晴れたらいいね

no photo no life

弘法山公園ハイキング

高校の同級生のANDOW君とお馴染みの弘法山公園ハイキングを楽しんできました。商売をやめて悠々自適のANDOW君なんですが、運動不足で足腰に不安を感じているという話を聞いて誘いました。


20160529map01.png
(本ブログではお馴染みのマップです、笑)

山歩きの経験の少ないANDOW君にはこのコースが最適でしょう。


2016052901.jpg


最初話に夢中でハイキングコースの入口を間違えちゃったりして笑っちゃいます。吾妻山までがちょっときついんですが、それを過ぎればなだらかなコースです。今日はANDOW君に合わせたゆっくりペースで歩いて行きます。

吾妻山を過ぎて少し行ったところで猿の集団に出くわした。親ザル、子ザルと全部で10匹前後の猿の群れがハイキングコースを次から次へと横切って行きます。写真を撮る間もなかった。ちょうど通りがかった皆さんもちょっと怖いんで待機します。


2016052902.jpg


新緑の時期は過ぎたとはいえ、周囲の雑木林の緑はきれいです。ちょっと暑いくらいですが、コースはほとんど日影なんで助かります。


2016052904.jpg


弘法山でひと休みをして、


2016052905.jpg


「ばばみち」では色づき始めた紫陽花を愛でながら進みます。


2016052906.jpg


休日ということもあってハイキングコースは大勢の人が行き交います。結構人気のコースなんですね。


2016052907.jpg


11時半過ぎに権現山に到着、ゆっくりペースだったんで2時間かかりました。お疲れさんでした、どうでしたかこのコースは。

ハイキングの楽しみはお昼でしょう。お互い自分で作ったお弁当を広げます、うまい!


2016052911.jpg


食後はANDOW君が持参したおいしいコーヒーを頂きました。コーヒーカップも持ってきてくれました。いつも安いコーヒーをガバガバ飲んでいるんで、お味は格別です。


2016052909.jpg


残念ながら霞んでいて絶景とまでは行きませんでしたが、薫風に吹かれながら長時間おしゃべりをしてました。田舎が同じだと話が弾みます。

小学生の集団の後を追って秦野駅方面に下ります。天気にも恵まれ、楽しいハイキングを満喫しました。このコースは中高年には特にお勧めです。又出かけましょう、次回はあそこだね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
スポンサーサイト
  1. 2016/05/29(日) 16:42:08|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:0

玉川のカルガモ親子

先日日向薬師に行く途中、玉川でカルガモの親子を探したが見つからなかった。今年はダメかなと思っていたら、27日の新聞に玉川の11羽の子ガモの記事が載った。やっぱり今年も生まれたんだ。

朝9時前、玉川までママチャリを走らせた。去年見かけた付近でキョロキョロ探していたら、対岸のおじさんが「こっち、こっち」と手招きしてくれた。猛ダッシュで対岸へ、焦る。


2016052814.jpg


おっ、いた、いた。

おじさんが、あそこ、あそこと指さす方向を覗きこめば、対岸の草むらに親ガモと3羽の子ガモがいた。あれっ、11羽じゃあないの?よくよく話を聞いたら、このおじさんが朝日新聞に11匹の子ガモの写真を提供したSさんだった(驚)。なんでもあの11羽の親子とは別にここに3羽の子ガモの一家がいるということでした。11羽の大家族じゃあないのでちょっとがっかりしたけど、簡単に見つかってラッキー。Sさんはビデオでカルガモ親子を撮っていました。

親ガモは鋭い視線で周囲を警戒しつつ、草むらの中をゆっくり上流へ上流へと子ガモを導いています。3羽というのはちょっと少ないね。通常産卵数は10~12個なんで、孵化するまでに何かトラブルがあったのかな。


