晴れたらいいね

no photo no life

来春に向けて

早速ですが、テンプレートを久しぶりに変えました。

自分の部屋の掃除はとっくに終わっているんで、今日は終日のんびりしてます。

そこで気が早いんですが、来春の「青春18きっぷ」のコースプランに没頭。

・発売期間:2月20日 - 3月31日
・利用期間:3月1日 - 4月10日

2012123001.jpg

とりあえずひとつのコースプランを立てました。

どうなるか分からないけどね。

こうして時刻表と「えきすぱーと」を眺めているのもまた楽しい。

2013010202.jpg
(「青春18きっぷとローカル線ののんびり旅案内」芦原伸 洋泉社)

ついでにこの本もamazonでポチっとしてゲット。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/30(日) 17:33:01|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中村勘三郎さん本葬

中村勘三郎さんの本葬が築地本願寺で盛大に執り行われました。
日程が決まった時からお焼香には絶対に行くと決めていたんで、午後から都合をつけて駆けつけました。

2012122701.jpg

ある程度予想はしていたんだけれど、地下鉄築地駅を出たら・・・うわぁ~なんだこれは!!

築地本願寺を一周するかのようにすでに何百メートルの行列が出来てました(驚)。
最終的には1kmにもなったんじゃあないかしら。大勢の警官が整理にあたってました。

陽の当たらない寒い歩道で1時間半並んでようやく本願寺に入れました。
いやあ寒くて辛かったなあ~。よかった万が一に備えて背中にホカロンを貼っといて。

行列の95%は中高年の女性です。周りはみんな女性で肩身がせまかったなあ。

2012122702.jpg

本願寺の境内もこの人の波、波。

あとで調べたら弔問に12,000人の方が訪れたようです。実感としては数万人いたんじゃあないの。
本当に勘三郎さんは多くの人たちに慕われてましたね。

2012122703.jpg

ここでも待たされること1時間半、ようやくお焼香の順番が回ってきた。最初に行列に並んでから
3時間以上かかってしまった。

場内は撮影禁止。

篠山紀信さんが撮影したとってもいい表情の勘三郎さんの大きな写真が正面に飾ってありました。
順番で並んでいるとあちこちからすすり泣きが聞こえてきました。次第に気分が盛り上がり危うく
自分も涙しそうになった。

お焼香を終えて帰ろうとしたら・・びっくり。

中村勘九郎さん、七之助さん兄弟が目の前に立っておられ、弔問客ひとりひとりに挨拶をされてました。
テレビで散々拝見したご兄弟が目の前にいるなんて本当にびっくり。とっくに帰ってしまったかと思っていたのにね。

大勢の弔問客のために2時間近く立っていたんじゃあないのかな。

2012122704.jpg

焼香を終えて帰ろうとしたんだけど、境内にはまだまだこんなにたくさんの弔問客が並んでいました。

2012122705.jpg

辺りはそろそろ薄暗くなりかけていた。いやあともかく終わってホッとしました。

このあとせっかくですから築地の場外市場へ。

2012122707.jpg

時間が遅いせいか客足もそんなに多くなく、店じまいをそろそろしようかな・・という雰囲気でした。

2012122706.jpg

2012122708.jpg

ろくにお昼を食べていないのでラーメンの井上に寄ろうとしたら、今日の商売は終わってました。

これからは勘九郎兄弟ばかりでなく、歌舞伎界全体で勘三郎さんの遺志を継いで行って欲しいですね。

E-P2 ED 14-42mm F3.5-5.6、IXY510IS

<お知らせ>
管理人のもうひとつのホームページ「MTBでツーリングを楽しみませんか」を12月31日をもって閉鎖いたします。長い間ご愛顧頂き心より感謝いたします。微力ながら皆さんのツーリングのお役に立てたことを誇りに思い、忘れられない思い出となりました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「MTBでツーリングを楽しみませんか」をリニューアルして再びアップする予定です。
それまでは現状のままと致します。
  1. 2012/12/27(木) 20:01:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アメ横の雑踏もまた楽しい

