晴れたらいいね

no photo no life

今日もまた鎌倉

2013083102.jpg
(鎌倉駅)

今日もまた鎌倉にやって来ました。

本当は関東鉄道の三妻辺りの黄金色の稲穂と電車を撮りに行くつもりだったんですが、念のために問い合わせをしたら・・・どうもすでに沿線では稲刈りが始まっているようです。

あちゃあ~、遅かった。

まあそれに今日は猛暑で日陰のほとんどない所は危険だし、あきらめました。来年まで楽しみは取っておきます。

というわけで予定を変更して鎌倉をぶらぶら。

これからヤボ用なんで詳しいことはまたあとで。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6



スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 17:01:32|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

涼しくなった

2013082902.jpg


早朝ウォーキングもこの猛暑の夏をなんとか乗り切れそうだ。珍しく三日坊主にならず長続きしてます(ニッコリ)。

最近は随分と陽が昇るのが遅くなった。

それに日に日に涼しくなり、とっても楽になった。

朝焼けの写真を撮ったけど、きれいなときはこんあもんじゃあない。また撮りなおそう。
  1. 2013/08/29(木) 05:55:56|
  2. ウォーキング
  3. | コメント:0

光明寺

鎌倉駅からバスで光明寺へ。

建長寺、円覚寺と鎌倉の中でも巨大な建築物を擁するお寺をもう一度しっかりと見たくて回ってきましたが、今日が目的の最後である光明寺です。光明寺はその昔自転車のツーリング帰りに前を何度か通り抜けているんですが、じっくり見るのは今回が初めて。


2013082717.jpg
(山門)


鎌倉の寺院の中では最大の格式を備えた山門に圧倒されます。建長寺、円覚寺の三門(=山門)を見てきましたが、こりゃあデカい!現在の山門は弘化4年(1847年)に造られたもので、間口約16m、奥行約7m、高さ約20m。2階からの眺めが素晴らしいようですが、拝観は申し込みが必要です。特別な時に解放してくれるのかな?


2013082714.jpg
(大殿)


大殿は元禄11年(1698年)の建立。現存する木造の古建築では鎌倉一の大堂で、本尊阿弥陀三尊ほか諸仏を祀っています。国指定の重要文化財。


2013082708.jpg


大殿は中に上がり込むことが出来て写真もOKでした。お参りをした後パチパチ。

阿弥陀如来を中尊とし、その左右に左脇侍の 観音菩薩と、右脇侍の勢至菩薩を配する三尊が祀られています。金色に輝きそれはそれは神々しいものでした。手持ちではブレブレなんでカメラを下に置いて撮影してます。


2013082703.jpg


大殿のから廊下を歩くと目の前にこんな光景が広がっていてびっくり。おっ素晴らしい。

記主庭園と呼ばれている庭園が優雅に広がっていました。蓮池にはまだ名残の蓮の花びらがみえました。ここなんですね、夏七月に観蓮会が開かれるのは。皆さんのブログで見事な蓮の写真を拝見しています。

庭園奥に見える京都の金閣、銀閣寺に似た感じの建物は大聖閣(たいしょうかく)です。


2013082704.jpg
(奥は大殿)


この廊下、建物と建物を結ぶ間というか空間が醸し出す雰囲気が素敵ですね。


2013082705.jpg
(奥は開山堂)


2013082706.jpg


見下ろせば池にカメが一匹ぽつんとしていた。


2013082713.jpg


山門にいた猫、ノラ猫かな。半分居眠りをしていたけど、写真に協力してくれました。ただ右目が濁っていて、もしかしたら視力がないかもしれない。かわいそうに。

この季節は鎌倉も花の端境期ですが、こうして建物をじっくり拝見するのもたまにはいいですね。そろそろ暗くなってきたので帰ります。帰りのバスが定刻より15分も遅れたのには参った。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

  1. 2013/08/27(火) 18:41:56|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:4

