晴れたらいいね

no photo no life

「新印象派」展から東上野界隈

東京都美術館で開催中の「新印象派」展を見ました。

2015013026.jpg

「新印象派」とは、1880年代半ばから1900年代初めにかけて活躍した点描技法を用いた画家たちをさします。「印象派」を継承し、光と色の効果を探求しました。代表的な画家はスーラ、シニャックです。

基本的にはすべて点で描かれています。一見するとカメラのアートフィルター効果と似ています。ボーと遠くから眺めるには最適な描き方かもしれません。最初の印象はものすごく自分好みで引き付けられたんですが、たくさん見ていると少々飽きてきます。この手法の限界かもしれませんが、メリハリに欠けます。ただ『髪を結う女』(シニャック)、『マリア・セート、後のアンリ・ヴァン・ド・ヴェルド婦人』(レイセルベルヘ)等の女性の肖像画が特に印象に残りました。

このあと湯島の方へ、いくつか古い建築物を探します。

2015013002.jpg
(堺屋商店)

不忍通りの裏通りの仲町通りに「堺屋商店」(台東区上野2-12-11)がありました。スクラッチタイルの外壁に象形文字風にアレンジした看板の左書きの文字が個性的だ。大正末期に建てられたはずなんですが、最近タイルや窓枠を新装したんでしょうか。参考にした写真よりずいぶんきれいになってました。見る側としてはオリジナルを見たかった。

この後この通りにある昭和6年建築の「黒沢ビル」を見たり、「区立黒門小学校」(昭和5年)を見ました。ただ一番見たかった「一色屋菓子店」を散々探したけど見つからなかった。もうすでに取り壊されてしまったかもしれない、残念。

2015013003.jpg

仲町通り周辺はご覧の通りのお店が密集していて、真っ昼間から呼び込みのお兄さん達がニッコリと近寄って来ます。上野駅前の馴染みのそば屋さんに立ち寄り浅草通りへ。

2015013004.jpg

浅草通り沿いに「比留間歯科医院」(台東区東上野4-1-5)がありました。昭和4年の建築。外観は急勾配の三角屋根に上げ下げ窓を並べた典型的な西洋館タイプのデザインで外壁は銅板仕上げです。

2015013017.jpg

玄関上の赤ランプや左書きの文字看板も昭和ノスタルジーだ。

2015013005.jpg

下谷神社の赤い鳥居が見えてきた。

2015013030.jpg


鳥居をくぐったところに何とも奇妙な3階建ての看板建築があった。昭和5年に建てられた個人のお宅(T邸 台東区東上野3-34-5)です。唐破風のような玄関があり、アーチ式屋根の三階と、各階毎に趣が異なるに面白い建物です。


2015013027.jpg

三階はアラビア風にも見え、鬼のようなか装飾があり、2階の部分には天使のような装飾がある。左官屋だったという当時のご当主が工夫を凝らした遊び心満載の建築です。

2015013028.jpg

境内に動かないぬいぐるみ?近づいたら生きていた、ギョッ。アヒルだと思うけど、下谷神社内で飼っているのかな。

20150130map04.png
(東上野周辺略図 円内辺りをぶらぶら)

本日の予定はこれで終わりのつもりだったんだけど、時間があるので神社の周囲をぶらっとしてみよう。これが大正解。 場所がら多少期待感があったんですが、下町の古い町並みが随分残ってました。

2015013021.jpg

いきなり素晴らしい建物に出くわしテンションアップ。場所は東上野3丁目33です。関東大震災後の復興期に東京で流行った銅板葺きが多く見られるようです。銅板外壁は防火の役目をします。