東京駅に向かう丸の内界隈には新旧の素敵なビルが林立しています。ゆっくり見たいところですが、
寒いし、次の予定があるんでパチッとして通り過ぎます。

2012122401.jpg

東京銀行協会ビル。

2012122402.jpg

日本工業倶楽部会館。

大好きな東京駅の写真は今日はパスして山手線で上野へ。

2012122403.jpg

今年もやって来ましたアメ横。年末ぎりぎりのあの大混雑まではいってませんが、かなりの混みようです。

2012122404.jpg

アメ横は本当に安いの?品物はいいの?味はいいの?初めての人は関心あるよね。

ごくごく自然に雑踏に身をゆだね、店員さんとお客さんの活気あるやり取りを眺めながら歩きましょう。
お目あての品物が見つからなくてもこの雰囲気を楽しむだけで十分です。

2012122405.jpg

日頃食料品の買い出しは家人任せなので、品物の善し悪しや高いのか安いのかいまいちピンとこない。

2012122406.jpg

たくさんの新巻鮭がどかどかっと置かれてます。皆さんの目が真剣です。でも正直いいお値段ですね。

2012122415.jpg

小籠包のこのお店が繁盛してました。アメ横に一歩踏み込むと中国語があちこちから飛び込んできた。
このお店も中国の観光客が大勢立ち寄っているのかな。

2012122407.jpg

テレビの朝番組で紹介されていた徳大寺。アメ横の雑踏を一歩入った所にこんな空間があったんですね(驚)。
知らなかった。お参りをしましたがごくごく普通のお寺です。

2012122414.jpg

店員さんの客さばきも慣れたもんです。巧みな話術で引き込んじゃいます。は~い、まいどありー。

2012122412.jpg

するめいかもこうしてドカーンと置かれると豪快ですね。

2012122411.jpg

せっかくですから今年もまた乾き物を一袋買って人波から脱出。

2012122413.jpg

不忍池をぶらっとして帰ってきました。

E-P2 ED 14-42mm F3.5-5.6
  1. 2012/12/24(月) 13:02:03|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新宿から東京駅まで歩く

2週連続でウォーキングです。今回ものぶぞうさんのレポを参考にさせて頂きました。

ルートは新宿駅東口から東京駅まで。

2012122301.jpg

新宿発9時のロマンスカーは満席売り切れ。3連休の真ん中、箱根方面の温泉につかってホッカホカ。

2012122302.jpg
(新宿東口)

東京駅までは意外と簡単で、新宿通りをまっすぐ行き、半蔵門に出たら皇居を半周して東京駅へ。

2012122313.jpg
(四谷4丁目交差点)

新宿通りと外苑西通りとが交差する四谷4丁目の交差点を江戸の時代には「大木戸」と呼ばれていた。

大木戸は、江戸市街地へ入る検問所でした。江戸から西へ向かう人にとっては、この場所で江戸に別れを告げ、また甲州街道や青梅街道を旅してきた人たちは、ここが江戸の入り口だった。以前例のブラタモリでも紹介されてたと思う。

2012122303.jpg

前回の多摩川とは趣は大きく異なり、ネタになるようなものは少ないです。黙々とビル群の中の通りを進みます。ちょっと天気が悪いなあ。

2012122304.jpg
(四ツ谷駅前)

JR四ツ谷駅前の陸橋の街灯がクラッシクでちょっといい。

2012122305.jpg
(四ツ谷駅前)

中央線を見下ろし、聖イグナチオ教会の鐘の音を聴きながらいいペースで歩きます。今日は距離が短いので気が楽ですね。

新宿から1時間ちょっと、あっという間に皇居の半蔵門に到着。何かあっけなかった。

2012122306.jpg
(半蔵門付近)

相変わらず皇居周回ランニングが人気ですね。

ところで警官の姿が目立った。あれっ、あれっ、今日は何だっけ?

そうだ天皇陛下の誕生日だ!すっかり忘れていた。 

ということは、記帳できるのかな。

いやいや宮殿で一般参賀あるはずだ。まったく予定してなかったのでラッキー(にっこり)。

一般参賀は昔2回ほど来ているので要領は分かってます。当然のことながら今日も荷物検査からボディーチェックまで相変わらず厳しいですね。婦警さんに上から下まで触られて、金属探知機でのチェックは前回なかったなあ。

2012122307.jpg

皇宮警察かな、ものすごい数の私服の警察官がすごい怖い顔でにらみつけ、チェックしてました。

2012122308.jpg

皇宮警察のイケメンが1点を見つめて微動だにしません。奥にあるのは簡易トイレではありません。

2012122309.jpg

奥にあるこの橋が本当の二重橋です。皇居外苑から見える手前の橋と誤解されているようです。

小旗は入るときにみんなに配ってくれるのですが、この方はお手製で持参した日の丸ですね。

2012122312.jpg

待つこと20分。

2012122310.jpg

時間は11時、天皇陛下や皇后陛下のお出ましで小旗が一斉に振られ、ものすごい歓声が上がります。この場にいなければ体験できないとても高揚した気持ちになります。ご自身のお体のお話や、大震災を気遣うお言葉などお顔を拝見しながら聞くお言葉はとても胸に響きました。

