晴れたらいいね

no photo no life

新緑に溺れる~高尾山、城山

本厚木の山仲間との登山が流れて、今日はひとりで山登りです。迷ったけど行き先は高尾山だ。

高尾山は本当にいいお山です。昔は人のいない山ばっかり登っていたけど、今はこうして大勢の山登りの人たちと和気藹々で登るのが楽しいね。

IMG_6178[1]

朝9時前。高尾山口から清滝まで列が途絶えることはありません。この時期のお目当てはなんと言っても新緑でしょう。

IMG_6182_copy_copy[2]

今日は久しぶりに6号路を登ります。新緑の写真はこの6号路が一番撮りやすいと思います。暑い~、一枚一枚ぬいでついに半袖になっちゃいました。

IMG_6192[1]

ドンピシャの新緑だ!今日一日新緑の湯船の中にどっぷりつかって溺れてました。

IMG_6194[1]

緑の中を分け入る気分は最高だぜ

IMG_6198[1]

きつい連続階段を一歩一歩踏みしめて登り、高尾山山頂下の広場に到着。ここまで1時間。

IMG_6220[1]

今日もまた高尾山頂には行かなくてぐるっと巻いて城山を目指します。この辺りの新緑はこれからですね。途中一丁平で一息入れて城山へ。

IMG_6229[1]

登り始めて2時間、あっという間に城山に到着。出迎えてくれたのは今は名残の山桜。一面に花びらが散って雪化粧のようです。山頂は満員御礼。トイレは工事中。

腹へった~、さあメシだメシだ。今日も山登り3点セットのカップ麺、おにぎり、コーヒーで大満足。曇りがちで見晴らしはよくなかったですが、吹き抜ける風が爽やかで清々しい。

IMG_6232[1]

おやこんな所にモクレンが可憐に咲いているではないか。

小仏峠に下りるか、日影沢林道を下るか迷ったけど日影沢へ。結果として大正解でした。

IMG_6236[1]

下から必死の形相で登ってくるおじさんライダーと出会いました。一声かけたら苦しそうですがうなずいてくれました。「40代からの山岳サイクリング」さんも度々この林道を登られてますが非常にきついです。

IMG_6266[1]

予想してなかったけど日影沢の新緑が素晴らしかった。

IMG_6262[1]

デジイチで写真を撮られてる方と途中お会いしましたが、三脚かついでじっくり撮りたい新緑でした。

IMG_6291[1]

突然ですが、火事で焼け落ちた建物。

帰り道に時々トイレに立ち寄っている「日影沢園地」の建物がこの22日に全焼してしまいました(驚)。関係者のおじさんとお話しましたが、ガックリきてました。原因は不明。下ってくる何人かの方も一様に驚かれてショックを隠せません。何とか早く再建をして欲しいところです。

日影沢のバス停までもう少しなんですが、写真ばっかり撮っていてなかなか先に進めません。

IMG_6296[1]

IMG_6298[1]

IMG_6303[1]

IMG_6308[1]

ようやく裏高尾に到着。いつも通り裏高尾の自然を満喫してのんびり歩こうか・・と思ったけどバスがちょうど来たんでそのまま高尾駅へ。

新緑の一番きれいな時期です。みなさんお山に出かけましょう。

IXY510IS
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 17:02:03|
  2. 登山、ハイキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秩父を訪ねて(後編)

芝桜会場入口で入場料300円払おうとしたら・・横から女性が、

「私2枚分持ってますから1枚差し上げます」

「えっ、ありがとうございます」

突然のことでビックリ。きっと余っていたんだろうね。地元の方だそうで、芝桜のカードも2枚頂きました。ともかくラッキー。

おっ、これか~。

IMG_6547[1]

なだらかな丘一面に9種類の色とりどりの芝桜が見頃を迎えてました。

IMG_6560[1]

ちょうどお昼時でベンチに座りお弁当タイムです。自分もおやつに持ってきたパンをパクリ。周囲の色づき始めた新緑もきれいです。

次から次へとバスが到着して観光客が降りてきます。ここでもわがままなおばちゃんが係りの若い女性にいちゃもんを付けてました。いいかげんにしろ~。またシャトルバスに乗り秩父駅まで戻ってきました。

