晴れたらいいね

no photo no life

円覚寺~明月院の紅葉

円覚寺の総門に着いたのが8時少し前。寒かった!8時の開門には数十人が並んでいた。


2013120102.jpg


中に入る前にウォーミングアップで階段から横須賀線をパチリ。総門前に陽が当たり始めるのは9時前後だと思います。紅葉は逆光で撮りましょう。おや、今年の総門前の紅葉はあまりぱっとしないなあ。葉っぱの数が少ない、落ちてしまったのかな。


2013120101.jpg
(総門前階段)


2013120114.jpg
(三門)


久しぶりに三門の紅葉を撮ったんですが、以前と比べると随分と寂しくなりました。木を切ってしまったのかな。


2013120104.jpg


今年の紅葉は例年に比べ少し早いんでしょうか、見ごろもそろそろ終わりですね。ところで居士林や禅子寮あたりの紅葉も以前はもっと見栄えが良かった気がするんだけど・・今日の紅葉は寂しかった。木の勢いが衰えているのかな。


2013120105.jpg
(方丈)


焚火の煙でしょうか、方丈の裏一面に漂ってました。かえっていい雰囲気を醸し出してます。


2013120106.jpg


この白壁が気に入ってます。


2013120107.jpg
(正伝庵階段より)


2013120108.jpg
(正伝庵階段より)


2013120109.jpg
(総門前)


境内に1時間ほどいました。

横須賀線は本数も比較的多いので撮影は簡単です。電車が北鎌倉駅に到着するごとにものすごい数の観光客が下りてきます。広大な境内ですからドッと観光客が押し寄せてもへっちゃらです。円覚寺の紅葉の見ごろもそろそろ終わりに近づいていますね。


2013120110.jpg
(明月院総門前)


明月院は中に入らずいつもここからパチリ。時期としてはちょっと遅かったかな。


2013120112.jpg


通りにある葉祥明美術館の灯りをパチリ。ここの紅葉もいい感じなんですが、残念ながらだいぶ落ちてしまっていた。


2013120113.jpg


銀杏が絶好調。

この後海蔵寺へ向かいました。続きます。

EOS5DMarkⅡ、EF17-40mmF4L、EF24-105mmF4L
スポンサーサイト
  1. 2013/11/30(土) 20:11:42|
  2. 紅葉
  3. | コメント:0

鎌倉の紅葉

2013113001.jpg
(円覚寺前)


紅葉シーズンの締めは何といっても鎌倉でしょう。北鎌倉の紅葉を堪能してきました。

円覚寺 → 明月院 → 海蔵寺 → 鶴岡八幡宮を回ってきましたが、今週末が見ごろの最後になりそうです。

円覚寺では危機一髪があり、肝を冷やしました。

とりあえず。

EOS5DMarkⅡ、EF17-40mmF4L
  1. 2013/11/30(土) 14:50:57|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:2

恐怖の犬越路

タイトルが大袈裟なんですが、おじんたちにとっては実感です。今週も相模原のyamazakiさんに誘われて犬越路(いぬこえじ)登山に行ってきました。

早朝7:00に相模原駅で落ち合いyamazakiさんのJeepで出発。413号線を走り、「うらたんざわ渓流釣場」「神之川キャンプ、マス釣場」の看板を目安に左に折れ、神ノ川沿いに車を走らせます。途中朝日に照らされた渓谷沿いの紅葉が素晴らしかった。


2013112418.jpg
(神之川キャンプ、マス釣場入口)


相模原駅から1時間ほどで日陰沢橋に到着。ここで車を止め身支度をして出発。日陰は寒い。時間は8:25。


2013112417.jpg
(神の川ヒュッテ)


「神の川ヒュッテ」を横に見ながら登って行きます。今日のルートはyamazakiさんにすべてお任せしてまったく予習をしてこなかったんですが、これがすごかった。大したことないような話だったんですが、完全にyamazakiさんに騙された(笑)。

いきなりの急坂に二人ともだんまり。えっ?今日は軽いハイキングのつもりだったのに全然違うじゃん!


