晴れたらいいね

no photo no life

篠窪の菜の花~川音川の桜

この時期、菜の花と言えば篠窪の菜の花畑をはずせません。今回も渋沢駅から708号線をてくてく歩きます。気持ちのいい丘陵地帯を通り、1時間ちょっとで到着。三嶋神社からの最後の坂が年々きつく感じられる。

菜の花の匂いを嗅ぎながら、息せきって丘に上がって眺めたら・・・う~んと唸っちゃいました。事前に今年は早いような情報があったんだけど、遅かった。終わってしまったのか、刈り取られてしまったのか、いつもの菜の花畑とはだいぶ違いました。

2016033126.jpg

がっくり来たけど気を取り直してカメラを構えました。目の前のあるがままを撮るしかないね。

2016033123.jpg

幸いなことにこの桜はこれからですし、遠くに見える土手の桜もピークを過ぎたとはいえまだまだ見ごろでした。

2016033122.jpg

富士山も今日は霞んでますね。このあと好転を期待したんですが、最後はお隠れになってしまった。

2016033120.jpg

また来年を期待しましょう。カメラ半分、歩き半分、の気持ちで来ているのでそれほどガッカリしません。

この後新松田方面に下って行きます。

途中川音川沿いの土手に寄っていきます。ここは鉄っちゃんの間では有名な撮影ポイントです。ここのソメイヨシノと鉄橋を渡る電車を絡めた写真を撮りたいなあと思っています。今日は桜の咲き具合と場所の下調べです。

当然まだ咲いてないと思ったら・・・なんと満開の桜の木が2本あったのには驚いた、ラッキー。桜の品種はソメイヨシノではないです。早速鉄っちゃん開始、でもロマンスカーの時刻表を持ってなくて困った。いつ来るか分かんない。

2016033101.jpg
(10:53 さがみ63号)

上りは来ることが分かるんですが、下りは察知出来ないのでずーっとあわててました。

2016033102.jpg
(10:53 はこね8号)

2016033109.jpg


2016033103.jpg
(11:10 Sはこね13号)

突然現れたんであわてちゃってタイミングをミスった一枚、でもまあこれはこれで。

2016033105.jpg
(11:29 さがみ78号)

2016033107.jpg
(11:39 はこね15号)

2016033108.jpg
(11:52 はこね12号)

赤いLSEが来ないかと待ったけどあきらめました。後で調べたらこの後40分近く待たないとLSEはやってこなかった。やっぱり時刻表がないと不便ですね。あっ肝心のソメイヨシノの咲き具合は2分程度で、まだまだ先ですね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.8
スポンサーサイト
  1. 2016/03/31(木) 16:21:34|
  2. 四季の花
  3. | コメント:2

横浜公園の横浜緋桜とチューリップ

三ツ境から乗り継いで関内に到着。更新手続きの前に横浜公園を散策します。

2016032938.jpg

今日から(29日)巨人を迎えての今季ホームでの初戦が18:30から開催されます。確かチケットは売り切れなんて情報があったけど、残り少ない当日券を求めて早くも列が出来てました。球場全体から漂ってくるわくわく感がいいですね。ラミちゃんのベイスターズ、今年はどうなんだろう。

2016032921.jpg

公園内のこの桜は「横浜緋桜」(寒緋桜と山桜を交配)という品種で、ぼってりとした花びらと濃い紅色が遠くからでもとても目立つ。初めて見たけど、想像以上に素晴らしいね!

2016032923.jpg

園内に数本あったけど、家族連れや子供たちがお弁当を広げてくつろいでいました。

2016032940.jpg

お馴染みの横浜公園こんな桜があるなんて全く知らなかった。通りがかりの人が立ち止まり記念写真に収めます。

2016032929.jpg

チューリップも咲き始めてました。

2016032937.jpg

すがすがしい感じのチューリップ。撮っていたらおばあさんに声をかけられ、撮り方を教えてあげました。横浜公園から山下公園へ。

2016032925.jpg


2016032939.jpg

この枝垂桜を一度は見たかった。今月末まで工事をやっていて柵が邪魔だけど仕方がない。先日見た西林寺の枝垂桜も見事だったけど、花付きはこっちの方が上だね。氷川丸をバックに満開の枝垂桜をパチパチ。近くの開港広場でも桜が満開だったんだけど、ここも工事中で写真が撮れず、残念。