20120428map03.gif
(秩父市内略図)部分

旧秩父往還の「みやのかわ大通り」を散策します。この通りに沿って古い建物や商家が見られました。

IMG_6594[1]

まず最初は宝暦3年(1753年)創業の「武甲酒造」の柳田總本店。

IMG_6599[1]

店先に飾られた暖簾が江戸の時代を彷彿させます。

IMG_6600[1]

ここの店先のもあり、市内あちこちで見かけたこの独特の観光案内塔。

IMG_6601[1]

いろんな種類のレリーフがはめ込まれていて、見応えがあります。初めての観光客にとって便利な道案内となっています。

IMG_6631[1]

明治初期に建てられた商人宿を利用した「ほっとすぽっと 秩父館」

IMG_6651[1]

これもまた古い商家を利用した「秩父ふるさと館」。お土産、喫茶、雑貨、2階はお蕎麦屋さんになってます。

秩父神社前の信号まで戻り、番場商店街を西武秩父方面に向かってぶらぶら。メイン通りではないですが、落ち着いた面白い通りですね。

IMG_6653[1]

登録有形文化財に登録されている「秩父銘仙出張所二」。お蕎麦屋さんになってます。

IMG_6659[1]

古い民家の1階が喫茶店になってました。

15番札所少林寺に向かって路地を歩いていると、

ボーボーボー。遠くから汽笛らしき音が聞こえてきました。

もしかしてSLかな。あわてて線路のほうに走っていくと、やっぱりそうだった。

IMG_6666_copy[2]

目の前を黒煙を吐きながら2、3両の客車を引いてSLが通りすぎていきました。全然知らなかったけど、土日限定で走っているようです。踏み切りといっても例の横棒の遮断機がないのでかなり線路に近づけます。

秩父第15番少林寺
秩父第15番少林寺 posted by (C)aki

さて15番札所の少林寺は八重桜が満開でした。境内はその他に見事な枝垂桜がありましたが、これはとっくに終わってました。暑い~、ペットボトルをがぶ飲みで熱中症対策。さすがにこの暑さで戦意喪失。

IMG_6710[1]

再び番場商店街を西武秩父駅に向かってのろのろと。西洋館っぽいお医者さんのしゃれた建物が目に留まりました。

IMG_6720[1]

西武秩父駅に戻ってきました。特急のチケットを買ってエキナカの仲見世通りで一休み。

特急で池袋へ。今度は1時間20分であっという間に到着。車窓から見えた秩父路の山並みはまだ春浅く、薄い色の淡い山肌でした。

秩父三十四ヶ所札所のうちこれで九ヶ所を回りました。そう気軽に秩父までは行けませんが、機会を見つけて少しづつ参拝したいと思います。その時は軽いカメラがいいですね。今日のカメラセットは重すぎました。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/04/30(月) 05:52:06|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秩父を訪ねて(前編)

遠いようで近い、近いようで遠い秩父へ。調べたらちょうど10年前の秋に同期のS君と秩父札所巡りで訪れていた。

IMG_6446[1]
(西武秩父駅)

池袋から快速急行で1時間50分で西武秩父駅に到着。快速に乗ると途中横瀬で三峰口行きと長瀞行きに分かれるので注意です。電車内は中高年の登山客が多いですね。今日は秩父市内の散策と秩父札所巡りが主な目的だったんですが、予定は少し変わりました。

20120428map02.gif
(秩父市内略図)

最初のお目当ては秩父神社ですが、途中秩父札所13番慈眼寺に寄ります。自分の地元で見かけるお寺と違って造りがそれなりに手が込んでますね。

IMG_6718.1[1]
(第13番慈眼寺)

秩父札所のおこりは遠く1234年の開創と伝えられ、室町時代後期には秩父札所が定着したと考えられます。江戸時代になると庶民のあいだに観音信仰が流布し、隆盛を見るようになったそうです。

IMG_6459[1]

今回札所2ヶ所に立ち寄ったのですが、ほとんど巡礼姿の参拝者は見かけることはなかった。この季節参拝には一年で一番適していると思うですが、たまたまかな。

秩父神社へは西武秩父駅から歩いても15分ぐらいです。

IMG_6465[1]
(秩父神社)

神門をくぐると八重桜と新緑の緑が鮮やかです。

現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。また、毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。 (秩父神社HPより抜粋)