2013112401.jpg


2013112416.jpg


この辺までは今までの登山経験でよくある登りだったんですが・・。


2013112403.jpg


沢沿いにガレ場が出現し行きてを阻みます。さらに激坂、鎖場、梯子と急で危険な上りが待ち受けてました。今までカメラをぶら下げていたんですが、危険を感じてバックパックにしまい込んじゃいました。写真なんか撮ってる余裕なし。こんなことならコンデジも持ってくればよかった。ここから写真なし。

こりゃあ下るのが大変だなあ(予感が当たった)。


2013112405.jpg
(犬越路)

それでも1時間半ちょっとで犬越路に到着。やれやれ。避難小屋もありました。この先は大室山に繋がってます。


2013112406.jpg
(犬越路からの眺め)

見晴らしもよく、運が良ければ富士山も見られるとか。数人の登山者と会いました。ここが相模原市と山北町の境界線です。その昔、武田信玄が小田原城を攻めた時イヌを先頭にここを越えたとも、またそれが地名の起りともいわれています。

予定ではこの先まで行くつもりだったんですが、時間がないのでここで終わり。来た道を下ります。

予想通り下りに大苦戦。枯葉が積もり滑りやすくなっている激坂をそろりそろり慎重に降りていきます。それでもyamazakiさんも自分も何度も尻からひっくり返ってしまった。yamazakiさん梯子で尻もち、危なかった。自分もガレ場の浮石でひっくり返ってしまい危うく頭を怪我するところだった。中高年にとって下りはとても危険ですね。当然のことながら大事なカメラはしまい込んじゃって写真はゼロ。


2013112408.jpg
(日陰沢橋から上流を臨む)


「2度とここには来ないね、もう急な登りのある山は止めようよ」二人して愚痴ります(笑)。

「神の川ヒュッテ」まで降りてきてホッと一安心。あ~怖かった。遠くに先ほど登った犬越路が見える。こんな山でおたおたしているようじゃ・・先日百名山登坂を成し遂げた友人のmatsumoto君の偉業に改めて拍手と尊敬の念を抱きました。


2013112409.jpg
(日陰沢橋付近)


日陰沢橋のたもとの駐車場で昼食の準備。今日はyamazakiさんが炊事道具一式持参。


2013112410.jpg


2013112411.jpg


まずは自分用にきつねうどんを作ってもらいました。卵もおとしてアツアツのうどんを頂きました。これがうまかった。山小屋の鍋焼きうどんに負けず劣らずといったところ。


2013112412.jpg


yamazakiさんも天ぷらうどんを食べます。おにぎりや漬物、その他いろいろ準備して頂き感謝感謝です。


帰りは車をゆっくり走らせ周囲の紅葉の写真を撮りました。ちょうど見ごろですね。


2013112413.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)

2013112419.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)


2013112414.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)


マス釣場の川の水のきれいだったこと。


2013112415.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)


道志道沿いの紅葉も眺め、相模原駅まで戻ってきました。yamazakiさん今日はごちそうさんでした。今度は12月の忘年会でお会いしましょう。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6
  1. 2013/11/24(日) 05:52:16|
  2. 登山
  3. | コメント:6

神ノ川から犬越路

今週もまた相模原のyamazakiさん(=Yさん)とドライブ&山登り&紅葉狩り。


2013112305.jpg


yamazakiさんご自慢のJeepに乗り、413号線から神ノ川沿いに走り、神ノ川ヒュッテで駐車。ここから犬越路まで登山。これが予想以上にきつく、帰りの下りは二人ともスッテンコロリンの連続。怖かった~。