2016032943.jpg

再び横浜公園に戻ってきました。

2016032935.jpg


2016032932.jpg

これだけ咲いていれば十分ですね。このあと近くの神奈川県不動産会館で手続きを済ませました。

2016032934.jpg

桜木町駅に向かう途中、大岡川にかかる桜木町歩道橋から根岸線をパチリ。

今週末のソメイヨシノの満開を前に十分楽しい思いをした一日でした。さて今年は満開のソメイヨシノをどこで見ようかな。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4.0
  1. 2016/03/30(水) 05:54:50|
  2. 四季の花
  3. | コメント:2

追分市民の森

横浜の関内に「宅地建物取引士」の更新の手続きのため出かけた。そのついでに「追分市民の森」に寄ってみることにしました。もちろん初めてです。

20160329map02.png

相鉄線三ツ境駅で下車。ここからトコトコ歩いて行きます。大昔の独身時代この三ツ境に2年くらい住んだことがあります。すっかり変わってしまって、当時のことが全く思い出せない。聖マリアンナ病院を目標に行きます。途中道の両側は桜並木で、あと数日で満開を迎えることでしょう。

2016032910.jpg

20分くらいで入口に到着、瀬谷高校入口の信号近くです。ここから市民の森に中に入っていきます。

2016032903.jpg

一帯は菜の花畑になってました。朝日に照らされて光ってます。今年になって何回も菜の花は見ているのでそれほど驚かないですが、色の鮮やかさは見事だ。

2016032902.jpg

振り返れば旭大橋が見え、中原街道が通ってます。橋の向こう側にも菜の花畑が広がっているのが見えます。

2016032904.jpg

今日のもうひとつの見所は桃の花です。毎年3月25日から月末にかけて見ごろになるそうです。

2016032906.jpg

小高い場所から桃と菜の花を眺めます。ここの桃はちょうど見頃ですね。

2016032905.jpg

小川のような、遊水池のような低地の水辺に何本もの桃の木がありました。ここの桃はちょっと時期が遅かったかな、残念。

2016032911.jpg

雪柳が満開です。

2016032908.jpg

少し戻ります。遊歩道から少し上の方に畑があり、桜をバックにご夫婦で畑仕事に精が出ます。

2016032909.jpg

病院の方に戻ります。通りの両側の桜並木が満開になるのももうすぐですね。帰りはズルして病院前からバスに乗り三ツ境駅に戻ってきました。このあと関内へ向かいました。横浜公園が素晴らしかった。続きます。

ところで宅建の更新なんですが、今回は迷いました。今回限りのつもりで更新することにしました。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4.0
  1. 2016/03/29(火) 17:43:21|
  2. 四季の花
  3. | コメント:2

西林寺の枝垂桜

横浜市泉区にある「西林寺」の枝垂桜が見ごろを迎えています。相鉄いずみ野線の「緑園都市」駅で下車。あとは地図を頼りに歩きました。途中道を間違てちゃったりしたんで30分もかかってしまった。すんなり行けば20~25分で行けると思います。

20170327map07.png
(緑園都市駅から西林寺まで)

2016032701.jpg

見事な枝垂桜が見えてきました。横浜市の名木古木に指定されていて、樹齢160年ともいわれています。

2016032716.jpg

階段から見上げれば、ちょうど見ごろの枝垂桜が青空をバックに鮮やかに咲いていました。

2016032708.jpg

境内はカメラマンと見物人でいっぱい、次から次へとやってきます。多少人が入っても気にしないのでパチパチパチ。

2016032713.jpg


2016032705.jpg

先日の春めきやソメイヨシノに比べると、密集したモコモコ感もなく、すっきりしてます。その辺がちょっと物足りないのかな。

2016032706.jpg


2016032704.jpg

本堂横にも違った種類の桜があり、これも今が見ごろの満開でした。ピンク色が鮮やかです。

2016032702.jpg

境内にはこの他に見事なモクレンが咲いてましたが、時期としてはちょっと遅かったですね。自転車乗りだったころ、県央から西部といろんな所を走ったけど、この辺りは全く来たことがない。こんな機会がなければ足を踏み入れることはない場所です。鎌倉、東京等の桜の名所に目が行きがちですが、知る人ぞ知る桜の名所が探せばたくさんあるんですね。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4.0(今日はこのカメラを使いました。久しぶりなんで露出合わせに戸惑った)
  1. 2016/03/27(日) 15:42:37|
  2. 四季の花
  3. | コメント:2