天皇陛下ご一家の写真も撮りましたが、差し控えます。

2012122311.jpg

帰りは大群衆が事故のないようにゾロゾロとゆっくり歩いてそれぞれの方向に散って行きます。桔梗門を通り東京駅へ。この後東京駅から師走といえばあの場所へ向かいました。

ウォーキングのレポの予定がいつの間にか一般参賀の話になってしまったようで(笑)。

続きます。

E-P2 ED 14-42mm F3.5-5.6
  1. 2012/12/23(日) 17:37:07|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

浅草文化観光センターからの眺めは抜群

羽子板市の帰り道、人形焼のおじさんの技にしばし見とれます。

2012122001.jpg

浅草寺に向かう洪水のような流れをぬってやっとこさ雷門まで戻ってきました。

2012122008.jpg

雷門の交差点の向かい側に浅草文化観光センターの建物が目に入りました。
今年4月にオープンしたようです。ちょっと覗いていこう。

エレベーターで8Fへ。

2012122006.jpg

展望テラスと浅草展望カフェ「みはらしや」がありました。(奥が喫茶室)

2012122003.jpg

おっ、スカイツリーや吾妻橋がばっちりだ。

2012122010.jpg

「みはらしや」でコーヒーブレイク。

窓際の席からはガラス越しに雷門、仲見世、五重塔がばっちりです。こりゃあいいや。

2012122007.jpg

展望テラスから7Fに降りる外階段から雷門が手に取るように見られました。ジオラマのようですね。
カメラを落とさないように気を付けましょう。

8Fは三社祭の時とっておきのビューポイントになりそうなんですが、混雑が予想されるので入場規制がかかりそうですね。

展望テラスや喫茶室での眺めを楽しんでください。余談ですが地下のトイレに寄ったんですが、
メチャメチャきれいだった。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/12/20(木) 19:24:57|
  2. 東京下町散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

浅草寺羽子板市

浅草仲見世の混雑はちっとも煩わしくはないですね。見慣れた光景でも来るたびに人の心をワクワクさせてくれます。

2012121815.jpg

年の瀬だというのに今日のポカポカ陽気は大助かり。ここでは急がず流れに身を任せましょう。

2012121804.jpg

今年もやってきました浅草羽子板市。

2012121805.jpg

「押絵羽子板」は、江戸時代後期(1800年ごろ)江戸歌舞伎の隆盛を背景に、浮世絵師の描く役者絵を押絵細工として羽子板に取り付けたのが始まりです。ー浅草寺歳の市パンフレットより

2012121806.jpg

五重塔前を中心に羽子板、羽根、江戸玩具、江戸小物、手摺り版画等を売る50以上のお店が所狭しと並んでいます。東京のお店が多いですが、平塚、春日部、二宮町、新座市からやってきてます。

2012121807.jpg

皆さんお値段が気になるところですが、高いものでも5万円ぐらい、売れ筋は1~3万円クラスでしょうか。
けっして高くないですよとお店の方が説明されてました。安いものは値札が付いていますが、お高いものは付いてません。交渉になるんでしょうか。縁起物なんであんまり値切っている人は見かけなかった。

お買い上げがあると揃って手締め、いい年をお迎えください。

2012121808.jpg

毎年カメラマンの一番人気はこのお店のおかみさん。

2012121812.jpg

この羽根もよく売れてました。

2012121811.jpg

五重塔前の名残のイチョウ。

2012121809.jpg

一見すると同じように見える顔も職人さんの個性が出ています。よく見ると、とても色っぽい表情をしてます。

2012121813.jpg

NHKの海外向けの放送でしょうか、TVクルーが取材に来てました。流暢に英語を話す女性が何度もリハーサルをやってました。

2012121816.jpg

品数が多く、下から上までびっちり並べているお店が景気がいいようです。それとお客さんの呼び込みの上手なところでしょうか。今年もいいものを見させてもらいました。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/12/19(水) 18:57:48|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草寺歳の市~浅草羽子板市