2013112307.jpg


行き帰りに眺めた神ノ川、道志道沿いの紅葉は素晴らしかったですね。

とりあえず。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6


  1. 2013/11/23(土) 16:08:45|
  2. 登山
  3. | コメント:0

楽しすぎる商店街

本屋で目に留まった「散歩の達人」の最新号。東京ぶらぶら散歩派として必見の雑誌なんですが、めったに見たことがない。何故だろう?理由のひとつにグルメ中心の記事が多いせいかな。グルメにはあんまり興味がないんだよね。


2013112101.jpg


「楽しすぎる商店街」の特集だ。下町商店街に興味があるので立ち読みより家でじっくり読もう。


2013112102.jpg


以前から行きたかった「砂町銀座商店街」をはじめ「十条銀座商店街」「中延、旗の台、荏原町商店街」等々初めて聞くような穴場商店街も紹介されていた。

定番の「築地場外市場」や「上野アメ横」等ものってます。ざっと読んだけど、詳しいとことざっとのとことメリハリをつけてるね。よく知っている横浜元町はざっとしか書いていない。

この他に興味が湧いたのが年末特別企画で「赤穂四十七士のビクトリーロードを…歩く」。両国の吉良邸跡から泉岳寺までの約10kmを歩いてみようという企画。以前何かで見たことあるなあ、詳しく調べてみるかな。その気になったらてくてく歩いてみよう。
  1. 2013/11/21(木) 05:24:39|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

ブックカバー

2週間前の自分の誕生日、息子からはメイルだけだった。

毎年欠かさずに何か送ってくれるんだけど・・相変わらず仕事が忙しいんだ。メイルだけで十分だけどね。

・・と思っていたら昨日届いた。


2013111801.jpg


小さくて軽かったので財布かな?


2013111806.jpg


牛革製のブックカバーだった。


2013111803.jpg


自分が本好きなのを知っているな(ニッコリ)。おや、自分のネームも入っていた。触り心地も柔らかくて気に入った。革製品独特の匂いもいい。ますます本が好きになりそうだ。ところで息子よ、君は本を読んでいるのかい?

身内の話でした。
  1. 2013/11/18(月) 18:29:21|
  2. その他
  3. | コメント:2

「奥多摩むかし道」は紅葉真っ盛り

Yさんと待ち合わせた立川駅から青梅線に乗り込んだんですが、ギュウギュウ詰め!100%奥多摩方面の登山客です。紅葉狩りは今日が一番のようです。その昔紅葉写真で御岳渓谷に何度も足を運んだんですが、ここんとこご無沙汰でこちら方面は10年ぶりです。


2013111702.jpg


奥多摩駅から吐き出された登山客は雪崩を打ってバスに乗り込みます。臨時バスが増発されそれぞれの目的地に向かってGO!駅前の観光案内所で「奥多摩むかし道」のパンフレットを入手します。

残念ながら26年の6月まで「奥多摩むかし道」は入口付近が一部工事中です。そのため411号線(青梅街道)を駅から2、30分くらい歩くことになります。


2013111735.jpg


氷川大橋を渡って少し行ったここが本来のむかし道の入口です。臨時の入り口に向かって青梅街道を先に進みます。日陰ではかなり寒かった。


2013111703.jpg


途中氷川大橋、南樋川橋などの橋からの色付いた渓谷の眺めは素晴らしかった。


2013111704.jpg


「橋詰」バス停付近にこの看板がたってました。ようやくむかし道を歩くことが出来るんだ。

「奥多摩むかし道」は旧青梅街道と呼ばれていた道で、氷川(村)から小河内(村)に達するまでの道です。奥多摩湖まで歩きましたが、今日歩いた全行程ほぼ7、80%は歩きやすい平坦な道です。(今回不通だった区間は不明)最後に少し上りがあった程度です。

また途中案内表示があちこちに立っていて、2,3ヶ所を除けば迷うことはない。立派なトイレも何ヶ所かあり助かります。


2013111705.jpg


2013111706.jpg


全行程周囲は紅葉が真っ盛りで単調なハイキングも飽きることはないです。山の中に埋もれることなく終始見晴らしのきく快適なルートです。なかなかいいじゃん。


2013111707.jpg


途中でいくつかの集落を通り抜けました。正直こんな所に住んでいて大変だなあというのが感想です。確かに自然環境は素晴らしいのですが、日常生活が不便じゃないかとよそ者がいらん心配しちゃいます。