鎌倉大仏さま

久しぶりに鎌倉の大仏さまを見たくなった。そんな気分になった時を逃さず長谷へ。


2013082605.jpg


ひょいと曲がって、いた、いた。うつむき加減のお顔はいつ来ても同じだ。

鎌倉で外人さんに人気NO.1なのがこの大仏さまだとか。


2013082616.jpg


大きいのか小さいのか今だ決めかねてます。確かにデカいんだけど奈良の大仏さまに比べるとね・・いつもすっきりしない。


2013082603.jpg


でもデカいんだよね。


2013082604.jpg


大仏さまの中は一度観れば十分でしょう。20円なんだけど結構迷っている人がいる。


2013082615.jpg


大仏さまは何度も見ているので十分なんですが、大仏さまが醸し出す周囲50mの摩訶不思議な世界にしばし浸ります。パワースポットかもしれない。


2013082614.jpg


外人のこの女性は寝っ転がってこのアングルで狙ってました。

大仏さまのお顔を拝見し、すっきりしたところで今日はここまで。


2013082612.jpg


吾輩は猫である。堂々と寝そべってます。

長谷駅までの道のりはいつもせかせかと歩いちゃうんですが、今日は余裕でゆったり歩きます。この街並みを写真に撮るのは初めてかな。



2013082607.jpg


2013082608.jpg


2013082609.jpg


こんなお店の風景↑↓が好きだ。この通りには圧倒的な人気の有名店というのがあるのかしら。そういう方面には疎いのでとんと分からない。


2013082610.jpg


2013082611.jpg


平日はお客さんも少ないのかな。

お目当てはもうひとつ。江ノ電に乗って鎌倉へ。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8
  1. 2013/08/26(月) 21:21:22|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

高円寺阿波おどり!

丸ノ内線新高円寺駅下車。

「高円寺阿波おどり」の会場はJR高円寺駅周辺に数ヶ所あるんですが、皆さんの情報では、ルック演舞場があまり混まなくて、目の前で迫力踊りを見られるというのでここルック第1、第2演舞場に決めました。

しかしちょっと早く来すぎちゃったかなあ~。17:00開始なのに15:00に着いちゃいました。この後蒸し暑い中時間をつぶすのに一苦労(笑)。メイン会場の中央演舞場を偵察に行きましたが、沿道はびっちり場所取りされてました。早い方はお昼頃から待っているようです。その点ここルック演舞場(特に第2演舞場)は開始30分前に来ても大丈夫。

開始までお仲間とくつろぐ「女踊り」の女性の方たち。この暑さの中で着物をぴっしと着るのも大変ですね。でも暑さでダラダラしてないところが素敵です。


2013082501.jpg


目の前で初めて見るんですが、なかなかのもんですね。



2013082502.jpg


編笠を目深にかぶると艶っぽく見違えちゃいます。編笠って上のほうにつーんとなっているんですね。頭の上に普通に被るというよりは立てて被るという感じですね。



2013082504.jpg


黒塗りの利休下駄。前恩葉にはゴムやテープを付けて滑らないようにしています。



2013082503.jpg


団扇にやまがたの文字が見えます。この女性は「山形んだず連」の所属かな。

踊りに参加される連は数十あるようですね。そのうち「高円寺阿波おどり連協会」所属が29連、あとは一般参加連のようです。踊りはこれらが区別されることなくみな一緒に踊っています。商店街にパンフレットや団扇が無料で配られているのでぜひ手にいれましょう。


さてさてようやく時間がきました。街頭放送が流れカウントダウンが始まり17:00スタート!


2013082505.jpg


2013082507.jpg


ユーモラスでひょうきんな「男踊り」も楽しみのひとつです。ユニークで楽しいものがたくさんあったんですが、動きが早すぎてカメラに捉えきれなかった。むつかしい。


2013082508.jpg


もうしばらくの間は息つく暇もなく次から次へとやってくる連の踊りに見入り、パチパチパチ・・・・。


2013082509.jpg


2013082511.jpg


想像以上の迫力に圧倒されます。それぞれの連の衣装に見入り、はち切れんばかりの勢いのある踊りに大盛り上がりです。この元気の良さはどこから来るのだ。一年間待ったエネルギーが爆発してます。



2013082510.jpg


2013082512.jpg


2013082513.jpg


笛、締め太鼓、鉦、三味線、大太鼓、踊りを彩る鳴り物もこれまた一興の価値がありますね。近づきすぎて太鼓のバチにあたらないように注意しましょう。


2013082516.jpg


連の皆さんが心をひとつにして威勢のいい掛け声もズーンと胸に響きます。

『ヤットサー ヤットヤットヨイサー ヤッヨサー ヤットサー ヨイサー ヤットサーヤットサー・・』



2013082518.jpg


編笠を目深にかぶった女性の後ろ姿、うなじの色っぽさに思わずクラクラ。


2013082519.jpg


よっ日本一!声をかけるとますます張り切って踊ってくれます。ここは踊り手とのコミニュケーションができるかっこうの場所ですね。


2013082517.jpg


夕闇が迫ってくる6時ごろになると次第にカメラブレも多くなります。明るいうちにたくさんの傑作写真を撮りましょう。


2013082514.jpg


驚いたことに踊りには小っちゃい子供も参加しているんですね。かわいらしい子供達の写真もいっぱいとったけど割愛。幼稚園から小学校の子供たちが一生懸命この暑さの中で踊っている姿に沿道から万雷の拍手です。