2015013022.jpg

古い建物フェチとしてはこんな通り (東上野 3-32-7付近)を見つけてワクワクです。この通りをまっすぐ歩いていけば佐竹商店街に行きつく。

2015013009.jpg

次から次へと見所満載だ。原商店と藤枝商店(東上野3-2)があった建物。外壁の模様がおしゃれです。今はもう商売はやってないかも知れない。

2015013010.jpg

年老いたご夫婦がやっておられるラーメン屋さん(東上野3-2-5)。お客さんを丁寧に送り出したあと暖簾をさっと片づけちゃった。お昼休みかな。

2015013011.jpg

この食堂(田中食堂 東上野3-5-13)も時を同じくさっと暖簾をかたずけて準備中になっちゃった。この辺りの食堂の主なお客は常連さん、それともフリーのお客さん、どっちだろう。看板建築をたくさん見ていて、このお宅のように平均的な入母屋の2階建ての住宅を見ると何故かすうっとする。調べたら創業100年以上の歴史をもう定食屋さんです。


2015013012.jpg

路地を見通せるこのごちゃごちゃ感が堪んない。角の家は以前は写真屋さん(東上野3-34)だったけど、今は商売はやってないのかな。ところでこの電柱こんなに傾いてて大丈夫かな。

2015013016.jpg

もう一度下谷神社に立ち寄ったら、近くに(東上野3-35)銅板葺きの看板建築がどーんとあった。昔の写真を見ると、手前から5軒連続銅板葺の看板建築だった。最近無人の看板建築が多いけど、ここはまだお弁当屋さんが頑張っておられます。

浅草通りを渡って、今では都内でも貴重な存在となった同潤会の「上野下アパート」を見に行ったんだけど、探しても見つからなかった。ちょうど該当地で工事中だったのでこのアパートの建て替えかも知れない。

2015013013.jpg

通りがかった「蓮城寺」の蝋梅が見ごろだったのでパチリ。

2015013031.jpg

東上野5-4、棟割長屋がまだ残っています。

2015013014.jpg

同じく東上野5丁目で見かけた散髪屋さん。日常の生活が堂々としている。お隣はインド・ネパール・アジアンレストラン&バー(東上野 5-1-11)だ。

2015013019.jpg

最後にお待ちかねの路地(東上野3-38-9)の写真を撮って今日はおしまい。モノクロでこんな写真を撮るのがとても楽しみになっている。

2015013018.jpg

JR上野駅も関東大震災の復興建築で、昭和7年建築。こっち側から写真を撮るなんてめったにない。遠くに電車を入れたんだけど、分かるかな。たまたま東上野で古い町並みを見つけたけど、探せばまだまだいっぱい残っているだろうな。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL 25mmF1.8
スポンサーサイト
  1. 2015/01/30(金) 17:12:53|
  2. 美術展
  3. | コメント:2

上野で

2015012901.jpg
(不忍の池)

今年の美術展巡りは上野の東京都美術館「新印象派」展からスタートだ。

美術館を後にして湯島界隈をうろうろしたあとは下谷神社の方へ。また今日も古い町並みを探して歩きました。

2015012903.jpg
(上野駅構内)

上野駅構内にあった伊豆の河津桜の写真が春の気配を感じさせ、ぱあっと気持が明るくなった。

とりあえず。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL 25mmF1.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6



  1. 2015/01/29(木) 17:29:06|
  2. 美術展
  3. | コメント:0

ビデオカメラ

2015012803.jpg

東京帰りに町田で途中下車してヨドバシカメラへ。

カメラはもう買うことはないだろうな(笑)、当分は封印してます。今回はビデオカメラの下見です。まだ買うと決めてはないけどね。子供たちが小学校の低学年時代の運動会に大活躍したドでかいビデオカメラはとっくに処分してしまった。

何十年ぶりに最新モデルに触ったけど、軽くて、小さくて、使い勝手が良くて、素晴らしいね。それに安いのは3万円台で買えるなんてうれしい。それにしてもビデオカメラのコーナーはほんの片隅にあるだけ。今時のビデオカメラの市場ってどうなの?スマホがビデオの領域を侵食してるのかな。ビデオカメラ=子供の記録だったけど、昨今の少子化の影響はあるだろうな。

