晴れたらいいね

no photo no life

続・夜の帳が下りる

2014103101.jpg


2014103102.jpg


2014103103.jpg

横浜の夜はこれからだ。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
スポンサーサイト
  1. 2014/10/31(金) 21:22:42|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

夜の帳が下りる

2014103001.jpg


2014103002.jpg


2014103003.jpg

夕闇が迫ってきてもここ臨港パークでは家路につく人はいない。どんどん人が集まってくる。

二人連れ、夜釣りを楽しむおじさん連中、犬のお散歩、ジョギング、ナイトクルーズ、海をボーと見てる人・・。

そんな人たちをこれまたボーと眺めている自分です。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2014/10/30(木) 21:11:08|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

西沢渓谷の紅葉part2

「七ツ釜五段の滝」までの最後の登りはきつかった。

2014102901.jpg

必死こいてようやく登り切ったところから眺めた「七ツ釜五段の滝」。西沢渓谷の中でも代表的な滝で写真がよく使われます。五段というから五つの滝があるのかな?三つぐらいしか見えなかったけど。時間は10:30、出発から1時間半かかった。じっくり見たいけどあとがつっかえちゃうので先に進みます。

2014102902.jpg

「七ツ釜五段の滝」から木道の急坂を登りきったところが西沢渓谷の終点です。まだ登るの~もう足がいうことを利かない、ヘロヘロです。ベンチやトイレがあり、皆さんここでお昼ですね。ここから少し歩いたところで自分たちも待望のお昼にしました。ところでこのレールのようなものは?後で詳しくお話します。

西沢渓谷出発地点が標高1100m、そして登り切ったここが1370mです。渓谷を歩いてきたので登って来たという感覚はあまりないのですね。

2014102905.jpg

対岸に渡った帰りの登山道は道幅も少し広くなり、とても快適でした。ただ紅葉に見とれていると誤って断崖絶壁の奈落の底に転げ落ちてしまうので注意しましょう。落ちたら自力では上に戻ってこられません。

2014102913.jpg

下が透けて見える橋を渡り、

2014102916.jpg

飽きもせず紅葉を眺め、

2014102904.jpg

写真を撮りながら、

2014102906.jpg

ゆったりと下って行きます。こちら側から登ってくるひとはほとんどいない。

2014102907.jpg

「大展望台」からの眺めはさすがでした。ここでお二人の記念写真をパチリ。遠くに見える山は鶏冠山と甲武信ヶ岳。

2014102908.jpg

さっきから延々と続いているこのレールは?

この登山道は旧森林鉄道の跡地なんですね。昭和8年から43年まで馬とトロッコを使い木材を搬出していました。

2014102909.jpg

登山道に当時のトロッコの実物?に木材が積まれた状態で置いてありました。

このトロッコ軌道跡は、三冨村と塩山駅を結ぶ三塩軌道と称し、昭和八年から昭和四三年まで、主に西沢・東沢一帯の県有林の木材搬出に活躍したものです。全長は三六キロメートルで、自然勾配をせび(ブレーキ)だけで塩山駅まで下り、登りは馬で二台づつ引き上げていました・・・(案内板より抜粋)

木材搬出だけでなく、生活物資の搬入に活躍したこのトロッコもやがて国道が整備されて自動車輸送にとって代わられ、いつしか衰退していきました。トロッコを眺めていると往時の働く人や頑丈な馬の姿が目に浮かんできます。

2014102917.jpg

めずらしく逆方向から登って来た方たちと出会いました。とっても愉快なおじいちゃんとおばあちゃん達で、会話に思わず笑っちゃいました。この先途中までしか行かないそうです、いつまでもお元気で。

2014102910.jpg

まだまだ写真を撮りますよ。

2014102911.jpg

そろそろ終点に近づいてきた。お二人の話によると、渓谷の登山道も昔に比べて鎖場や階段が随分整備されたそうです。おかげで危険個所も事故なく歩けました。

2014102912.jpg

ネトリ橋から下流方面をパチリ。

駐車場に戻ってきたのが午後1時、ちょうど4時間の紅葉狩りでした。紅葉ドンピシャ、お天気もバッチリとなにかもうまくいったね、大満足です。念願の西沢渓谷の紅葉を満喫しました。新緑の季節にまた行きたいですね。

午後3時には相模原に戻り、駅前で生ビールを飲んで解散です。餃子がおいしかった(笑)。今度は忘年会で会いましょう。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6(今日はこの広角レンズが大活躍。M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROも持って行ったけど一回も使わなかった)
  1. 2014/10/29(水) 18:07:27|
  2. 登山
  3. | コメント:2

