晴れたらいいね

no photo no life

成田山から土浦へ

ようやく総門にたどり着いた。見事なものですね~。

2013022801.jpg

平成20年に開基1070年祭記念大開帳に合わせて、平成19年11月には総欅造りの総門が落慶されました。成田山の表玄関にふさわしい荘厳な造りで参拝者を圧倒しています。

総門をくぐった瞬間、これはとてつもなく広い境内だなあと実感しました。

2013022802.jpg

仁王門が見えています。

参道に屋台が出ていますが、写真には隠れてますが、この右の広い敷地にお土産屋さんがどーんとありました。

2013022803.jpg

ひときわ目立つ「魚がし」と書かれた大提灯は、東京築地の魚河岸の旦那衆が、昭和43年に奉納したものです。骨部分は砲金(青銅の一種)製で、重量が1.5トンにもなります。

急な階段を上れば巨大な大本堂が目の前に現れた。

2013022804.jpg

なるほどこの広さなら節分の豆まきに数千人が集まっても大丈夫ですね。

2013022805.jpg

極彩色の三重塔もひきつけます。

2013022806.jpg

境内の梅林で梅まつりをやってましたが、紅梅だけがちょぼちょぼでした。でも今年初めて梅を見た。

成田駅に戻り、成田線で我孫子まで行き、常磐線に乗り換えて土浦へ。土浦がこのパスのフリーエリアの一番端ですね。

電車の中でフィリピン帰りのおじさんに話しかけられた。聞けば10ケ月ぶりに日本に帰ってきたそうです。奥さんがフィリピンの方で、福島の実家とフィリピンを行ったり来たりしているそうです。フィリピンは物価も安いし、住みやすくて最高だとおっしゃってました。お手伝いさんを雇っても月10万あればやっていけるそうです。おじさん(70歳前後)色つやよかったなあ(笑)。

昔仕事でよく水戸に行ったけど、土浦で降りるのは初めてです。この「休日おでかけパス」がなかったら一生来ることはないですね。

お目当ては駅から10分程度の旧水戸街道の中城商店街です。蔵造りの古い街並みが続いています。

2013022809.jpg

角の天ぷら屋さんの古い建物。ここから入っていきます。

2013022816.jpg

この建物は「土浦まちかど蔵・大徳」です。観光協会になっていて、土産品コーナーやギャラリーも併設されてます。

2013022810.jpg

誰でも気軽に入ることが出来、写真はOKです。ちょうど土浦市周辺で雛まつりが開催されていて、2階にはたくさんのお雛様が飾られていた。

2013022811.jpg

やっぱり雛飾りには女の子が一番お似合いですね。

2013022818.jpg

大蔵の向かいは「土浦まちかど・野村」がありました。江戸時代からの商家で、蔵は現在はカルチャー室や予科練関係の資料展示に利用されています。

2013022812.jpg

少し先には先には黒漆喰の江戸期の土蔵造りの矢口家住宅がありました。一部傷みひどいようで、崩れ落ちそうになっていて改修工事をやってました。

2013022813.jpg

屋根付きの看板を掲げた吾妻庵総本店、創業100余年の日本そば屋さんです。お店のご主人かな、観光客に樹齢200年という自慢の梅の木を説明してました。

2013022815.jpg

イベントの一環として景気づけにチンドン屋さんも通りを練り歩いていたんですが、観光客もパラパラで寂しかったですね。

帰りは武蔵野線でぐるっと回ってくる予定が、電車の接続がうまくいかず、結局上野回りで帰ってきました。

あとになって気が付いたんですが、このパスのフリーエリア外を乗車しても分かんないと思うのですが。例えば土浦からエリア外の友部まで行き、水戸線に乗り換えて小山まで行く(小山はエリア内)。それでもって小山で降りても改札口でひっかることなく出られると思うのですが。もちろん利用条件に違反してますが。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 05:48:07|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | コメント:0

成田空港から成田山新勝寺へ

JRの「休日おでかけパス」を使って出かけました。「青春18きっぷ」の小型版ですね。

みどりの窓口で買えますが、当日(23日)横浜駅の指定席券売機で買いました。

2013022620.jpg

行先をいろいろ考えましたが、去年青春18きっぷで千葉に行った時立ち寄れなかった成田山新勝寺中心に回ってみよう。

ということで横浜駅まで出て、成田空港直通の「エアポート成田」に乗車。最初に成田空港に行って飛行機の写真を撮ろう。羽田空港では何度も飛行機の写真を撮っているんですが、成田はさすがに遠くてねぇ~。