2013082515.jpg


いつもは静かなこの焼き鳥屋さんも大忙し、商売繁盛。沿道にはにわか屋台が出てビール、ソーセージ、等々売ってます。

中央演舞場の広い通りではこの狭い通りと違ったさらに迫力ある踊りが繰り広げられるようですが、今日はもう集中力が切れたんで帰ります。多分ものすごい混みようで近づけないと思います。

EOS50D、EFS10-22mmF3.5-4.5、EF24-105mmF4L
  1. 2013/08/25(日) 09:38:27|
  2. お祭
  3. | コメント:0

高円寺阿波おどり

以前から一度は見たかった「高円寺阿波おどり」。天気が心配だったんですが、大丈夫でした。



2013082402.jpg



2013082401.jpg


想像以上の素晴らしい阿波おどりを堪能してきました。次から次へと個性あふれる、熱気のこもった「連」がくりだされ、見ているものを飽きさせません。初めてなんで興奮の連続です。

詳しいことが分からなかったんで → この ブログを参考にさせてもらいました。

身近で迫力ある写真を撮りたいという希望であれば、

①ルック第1演舞場
②ルック第2演舞場

が最適かと思います。自分は主に②で見物、写真を撮りました。メインの(中央演舞場)なんかと違って迫力の踊りを至近距離(触れちゃうくらい)で見ることが出来ます。たぶんメイン会場はものすごい人で近寄れないと思います。

明日(25日)までやってます。興味のある方はどうぞお出かけください。

②会場であれば踊り開始時間(17:00)の30分前到着でもOKです。ゆっくり見られます。

とりあえず。

EOS50D、EFS10-22mmF3.5-4.5、EF24-105mmF4L
  1. 2013/08/24(土) 21:23:19|
  2. お祭
  3. | コメント:0

藤圭子さん

2013082201.jpg
(写真は本文とは関係ありません)

藤圭子さんが亡くなられた。最近の訃報の中ではかなりの驚きです。

多くの方は藤圭子さんを歌手宇多田ヒカルの母親ということでご存じだと思いますが、自分にとっては同時代を生きた偉大な怨歌(えんか)歌手だと思ってます。

当時はアーティストの育った環境(大抵は恵まれない環境)をクローズアップして販促に繋げるということが堂々とまかり通る時代でして、彼女もその生い立ちをレコード会社が一つの売りにしたような記憶があります。

とはいえあのお人形さんのような整った顔から想像もできないようなハスキーな声で夜に生きる女性の気持を歌った怨歌は聞く人の心をとらえて離しませんでした。60年代末から70年代初めの短い間でしたが一世を風靡しました。当時はイメージ作りのためかどうか分かりませんが、ちょっと近寄りがたい存在でしたね。

古い話で記憶もおぼろげですが、たしか兄弟会社(RCA)のアーティストとして大いに儲けさせてもらい、レコードの出荷にてんてこ舞いだったことを懐かしく思い出します。

彼女のその後の人生は波乱万丈のようでしたが、自分にとっての藤圭子さんは「圭子の夢は夜ひらく」を歌った時で止まっています。久しぶりにCDを聴きなおしてみました。圭子さんの夢は何だったんでしょうか。

ご冥福をお祈りいたします。
  1. 2013/08/22(木) 18:46:20|
  2. その他
  3. | コメント:0

ぶらり円覚寺(其の二)

方丈にやってきました。一瞬中には入れなかなと思ったんですが、大丈夫唐門の横から中へ。


2013081902.jpg


方丈は本来は住職の居間であるわけですが、現在は各種法要の他、坐禅会や説教会、夏期講座等の講演会や秋の寶物風入など、多目的に使われています。


2013081908.jpg


唐門の獅子鼻が見事です。

方丈の前庭に百観音があります。



2013081906.jpg


全部で百体あるか分からないですが、様々な表情をした観音さまが鎮座しています。



2013081903.jpg



2013081904.jpg



2013081905.jpg


何ともいえない慈悲深い表情をしている。



2013081920.jpg


じっくり回って自分好みの観音さまを見つけるのも楽しい。



2013081907.jpg


何年か前にここに来たことがあるんですが、その時は全く興味が湧かなかった。だけど今回はひとつひとつの表情に感じるものがあった。年を取ったということでしょうね。


奥に進み、仏日庵へ。中には入るのは初めて。



2013081912.jpg


赤い毛氈をひいたお休み処がいくつもあり、奥には北条時宗・貞時・高時の木像を安置する開基廟がある。現在の開基廟は江戸時代1811年(文化8年)に改築されたものとされています。



2013081921.jpg


100円の拝観料を払うとお線香1本もらえます。開基廟の手前にお線香をたてます。



2013081911.jpg


苔むす小さな石の祠がいい味出してます。



2013081913.jpg


白壁に沿って戻ります。


2013081914.jpg


急坂を息を切らして上りきったところに弁天堂があり、その前には国宝の洪鐘がありました。この梵鐘は、1301年(正安3年)の刻銘のあるもので、「洪鐘」(おおがね)と呼ばれ鎌倉で最大です。周囲にロープが張られているのであまり近寄れないのが残念。この梵鐘に気を取られて弁天堂を全く見なかった。