西沢渓谷の紅葉part1

早朝6時に相模原駅北口に集合。今日のメンバーは相模原のyamazakiさん、横浜のshirotanさんの3人。yamazakiさんの新車に同乗し中央道の勝沼ICで降ります。140号線を走り、西沢渓谷の駐車場に着いたのが8:40。これより少し遅れたら駐車場はいっぱいになるところだった。

西沢渓谷の紅葉の写真を撮りたいという長年の夢が叶った(ニッコリ)。お二人は経験済みなので冷静でしたが自分だけ出発前から興奮してます。紅葉はドンピシャ、天気も良好で言うことなし。

2014102801.jpg

最初は歩きやすい林道をしばらく進みます。今年初めて見る紅葉にますますテンションが上がります。15分の所にあるネトロトイレに立ち寄り準備万端。

あとで振り返ってみると西沢渓谷の行程は①歩きやすい林道②渓谷沿いのアップダウンの道③対岸の緩やかな林道と大雑把に三つに分けられます。どの行程も見所満載で飽きさせません。

コースは → こちら  一周10km、4時間の道のりです。

2014102802.jpg

サクサクと落ち葉を踏みしめ楽勝の気分で歩いていきますが、このあとアップダウンの厳しい登山道(渓谷道)が待ち受けてました。

2014102803.jpg

最初のポイント二俣吊り橋に到着。ゆさゆさ揺れます。

2014102804.jpg

上流を見上げれば鮮やかな紅葉と真っ青な青空が見えます。思わず吊り橋の上にいた人たちから歓声があがります。この川は笛吹川の支流ですね。

2014102805.jpg

逆光に紅葉が映えます。もう入れ食い状態でパチパチパチ、先に進めない。きりがないけど、どこもかしこも素晴らしい紅葉だ。

2014102815.jpg

やがて眼下にエメラルドグリーンの流れが見えてきました。「滝見台」の案内板があり、少し下った所から「三重の滝」が見えました。

2014102806.jpg

見学台が設置されていて勢いよく流れ落ちる「三重の滝」を見ることが出来ます。なかなかの水量です。

2014102807.jpg

さらに西沢渓谷を遡ります。

2014102816.jpg

鎖場や階段があちこちにあり思ったより厳しい道のりです。ここに来てようやく自分のイメージが間違いだったのが分かりました)。甘かった~。事前イメージではここはお気軽な観光地でハイヒールでも歩けそう・・・大間違いでした(笑)。ちゃんとした登山靴を履いてきてよかった。それにデカいデジイチと大きなレンズを持ってこなくてよかった。

2014102809.jpg

竜神の滝」です。青く澄んだ流れを心いくまで眺めていたいんですが、先は長いし、登山道も狭く、あとがつかえちゃうのでぐずぐずしてられません。

2014102810.jpg

お二人の話によれば、ピークの土日は今日の100倍、200倍は混むそうで、数珠つなぎになってしまい全然前に進まないそうです(驚)。

2014102811.jpg

「貞泉の滝」です。

2014102812.jpg

渓谷道はアップダウンが厳しいですが、さらに水辺のルートは岩がゴロゴロ、ぐちゃぐちゃでとても気を使いました。滑りやすいし転ぶと怪我のもとです。そんなことに気を使っていたらいつしか口数もめっきり減ってました。

2014102813.jpg

先ほどの平坦な林道に比べて渓谷の下に降りると日陰になり、気温もぐっと下がります。

2014102814.jpg

なかなかワイルドですね。流れの中に足を突っ込まないように注意しましょう。

出発して1時間少し、そろそろ疲れがみえてきましたが、休む場所が見つからない。西沢渓谷の中でも一番の名所の「七ツ釜五段の滝」はもうすぐです。

続きます。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6
  1. 2014/10/28(火) 18:12:41|
  2. 登山
  3. | コメント:2

西沢渓谷の紅葉に染まる

急遽西沢渓谷の紅葉を見に行く話がまとまり、中央自動車道を飛ばしました。

2014102721.jpg

西沢渓谷の紅葉は聞きしに勝る素晴らしいものでした。この世のものとは思えない錦秋の中に身を置くと、自分の体が紅葉色に染まっちゃいそうです。西沢渓谷の紅葉はまさに今が見ごろ。

2014102722.jpg

誘ってくれた相模原のyamazakiさんやshirotanさんに感謝です。

とりあえず。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6

  1. 2014/10/27(月) 18:24:52|
  2. 登山
  3. | コメント:4

コスモワールド

2014102706.jpg

絶叫!絶叫!