GRDⅢ
  1. 2015/01/28(水) 17:30:22|
  2. その他
  3. | コメント:2

神田神保町の古い建物巡りpart2

靖国通りの裏通りは白山通りを境にして「さくら通り」と「すずらん通り」と呼ばれています。二つの通りを歩きましたが、どちらかといえばすずらん通りの方が見所は多いですね。関東大震災の前までこのすずらん通りがこの地域のメインストリートで、周辺には看板建築が多く残っています。

2015012524.jpg
(すずらん通り)

20150125map08.png
(神保町周辺略図)

2015012523.jpg

角のお店なんだけど、2階の上の小窓がかわいい。横にも付いていたのを塗りつぶしてしまったのかな。看板建築って趣向を凝らした窓が見所のひとつかもしれない。

2015012509.jpg

偶然写真を撮った「天麩羅はちまき」は、昭和6年創業の老舗です。昭和の時代の作家がよく訪れていて、あの江戸川乱歩も通ったようです。池波正太郎のお気に入りだった中華の「揚子江菜館」というお店は見過ごしてしまった。

2015012519.jpg

この通りにも古書店がたくさん並んでいます。下町で見かける総菜屋さん、八百屋さん、魚屋さんが軒を並べる商店街と違って雰囲気が落ち着いています。

2015012520.jpg

ある古書店の店頭にあったこの看板が面白くて写真を撮らせてもらいました。

2015012511.jpg

すずらん通りのさらに裏通りを歩くと銅板の看板建築を見つけた。覗いたら誰も住んでいないらしく、近い将来に取り壊されるかもしれない。大好きな銅板の建物がもっとあるのかなと期待してたけど、今回見かけたのはこれだけだった。

2015012525.jpg


すずらん通りの端にあるのが「文房堂」。重量感を感じるこの建物は、明治20年(1987)創業の老舗の画材店です。このビル自体は大正11年(1922)竣工です。スクラッチタイルの外装で、3階窓のアーチや正面に施されている素焼きの陶器で作られた花飾りの装飾がおしゃれです。今回見た中でも記憶に残る建物です。

2015012522.jpg

再び靖国通りにやって来ました。本好きの自分なんですが、神保町の古書店街は昔からご縁はなかった。

2015012513.jpg


軒上に円窓のような飾りがある2階建ての店舗長屋は「三鈴堂眼鏡店」他です。元々は関東大震災後の復興事業としてここに十一軒長屋がありました。それがひとつ欠け、ふたつ欠け、2006年6月に最後の2軒を残して解体されてしまった。1990年の写真を見ると左隣にもう2軒分が残っている。残った2軒も土曜日の昼間なのにシャッターが降りているところを見ると・・ちょっと心配です。

2015012512.jpg


さっきのメガネ店からすぐ先に「一誠堂書店」がある。創業100年以上の老舗で、昭和6年に建てられた建物は一見平凡ですが、タイル張りのしっかりとした造りで当時としては珍しい5階建てです。最上部の装飾がアクセントになっています。

神保町界隈、裏手に回れば滅茶苦茶古めかしい建物が残っていると期待して行ったんですが、それほどでもなかった。主だった建物は見ましたが、まだ目立たない建物を見逃した感があるので次回を期待します。

この後靖国通りを秋葉原方面に歩きます。続く。

<参考>
『近代建築散歩』 宮本和義・アトリエM5 小学館 2007年
『東京建築散歩』 志村直愛・建築から学ぶ会 山川出版 2004年
皆さんのブログ

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2015/01/26(月) 17:38:10|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

神田神保町の古い建物巡りpart1

看板建築に代表される東京の古い建物探しで築地界隈を何度も回ったけど、神田神保町も戦災の被害を免れて現在に至っている戦前建築がたくさん残っています。

といっても年々その姿が消えている。事実、今回神保町巡りで何冊かの本や皆さんのブログを参考にさせてもらいましたが、そのうちの何軒かは新しいビルに建て替えられたり、取り壊されて駐車場になってました。今のうちに写真撮っておかなくちゃあ。