今年もあと2週間となりました。

年末の風物詩として有名な浅草の羽子板市が昨日から開催されています(17日~19日)。羽子板はもちろんなんですが、お目当ての方のお顔を一年ぶりに拝見したくて今年もやってきました。

2012121801.jpg

恒例の仲見世通りの正月の飾り物は干支にちなんだヘビの絵柄です。

2012121802.jpg

羽子板市は昨日が天気が悪かったせいかな、天気に恵まれた今日、メチャメチャ混んでました。

藤娘や娘道成寺?の表情が色っぽいですね。

とりあえず。
  1. 2012/12/18(火) 19:06:09|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩川を六郷橋まで歩く

急に思い立って多摩川へ。寒くなってからウォーキングさぼっていたんで無性に歩きたくなった。

小田急の和泉多摩川駅から多摩川の土手に出ます。

9時半スタート。初めてなんでどのくらい足を使うのか分からないけど、六郷橋まで行けたらいいなあ。まあ途中で止めてもいいだけどね。ともかく行けるとこまで行ってみよう。

2012121610.jpg

今日は絶好の天気に恵まれたんだけど・・暑すぎて参った。

ただひたすら歩くだけです。季節が春だったらもっと周囲の景色を楽しめるんだけどね。

2012121612.jpg

このコースは自転車乗りやランニングをする人にとって最高の場所なんでしょうね。実に多くのローディーやランナーとすれ違いました。

2012121613.jpg

東名高速道路の下のコースに数十台のバイクが集まっていた。圧巻の光景でしたが、何かの試験かな?。

2012121614.jpg

今回は土手を歩くのではなくて終始下の道を歩きました。自転車やランニングの行き交いに邪魔されることなく気ままに歩けます。

2012121615.jpg

あっという間に二子玉川に到着。田園都市線が見えます。今回川下までいくつかの線路を横切ります。いろんな電車を見るのも楽しみですね。ただ午前中は逆光になるので撮りづらいです。

二子玉川から少し下った所でお腹がすいた。コンビニおにぎりで少し早いお昼です。時間は11時半。

2012121616.jpg

アメフトの練習を見てたらマネージャーらしき女性に写真を頼まれました。集合写真をパチリ。あとで調べたらJPFFリーグ所属のBRANDINGS(ブランディングス)でした。とっても礼儀正しい若者たちでした。

2012121617.jpg

東横線の鉄橋をくぐり、鉄橋のたもとで釣りをしている人を眺めながらパチリ。

2012121618.jpg

丸子橋を抜けて少し先には横須賀線と新幹線が通ってます。この辺りから足が・・疲れと痛み。大丈夫かなまだ先は長いよ。

2012121619.jpg

今回多摩川の左岸を下ったんですが、意外だったのは野球場ばっかり。自分の地元の本厚木周辺の相模川と違って本当にきれいに整備されてますね(驚)。サッカーをやっているのをほとんど見かけなかった。

2012121620.jpg

多摩川沿いの高層マンション群もフォトジェニックですね。

多摩川大橋の手前で同じく歩いているおじさんに、六郷橋まであとどのくらいかかるか聞いたら、

「あんたの足だったらあと1時間はかかるよ」

そんなにかかるの、疲れがドッと出た。止めようかな・・いやここまで来たんで最後まで行こう。

2012121621.jpg

ようやく六郷土手にやってきた。ホッと。時間は午後2時を回っている。遠くに東海道線が見えます。それにしても多摩川緑地の広大なこと!

2012121622.jpg

京急の鉄橋の下をくぐり六郷土手駅へ。時間は2時半。うわ~出発から5時間もかかってしまった。あとで調べたら歩いた距離は17、8kmでした。満足の多摩川下りだったなあ。

2012121623.jpg

京急で横浜に出て帰ってきました。

機会があれば水の温んだ春にのんびり水辺を散策してみたいですね。

E-P2 ED 14-42mm F3.5-5.6

※周辺光量不足が目立つね。
  1. 2012/12/17(月) 04:50:58|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

丸の内イルミネーション

丸の内仲通り沿いの街路樹約231本が、上品な丸の内オリジナルカラー“シャンパンゴールド”色のLED約101万球で光り輝く「丸の内イルミネーション」にやってきました。初めてなんで期待してます。

時間があったんで丸の内ビルで時間をつぶします。中高年のおねえさんたちで中はいっぱい。どうやらお目当ては夕方5時から始まるイルミネーションのようです。

皆さんのカウントダウンが始まり5時ぴったしに点灯。あちこちから歓声が上がります。

IMG_0959_copy.jpg

IMG_0975_copy.jpg

正直最初はまったくうまく撮れなくて困惑。イルミネーションっぽく写らない。イチョウばっかり写っちゃってLEDが全く写らない。

う~ん????