本殿は見事な造りなんですが、なんといっても目を引くのは極彩色の見事な彫物の数々ですね。

IMG_6472[1]

左甚五郎の策と伝えられている「つなぎの龍」

IMG_6476[1]

「お元気三猿」は日光のそれと違って「よく見て・よく聞いて・よく話す」がモットーです。

IMG_6484[1]

「子宝子育ての虎」はこれもまた左甚五郎の作と伝えられています。

IMG_6590.1[1]

最初気がつかなかったんですが、この建物の中に秩父線父駅がありました。右側に有名な武甲山がちらっと見えます。

IMG_6585[1]
(秩父線秩父駅)

全然立ち入り禁止の柵がないので勝手に線路のなかに入っていってパチリ。見つかるとまずいのでさっと退避します。さてここから4番札所の金昌寺(きんしょうじ)へバスで行く予定だったんですが、帰りのバスの待ち時間が長いことから止めました。

そんな折「バスが出ますよ」という声に聞いてみると、「羊山公園」の芝桜会場まで無料シャトルバスが出発するところでした。芝桜か・・行っちゃおう。というわけでバスに飛び乗りました。

あっという間に公園の駐車場に到着。ここから芝桜が咲いている場所まで10分くらい歩きます。

IMG_6567[1]
(羊山公園内)

この辺りはまだ新緑の色は薄かった。歩道脇のショカツサイや山吹の花を見ながらすがすがしい気分で歩いていったんですが、やっぱり暑くて堪んなかった!半袖でいいよ~。

続きます。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/04/29(日) 09:49:43|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秩父へ

西武秩父駅に着いたのが朝9時前。池袋経由で本厚木から約3時間。

IMG_6507[1]

秩父といえば夜祭で有名な秩父神社。

秩父羊山公園の芝桜
秩父羊山公園の芝桜 posted by (C)aki

全然予定をしていなかった羊山公園の芝桜見物。ご覧の通り見頃を迎えてました。

IMG_6665_copy[1]

秩父札所巡りで少林寺に行く時に偶然出くわしたSL。ラッキー。それにしても暑かった!熱中症で倒れるかと思ったよ。

というわけで詳しくはあとで。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/04/28(土) 17:25:23|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「DREAM TRAIN」中井精也 写真展

新宿西口のヨドバシフォトギャラリーINSTANCEで中井精也さんの写真展「DREAM TRAIN」が開催されています。4月23日(月)から29日(日)まで。

IMG_6438_copy.jpg

「鉄道は、夢を運んでいるんだ」として、旅先で出会った方々に声をかけ撮影をする中井精也さんが、日本を北は稚内から南は枕崎までのおよそ7000kmを縦断する鉄道のひとり旅。すばらしい出会いと笑顔の数々。

P4247368[1]

中井精也さんとお会いしました。お忙しい中、一声かけたら気軽に撮影に応じてくれました。入口が昔風の改札口ですね。

P4247357[1]

子供からお年寄りまで力強い夢、ほほえましい夢、涙ぐましい夢、・・・。さてさてあなたの夢は?と問われたらなんと答えますか。自分なら夢は「○×△□◆×」(内緒)と答えます。

P4247351_copy.jpg

夢に順位なんか付けられないけど、会場内この写真が一番気に入りました。幼い兄弟の笑顔が堪んない。お兄ちゃんは電車の設計を、弟は電車の運転手になるのが夢です。

正直いってこのような写真って素人には難しいよね。やっぱりプロという看板を背負ってないと無理だね。いきなり「あなたの夢はなんですか?」なんて見知らぬ人に聞いても相手にされないだろうな。

P4247369[1]

中井精也さんサービス満点。でも同じポーズばっかり(笑)。半端でなく大きな方でした。会場に設置されている小道具がふるってますね。「なかい」と駅名が入ってます。実際に使われていたのを譲ってもらったそうです。

ななかなか盛況のようですね。受付の女性もとっても親切な方で気持ちよかったです。それとですね、驚くことに会場内撮影自由になってます。

中井精也さんの写真を撮った後、

「先生、自分のブログにこの写真をアップしてもよろしいですか?」

「あ~、全然大丈夫です。」

なんでもお好きなようにとのことです。相変わらず太っ腹ですね。

太っ腹はいいですが、ちょっと太り過ぎじゃないですか(笑)。
  1. 2012/04/25(水) 05:46:49|
  2. 写真
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ニッポン放送