2014102708.jpg

二人でこっそり。

2014102704.jpg

ワールドポーターズ近くの円形陸橋。このレンズでも収まりきらない。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2014/10/27(月) 05:16:32|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

クイーンズスクエア

2014102606.jpg


2014102605.jpg

クイーンズスクエアは今でも自分がどこにいるのか分かんなくなる時がある。この中に入ると突然方向音痴になってしまう。

2014102607.jpg

ぐるぐる回って適当にエレベータを上ったら目の前に横浜美術館があった。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2014/10/26(日) 17:34:25|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

山下橋界隈

山下公園の先の信号を渡ったところに山下橋がある。いつもはフランス橋を通って元町に行っちゃうのでこっちには来ない。山下公園の目と鼻の先にあるんだけどずーと見過ごしていた。

2014102601.jpg

首都高をくぐり抜けると釣り船の船溜まりがあった。おしゃれな元町のすぐ隣に江戸前を思いおこさせるような佇まいにちょっと驚きました。へぇ~こんなとこがあったんだ。釣りはやらないのでこんな場所には疎い。

2014102602.jpg

新山下といわれるところですね。山下橋を渡り左手の路地に入っていくと釣り船屋さんが数軒のきを並べていた。ちょっといい雰囲気の路地です。調べたらどのお店もHPを開設していて本日の釣果などの情報をアップしていた。サヨリ、マアジ、タチウオが好調なようです。

2014102603.jpg

横浜も知らないところがまだいっぱいある。いつも同じところを行き来してたら出会えないね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2014/10/26(日) 05:51:09|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

海岸通り1

2014102511.jpg

慣れ親しんだみなとみらいの風景もまだまだ開拓の余地がいっぱい。平凡なアングルでも新鮮に見えてくる。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2014/10/25(土) 17:39:19|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0

横浜港シンボルタワー

客船専門のカメラマンにとって「横浜港シンボルタワー」は撮影ポイントとして知られたところです。今回は豪華客船の入港とは関係ないけど一度は見ておこう。

2014102510.jpg

桜木町駅下車、ランドマークタワーの足元のバス停1番から市営バス26系統のバスに乗車します。山下公園より先、本牧方面に来たのは実に40年ぶりです。山下公園からさほど遠くないのに全く縁がなかった。終点「横浜港シンボルタワー」まで行くバスは平日は1時間に一本です。

2014102502.jpg

25分くらいで到着。途中手前の「海づり桟橋」でばっと降りて終点まで乗ったのは自分一人だった。

少し小高い丘の上にあるんだけど、何とも言えないかっこうをしてるね。下の建物部分が「船舶通信信号所局舎」です。多数の船が横浜航路を出入りしていますが、これらの船が安全に行き来できるように情報や信号をタワーから送っています。

2014102503.jpg

展望室(地上36.5m)です。エレベーターがないのでここまで階段を上ってくるんですがきつかった。高齢者の方たちと一緒になったけど、とても大変そうでした。入場無料。

2014102504.jpg

でも展望室からの360度の眺めは最高。真ん中の駐車場辺りがバス停です。右側がコンテナターミナルで遠くに「本牧海づり施設」が見えます。

2014102512.jpg

ベイブリッジが見えます。大型客船が東京湾からベイブリッジを通りぬけるまでがカメラマンの狙いどこです。

2014102501.jpg

向こう側は大黒ふ頭です。

2014102505.jpg

今回は東京湾の眺めより初めて見る本牧ふ頭のコンテナターミナルの様子に興味がありました。本牧ふ頭はA、B、C、Dの4つの突堤があり、真下に見えるのはD突堤です。想像以上にコンテナの数が多く、大規模な施設に驚きました。

2014102506.jpg

巨大なガントリークレーンが巨木のように建ち並び、それはそては雄大な眺めです。その下を大型トレーラーが頻繁に行き交います。自分の生きてきた世界とは全く違う港湾関係の仕事に従事する人達の世界をチラッと垣間見た気がします。思い出したけど以前ブラタモリでここに来なかったかなあ?このガントリークレンが夕陽に映える図が絵になりそうです。

2014102507.jpg

展望ラウンジからの眺めもまた違う趣があっていいですね。タワーを降りてひとつ手前の「海づり桟橋」バス停まで歩きます。

2014102509.jpg

やってますねぇ~。

2014102508.jpg

海づり施設はがこれだけ人気とは知らなかった。護岸釣場や遠くに見える沖桟橋、渡り桟橋は釣り人でいっぱいです。

ここ海づり桟橋から帰りのバスに乗り、山下公園方面に戻りました。夕陽を浴びた本牧ふ頭の写真もいいかもね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2014/10/25(土) 07:56:23|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0
次のページ