2016052813.jpg


こちら側にやって来た。


2016052803.jpg


親子の移動に合わせてパチパチパチとシャッターを押しながらSさんと一緒に追っかけます。


2016052804.jpg



2016052805.jpg



2016052809.jpg


ちびのくせに泳ぎは達者だ、早いこと早いこと。母親の動きに合わせて敏捷に行動している。周囲から丸見えの場所での泳ぎは早い、警戒してさーと行っちゃいます。


2016052810.jpg


また向こう岸へ。やはりすぐに隠れることが出来る草むらがある場所を探して行動しています。


2016052811.jpg


どこまで行くんだろう、とりあえず追っかけはここまでかな。Sさんにお礼を言ってお別れします。3羽の子ガモも天敵に遭わずに無事成長して欲しいですね。

このあとSさんが11羽の子ガモに出会ったという場所(下流)まで移動。行ったり来たりして探したんだけど、見つからなかった(残念)。機会があればもう一度探しに来たいなあ。

EOS50D、EF80-200mmF2.8
  1. 2016/05/28(土) 12:46:17|
  2. その他
  3. | コメント:2

喜多見でパチパチ

喜多見駅のホームです。今日はここからパチパチ。ぐーと下って、せり上がってくる。この感触が堪んなくて久しぶりにやって来ました。


2016052620.jpg


しばらくは上りホームから行き交う電車を狙います。


2016052621.jpg
(10:38 メトロはこね21号)


いつもは周りの風景を入れて写真を撮るんですが、今日はもっぱら電車のみです。


2016052622.jpg
(10:45 はこね4号)


電車を撮る場合、置きピンが慣れていて楽なんですが、今回はめったに使わない「AI SERVO」AFモード(他社ではいろいろ呼び方があります。いわゆる半押しをしている間ピントを合わし続けるAFです)で撮ってみます。


2016052623.jpg
(10:46 はこね15号)


こんなイモムシみたいな撮り方もたまにはいいね。


2016052624.jpg
(11:02 あさぎり3号)


望遠でデフォルメされたこのぐっとせり上がってくる感触が堪んない。


2016052625.jpg
(11:05 はこね6号)


こちらは一気に急降下(のように見える)して行きます。

下りホームに来ました。


2016052627.jpg


1/250秒でも文字が切れてしまう。もうちょっと遅い方がいいのかな。


2016052626.jpg


はこね19号のLSE通過を最後にしようと待っていたら、各停とかぶってしまった!もう10秒各停が早く来てくれれば・・・くぅ~残念。
おしまい。お巡りさんの警戒が続いています。あやしい写真を撮ってるわけじゃあないけど、近寄られると気になっちゃいます。

EOS50D、EF80-200mmF2.8
(日ごろめったに使わない組み合わせです。常用しているM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱに比べるとピントの合焦がめちゃくちゃ早い)
  1. 2016/05/26(木) 17:19:16|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0

日向では田植えが始まっていた

去年の今頃、玉川でカルガモの親子に出会えました。今年も愛らしい子ガモを見たくて出かけたんだけど、見つけることは出来なかった。いるのか、いないのか?(5月27日朝日新聞によれば今年も11羽の子ガモを発見)


例によって日向薬師まで歩きます。熱中症が怖いんでペットボトル2本持参です。


2016052306.jpg


はちみつ坂バス停付近から旭橋の方に入っていくんだけど、この辺の雰囲気が好きです。


2016052301.jpg


予想をしていなかったけど、日向では田植えが終わっていた、早い。つい2、3日前に終わったばっかりかな。

今まで気が付かなかっけど、田んぼの曲線美がいいね。


2016052302.jpg


PLフィルターがあればいいんだろうけど、このレンズに合うものは持ってはいない。

水路を流れ下る水量が豊富です。水のありがたみをつくづく感じます。


2016052303.jpg



2016052305.jpg


いつも見かける釣りおじさんは今日はいなかった。


2016052304.jpg


棚田の雰囲気をちょっぴり味わうことが出来ました。

ところで日向薬師への参道は6月30日まで通行止めになってます。張り紙があったのに気が付かず仁王門まで上ってしまいました。通行止めの柵があって初めて気が付いた。たまたま一緒になったおじいさん、おばあさんの数人のグループは強行突破して行っちゃいました。自分はダメで戻るのが面倒なんで、ぐるっと回って林道の方から日向薬師に入りました。

日向薬師本堂周辺も立ち入り禁止になってました。ところで工事も佳境に入り、本堂の新しい屋根も足場越しに少し見えました。おっ、こんな風にになったんだ。写真も撮りましたが、完成までのお楽しみとしましょう。先ほどのグループとは本堂付近で出会いました、何とかなったようです(笑)。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/05/23(月) 17:16:48|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:0