先日の日比谷公園の帰り道、ここに寄ってみた。

P4217344[1]

丸の内警察署の裏手に回るとお目当ての「ニッポン放送」があった。

昔からラジオ好きで特にニッポン放送はお気に入りのラジオ局だった。以前から一度は覗いてみたいなあと思っていたんだけど、なかなか機会がなかった。しげしげとビルを見上げちゃいます。もちろん外から眺めるだけですが。(振り返れば、社屋建て直し、お台場移転等などあったけど)

そうかこの中でうえちゃん(上柳昌彦アナウンサー)、まっちゃん(松本秀夫アナウンサー)カッキー(垣花正アナウンサー)達がマイクに向かってしゃべってんだ。

ここから発信された声(=文化)がいかに多くの若者達に影響を与えたことか。いろんなことが頭をよぎり、青春プレイバックの余韻に浸り、しばし立ち尽くしてました。
  1. 2012/04/23(月) 18:34:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インカ帝国展から丸の内

上野公園の「国立科学博物館」で開催されている『インカ帝国展』にやってきました。上野公園にはつい先日もお花見できたばっかりだ。

館内に入ってみるとまだ10時前だというのになんだこの混みようは。珍しく子供たちを見かけた。

P4217180[1]

インカ帝国は文字を持たなかったため帝国の全貌は謎に包まれています。インカ帝国の始まりからスペインに支配された後まで紹介されていて、総点数約160点のほとんどが日本初公開。それぞれ興味深いものだったんですが、なんと言っても一番は4体の実物のミイラでしょう。ここが一番混んでました。怖いもの見たさなんですが、中でも少女のミイラは眼球まではっきり残っていて生々しかったですね!

1533年にスペイン人フランシスコ・ピサロによって最後のインカ皇帝アタワルパが処刑されて帝国は崩壊するのですが、その処刑場面の絵がちょっとショックでした。征服者はいつの時代も残酷だ!

bijutu01.gif

P4217185[1]

公園内もすっかり若葉の季節へと移ってきて、淡い緑が鮮やかです。たくさんいた修学旅行の中学生がかわいかった。

そして東京駅へ。駅舎の改修工事がそろそろ完成に近づきその全貌を現しつつあります。

P4217198[1]

駅舎のこの写真が撮りたかった。なかなか見ごたえがありますね。

P4217200[1]

まだまだ工事が続いていますが、今年中には完成するのかな。一足お先にエキナカは大変なことになっているようです。

駅前の「丸ビル」の35Fに展望が楽しめるスペースがあるということで上ったんですが、お目当ての東京駅側は見えなくて皇居方面が少し見えただけでした。

お濠を見ながら日比谷通りを歩くと「明治生命館」の建物が見えてきます。

P4217208[1]

コリント式の列柱やアカンサスの柱頭彫刻が美しいこのビルは昭和9年(1934年)に竣工。平成9年に昭和の建造物としては初めて国の重要文化財に指定されました。

P4217241[1]

列柱はエンタシスと呼ばれる視覚矯正のための微妙なふくらみが付けられ、上部へいくほど細くなっています。近代建築ファンとしてこの建造物に大満足。明治生命館は土・日曜のみ11時~17時まで一般公開(無料)されています。せっかくですから入ってみます。

P4217229[1]

見学者もまばらでちょっと拍子ぬけです。1階店頭営業室(丸の内お客様相談センター)、2階会議室・応接室・食堂などが一般公開されています。柱、天井、照明や諸室のつくりの豪華さには驚かされます。写真撮影は自由。

明治生命館を出て皇居外苑の方向を望むとチラッと桜が目に入った。ちょっと行ってみるか。

P4217288[1]

これが大正解でラッキー。八重桜が満開でそれはそれは見事なものでした。

P4217272.1[1]

あいにくと曇り空で肌寒かったんですが、ベンチでお弁当を広げて桜見物を楽しんでました。

P4217296[1]

ソメイヨシノと比べてふんわりとした、もっこり感のある花びら、そこに緑の葉っぱがアクセントになって見ごたえがあります。思わず花びらを両手の中に包み込みたくなっちゃうね。

P4217267[1]