思い切って露出を+1~+2に調節してみた。WBもいろいろ変えてみた。そしたらようやくイルミネーションっぽく写った。最近は青色を中心にカラフルで凝ったイルミネーションが多い中、シンプルな正統派イルミネーションの趣ですね。

何組かの方に頼まれて写真を撮ってあげたけど、他人のカメラはむつかしい。

IMG_1054_copy.jpg

IMG_1022_copy.jpg

丸の内ビルの中にもツリーがあり、これもまたきれいだった。劇団四季60周年展としてミュージカル「オペラ座の怪人」の衣装なども展示されていて人目を引いてました。

IMG_0918_copy.jpg

東京駅に戻ってきました。

2012121402.jpg

さすがに一時の大混雑はなかったけど、人気は衰えてません。

IMG_1148_copy.jpg

IMG_1149_copy.jpg

特別のイルミネーションは見当たらなかったけど、東京駅の夜景もまた一見の価値がありますね。

20121214203804_copy.jpg

帰りの小田急が車両故障の影響で大幅に遅れてしまい、空腹に耐えきれず海老名で途中下車。駅構内の箱そばで腹ごしらえ。相変わらずかき揚げが分厚くて食べ出があります。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L、一脚、ケータイ
  1. 2012/12/15(土) 12:57:46|
  2. 東京お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

義士祭~泉岳寺

午後2時前、泉岳寺駅に降りったった人の足は皆泉岳寺に向いていました。

義士祭(冬)は毎年12月14日と決まっています。※義士祭(春)4月1日~7日

IMG_0722_copy.jpg

中門の前にも山門の前にも屋台がたくさん出ています。それにしても義士祭がこんなに盛大で混むとは予想してなかったなあ(驚)。もっとひっそりとやっていると思っていた。

IMG_0725_copy.jpg

本堂の周辺もたくさんの屋台が並んでいて、特設テントの中ではお食事中。

IMG_0735_copy.jpg

本堂の前でお線香(100円)を買って参拝します。

さて四十七士の墓所に行こうとしたら・・なんだこれは!

IMG_0748_copy.jpg

入場規制がかかっていて長いこと待たされました。

IMG_0756_copy.jpg

2年前に義士祭の前日にここに来たことがあるんですが、今日と違ってガラガラだった。

結局列に並んでからお墓参りが終わるまで1時間近くかかってしまった。ふぅ~。

IMG_0796_copy.jpg

ここでもまたお線香を買って義士ひとりひとりのお墓に供えました。最初は丁寧に拝みましたが、さすがに最後はパッパッパとね。亡くなった年齢も千差万別ですね。

IMG_0764_copy.jpg

立ち込めるお線香の煙で霞んで見えにくくなってます。

IMG_0774_copy.jpg

大石内蔵助と大石主税のお墓は特別です。

IMG_0791_copy.jpg

16歳で亡くなった大石主税のお墓の前。チラチラと燃える炎が短かった命の残り火ように感じられ哀れです。大義とはいえこの若さで死んでしまうなんて・・。

お墓参りを終えた3時ごろからさらに参拝者が増えてきました。

お目当ては四十七士の行列ですね。午後2時半予定が1時間遅れでやっと境内に到着しました。どこからやってくるのかな?

大石内蔵助を先頭に四十七士が本堂の前まで進みます。皆さん怖い顔なんかしてその役柄を演じきっています。

IMG_0827_copy.jpg

大石内蔵助が参拝者に無事本懐を遂げたことを報告します。

IMG_0833_copy.jpg

そして勝ちどきの声を張り上げ、空に向かって刀や槍を突き上げます。

エイエイオー、エイエイオー。

いやあ時代劇そのものだね~、義士祭も最高潮に達します。

初めてだったんで撮影ポイントがわからず、またものすごい人ごみで苦労しました。危うく撮り逃がすところでした。本堂の前から撮影。

IMG_0897_copy.jpg

無事大役を終えてホッとする大石内蔵助。

討ち入りから300年以上たっているのにいまだに日本人が大好きな赤穂浪士のお話です。

このあと東京駅へ。

続きます。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2012/12/15(土) 09:24:16|
  2. 東京お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