根岸森林公園の遺産

「浜マーケット」を後にして「根岸森林公園」へ向かいます。


2016052201.jpg


掘割川に架かる八幡橋から係留されている漁船やプレレジャーボートをパチリ。

1959(昭和34)年に「根岸湾埋立」の工事が始まり、重化学工業地帯が誕生しました。それまでの根岸湾は沖では魚、砂浜では貝が採れ、海苔の養殖も行われ人々に恵みを与える豊かな海だったんですね。海の埋め立てが始まる前までは、八幡橋のたもとや浜マーケットの前あたりで漁師の奥さん方が小魚の天ぷらや取れたて魚などを販売していたそうです。


20160521map07.png

ところで「根岸森林公園」は初めてなんで行き方が分からない。適当に歩いて途中道を教えてもらいました。「根岸不動下」の交差点から坂道を延々上って行き、ようやく到着。後で調べたけど、近道があるようです。


2016052207.jpg


公園の中に入ってびっくり、想像以上に広くて驚きました。すげぇ~この緑はなんなんだ。

ここは1867年(慶応3年)に日本初の洋式競馬が行われた横浜競馬場の跡地なんですね。戦後アメリカ軍により接収され、接収中は馬場内エリアは米軍専用のゴルフ場となり、現在の芝生はその名残なんです。


2016052203.jpg


広大な広場に家族連れがたくさん遊んでます。ここでは遊具が見当たらないですね。緩やかな起伏の緑の芝生を存分に楽しんでもらいましょう。


2016052202.jpg


居眠りをするおじさんの横を子供たちが通り過ぎて行きます。


2016052222.jpg


簡易テントが日陰の場所にたくさん並んでます。


2016052206.jpg


大きな○○の木の下でくつろぎます。


2016052205.jpg


木漏れ日の緑の中を通り抜け、お目当ての物を見に公園の端の方を目指します。


2016052221.jpg


やっと見えてきた、でかい!今日ここに来たのはこれを見たかったんです。「根岸競馬場一等観覧席跡」です。今までなかなかチャンスがなかった。


2016052220.jpg


1930年(昭和5年)アメリカ人建築家J・H・モーガンの設計により造られたものです。こちら側は裏側になります。蔦などが絡まり、不気味な廃墟の雰囲気たっぷりですね。反対側の旧競馬コース側は現在は米軍施設があり、鉄柵が張り巡らされていて内部に入ることは出来ません。隣に二等観覧席跡があったんですが、すでに解体されています。


2016052223.jpg


写真を撮ったこの広場(モーガン広場)は旧競馬場の歴史解説・写真等の野外展示があるのでとても参考になりました。

2009年に一等観覧席跡は「近代化産業遺産」に指定されました。しかしその後修復作業などされておらず、放置状態になってます。具体的な修復・保存計画がないまま朽ち果ててしまうのでしょうか。

帰りは公園前のバス停から横浜駅行きに乗り、30分ほどで横浜駅に到着。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2016/05/22(日) 18:02:29|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:2

浜マーケットは元気です

以前から名前だけは知っていた「浜マーケット」を見たくて出かけました。戦後闇市から発展した「浜マーケット」ですが、時代の流れで最近はなかなか厳しいものがあるようです。10年ぐらい前に(2007年4月27日未明)不審火による大火があったことをかすかに覚えています。