成田空港に着いたのが8:48。横浜から2時間ちょい。

さっそく第一ターミナルの展望デッキへ。強風がビュンビュン、ひぇ~ものすごく寒い!体感温度-3度。

2013022601.jpg

2013022602.jpg

久しぶりの撮影でワクワクしていたんですが、この寒さに負けた。手が冷たくなって思うように写真が撮れない。それにレンズはEF24-105mmF4Lなんでアップが・・全然足りない。

2013022623.jpg

飛びったった飛行機は豆粒にしか写らない。事前に予想はしていたんですが、重たい望遠レンズを持って来るわけにはいかず、仕方ないですね。

そんなわけで20分でギブアップ。やっぱ飛行機の写真は羽田だね。

2013022603.jpg

成田エクスプレスです。かっこいいけど、汚れが気になった。老朽化しているせいかな。一時間に1本の逗子行き電車で成田駅に戻ります。

歌舞伎の市川家とは縁の深い「成田山新勝寺」。節分には市川家、横綱をはじめ有名人が毎年豆撒きにきますね。初めて来ました。

成田山まで成田駅から800m。

2013022624.jpg

表参道とよばれる通りを歩いていきます。

2013022621.jpg

想像していたより通りが明るくて広く、お店も真新しいですね。道の両側には干支の石造が置いてあります。兎が見えますね。上町と呼ばれるこの辺りは歩行者がゆったり歩けるようになってます。最近通り全体をリニューアルしたようです。

両側の町並みを目で追いながら歩いていくと、

2013022604.jpg

この古い造りの滝沢商店から町並みの趣ががらりと変わりました。

思わず、おおっと声が出ます。

2013022606.jpg

道幅が急に狭くなり、下って行きます。遠くに成田山の塔が見えます。

一挙にタイムスリップして江戸時代の成田詣での世界に入っていきます。

2013022607.jpg

目の前に当初予想していた町並みが突然現れました。古い木造建築のお店が並び、風情ある町並みを楽しみながら散策できます。

参道沿いにはたくさんのお店が並び、成田名物にもなっている「鉄砲漬」等漬物や羊羹、川魚、煎餅を売るお店を多く見かけます。しかしなんといっても多くの観光客を引き寄せていたたのは「うなぎ料理」のお店ですね。

2013022608.jpg

この「川豊」といううなぎ屋さんの前に人だかり。

2013022609.jpg

板さん達がうなぎを目の前で捌いてました。次から次へと見事なもんです。

2013022622.jpg

お断りして写真を撮らせてもらいました。この他にも目の前でうなぎを捌いている店がありました。

その昔、江戸からの長い旅路の疲れを癒す為の栄養価値の高いうなぎ料理の人気が高かったようで、その伝統が今に引き継がれているようです。昔は近くの印旛沼あたりから取り寄せたそうですが、今はどこから?

こんな町並みを興味深く眺めていると肝心の成田山新勝寺になかなかたどり着けない。

そしてもうひとつこの界隈でひときわ目立ったのがこの建物です。

2013022610.jpg

創業300余年、この建物は築70年の旅館「大野屋」です。木造4階建て、最上階は望楼となっています。登録有形文化財です。

2013022611.jpg

旅館と言っても現在は宿泊はやってなくて、お食事だけのようです。昔は多くの参拝の旅人がここで草鞋を脱いだんでしょうね。

2013022612.jpg

フォトジェニックな眺めです。この表参道を見るだけでもここにきた価値がありますね。

2013022613.jpg

漬物屋さんです。

そしてようやく、

2013022614.jpg

大本山成田山の総門の前に到着。

続きます。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2013/02/26(火) 06:23:46|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | コメント:0

零戦とご対面

2、3日前に偶然この記事を見つけました。

2013022405.jpg

あの「零戦」がまだこの世に存在していたとは・・驚きました。(調べたら日本をはじめ世界各地で数機が保存されています)零戦(ゼロ戦)の戦いは昔散々テレビで見たので頭に焼き付いている。

「所沢航空発祥記念館」に出かけました。今回を逃したら2度とないだろうな。帰りはついでに東京マラソンでも見てこようかな。

西武新宿線で新宿から約40分で「航空公園駅」に到着。記念館は駅から10分弱です。

2013022401.jpg

YS-11の機体がどーんと置かれてます。

2013022403.jpg

こちらにはC-46A輸送機が。

一帯が所沢航空公園になっていて、航空記念館や各種運動施設、野外ステージが整備されています。

2013022402.jpg

ようやく記念館がみえてきたぞ。大きな格納庫が見えてきた。

2013022404.jpg

入口には所沢で飛んだ(1911)日本初の国産軍用機の「会式一号飛行機」の原寸大レプリカがお出迎え。

特別入場料を払い中へ。零戦はどこだ!ちょっと気がはやります。

2013022406.jpg

オーこれか!