2013111708.jpg


小河内ダム建設に伴い資材運搬目的で敷設された鉄道跡です。すでに廃線となっていますが、いまだにこうして天高くそびえ立っています。


2013111709.jpg


今通ってきた桧村集落を振り返ります。右下の曲がりくねった道路は一般道です。

階段を少し上がったところに「白鬚神社」がありました。ちょっと寄って行こうか。


2013111710.jpg


おっすごい!白髭の大岩と呼ばれる長さ20m、高さ5mの石灰岩の大壁が迫ってきます。都指定の天然記念物になってます。


2013111711.jpg


落ち葉の絨毯を踏みしめてのんびり歩きます。今日はトレッキングシューズか登山靴かで迷ったんですが、後半急坂の山道があったんで登山靴で正解でした。がっしりした靴はやっぱり疲れない。


2013111712.jpg


冬の暖房用でしょうか、びっしりと薪が積んであった。家の方が裏庭の柿の木によじ登って実を採っていた

このむかし道はもちろん初めてなんですが、想像以上に人気のコースなんですね。好天気、紅葉と恵まれた今日は本当にたくさんの人たちと一緒になりました。自分たちは奥多摩駅から歩き始めましたが、逆に奥多摩湖から奥多摩駅を目指して歩いてくる人達も随分といました。


2013111713.jpg


さて今日の紅葉のハイライトである「惣岳(そうがく)渓谷」に到着。


2013111714.jpg


中でもこのモミジが見事でした。皆さん足を止めてしばし撮影タイム。わざわざここまで大型三脚をもってきてるカメラマンもいたなあ。


2013111730.jpg


そしてすぐ先には「しだくら吊橋」がありました。


2013111716.jpg


「3人以上は一度に渡らないで下さい」との注意書きがあります。


2013111717.jpg


頃合いを見計らってYさんと渡ります。歩き始めたらこれが予想以上に揺れたんでちょっと驚いた。墜落するなんてことにならないと思っても気持が悪い・・向こう岸へ到着。吊橋から渓谷の写真を撮ったんですが、揺れちゃってほとんどボツ。


2013111733.jpg


むかし道に点在する民家、表札は掲げられているけど人の住んでいる気配はない。やがて朽ち果てていくのでしょうか。


2013111718.jpg


しばらく行ったところにも「道所吊橋」があり、ここでも人数制限の注意書きがありました。渡ってみました。


2013111719.jpg


西久保の切り返しと呼ばれるところでやっとこさひと休み。いやあ出発から歩きっぱなしで腰が痛くなったし腹も空いた。時間は11時過ぎ。落ち葉の上に座ってパンをかじります。尾根緑道でのウォーキングで鍛えているYさんは元気だ。ところでこのちょっと先にベンチがあって皆さんお弁当を広げてました。なーんだ。「西久保見晴らし広場」と言われる場所です。

そして今日初めての急坂を上ったところに中山集落がありました。


2013111720.jpg


息せきって上ってきた人たちは見晴らしの良いこの場所でお昼ですか。座っているすぐ後ろは断崖絶壁です。


2013111732.jpg


標高580mのこの場所からの景観には思わずお~っと声が出ちゃいます。今まで歩いてきたむかし道が一望できます。ところでここに住んでいる人たちはどこから?Yさんの話だと武田の落ち武者の子孫とか。ほんとかなあ(笑)。