今日は浜マーケットを覗いた後「根岸森林公園」にも行ってみる予定です。


2016052118.jpg


根岸線根岸駅で下車。バスでもいいですが、この幹線道路(中通)をてくてく歩いて行きます。たぶん根岸駅で降りるのは今回が初めてだと思います。

20160521map03.png

掘割川を渡ると16号線(横須賀街道)になります。


2016052117.jpg


遠くからでも目立つこの看板が目印です。根岸駅から15分~20分かな。周りをキョロキョロしながら歩いて来ればあっという間です。


2016052101.jpg


入口は八百屋さんです。おねえさん方のハキハキした呼び込みが耳に飛び込んできます。中に入ってみましょう。


2016052102.jpg


花屋さんですね。通りが狭いのでさすがにずうずうしい自分も正直写真が撮りにくかったなあ。ファインダーを覗かず首からぶら下げたカメラのモニターを見ながらの撮影です。


2016052103.jpg


日用品を扱ってますね。


2016052105.jpg


また八百屋さんだ。


2016052106.jpg


スイカがごろごろと置かれてます。品物が見た目ものすごく新鮮に見えますね。お兄さんの掛け声がますます大きくなっていく。ご近所の常連さんばっかりのようですね。

あれっ、ここで終わり!入口から100mもないんじゃあないのかな(驚)。皆さんのブログで多少事前チェックをしてきたんですが、勘違いしてました。まあ気を取り直して戻ります。このあと多少行ったり来たりしたんでこんがらがっちゃいました。写真の順番が店並びの順になっていないので悪しからず。


2016052107.jpg


2016052108.jpg


赤飯、あんドーナッツ、笹だんご、ちまきが店頭に並んでいます。八百屋さん、花屋、惣菜、履き物、漬物、肉屋、魚屋・・なんでも揃ってます。


2016052109.jpg


肉屋さん。思ったよりシャッターが閉まっている店が多かったですね。


2016052110.jpg


漬物やさん。


2016052111.jpg


2016052112.jpg


履き物やさん、シューズがてんこ盛りになってます。


2016052113.jpg


2016052114.jpg


惣菜なんか売っている食料品屋さん。


2016052116.jpg



16号沿いの入口に戻りました。大火により35店舗の内17店舗が被災しましたが、現在は20店舗が営業をしています。地元密着の浜マーケットはまだまだ元気です。おねえさん方のてきぱきとした仕事ぶりや、威勢のいい掛け声を聞きながら浜マーケットを後にします。


2016052119.jpg


マーケットはこの「磯子旧道入口」の交差点のすぐ手前です。左が16号線、右が磯子旧道です。

このあとまたてくてく歩いて「根岸森林公園」向かいました。続きます。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2016/05/21(土) 18:10:55|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

山北町駅前大通り

名瀑洒水の滝を見た後、山北町商店街へ戻ります。


2016051824.jpg


酒匂川に架かる足柄橋を渡ります。以前からこんなに立派な橋だったかしら。橋の上からの眺めもいいですね。


20160518map02.gif

樋口橋の信号を渡ったところに「川村土功之碑」があった。江戸時代、当地の名主の湯山氏祖孫七世、140余年に亘り災害復旧に、灌漑用水の整備に心血を注いだこの工事が いかに困難を極めたかを知ると同時に、その恩澤を永久に記念する為、 川村土功之碑が建立された、の内容が記されてあった。

76号線から駅前商店街に入ります。この4月のお花見時に来てるんで大体の雰囲気は分かっています。古い商店街が続いています。山北駅に向かって店先を眺めながらゆっくり歩いて行きます。


2016051832.jpg


さっそくイメージぴったりのお家に遭遇。テーラーサナダと読めますが、さらに目を凝らすとその字の下にうすく洋服店と読める。時代に合わせてお店の名前を変えて行ったんですね。今はもう商売はやっておられないのかな。


2016051833.jpg


山北体育館です。当時はモダンなデザインの建物だったんでしょうね。中に入れました。1Fには畳がびっちり敷いてあるひろい道場らしきものがあり太鼓が置いてあった。線路側の一部は破損していて、さすがに古くなったという感じです。


2016051834.jpg


一部車庫、一部倉庫に使われている木造の古い建物。現在は建て替えが進んでいますが、こうした木材をふんだんに使った建物をあちこちで見かけました。触ったらポロッときそうだった。


2016051826.jpg


魚屋さんの魚一。


2016051836.jpg


店先には鯵サンマの開きが干してあり、大型扇風機が風を送ってました。海岸近くではよく見かける光景ですが、こんな山里でもやっているんですね。


2016051837.jpg


隣は小っちゃな八百屋さん。板張りの建物がかわいらしい。顔なじみのおかあさんが店先で声をかけてます。


2016051825.jpg


左手前は武書店。右側は大谷スポーツ。山北駅方面を眺めます。人通りは少ないです。それに比べ路上駐車の多いこと。


2016051843.jpg


スドウ薬局。


2016051839.jpg


理容木村。何年か前に見た時は下見板張りの古い建物だったけど、きれいに改築されてました。見る方にとってはちょっと残念。当時の名残が裏手のガスボンベの上あたりに見えます。