同機の正式名称は「海軍零式(れいしき)艦上戦闘機五二型」で、1944(昭和19)年6月にサイパン島で米国海兵隊によって無傷の状態で捕獲されました。その後民間に払い下げられ、1957年にPLANES OF FAMEの創設者が引き取り現在に至っています。栄二一型エンジンをはじめ多くの部品がオリジナルのまま飛行可能な世界で唯一の機体です。

同機は改良を加えながら日本の航空史上最高の約10,500機が生産されました。
(館内パンフレットより抜粋)


去年11月アメリカから分解されて運ばれてきて、再度組み立てられ展示されています。

2013022407.jpg

想像していたより小さいですね。これが一時期連合軍を悩ました戦闘機か・・。

あらゆる方向から写真を撮ったのでご覧ください。周囲に階段が設置されていてとても見やすかったです。カメラマンのことをよく考えてくれてました。

<海軍零式艦上戦闘機五二型の諸元>
全幅 11.0m
全長 9.1m
最大速度 564.9km/h
航続距離 1920km
エンジン 14気筒1100馬力
乗員数 1名
武装 胴体内7.7mm銃x2、翼内20mm銃x2


2013022408.jpg

2013022409.jpg

2013022410.jpg

2013022411.jpg

2013022412.jpg

最初は興味本位で眺めて夢中で写真を撮っていたんですが、最後に狭い操縦席を見た時にガーンと来た。たったひとりで零戦に乗り込み、敵に向かっていったとき、若者は何を考えていたんだろうか。20代の若さで散って行った多くの若者たちのことを思うと胸がつまります。

会場では旧日本軍の戦闘機開発の歴史などいろんな資料が展示されています。

広い館内ではその他に主に自衛隊が使った練習機やヘリが多数展示されてました。ヘリコプターの機内には自由に入ることが出来ます。

2013022413.jpg
(富士T-1B-10)

2013022415.jpg

2013022416.jpg

2013022417.jpg

2013022418.jpg
(ノースアメリカンT-6G)

零戦展示は3月31日迄です。3月末にはこの零戦の「エンジン始動見学会」等もあります。興味のある方はどうぞお出かけください。

風も強いし寒いので東京マラソンを見ることなく帰りました。

EOS5DMarkⅡ、EF17-40mmF4L(今日はこの広角レンズで正解でした)
  1. 2013/02/24(日) 16:50:46|
  2. その他
  3. | コメント:0

飛行機とお寺と古い町並み

お得な「休日おでかけパス」を利用して出かけました。

2013022301.jpg

成田空港で久しぶりに飛行機の写真を撮り、

2013022302.jpg

歌舞伎の市川宗家と縁の深いの成田山新勝寺へ。

2013022303.jpg


広大な境内の中にそびえ立つ荘厳な大本堂、三重塔に感動しましたが、表参道の両側にひしめく古い木造建築、風情あるお店に目を見張りました。

このあと土浦まで足を延ばしました。

とりあえず。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2013/02/23(土) 18:54:42|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | コメント:0

あれば便利なもの

あれば便利だけど、なくてもさほど困らないもの。

そんなもの世の中にたくさんあるけど、シュレッダーもそのひとつ。会社じゃあ必需品だけど家庭ではねえ。

公共料金、電話、クレジット明細、等々ちらっと見てポイ。でも個人情報満載だから一応やばいところは破って捨ててました。この作業が結構面倒で、たまりにたまっていやになっちゃった。シュレッダーがあれば便利だろうな~。

と思っていたら、先日の日曜版にシュレッダーの記事が載っていて、心動かされました。

2013022001.jpg

コクヨの「kps-x80」です。(後で調べたらこの機種が一番の売れ筋なんですね)