弁天堂の奥に茶店がありました。かき氷の文字も見えてひと休みしていこう。上半身は汗でぐっちょり。夏場はいつも着替えを持参してます。



2013081915.jpg


いやあ眺めがよくて吹き抜ける涼風が心地よい。

イチゴのかき氷を注文。



2013081922.jpg


何枚も写真を撮っていたら・・どんどん溶けていってしまう。



2013081917.jpg


シンプル イズ ベスト。うまかった~。



2013081923.jpg


選仏場でまたひと休み。選仏場とは「坐禅場」のことです。通りでたたみがびっしり敷かれていた。仏殿ができるまでは円覚寺の本尊宝冠釈迦如来像が安置されていた。現在は薬師如来像と観音菩薩像が安置されている。



2013081919.jpg


総門前の階段から最後にまた電車をパチリ。

円覚寺で長時間いたので集中力はプッツン。この後予定もあったけどますます暑くなってきたし、やる気ゼロで帰ります。

EOS5DMarkⅡ、EF24mmF2.8、EF35mmF2、EF50mmF1.8Ⅱ
  1. 2013/08/19(月) 18:38:52|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:2

ぶらり円覚寺(其の一)

咲き誇る草花を愛でるのも鎌倉散歩の楽しみのひとつですが、荘厳な伽藍に身を置き古の先人たちの心の奥底に触れるのもまたひとつの楽しみです。

そんなわけで今日は鎌倉五山第二位に列せられる円覚寺にやって来ました。北鎌倉駅で下車。


2013081802.jpg


おっとその前に円覚寺の総門の前の踏切で鉄っちゃんしちゃいます。奥に見えるのが円覚寺の階段です。


2013081803.jpg


円覚寺へは主に紅葉の時期に写真を撮りに何度も来ているんですが、今回は外人さんが特に目立ちました。ここ鎌倉に限らず日本中で外国の観光客が増えているようですね。英語以外の初めて耳にする言葉が飛び交ってました。あの子供達が話していたのは何語だろう?拝観料はpasmoでOK。


2013081804.jpg
(三門)


2013081805.jpg
(三門)


この三門の周辺は紅葉の撮影ポイントなんですが、最近はモミジの具合が芳しくなく、ここ数年は紅葉シーズンに写真を撮りに来たことが全くない。いつも総門の前の紅葉でお茶を濁している。


2013081806.jpg
(三門)


2013081807.jpg
(仏殿)


仏殿昭和39年(1964)年再建で、コンクリート造りだが、元亀4年(1573年)の仏殿指図(さしず、設計図)に基づいて建てられている。堂内には本尊の宝冠釈迦如来像や梵天・帝釈天像などを安置する。天井画の「白龍図」は前田青邨の監修で日本画家守屋多々志が描いたもの。ー wikipediaより


どおりで全く古さを感じないわけだ。ちょっと気分が出ないなあ~。


2013081808.jpg
(仏殿)


2013081812.jpg


小っちゃくて分からないので引き延ばして大きくした本尊の宝冠釈迦如来像。



2013081809.jpg
(仏殿)

狙ったわけじゃあないけど写真に写っているのはほとんどが外人さんだ。でもねえ感心するのは慣れないこの酷暑でもへばっている外人さんを見たことがない。寒さにも暑さにもヘタれない忍耐強い外人さん。


2013081924.jpg


仏殿の外に置いてあった小ぶりの鐘。これも日常的突かれているんでしょうか。


2013081811.jpg


「如意庵」に通じる階段付近で見かけた竹林。鮮やかな緑が暑さの中の清涼剤のように感じました。冒頭歯の浮くようなことを書いたけど、さすがにこの暑さじゃあねえ。じっくり腰を据えてとはいかなかった。

続きます。

今日も一言、レンズの交換がメンドッちい。いっそEF24-105mmF4L1本にすればいいのに単焦点の方が明るいしうまく写りそうで??今日も3本持ってきてしまった(笑)。

EOS5DMarkⅡ、EF24mmF2.8、EF35mmF2、EF50mmF1.8Ⅱ
  1. 2013/08/18(日) 16:40:01|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0

円覚寺

2013081801.jpg


ぶらり円覚寺へ。

特別なにかあるわけではないですが、前回の建長寺のように荘厳な伽藍の雰囲気に浸ってみたかった。

とりあえず。

EOS5DMarkⅡ、EF35mmF2

  1. 2013/08/18(日) 14:11:20|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:0
次のページ