おっと忘れていた。大急ぎで線路際まで走ります。


2016051840.jpg


12:43の下りが通って行きます。三良橋の上からパチパチパチ。桜の季節じゃないけど、これはこれでいいでしょう。


2016051841.jpg


少し待って12:54の上りを線路沿いから狙います。隣家の犬にさんざん吠えられてマイッタ。石でも投げたくなった(笑)。このあと13:17通過のあさぎり4号も撮ったんだけど、車両がてかっちゃってよくないのでボツにしました。


2016051845.jpg


再び商店街に戻ります。田中屋肉店、店先で食べられるメンチカツが人気です。


2016051846.jpg


マルカデンキ、写真的にはこの建物が気に入ってます。窓の形が特徴的です。


2016051847.jpg


駅前の岡本屋呉服店です。


2016051848.jpg


駅前広場から今来た商店街を見通します。数年前まで入口に「山北駅前大通り」の巨大なアーチがあったんだけど、取り払われてしまった。


2016051823.jpg

JR東海の山北駅。開業は1889年2月(明治22年)。1934年の丹那トンネル開通により東海道本線のルートが熱海経由に変わるまで箱根越えの要衝の駅として繁栄した。


2016051830.jpg


駅前広場の様子です。路線バスと町内循環バスが走っています。ローカル駅としてはかなり広い駅前ですが、全盛期の名残でしょうか。


2016051849.jpg


駅前の目立つ建物、左側が木川薬局、右側がタケイ美容室、さらに隣が横山酒店。洋式の建物は昭和初期に建てられたものでしょうか、曲線が優雅です。前回も薬局は店が閉まっていたなあ。洋式の美容室と和式の酒屋さんが並列しているのも面白い。


2016051850.jpg


山北町観光協会等が入っているふるさと交流センターの建物も目をひきます。山北町が鉄道の町であったことから、旧国鉄のSL機関庫をイメージし、屋根に突き出した2本の煙突は、SLの排煙口だったものだそうです。 ここでも木材がふんだんに使われています。中では観光協会のお嬢さんがいていろいろ対応してくれます。足柄茶やお冷のサービスもあり、疲れた時にはここでひと休み出来ますし、電車の待ち合わせにも便利です。

今回初めてこの先に行ってみました。ちょっと見てみたいところがあったんです。


2016051851.jpg


趣味のきもの川村屋。お店もいいですが、敷地内の蔵も目をひきました。近くのお宅でも立派な蔵を見かけました。


2016051852.jpg


肉のスーパー三喜。

この先まで行ったんですが、お目当てのお店(飲み屋さん)は見つからなかった。ネットで見て写真に撮りたかったんだけど・・・なくなったのかなあ??裏道もうろうろしたり、観光協会のお嬢さんにも聞いたけど分からなかった。その他同じくお豆腐屋さんもなくなっていました。次の機会に探してみます。


2016051853.jpg


14:11の上りで帰ります。


2016051854.jpg


あれっ、あまり見かけない制服姿だけど、そうかJR東海なんだね。電車の乗り心地もよかった。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2016/05/20(金) 08:06:31|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:0

河村城跡・洒水の滝巡り

今年のお花見に久しぶりに行った山北町の町並みをもう一度見たくなった。ついでに河村城跡から洒水の滝を巡るハイキングをしよう。


2016051802.jpg
(9:28 あさぎり2号)


運よく山北駅であさぎり2号と出会いました。停車ホームが通常とは違うですね。


2016051803.jpg


御殿場線の山北駅に到着。ホームに板張りの古い事務室?倉庫?があった。触ってみたけどボロッといきそうでで年季が入っていた。エアコンがあるということは今も使われているのかな。窓枠が新しくなっていてちょっと残念だったけど、古き良き時代の面影をちょっとばかり感じることが出来ました。


2016051805.jpg


上りの電車が入って来た。大いに楽しませてくれた満開の桜の季節から1ヶ月以上たったけど、桜の木は青々とした新緑に変わってました。


20160518map03.png
(本日のハイキングコース)

そんなわけで今日は山北駅から河村城跡へ上り、洒水の滝を見て再び山北駅に戻ってくるコースです。朝から暑くて半袖に着替えます。


2016051806.jpg


なめていたけど河村城址公園までの上りはきつかった!