お値段もお手頃、大きさも適当。静音性もいいです。

2013022002.jpg

まあ強いていえば裁断サイズ4x40mmがちょっと大きいかな。それに最大細断枚数A45枚と書いてあるけど、つまるのが怖いのでとてもそこまでは出来ない。

さっそく今まで溜まっていたのを一気に片づけた。

感想、買ってよかった!満足です。
  1. 2013/02/20(水) 18:27:37|
  2. お買い物
  3. | コメント:2

2013春節祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)其の弐

祝舞遊行のパレードも佳境に入ってきました。

2013021901.jpg

中国のお祭りといえば爆竹がつきものです。ここでは勝手に道端でバンバンやるんではなくて、この金網の囲いの中で火をつけます。ものすごい破裂音とともに煙がもうもうと立ち込めます。あとは係りの方が燃えカスをきれいに掃除されてました。

2013021912.jpg

早昼だったんで腹へった、豚肉マンを食べます。ちょっと外れたところではお値段はぐーんと下がります。食べ慣れているコンビニの肉まんより味は濃厚です。

2013021903.jpg

パレードのもうひとつの主役がこの獅子舞ですね。

2013021905.jpg

見物人に接近し、口でパクパク。縁起物なんですが怖くて逃げだしちゃう子供をお母さんがなだめてました。

2013021904.jpg

これが見せ場なんですね。体力勝負で若者しかできないなあ。動きが早すぎてまともにカメラに捉えられない。

仮装、変面、舞踊、雑技とパレードは続きます。

2013021906.jpg

孫悟空になりきってパフォーマンスをやってたおじさん。人気者でした。

2013021907.jpg

ウイグル風の衣装をつけて踊ってました。この他にかわいい女の子達の踊りもあったんですが、割愛します。

2013021908.jpg

大きな壺を頭の上でくるくる回す演技には沿道からひときわ大きな拍手が湧いてました。

2013021909.jpg

皇帝と、

2013021910.jpg

皇妃が人力車から優雅に手を振ってます。お顔立ちもお上品ですね。

2013021911.jpg

皇太子と皇太子妃?かな。

予定では2時間の予定でしたが、3時過ぎには出発の山下町公園に行列も戻ってきました。

祝舞遊行を十分楽しみました。龍舞や獅子舞はとても動きが激しいのでカメラに収めるのに苦労しました。

EOS50D、EF-S10-22mmF3.5-4.5、EF24-105mmF4L
  1. 2013/02/19(火) 18:46:04|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

2013春節祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)其の一

「横濱中華街春節」のイベントを一度は見たかったんですが、混雑が予想されてずーと敬遠してました。

たまにはいいか、ということで祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)に初めて行ってきました。

午後2時開始なんですが、早めの1時前に出発会場の山下町公園に到着。正解でした。おかげで一番いい場所を確保。このあとカメラおじさんがどっと現れて押すな押すな状態です。

2013021801.jpg

1時半頃になって三々五々色とりどりの衣装を着けた出演者が集まってきました。孫悟空のおじさんは早くもポーズを決めてます。

2013021802.jpg

このイベントを仕切る主催者の方がカメラおじさんたちの気持ちをよく分かっていて、

「後で撮影タイムの時間を撮りますから焦らないで下さい。前の方は座ったり、交代して皆が楽しめるようにしましょう」

カメラおじさんから一斉に拍手が湧きます。脚立はこの場所では禁止です。

2013021803.jpg

さあみんな揃ったところで記念撮影です。バシャバシャバシャバシャ・・・・・・・・・。

パレードのコースは、

山下町公園→関帝廟通り→福建路→西門通り→中華街大通り→南門シルクロード→山下町公園

記念写真を撮り終わって急いで関帝廟通りに向かったんですが、沿道はものすごい人で入り込めるところがない!ずーと先まで行って何とか最前列に場所を確保できました。じっくり見たりいい写真を撮ろうとしたら最前列は必須ですね。

爆竹のけたたましい音、ドラや太鼓の鳴り響く中いよいよ行列が出発です。

2013021804.jpg

高脚の武者達が先陣を切ります。異様な姿には度胆を抜かれます。隈取りのデザインが素敵ですね。

(※以下構成上写真は撮影時間順ではありません)

2013021805.jpg2013021806.jpg2013021807.jpg

ここまでメイキャップをするには相当時間がかかるんでしょうね。声をかけたんですが、怖い顔をしててあんまりカメラ目線になってくれなかった。もう役になりきってます(笑)。

そして何といっても楽しませてくれたのがはこの龍舞ですね。

2013021812.jpg

若者たちが全身全霊で舞う姿は感動ものです。

2013021816.jpg

カメラで追っかけるのに一苦労。

縁起物なんでありがたいことなんでしょうけど、竜の頭が自分の顔すれすれを通っていくのには驚いた。危うくニット帽が飛ばされるところだった。

2013021810.jpg

2013021811.jpg

重さはどのくらいあるか分かりませんが、振り回すのはかなりの重労働だと思います。女学生が最後まで頑張ってました。

続きます。

EOS50D、EF-S10-22mmF3.5-4.5、EF24-105mmF4L
  1. 2013/02/18(月) 19:02:17|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