満開の春めきと大雄山線

3連休は悪天候やら事情があって外出がままならず、グダグダしてました。そんなうっぷんをはらすように青空の下、今日は早朝からお出かけです。新松田からバスで関本へ。そこから歩いて10分ぐらいで狩川に到着。今年も「春木径」と「幸せ道」の春めきを見に来ました。

20160322map02.gif

2016032202.jpg

ちょっと遅かったかな、心配してたんですが、花びらの瑞々しさはちょっぴり減ってましたが、今が見ごろの満開でした。

2016032204.jpg

右岸の「春木径」から。う~ん見事です。ソメイヨシノに比べれば赤みがちょっことあるんでしょうか。スカッとした青空に映えます。

2016032206.jpg

こぼれんばかりの花びらです。手の届く低い位置で咲いているので、ついつい触りたくなっちゃいます。

2016032207.jpg

左岸の「幸せ道」へ。去年はあまり見かけなかった菜の花があちこちで満開です。

2016032209.jpg

ここから富士山が少し見えます。

2016032221.jpg


2016032210.jpg

連休中に桜まつりがあってさぞ賑やかなことだったでしょう。一転今日は訪れる人も少なく、ほぼ地元の方たちばっかりのようでした。

2016032211.jpg

花びらのふんわりとしたモコモコ感が堪んないですね。写真的にはここ「幸せ道」の方が撮りやすいですし、花付きもこちらの方がいいですね。

この後狩川沿いに下り、運が良ければ小田原まで歩くつもりだったんです・・・が。

2016032213.jpg

2回目なんで多少土地勘があって気が楽です。あっという間に狩川にかかる鉄橋に到着。塚原橋から大雄山線の電車をパチパチパチ。前回は勉強不足だったんですが、6分おきに上り、下りどちらかの電車が通るので撮影は楽です。

2016032214.jpg

ここでも富士山を入れて撮りたかったんですが、今日は顔を出したり、隠れたりということを聞いてくれません。左端にかすかに見えるのは富士山かな。特徴のある形の矢倉岳はこの辺りではどこからでも眺められる。

2016032215.jpg

歩いてきた狩川の土手から上流を振り返れば、のどかな風景が広がってます。天気は良かったんですが、風が冷たくて風邪をひきそうだった。

2016032216.jpg

偶然見つけた相模沼田駅近くの狩川の土手の春めきも満開でした。ちょうどいいポイントから大雄山線の電車を左下に入れてパチリ。

2016032217.jpg

春めきが100mくらい続いていて、さっきの「幸せ道」に負けず劣らず見事な咲きっぷりでした。

2016032218.jpg

飯田岡駅に到着。ここから穴部駅方面に向かって少し歩いた狩川沿いの土手からが撮影ポイントです。畑で働く人のほんの目の前を電車が通り過ぎて行きます。電車との密着感と言うか、ご近所感がいいね。

2016032219.jpg

土手の菜の花を入れて、上りの電車をパチパチパチ。この時突然体調不良(頭痛、腹痛)に襲われてマイッタ。さらに先に行く予定をあきらめて、飯田岡駅へ戻ります。

2016032220.jpg

飯田岡駅のホームから下り電車を撮って今日はおしまい。

小田原からホンアツに帰りました。途中富水ー栢山間の例の菜の花畑で鉄っちゃん数名カメラを構えているのが見えました。おぅ、やってますなあ、にこっと。今日は歩き足りなかったけど、予定通り電車の写真を撮れたんでよしとします。ホンアツに戻ったら体調も良くなった(笑)。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/03/22(火) 17:26:57|
  2. 四季の花
  3. | コメント:6

栢山ー富水 菜の花

栢山と富水のほぼ中間にある菜の花畑にやって来ました。今年もきれいに咲いてくれました。

20160318mao02.png

菜の花畑に近づくと花粉マスク越しにぷ~んと匂ってくる。

2016031801.jpg
(11:03 Sはこね13号)