2016051807.jpg


時間にしたらわずか20分くらいだけど息切れが・・・。


2016051808.jpg


ハアハア言いながら公園に到着。ここは本城郭のあった場所です。社がありいくつかベンチが置かれていてゆっくり休むことが出来ます。富士山も一部分が見られます。地面には城跡図のレリーフや説明板がありました。

「河村城址」の詳しいことは → こちら を参考にして下さい。


2016051809.jpg


見晴らしもよく、山北の町並みを眺めることが出来ます。ここ本城郭以外にいくつかの郭がありますようです。いわゆる山城なんでイメージするお城とは違います。

汗が引いたところで下ります。


2016051810.jpg


長閑な田園地帯が広がってます。こういう眺めは好きです。


2016051812.jpg


びっちり薪を積んだ小屋が見えます。他のお宅でも見かけましたが、お風呂、暖房の燃料にするのでしょうか。


2016051811.jpg


田んぼに水が張られ、そろそろお田植の時期が近付いてきましたね。ゆったりとした周りの景色を見ながら歩くのはいいね。


2016051813.jpg


高瀬橋から酒匂川を望みます。遠くに東名が走ってます。ここで思い出した、昔ここを自転車で走ったなあ。


2016051814.jpg


洒水の滝入口に到着。でもここからが遠かった。10年以上前に来たことがあるんだけど、こんなに歩いたっけ。


2016051822.jpg


新緑の緑の中を黙々と歩きます。


2016051816.jpg


ふぅ、ようやく着いた。さすがに水量も多く見事なもんです。


2016051817.jpg


湧き水がジャンジャン流れていて、ひと口飲みます。やわらかい口当たりでした。近くの東屋でお昼です。そよ風に吹かれてのお弁当は格別だった。


2016051819.jpg


鎌倉時代の文覚をしのんで昭和56年に東光院が竹林を切り開いて、最勝寺という別院を開山しました。


2016051820.jpg


水子地蔵の風車が風に吹かれてカタカタとなっています。

さて山北駅方面に戻ります。続きます。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
  1. 2016/05/19(木) 05:45:55|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:0

「三社祭」町内神輿連合渡御

浅草神社「三社祭」が5月13日から始まっていて、今日は浅草氏子44ヶ町内神輿約100基の「町内神輿連合渡御」です。浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、一基ずつ発進。浅草神社でお祓いを受けて各町内へ散っていきます。


2016051417.jpg


去年出遅れていい場所が確保出来なかったんで早めに行って場所を確保してたんだけど、無駄だった。浅草寺本堂の立ち入り禁止区域が去年と変わってしまい、どかされてしまった。周りのカメラおじさん達とおしゃべりしながら1時間以上待機してたのになあ。毎年禁止区域がコロッコロ変わるんでカメラマンにとっては堪んない。まあ安全第一だから仕方がないけどね。