2013111724.jpg


干し柿がつるしてあるこの民家の真ん前がむかし道となってます。住んでる人は堪んないね。


2013111725.jpg


お~小河内ダムや奥多摩湖が見えてきた。そろそろ終わりかな、もうすぐだ・・と思ったらここからが長かった。


2013111726.jpg


下りばっかと思ったらまた上りがあった。


2013111727.jpg


青目不動尊休み処から奥多摩湖の眺め。


2013111728.jpg


下って行ったところに工房がありおじさんと少し雑談。周囲には熊やシカが出るそうで、さすがに熊と出くわしたときは怖かったとか。都内からここに通ってきてるそうです。個性的な焼き物が並んでました。


ちょうど水根バス停のところに降りてきました。今日自分たちが歩いた逆コースの場合ここのバス停で降りて上って行くのがいいと思います。さあこれでおしまい。時間は12時半、奥多摩駅から歩き始めて4時間かかった。


2013111729.jpg


湖畔の「水と緑のふれあい館」の前でお弁当を広げました。紅葉シーズンとあって周囲は観光バスが連なり渋滞もしていてごった返していた。臨時便も増発されて満杯のバスで奥多摩駅に戻ってきました。歩きで4時間もかかったのにバスではわずか20分弱で着いちゃいました。

それとですね、今日は触れませんでしたが、道中には見所がいっぱい。「弁慶の腕抜き岩」「耳神様」「馬の水飲み場」「虫歯地蔵」等々。詳しい案内板もあるので楽しんで下さい。

自分と違って重たいニコンの高級カメラをぶら下げていたYさんはお蔭で肩がこったとか。おしゃべりをしながらのハイキングは最高でした。立川でお別れをして本厚木に夕方5時着。

西東京バスの時刻表は → こちら

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6、LUMIX G 20mmF1.7 ASPH
(今日もカメラ設定でミスった。いつの間にかWBが日陰モードになっていた。簡単にWBの設定が動いちゃうダイヤルに堪んない。しだくら吊橋まで日陰モード。以降晴天モードに変更)
  1. 2013/11/17(日) 10:06:36|
  2. その他
  3. | コメント:4

紅葉の「奥多摩むかし道」を歩く

青梅線の終点奥多摩駅に8:30に到着。ドバっと登山客が吐き出されます。ものすごい人だ!

今日は相模原のYさんと「奥多摩むかし道」を歩きました。奥多摩駅から奥多摩湖まで、411号線に沿った約10km、4時間の行程です。

「奥多摩むかし道」のコースは → こちらが参考になります。


2013111601.jpg


2013111602.jpg


絶好の天気の恵まれ、周囲の紅葉に見とれながらのトレッキング。ジャスト見ごろの紅葉の写真をパチパチしてるとなかなか先に進めません。楽しい一日を過ごしてきました。

詳しいことはあとで。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6
  1. 2013/11/16(土) 18:02:31|
  2. その他
  3. | コメント:0

世界貿易センタービルディング40F展望台(2)

日没に合わせて午後5時前に東京タワーに灯が点りました。


2013111005.jpg


この展望台からの夜景の一番人気はやはりこの東京タワーですね。増上寺もくっきり見えます。タワー左後方の大きなビルは六本木ヒルズです。


2013111001.jpg


東京タワー周囲のビルの灯りも時間を追うごとに鮮やかな輝きを増してきます。タワー右側後方のビルは東京ミッドタウンです。日没後30分まだ少し明るさが残っている時間帯の夜景がいいかもしれない。



2013111002.jpg


ありゃ!左上に写り込みがあった(笑)。

夜景撮影ではガラスに回廊内部が写ってしまうので撮影には注意しましょう。今回も撮影時には気が付かなかったんですが、あとで見たらかなりの枚数に写り込んでいてボツにしました。ガラスに近づいて撮るのもこれを防ぐ手段なんですが、「注意事項」に載っていますが、けっしてガラスに触れないようにしましょう。


2013111003.jpg


首都高速をパチリ。シャッタースピードをいろいろ変えて撮るのも楽しい。

今回ISOはAUTOではなく、ほぼ400で固定して撮りました。絞りもほぼF8の固定。夜景での露出補正はやってません。すべては三脚が使えてこそ可能になった技ですね。夜景撮影時にはリモートスイッチを使用。それでもぶれた写真があった。


