晴れたらいいね

no photo no life

紫陽花

2013053104.jpg


いつの間にかわが街のフラワーロードのアジサイも色づき始めました。

今年こそパスかなと毎年思いつつ、気持ちは鎌倉に向いております。

でも目新しいところにも行ってみたいなあ。



E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8
スポンサーサイト
  1. 2013/05/31(金) 18:06:06|
  2. 四季の花
  3. | コメント:0

視線

2013053102.jpg


若者の間でははやらないけど、君はきっと七三分けだろうね。

想像するに、森田健作さんみたいな性格なんだろうね。

曲がったことが嫌いで、口元を見れば意志が固そうなのがよく分かる。


(銀座にて)


E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

  1. 2013/05/31(金) 05:43:30|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

oya-ko

2013053003.jpg

脚に包帯をして椅子に座っているお父さんに甘えて子供が乗っかってきた。

あっチッチッチ!


って見えない?


(5月下旬銀座にて)


E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8
  1. 2013/05/30(木) 18:14:29|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

赤瀬川原平さんのこと

軽くて写りのいいカメラを首からぶら下げて、キョロキョロしながら街の中を歩くのは楽しい。スナップ写真はお気楽でいいんだけど、困ることは被写体の顔がほどほどにしか写せないこと。本当は生き生きとした表情を撮りたいんだけどね。

そんな時見つけたのがこの本。ちょっと古いけどね。やっかいな人間様を入れないで撮っている。


2013052903.jpg


赤瀬川原平さんの「正体不明」(東京書籍)1993年10月第一刷発行

赤瀬川さんの本はたま~に読みます。以前読んだ「広重ベスト百景」赤瀬川源平の名画探検 講談社 も面白かった。


2013052902.jpg


いわゆる路上ものですが、目の前のなんでもない風景が赤瀬川さんの手にかかるといかにも意味ありげなものに見えてくるから不思議。植物がワイパーに見えたり、鯵の開きが太陽電池にみえたりと。目の付け所、感性が常人と違いますね。そうだこんなのもいいね、今自分が一番興味のあることに出会うととても気持ちがしっくりくる。

さすが「路上観察学会」のメンバーだけのことはありますね。こんな写真を撮ってみたい!

また写真一枚一枚のコメントやいくつかのエッセイが秀逸です。

「やはり無心なものはいい。路上で良いものを見つけて、これは面白い、これは綺麗だ、これは欲しい、という思いだけで撮った写真は見ていて飽きない。考えて撮った写真は飽きやすい。」

「写真をたくさん見ていると、作意的なものって嫌だなあと思う。人間の頭の考えのいやらしいさが、写真のどこかにちょろっと出ているのが見えてくるのだ。」ーエッセイより抜粋


おっしゃる通りです。
  1. 2013/05/29(水) 18:16:46|
  2. | コメント:0

吉祥寺中道通り

下北沢駅での小田急線から京王井の頭線への乗り換えが遠くなった~。吉祥寺駅構内も工事中で外に出るのにぐるぐる回って迷っちゃいそう。

かくて東京は刻々と変化してます。

吉祥寺の街は何度も足を運んでいるので今日こそ違った写真を撮ろうと思っても・・むつかしいね。


2013052803.jpg

待ちくたびれたパパと赤ちゃん。ママはずーとお店の中。


2013052804.jpg

昭和通りから中道通りに来たら絶対にはずさないこのお店。まだ一度も立ち寄ったことはないけど写真だけはパチパチ撮らせてもらってます。このお店の前の原っぱも憩いの場所。


2013052802.jpg

「あのさ~オレすきな子ができちゃった」

「えっ、まじかよ」

と言ったかどうか聞こえなかったけどね。

幼馴染で中学校時代の友達は一生付き合うかもしれないから大事にしろよな。田舎でチュウボウのころ、3年間毎朝立ち寄って一緒に学校に行ったA君とは中学卒業後一度もあっていないけどね。