10時過ぎに町内神輿が仲見世を通り、宝蔵門をくぐって続々と入って来た。いよいよ始まりです。


2016051402.jpg


とりあえず本堂の真ん中から撮ります。


2016051416.jpg


写真を撮っているときは夢中であまり感じなかったんですが、こうしてみるとものすごい人ですね(驚)。このびっちり感が堪んない。


2016051404.jpg


場所を変えて階段の一番下から近づいてきた神輿を狙います。担ぎ手の熱気がバンバン伝わってきますね。


2016051405.jpg


クライマックスです。神輿を高々と上げて町内の心意気を表します。

2016051406.jpg


勢いあまって突進してくる神輿に要注意です。カメラ目線の方にはご要望に応えてあげましょう(笑)。


2016051407.jpg



2016051408.jpg



2016051409.jpg


場所を微妙に変えてシャッターを切ります。すべてカメラを高く掲げてノーファインダーでバチバチ。


2016051410.jpg


御神輿も押し合いへし合いだけど、見物人も規制線の中で前へ前へ。高い脚立から撮っているカメラマンがいたけど、押されて倒されないか心配だね。


2016051418.jpg


ほとんどの女性の髪形は「くわがた鉢巻」というもので、とっても粋ですね。


2016051411.jpg


宝蔵門から仲見世の方に場所を変えます。例年仲見世で神輿に接近した写真を撮っているんですが、今年は人が多すぎて危険だし、邪魔になるんでやめました。


2016051415.jpg


浅草寺の裏側に回ってみます。ずらっと並んだたくさんの神輿の雄姿には感動ものです。


2016051430.jpg2016051431.jpg

2016051434.jpg2016051439.jpg


浅草神社のお祓いを受ける前のしばし休憩です。笛や太鼓のお囃子屋台をぐるっと見物人が取り囲みます。見物人の求めに応じてポーズをとるおねえさん方。


2016051435.jpg2016051433.jpg

2016051436.jpg2016051437.jpg

かわいい子供たちもたくさん参加しているんですが、写真はそこそこにしときます。外人のお嬢さんとおじさんの会話も面白そうですね。


2016051413.jpg


お祓いを受けた神輿が本堂の前を通り、それぞれの町内に散っていきます。


2016051414.jpg


ところで三社祭の掛け声は何と言っているんでしょうか。

「そいや!そいや!」 「せいや!せいや!」 かな。

隣にいた外国のお兄さんが、「sexy girl!sexy girl!」に聞こえると笑っていた。


いつものことだけど、ものすごい人です。海外からの見物人もすごい。今年は神田祭が陰祭なんでこの三社祭を楽しみにしてました。今回はベストの場所が確保出来ず、写真的にちょっと悔いが残りましたが、それでも十分楽しんできました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/05/14(土) 17:47:20|
  2. お祭
  3. | コメント:2

初夏のような湘南海岸を歩く

新緑の山を歩いてきましたが、今回は海です。相模線で厚木から茅ヶ崎に出たんですが、東海道が停電で止まっていて、茅ヶ崎駅では入場規制が行われていた。殺気立っていて怖かったね。

いつも通り、茅ヶ崎から江の島まで歩きます。


2016051201.jpg

赤いタワシのような花はブラシの木といいます。今が見ごろであちこちで見かけました。


2016051205.jpg

久しぶりの海の匂い、快晴、微風と絶好の天気に恵まれた海岸歩きです。今日は半袖で十分だ。


2016051203.jpg

いつも気になるんだけど、土日に限らず年がら年中大勢のサーファーが海の中にいます。サーファーの人達って当然働いているんだよね。平日が休みなのかな。


2016051204.jpg

いらんお世話だね、アッハッハ。


2016051206.jpg

今の時期、浜昼顔がそこら中に咲いています。


2016051212.jpg

ここんとこ吹き荒れている強風のせいでしょうか、辻堂海岸あたりからコースが砂、砂に埋もれてます。とても歩きづらいのでこれ以降は134号線の歩道を歩きました。


2016051207.jpg

今日は素人目にもいい波がきてる感じがしました。


2016051208.jpg

富士山もこのあと雲に隠れてしまった。海の家の準備もぼちぼち始まっていた。


2016051209.jpg

片瀬漁港の見える休憩所でお昼です。漁師さんが網のつくろいを黙々とやってます。今日ものんびり歩き、写真を撮っていたら茅ヶ崎からここまで2時間もかかった。こんなゆったり歩きだと脚力強化にはほとんど効果はないだろうな。その代り海岸歩きの爽快感を満喫出来たんで十分だ。海風に吹かれながらの食べる手作りお弁当は最高にうまい。

このあともうひとつの目的があり、江ノ電に乗って鎌倉高校前で下車。いつも拝見している鉄っちゃんのブログに載っていた、七里ヶ浜、稲村ケ崎方面が俯瞰できる高台を探したんです。うろうろしたんだけど、結局見つからなかった(残念)。江ノ電が小っちゃく写り込む写真を撮りたかったのになあ、どこなんだろう??また探してみよう。


2016051210.jpg

そんなわけで普通の写真を撮っておしまいです。陽に焼けた~。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2016/05/12(木) 17:16:52|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:2
次のページ