2013111004.jpg


遠くにお台場、レインボーブリッジ見えます。


2013111006.jpg


ここでもシャッタースピードをいろいろ変えて新幹線の明かりが流れるのを写し撮りました。もっと長いレンズを持っていれば流し撮りなんかできるかもしれませんが、今日はこれが精一杯。


2013111009.jpg


宝石をちりばめたような夜景を見ながらカップルにとって甘い幸せの時間が過ぎていきます。夜になっても訪れる人は相変わらず少ないですね。


2013111008.jpg


回廊のあちこちにクリスマスのようなディスプレイが施されてました。

入館して3時間半、さすがに疲れた。期待以上の展望台に満足して再びエレバーターで下に降りました。お勧めです。面倒ですが、三脚は必需品です。超小型のものでもセットする場所があるのでOKです。地下の食堂街で正統派しょうゆラーメンを食べて帰りました。

夜景についてこのサイトを参考にさせて頂きました。 →  こちら

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
  1. 2013/11/10(日) 05:23:44|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

世界貿易センタービルディング40F展望台(1)

都内の夜景のきれいなスポット探していて見つけた「世界貿易センタービルディング」の展望台。早速出かけましたが、これが当たり!すべての面においてとても満足するものでした。

JR浜松町駅と直結、正真正銘360度の視界、訪れる観光客もまばらで穴場的存在、カメラマンにとってはうれしい三脚使用OK、ゆったりとした時間が過ごせる落ち着いたスペース・・言うことなしです。

当ビルの1Fに展望台のチケット売り場があり購入。専用のエレベーターで一挙に40Fへ。受付を通っていよいよ展望台へ。三脚の使用上の注意を渡される。三脚が使えるなんてとってもありがたい、ぜひ注意事項を守って撮りましょう。マナーが悪いとまた禁止になっちゃう。


2013110909.jpg


東側からの眺め、東京湾と行き交う船舶を一望できます。手前の緑は旧芝離宮恩賜庭園です。お台場、レインボーブリッジが遠くに眺められます。


2013110903.jpg


北側からの眺め。今日のお楽しみは夜景はもちろんですが、真下を走る新幹線から在来線など鉄っちゃんも出来るってことです。ひっきりなしに通るので待ち時間は全くないです。


2013110912.jpg


南側と東側との角からの眺め。カーブした線路を走る東京モノレール。


2013110904.jpg


北側と東側との角で見られるゆりかもめ。この展望台から見られるのは、東海道線、山手線、京浜東北線、東海道新幹線、東京モノレール、ゆりかもめ、と盛りだくさんです(ニッコリ)。


2013110905.jpg


落ち着いた感じの回廊。洒落たデザインの椅子が素敵です。これだけ空いていたら心置きなく写真が撮れます。回廊の要所には風景案内パネルが設置されていて便利です。因みのここにはカフェなんかはありません。コーヒー、お茶、ジュース等の自販機があるだけです。



2013110906.jpg


そして回廊の角にはゆったりと眺望を楽しむスペースもあります。東側にはソファーも並べられていて至れり尽くせりですね。これも都庁のように超混雑しないから出来るサービスですね。館内はたぶん何か食べるのは禁止だと思います。


午後4時を過ぎて西側に移動。


2013110910.jpg


こちらからは東京タワーと夕日が眺められます。西側は昼間は逆光になるのでほとんど写真は撮らなかった。昼間はがらがらだったんですが、夕日や夜景を目当てにカメラマンや観光客が続々と集まってきました。


2013110911.jpg


世界貿易センタービルディングは152mとそう高くはないですが、周りに超高層ビルもないので問題なし。待ちに待った360度の夜景がいよいよ見られる。

続きます。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L、EF17-40mmF4L
  1. 2013/11/09(土) 09:51:33|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:4
次のページ