お母さんとお子さんのグループがやって来て菜の花畑で遊び始めた。

2016031802.jpg

大声で泣いたり、怒られたりと賑やかです。でも写真的には全然問題なしです。かえってアクセントになってグッドです。菜の花まつりの幟が立っていて気になったけど、ありのままで。

2016031812.jpg

しばらく遊んでいて、やがて踏切の向こうに消えて行きました。

2016031803.jpg
(11:28 さがみ78号)

ぽつんとカメラマンの方が見える。今日はご同業の方が都合5名入れ替わりやって来ました。

2016031805.jpg

同じアングルばっかりなので流し撮りをやったけど、全然ダメ、全部失敗しちゃった。昔はうまく撮れたこともあったんだよね・・常に鍛えてないとだめだね。

2016031811.jpg

こんなのはどうかな。

2016031810.jpg
(11:44 はこね15号)

2016031807.jpg

振り返れば富士山がくっきりと見えてます。おばあちゃんのいうことをなかなか聞いてくれない元気のいい坊や。なかなか先に進まない。最後はベビーカーに乗せられてしまった。

2016031808.jpg
(12:41 はこね18号)

2016031809.jpg
(12:46 はこね19号)

やはり菜の花畑にはこのLSEが一番映えるかな。これを撮っておしまいです。今日は思ったほど気温も上がらず、午後からは風が強くなり肌寒かった。栢山までの帰り道、仙了川に多くのカモやサギがいたのには驚いた。人間慣れしてて、ちょっとのことでは驚かないようだった。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/03/18(金) 17:39:43|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:2

長谷寺~高徳院~鶴岡八幡宮

江ノ電に乗って鎌倉へ。早い時間なんで江ノ電も空いていて、特等席に座れた。あと2週間もすれば鎌倉の桜も見ごろになるんだけど、それまで待ちきれない。

2016031701.jpg

長谷寺へ。入ってすぐのハクモクレンはちょっと遅かった。

2016031702.jpg

寒緋桜はまだ間に合った。

2016031704.jpg

釣り鐘状の花が特徴で、ソメイヨシノと全然違う。

2016031707.jpg

そして先日お化粧直しを終えたばかりの大仏様へ。

2016031709.jpg

う~んどうなんだろう、以前との違いは・・・よく分からない。ガムなんか取ったり、汚れを落としたはずなんでそれなりにきれいになっているはずです。

2016031710.jpg

修学旅行の生徒さんと外人さんばっかり。皆さんのうれしそうな顔がいいね。C語を話す3、4歳ぐらいの子供がおばあさん?といたんで、かわいいねと声をかけて頭を撫でてあげたら、カメラに興味を持って触りに来るんで困った(笑)。ダメと言っても通じなかった。

2016031724.jpg

御霊神社のいつもの場所から白い桃の花を入れて江ノ電をパチリ。

長谷から再び江ノ電に乗って鎌倉へ。

段葛周辺の工事が順調に進んでいるようです。西側はまだ囲いがありましたが、東側は囲いが取り払われて、新しい段葛の様子を垣間見ることが出来ました。

2016031722.jpg

塗り直しの終わった三の鳥居の前から段葛を見通した写真です。石灯篭はすべて新調されました。新しく植えた桜はいつ咲くのでしょうか。

3月30日に行われる段葛整備工事竣功式及び奉祝行事の詳細は以下です。

平成28年 3月30日(水)
午後1時30分   竣功式 (段葛 二ノ鳥居)
段葛 二ノ鳥居前にて、段葛整備工事の竣功式を執り行います。

午後1時45分頃 通り初め(段葛 二ノ鳥居~太鼓橋)
竣功式後、神職の先導により「通り初め」を行います。中村吉右衛門様を始めとする御一門、鎌倉鳶職組合による木遣り、纏い、他参列者による二ノ鳥居から舞殿にかけての通り初めです。

午後2時45分頃 奉納舞 (舞殿)
舞殿では、中村吉右衛門様による奉祝の舞が奉納されます。

平成28年 4月3日(日)
正午より 奉納舞 (舞殿)
舞殿にて、尾上菊之丞様、尾上菊透様による奉祝舞が奉納されます。(鶴岡八幡宮HPより抜粋)