2015012501.jpg


地下鉄神保町から出るとすぐ目につくのが、靖国通りと白山通りが交差する神保町交差点にある「廣文館書店」です。創業80年を越えています。建物的には平凡な感じですが、お店の真面目さが伝わってくる造りになっています。

20150125map08.png
(神保町周辺略図)

2015012502.jpg


神保町の古書店を代表するかのようなこの建物は「矢口書店・古賀」です。昭和3年に建てられた木造モルタル造りの3階建ての建物です。一見石造りを思わせるような外壁。古書ばかり探していると気が付かないけど、装飾の施された昭和初期のモダン建築の名残をたまには眺めてみましょう。毎朝10時開店に合わせて店先に古書を広げ、お隣同士朝の挨拶をするのが店の人の日課だ。

2015012503.jpg

矢口書店の横の通りを入ったすぐの運送屋さんの建物も年季が入っている。

2015012504.jpg


靖国通りを進み、左折すれば「さくら通り」の入り口だ。その向かい側にあるのが「今荘」(千代田区神田神保町3-15-1)。昭和8年に建てられた老舗鰻店です。和洋折衷みたいな、遊郭を想像させるような変わった建物だ。

2015012505.jpg


さくら通り入口にある中華「成光」。平凡と思いきや上の方にちょっと細工(軒蛇腹というのかな?)があってしゃれている。戦前のものかもしれない。

2015012506.jpg


さくら通りを進むと「旧相互無尽会社」の建物が見えてくる。

昭和5年の建物で、以前は「わかしお銀行」別館として使用されていた。現在は2階に日本タイ協会が入っている。銀行にしてはいやに平べったいビルだね。全面スクラッチタイル貼りで、1階部分には大きなアーチ窓が並び、側面の窓格子や小さなテラスのある窓などが特徴です。裏側はべたっと修復した跡がありました。

2015012516.jpg


白山通りを下れば「学士会館」が見えてくる。学士会は旧帝国大学系大学の出身者等を主な会員とする、大学の枠を超えた同窓会組織。昭和3年建築、国登録有形文化財に指定されているだけあってスクラッチタイルの建物は貫録です。上階にいくほど小さくなる窓のデザインがおもしろい。横から見ると全く違う姿を見せます。

2015012514.jpg


学士会館のほぼ正面にあるのが「共立講堂」。

昭和13年建築。戦後は音楽関係の公演のメッカとして共立講堂からの中継が流れ、その名は全国に知れわたった。昭和31年内部を全焼。翌32年再建。近年、外壁の痛みが激しくなってきたため、平成19年に外壁タイルの張替工事 を行った。共立講堂は現在一般に貸し出しを行っていない。

2015012517.jpg

学士会館の敷地内に「日本野球発祥の地」のモニュメントがあった。この記念碑は、日本に野球を伝えたホーレス・ウィルソン氏の野球殿堂入りを記念して、2003年に当博物館と社団法人学士会により建立されました。

2015012518.jpg

再び靖国通りの方に戻ります。思ったほど天気が良くなく、あまりの寒さに肉まんを買って温まります。ところでこの辺りの大学の卒業生ってものすごい数でしょうね。お前の言ったことみんな知ってるよって言われそうだ。

続きます。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2015/01/25(日) 16:39:16|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:1

神田神保町の古い建築物

2015012402.jpg
(靖国通り 矢口書店・古賀書店 1928年)

古書店が連なる神田神保町には戦災をまぬがれた古い建物が残っています。下町型の戦前建築の宝庫と言われています。震災復興期に建てられた看板建築が多かったようですが、時代とともに徐々に消えていく運命にあるようです。そんな建物がなくならないうちに写真に撮っておこう。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2015/01/24(土) 16:34:18|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

サーファー

2015012401.jpg

雨が降ろうが、槍が降ろうが、明けても暮れてもサーファーは今日も海を目指す。

一見単調に見える波乗りにここまでのめり込む気持ちは当人にしか分からない。ビッグウエイブの魔力に取りつかれた人間は簡単に抜け出すことが出来ない。でも何故かおじさんサーファーに出会うとギョッとしてしまう。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2015/01/24(土) 05:18:30|
  2. その他
  3. | コメント:2