2013052805.jpg

ちょっとおしゃれだけど生活感に満ち溢れている街。


2013052806.jpg

新しさと古さが混然一体となった街。


2013052807.jpg


2013052808.jpg

本当はいつも撮り慣れている場所なんで、写真だけポッと並べてはいオシマイと行きたいんだけど、
何だお前、説明ひとつなくて自分の写真が「芸術」の域に達したと思ってるのか、
と勘違い(笑)されそうなんで説明文をいつも付けるようにしています。

あれっ、中道通りの入り口にあった通りの名前の入った大きなアーチが見当たらないなあ。


20130528map01.gif
(吉祥寺駅周辺略図)

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8(撮影日5月26日)
  1. 2013/05/28(火) 18:44:18|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:2

M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

先週話をした物欲の続きです。


2013052705.jpg
(E-P2+M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8)


カメラはOM-D、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8を購入する予定でした。

結局M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8(35mm判換算で34mm相当)のみを購入。OM-Dは今回は見送りました。

その代り飽きちゃったと言ったE-P2がなんと復活しました。お蔵入り寸前だったのにね(ニッコリ)。

OM-Dを買う前にとりあえず17mmF1.8のボケ具合を試してみようということで新宿のMカメラで「美品中古」を購入。合わせて他の店でフード、保護フィルターも購入。

E-P2に付けて先週末からいろんなところで試し撮りしたけど、なかなかです。OM-DじゃあなくてもこのE-P2でも十分ジャン。やっぱいいレンズをつけると写りが違う。しめしめ。

いくら明るいレンズでも勝手にボケるんじゃなくて、ボケるように考えて撮るのがキモということを改めて認識しました。

そんなわけで当分はこの組み合わせで撮るつもり。軽くて写りがいい、両方満足させてくれそうです。




  1. 2013/05/27(月) 18:23:11|
  2. カメラ
  3. | コメント:3

井の頭弁財天

2013052605.jpg


新緑の時期はとうに過ぎてしまいましたが、井の頭公園の緑は鮮やかです。毎年この時期になるとここに来たくなる。

ちょっと見過ごしてしまいますが、井の頭弁財天の敷地の奥には不動堂があります。

大きなお地蔵さんの傍ら、こけし人形のような小さなお地蔵さんがポツンと鎮座しています。

お参りのおねえさん方も思わず可愛い!


E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

  1. 2013/05/26(日) 20:24:18|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

井の頭公園で

2013052604.jpg


井の頭公園駅前のレストランにいたかわいいワンちゃん。

ご主人様は中でお食事中かな。

あまり愛想がよくなかった(警戒してたのかな)けど、ようやくカメラ目線になってくれて、パシャリ。

犬と猫、どちらかといえば犬派です。

マンション住まいじゃあなかったらきっとワンちゃん飼っていたと思う。

とりあえず。


E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8



  1. 2013/05/26(日) 16:13:37|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

町田仲見世商店街

2013052603.jpg


町田のヨドバシの帰りに街をぶらぶらしていて見つけた「仲見世商店街」。

以前見たことは???ぼんやり。

100m足らずの細い商店街にびっちり。ありとあらゆるお店が元気よく商売をしています。

吉祥寺のハーモニカ横丁に似ていますが、シャッターの降りているお店はないです。町田にこんな面白い場所があったんだ。今日はさっと通り過ぎただけですが、後日じっくり見にいきます。


E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8



  1. 2013/05/26(日) 06:13:09|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:2

「俺の・・・」に並ぶ

銀座7、8丁目界隈のお話。


2013052503.jpg


2013052504.jpg


行列を作っているのは「俺のフ・・」と「俺のイ・・」です。伏せたってバレバレだけどね。

2011年9月に開業した立ち飲みスタイルの飲食店『俺のイタリアン』『俺のフレンチ』(俺の株式会社)は、わずか1年で14店舗を展開する急成長を遂げた。不況の外食産業にあって、1カ月先まで予約が埋まる店舗もある。(2013.4.10経済ニュースより)

テレビでよく取り上げられるので知っていましたが、銀座店はここにあったんだ。これで最後尾の方は1~2時間ぐらい待つのでしょうか。でも待つ価値がありそうですね。自分はグルメでないので遠慮しておきますが、人通りの少ない場所でこの長い行列がとても目立ちました。


E-P2、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8
  1. 2013/05/25(土) 16:32:01|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0
次のページ