみにしてます。

ところが先日から画像毎の「あしあと」(アクセス数です)がいっこうに増えないのに気がついた。チューリップの写真へのアクセス数が全然増えない??ことから発見。

いろいろ調べたけど原因が分からないので「フォト蔵」に直接問い合わせをしました。

『・・・弊社でも本件の不具合を確認しており、現在修正対応にあたっております。・・・』

それほど時間がかからずきちんと返事を頂きました。

やっぱりなあ。

長年利用しているけどこんなこと初めてですね。徐々に不具合が解消されつつあります。早く完全復旧をして欲しいところです。

※不具合は完全復旧しました。
  1. 2012/02/15(水) 19:14:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サムエル・コッキング苑のチューリップ

チューリップが見頃を迎えているそうで、江ノ島のサムエル・コッキング苑へ。

江ノ島の坂道を少し息を切らしながら上り、9時半過ぎに到着。風が冷たい。サムエル・コッキング苑のチューリップは予想と違いましたね。思ったより狭く、地面に咲いているんじゃあないんですね。

サムエル・コッキング苑のチューリップ(7)
サムエル・コッキング苑のチューリップ(7) posted by (C)aki

時期は全体として見頃ですね。花によってはピークを過ぎているもの、まだ蕾といろいろですね。

サムエル・コッキング苑のチューリップ(15)
サムエル・コッキング苑のチューリップ(15) posted by (C)aki

花の写真は久しぶりなんでとても楽しめました。ただ陽が当たらないときは寒かった。カメラマンもそんなに多くなく、ゆったりと写真が撮れました。

その他の写真は → こちら

今日は祝日ですね。そのせいか思ったより混んでました。こんなに寒いのに相変わらず江ノ島は人気スポットですね。(写真は帰りに撮影したもの)

2012021101.jpg

久しぶりにここを通ったんですが、前からこのお店あったかなあ?

2012021102.jpg

がまぐち屋さんが目に留まりました。色鮮やかな小物が店内びっしり。とてもフォトジェニックでした。


2012021103.jpg

三脚や望遠レンズを持っていったので重たかった。帰ったらぐったりしちゃった。

EOS5DMarkⅡ、EF100mmF2.8マクロ、EF24-105mmF4L、EF80-200mmF2.8L
  1. 2012/02/11(土) 17:01:10|
  2. 四季の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