2016031712.jpg

赤橋が工事中で寒桜の全体が撮れないのでアップでパチリ。

2016031714.jpg

流鏑馬道の寒桜も見ごろです。

2016031715.jpg

境内にある鶴岡幼稚園の卒園式があり、この場所でさっきまで記念写真が撮られていた。最近小さな子供を見るとみんな孫のM君に見えてくるから不思議だ。

2016031717.jpg

旗上弁財天の大島桜は早葉桜になってました。

2016031719.jpg

そして今日もすたこら歩いてここにやって来ました。鎌倉女学院隣の若宮大路に架かる「由比ヶ浜歩道橋」から横須賀線の電車をパチリです。

2016031721.jpg

そして和田塚駅から江ノ電に乗り帰りました。方向幕に桜の花びらのデザインが見えた。暑かった、この時期は着るものに迷ってしまう。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2016/03/17(木) 18:37:00|
  2. 鎌倉散歩
  3. | コメント:4

「アルタニア」と「MARINE&WALK」

久しぶりの晴天だ。ここんとこ天候不良でくすぶっていたんで気分一新、横浜へ。

2016031501.jpg

大桟橋に続く通り、水上署の前の木蓮が見ごろを迎えていた。

横浜港初入港の客船「アルタニア ARTANIA」を見に来ました。大桟橋手前の象の鼻パークの撮影ポイントでは映画の撮影中で近寄れず。

2016031502.jpg

総トン数 44,656トン
全長 213.00m
全幅 29.00m
乗客定員 1,200名
就航 1984年11月
船籍 バミューダ
運航会社 フェニックス・ライゼン
特徴 2016年3月横浜港初入港。ダイアナ妃がゴッドマザーを務めた客船が改名。優美な曲線を描く船尾デッキが特徴。(横浜市港湾局HPより)


2016031506.jpg

真っ白な船体が青空にまぶしい。建造から30年以上経っているのに古さを感じません。

2016031505.jpg

天気に恵まれたけど風が強くて、カメラを持つ手が震えちゃって困った。今朝(15日)6:30に入港し、18:00には出港していく。乗客は横浜見物にでも出かけたのかな。老夫婦がデッキでお茶を飲んでいた。確かに巨大客船にありがちなマンションが海に浮かんでいる図ではなく、後ろ姿は優美な曲線を描いている。横浜の次の寄港地はウラジオストクだ。

2016031507.jpg

作業員が船体の汚れを掃除していた。

2016031508.jpg

赤レンガパークからパチリ。優美な姿ですね。

明日(16日)、「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」がこれまた初入港なんですが、巨体過ぎて例によってベイブリッジを通過できないのか、大黒ふ頭に着岸となってしまいました。総トン数 167,800トン 全長 348.00m 全幅 41.00m 乗客定員 4,180名 日本に寄港する客船として最大。こちらの方が本命だったのに残念。そうそう、20日入港のクイーン・エリザベスも大黒ふ頭に着岸なんだよね。(※3月20日シンボルタワーam4:30~臨時開園

このあと「MARINE & WALK YOKOHAMA」へ。

20160315mw01.png
(MARINE & WALKのHPより)

2016031510.jpg

横浜赤レンガ倉庫に隣接する横浜みなとみらい21新港地区に建設され、この3月4日にオープンしたばかりです。

2016031512.jpg

早速中に入ってみましょう。今回犬を連れての方がものすごく多かった。これってトレンディー、はたまたステータスなんでしょうか。

2016031514.jpg

中央にストリートがあります。

2016031519.jpg

COFFEE & BAKERYのお店、う~んいい匂いがしてきた。

2016031518.jpg

海風の通り抜ける設計になっているんでしょうか。右側の茶色いものはエレベーターです。

2016031513.jpg

建物の間から新港ふ頭に停泊中の海上保安庁の巡視船「あきつしま」が見える。

2016031515.jpg

2階に上がれば新港ふ頭や臨港パーク、インターコンチネンタルホテル等が一望です。テラスでの食事、ティータイムを最高の眺めとともに過ごすことが出来そうです。下はすべて板張りです。

2016031516.jpg

ちょうどランチタイムとあってどのお店も満員、長い列が出来てました。ちらっと眺めましたが、なかなかのお値段です。でもこのロケーションだったら満足かな。

2016031517.jpg

中央のストリートを挟んで反対側の2階からの眺めです。お店のことは専門外で分かりませんが、印象としてはちょっと狭いという感じです。休日で混んだ時に溢れちゃう・・・そんな心配をしちゃいます。

ところで今日の強風で油断をしていた花粉症に本格的に突入しちゃった。目が、鼻が、堪んない!!