2013春節

横濱中華街の春節のイベントに行ってきました。

今日はその中でも多分一番人気の「祝舞遊行」がお目当てです。

2013021701.jpg

春節のイベントを見るのは今日が初めてです。ものすごい観光客だ~。

2013021702.jpg

爆竹がバンバンはじけ雰囲気満点、皇帝衣装・民族衣装・獅子舞・龍舞等のパレードを楽しみました。何とか写真も撮ることが出来ました。

とりあえず。

今日は連写のきく、EOS50D、EF-S10-22mmF3.5-4.5、EF24-105mmF4L
  1. 2013/02/17(日) 17:54:07|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

ゼロ・ダーク・サーティー

久しぶりに映画館で見てみたいなあという作品が昨日から公開されている。

寒風吹きすさぶ天気でしたが、映画館内はそこそこの人出です。ポップコーンの甘ったるい匂いが立ち込めてます。

2013021603.jpg

ゼロ・ダーク・サーティー』です。タイトルは軍事用語で午前0時30分を指す。

9.11全米同時多発テロの首謀者にしてテロ組織アルカイダの指導者、ビンラディンの殺害計画が題材のサスペンス。CIAの女性分析官の姿を通し、全世界を驚がくさせた同作戦の全貌を描き出す。

前半は目を背けたくなるような拷問シーンあり、CIA作戦の失敗なんかが描かれているんだけど、いまいち乗り切れない。あまり面白くない。それがビンラディンのアジトを見つけ出した中盤から俄然盛り上がり、緊迫の場面の連続だ。ぐいぐい引き込まれていきます。

結果は分かっていても最後のアジトの急襲作戦はハラハラドキドキ。容赦なく撃ち殺す場面にはそこまでやるのか・・。

ラストの主人公の気持ち・・・自分の気持ちと同じかも知れない。

空しさだけが残った。

久しぶりに映画館で見たけど、鼓膜が破れそうな大音響には心臓が止まりそうになった(笑)。興味のある方はどうぞ。

================================

余談ですが、最近驚いたこと。

「マトリックス」三部作で知られる米監督、ラナ・ウォシャウスキー(47)、アンディ・ウォシャウスキー(45)兄弟が → 姉弟になっていた(驚)。

都内で最新作「クラウド アトラス」(3月15日公開)の会見に出席した姿をテレビで見てぶっ飛んだ!08年以降に性別適合手術を受けた兄ラリー改め姉ラナは、女性としての容姿を初めて日本の報道陣に“お披露目”した。兄弟そろってつるつる頭のおじさんだったと思ったけど・・・兄貴の方が赤毛のおねえさんになっていた(笑)。

GRDⅢ
  1. 2013/02/16(土) 16:16:25|
  2. 映画
  3. | コメント:0

ようやく復活

インフルエンザに罹り、えらい目に遭いました。ようやく体調も元に戻りつつあります。ご心配をおかけしました。熱も出ましたが、今まで経験したことのない強烈な頭痛には参った。頭が内部から爆発しそうでした。

今年は絶対に予防注射を受けなきゃあダメだなあ。

自転車仲間のKさんと会って小径車のカタログを届けてもらいました。以前から小径車に興味があってぼちぼち調べようかな。

2013021403.jpg

いつもの場所でいつものコーヒー。健康のありがたさを実感します。

体力低下でロングツーリング、坂道はもう無理。自転車を完全にあきらめようと一時は思ったんですが、お仲間と走るツーリングの楽しさも捨てがたいし、風を切って進む爽快感も捨てがたい。

そこで折り畳み自転車で輪行をして気に入った街並みの路地を走る、なんていうスタイルに変えようかなと前々から考えてました。

ただ今のとこ実現は五分五分ですね。

すべての気持ち(モチベーション)がカメラの方に向いていて、自転車への気持ちの切り替えがなかなか出来ない。それにヒョコヒョコ走って怪我(下手をしたら命取り)もしたくないしね。

こんなネガティブな気持ちだったんですが、先日「サイクルベースあさひ」で現物を見たら・・意欲が俄然湧いてきた。

考えてみます。

GRDⅢ
  1. 2013/02/14(木) 18:26:27|
  2. その他
  3. | コメント:6
次のページ