狭い路地

2015012303.jpg

こんな狭い路地を見つけると、どうしても中に入って行きたくなる。

奥はどうなっているんだろう、住んでいる人に出くわしたどうしよう、のぞき見していると思われたくないけど・・けっこう不気味でスリル感に満ちている。なんだ猫が眠たくてうつらうつらしているじゃん。ホッと気の緩む築地7丁目でした。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6

  1. 2015/01/23(金) 18:52:14|
  2. 東京下町散歩
  3. | コメント:0

トウキョウベイ

2015012201.jpg
(佃大橋)

「聖路加国際病院」の見える築地の一角で写真を撮っていたら、若い男女の外人さんに道を聞かれた。

「トウキョウベイ」、「トウキョウベイ」。

とうきょうべい??

もしかしたら「TOKYO BAY(東京湾)」のことかな。

この場所で東京湾はどこかと聞かれたって、困っちゃう。東京湾といっても広過ぎてどの場所を紹介したらいいんだろう。ともかく近くに隅田川が流れているのでそこを教えてあげて分かれた。隅田川を下った所が東京湾ですよ、とうまく説明したかったけど英語がでてこないもどかしさ。お二人さん、あの後どうしたんだろう。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6
  1. 2015/01/22(木) 07:48:31|
  2. その他
  3. | コメント:2

撮影禁止

先日築地6、7丁目界隈をぶらぶらして古い建物の写真を撮っていた時の話。

近代建築の本に必ずといっていいほど載っているいる「W店」の前にやってきた。過去に何度かここに来たんだけど、あいにく店がお休みで写真が撮れなかった。ところが今回お店が開いていたんで、よっしゃ~、喜び勇んでカメラを構えたら・・・

2015012102.jpg

「おい、こら、なにやってんだ!!!」と大声を出して店の主人らしき人が飛び出してきて怒鳴り散らされた。一瞬???だったけど、瞬時に撮影禁止だろうと理解した。とりあえずあやまってその場を去りました。

たった一枚撮った写真を家でアップしたら確かにお店の二階の正面に「撮影禁止」の張り紙があった。気が付かなかった自分に非があるとしても、いきなり怒鳴ることはないだろう。この年になって他人さまからぼろくそに怒られるとは思わなかった(苦笑)。このおじさん、終日店内から監視しているんだろうな。調べたら同じように怒られている人がいた。ご注意を。

ただ今回のようなことは2度目なんだよね。2013年12月深川不動尊の参道でも同じ目に遭いました。

2015012106.jpg

「K店」の暖簾がめずらしいので写真に撮っていたら、ここでも同じくこの店の主人(年寄り)が飛び出してきて大声で撮っちゃあダメだとほえられた。撮影禁止の張り紙はあったのか記憶にない。いきなり怒られたって、こっちはなんにも知らないんだから。

世の中いろんな事情で撮影を許可していないところがあるので十分注意しましょう。

※気になって調べたら、

①敷地外から建築物を撮影する場合には、敷地の管理者に行動を制限されるいわれはないので、プライバシーの侵害などの問題がない限り、敷地の管理権者からの許諾は不要で、問題なく撮影することができます。

②建築物には肖像権のような権利はありませんから、建物の所有者が許可を求める権利などありません。
ですから撮影した写真を公表しても商売に使っても何の問題はありませんから、安心して撮影してください。

③結論としては、一般論としては、自分の神秘的思想を表現する目的で建物を被写体として写真作品を創作してウェブサイトに公表するような場合は、事前の許諾を得ることなく自由に撮影して公表できます。


同じような疑問を持つ方の質問の回答(YAHOO知恵袋等)としていくつか挙げてみました。法的には問題ないようですが、本人が嫌がっているのをこれ見よがしに無理やり写真を撮るのも気が引けるけどね。
  1. 2015/01/21(水) 05:26:34|
  2. その他
  3. | コメント:2
次のページ