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2016/03/15(火) 17:34:57|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:2

マネー・ショート 華麗なる大逆転

2016031001.jpg

マネー・ショート 華麗なる大逆転』を見ました。

感想は・・・むつかしくてよく分からなかった。

TVの映画宣伝スポットにつられてなんとなく行ったのがまずかった。少なくとも事前にストーリーを予習していくべきだったかな。サブプライムローンの破綻のことは知っているけど、空売り、CDS(債権デフォルト時の保険商品)、CDO(住宅ローン証券化商品、優先劣後構造を持つ)等の金融の専門用語がポンポン出てきて、素人にはちんぷんかんぷんだ。途中専門用語の解説らしきものがあったけど消化不良だ。最初は危うく寝てしまいそうになった。

それに主人公たちの仕事なり関係性がよく分からず、戸惑いました。これも予習不足かな。ライアン・ゴズリングの変貌ぶりにびっくりした。ヘアースタイルも中年のおっさんぽかったなあ。若かりしころの美貌の青年の面影がなかった。その他にはスチーブ・カレルの少しオーバーな演技が印象に残りました。ブラッド・ピットは添え物的で、存在感があるとは思えなかった。

お金の単位が庶民とはあまりにもかけ離れていて、かえって実感がわかなかった。タイトルの華麗なる・・もオーバーかな。スカッとお金を稼ぐストーリーを期待していくとハズレです。その点で個人的にはガッカリの部類に入る映画でした。今年のアカデミー賞の作品賞をとった『スポットライト 世紀のスクープ』を見てみたい。
  1. 2016/03/10(木) 16:32:11|
  2. 映画
  3. | コメント:0

安野光雅の本2

あれから安野光雅に魅せられて、たくさんの本を見ました。中でも特に気に入ったのはヨーロッパを旅して描いた風景画でした。

2016030901.jpg2016030902.jpg

2016030903.jpg2016030904.jpg

上段 左:イギリスの村 1983 右:オランダの花 1988
下段 左:イタリアの丘 1980 右:ヨーロッパの街から村へ 1999

1970~1990代にアサヒグラフや週刊朝日に連載されたものをまとめたものです。

素敵な風景画ばっかりで選ぶのに迷いましたが、いくつか紹介します。

2016030905.jpg2016030906.jpg
<オランダの花> 左:ズンデルトのはずれの農家 右:セルトーヘンボスのヨットハーバー 

2016030907.jpg2016030909.jpg
<イギリスの村> 左:ヨークの海岸で 右:バースの近くの村

2016030908.jpg2016030910.jpg
<ヨーロッパの街から村へ> 左:マルセイユの入江 右:旧市街の食料品店

安野光雅が自分で車を運転し、ヨーロッパ中を駆け巡り、スケッチしたものです。絵と共にその土地でのエピソード、歴史の添え書きがあり、これがまた面白い。もちろんヨーロッパなんか行ったことはないけど、その土地の暮らしぶりや国民性を垣間見ることが出来ました。それにしても水彩画で描かれる田舎の風景がとても心にしみる。自分が風景写真を撮る時の参考になれば、という思いもありました。イタリアで40年近く昔の教え子の女性に偶然会ったエピソードもほほえましかった。

安野さんのような水彩画を描いてみたいと前々から思っているんだけど、なかなか先に進まない。

余談ですが、安野光雅の数学的センスが溢れる「算私語録」を読んでいてこんなのを発見。
1975年1月17日朝日新聞の夕刊に載った記事。ある男性が宝くじ40枚を買って2等1000万円が当たった。今でいえば数千万円になるのかな。同僚の間でやっかみやら冗談やら大変な騒ぎになった。本人は真剣に悩み、同僚間の人間関係の方が大切だと当たりくじを燃やしてしまった。実にもったいない話なんですが、この男性の住所を見て目を疑った。自分の田舎のご近所だった(驚)。
  1. 2016/03/09(水) 05:04:01|
  2. | コメント:3
次のページ