反対側にある千鳥ヶ淵方面の桜は有名ですが、ここの八重桜も来年からは見逃せない場所になりそうです。

お濠に沿って少し行けば日比谷公園。

P4217303[1]

色鮮やかなポピーが満開。ここでも思い思いにベンチに座り、お弁当タイムです。

P4217304[1]

それほど本数は多くはないですが、ここでもチューリップが見頃を迎えてました。イベントが開催されていて大勢の家族連れが集まっていて賑やかだった。

P4217331[1]

ここ「松本楼」でお昼を食べようとしたんですが、長蛇の列であきらめました。

P4217338[1]

公園内にある売店。おじさんがひとり店番してます。店のつくりといい、売っている商品といい、駄菓子屋風のいい味出してます。

公園内の新緑も日増しに色づいてきてるようです。これからは新緑を追っかけて西に東に、そしてお山へも行きたいですね。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
  1. 2012/04/21(土) 20:20:05|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Picnik本日終了

写真加工サイト「Picnik」がいよいよ本日でサービス終了となります。

2012041901.jpg

この写真が最後になりました。使い勝手もよく、品質もよくてとても満足していたので、今更ながらなくなるのがとても惜しまれます。

終了が告知されてからこれに変わるサイトを探したんですが、満足するものは今日まで見つからなかった。すべてフォト蔵にアップして、その画像を貼り付けることも考えました。これだと画質は保障されるんですが、フォト蔵にはどちらかといえば厳選した写真だけをアップしたいので、この方法にはちょっと躊躇しちゃうな。

当面は試行錯誤でいろいろ試してみます。
  1. 2012/04/19(木) 19:28:35|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国営昭和記念公園のチュリーリップは満開

桜の次はチューリップですね。立川の国営昭和記念公園へ(訪問日17日)。ここ3年連続で見に来てます。

国営昭和記念公園のチューリップ
国営昭和記念公園のチューリップ posted by (C)aki

桜が遅れたのでチューリップもそれなりに遅れるのかなと思っていたら、ドンピシャ例年通りに見頃を迎えてました。チュウーリップの絨毯のようで皆さんの口から歓声があがります。

国営昭和記念公園のチューリップ
国営昭和記念公園のチューリップ posted by (C)aki

これほどのチューリップを目の前にするとどこから撮っていいのやら迷ってしまいます。てんこ盛り過ぎます。見頃を迎えているんですが、中にはピークを過ぎているのもあり、花びらにシミが出来ているのでアップの時には要注意ですね。毎年これだけの素晴らしいチューリップを咲かせてくれる係員の方に感謝です。

その他の写真はこちら。クリックで拡大。

EOS5DMarkⅡ、EF17-40mmF4L、EF24-70mmF2.8L、TAMRON 90mm F2.8 MACRO

posted by (C)aki
  1. 2012/04/18(水) 06:29:10|
  2. 四季の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満開の桜も祝う結婚式

当日は早朝に出発。あいにくの雨模様で寒かった。甲府盆地を通過する時は桃の花が鮮やかでした。長野県を南下していくにしたがって桜もちらほら見えてきた。

早咲きの見事な桜に囲まれた結婚式場には午後2時に入り、結婚式、親族紹介、記念写真、披露宴・・・終わったのが8時過ぎ。疲れた~。久しぶりにお酒を飲んで、腹いっぱい食べて、数々の感動の場面に涙腺がゆるみ、無事終了しました。

2012041601.jpg

翌日帰る前に誘われて市内の桜見物。寒さのため咲くのが遅れたのが幸いしてちょうど見頃を迎えてました。

2012041602.jpg
(長姫のエドヒガン 長野県天然記念物)

地元にこんな見事な(推定樹齢450年以上)桜があるとは知らなかった(驚)。幹と根張りが雄しく均整の取れた樹形は古木の風格が漂います。

2012041607.jpg

桜の満開の時に帰省したことなかったので、市内にこんなに桜の名所があるとは全然知らなかった。子供のころはほとんど桜に興味はなかったしね。

2012041603.jpg

あちこちを回りました。見事な枝垂桜です。

2012041604.jpg

こんなに見事な桜があるなら来年以降もこの時期に桜見物に来たくなっちゃうね。

2012041606.jpg

というわけでおめでたい結婚式と思わぬ満開の桜も見られて大満足の小旅行でした。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
  1. 2012/04/16(月) 18:27:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