晴れたらいいね

no photo no life

谷・根・千 ぶらり歩き ②

よみせ通りから「へび道」を歩きます。その昔藍染川という川が流れていたところです。

2017102743.jpg


表通りから一歩入った静かな住宅街のこの道にはこじんまりとしたおしゃれお店がぽつぽつとあります。


2017102723.jpg


白い建物の中には、大きなカメノコタワシが店先にぶら下がっているグッズの店やアンティークの「三清洞」、革小物の「Mais D.cuir」があり立ち寄る女性の姿が見られます。


2017102724.jpg


くねくね道を曲がればものすごい数のバッグが所狭しと並べられているのが目に飛び込んできた。超安い、行き交う女性陣が足を止めて熱心に品定めをしてました。


2017102725.jpg


こういう普通の日常生活の風景もいいですね。へび道はカーブが多く、いきなりバイクなんかが現れるので注意して歩きましょう。地図をみると、へび道のあっちが台東区で、こっちが文京区と境目になってます。


2017102726.jpg


根津で見かけたお店、佇まいが気に入ってパチリ。いろんなところから味噌を仕入れて、ブレンドして販売しているようです。


2017102730.jpg


適当に曲がって路地を歩くとお馴染みのお店があった。「あんぱちや」という変わった店の名前は創業者の故郷、岐阜県安八郡からとったものです。路地まであふれ出る日用雑貨の様はアートに見える。店の前が更地になっていたけど、歯抜けになってさみしいね。以前からこのお店を被写体にしてたくさんの写真を撮らせてもらいました。そして今日も一枚パチリ。


2017102744.jpg


根津2丁目辺りは今でも木造の民家や狭い路地が縦横に走り、昭和の風情が残されている。家の前におかれているびっちりの植木が住んでいる人の生きている証のようだ。


2017102732.jpg


今日はさらっと谷根千を回ってきましたが、その気になって隅々まで歩いたら2、3ヶ月はかかるじゃあないの。あまりも有名になり過ぎて、被写体としていまさら感は否めませんが、敬遠しないでDEEPな谷根千を求めてどんどん写真を撮りたいものです。


2017102733.jpg


関東大震災、戦災をも耐え抜いてきた明治の建物の「はん亭」の雄姿です。串揚げのお店です。近くの「魚松」が定休日でお休みだったのが残念です。大正末期に建てられた木造建築が今でも見られます。


2017102734.jpg


突然目の前に都電が現れた!池之端児童遊園に置かれています。ここはかつて都電の停留所(池之端七軒町)があったところです。高い柵があって近づくことは出来ません。ここに展示されているのは7500形といわれる形式で、平成20年1月末まで都電荒川線を走ってました。なんで車両は全然きれいです。


2017102747.jpg


東京国立博物館から歩き始めて谷根千を巡り、不忍池まで戻って来ました。


2017102736.jpg


おじさんが鯉にパンくずをやっていた。大きな口を開けて餌を争う姿は不気味なものがあります。

池の周りのベンチでくつろぐ家族連れ、恋人同士、ひとり読書する女性・・。20年以上前にここでモデル撮影をしたことをふっと思い出した。何百人のカメラマンが集まって大盛況だった。今でもあの例会はやっているんだろうか。


2017102737.jpg


遊覧ボートに乗り込む女性。


2017102738.jpg


遊覧ボートがカラフルです。

不忍池周辺はいろんな人が集まる東京でも稀有な場所だと思ってます。人間ウォチングに最適な場所です。


2017102739.jpg


上野公園の動かぬパフォーマンス人間。外国の小っちゃな兄弟が恐る恐る近づき投げ銭をしました。そのユーモラスなしぐさに周りから思わず拍手。


2017102742.jpg

そして上野駅に戻って来ました。
(撮影日2017010.26)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
スポンサーサイト
  1. 2017/10/30(月) 05:24:37|
  2. 東京下町散歩
  3. | コメント:0

二人目の孫が生まれました

予定日よりも5日も早く2番目の孫が今日午後生まれました。

2017102801.jpg

母子ともに健康で男の子でした。急なことで朝からあたふたとしましたが、無事初対面を果たしホッとしております。
カミさんは当分息子の家に泊まり込みです。自分も毎日とはいかなくても上の孫の世話で行ったり来たり、少し忙しくなりそうです。

家族が増えることはうれしいことで、幸せです。当分はいろいろあって大変だけど何とか乗り切りましょう。
そんな合間を縫ってお仲間とのハイキングに行ったり、カメラぶら下げてあちこちに行きたいです。

P9LITE
  1. 2017/10/28(土) 22:47:38|
  2. その他
  3. | コメント:8

谷・根・千 ぶらり歩き ①

「運慶展」を見た後、ここんとこご無沙汰だった街中ぶらぶらもいいかな、ということで谷根千の方に自然と足が向きました。

2017102701.jpg


いつもと違った裏通りを歩き上野桜木で見つけた長屋です。2軒長屋なのか3軒長屋かはっきり分からない。立看が出ていたので何かお店があるようです。この辺りも探せばまだ古い建物が残っているかも知れない。


2017102702.jpg


昔のお仲間が集まったのでしょうか、おじさん数人が和菓子屋さんの前をぞろぞろと歩いてます。同年代の女性陣は華やかだけど、おじさん連中はどうも地味だねえ、気を付けよう。このお店の名物は豆大福です。


2017102703.jpg


谷中霊園に隣接している花屋さん。


2017102704.jpg


初音小路のお店はお休みかな、人気も灯りも見えない。木曜日は定休日のお店が多かった。


2017102705.jpg


やっぱりここに来ちゃった。ここに来ると多くの方が階段の上からパチパチと記念写真を撮っていく。2年ぶりに見る風景です。


2017102708.jpg


谷中銀座の店振りは以前とほとんど変わってないけど、客層が変わった。外国の観光客が随分と増えた。よみせ通り側の入り口には外国の若者が20名くらい群れていた。またお店も観光客に売れる品揃えの商売に変わってきたのかな。


2017102709.jpg


その昔、谷中銀座では働いているお店の方の写真を撮っちゃダメ、と商店街の方に教えてもらったけど、これだけ観光客が世界中から集まってくるともうめちゃくちゃかな。


2017102718.jpg


人気のお店の前の椅子に座って順番待ちをしている外人夫婦、メンチカツを頬張る外人夫婦等々その行動が以前に比べて積極的なってきた。以前はさ~と通りすぎるだけだったのにねえ。


2017102716.jpg



2017102717.jpg


日本人なら見慣れた日用品が外国人の目にはどう映るんでしょうか。このおじさん買いたそうで熱心に見ていた。

よみせ通りを歩きます。この通りも古さを残す商店街ですが、最近は少しづつ変わってきてますね。


2017102715.jpg


イタメシ屋さんかな、店のまえにイタリア製のスクーターVESPAがとまっていた。


2017102745.jpg


創業昭和8年で昭和35年頃建てられた大沢製麺所も健在でした。写真ではよく分からないけど背の高い立派な建物です。


2017102740.jpg


延命地蔵尊にお参りする人は引きも切らない。毎月24日の延命地蔵尊縁日には法要を行い、露店も出店して甘酒などがふるまわれるようです。


2017102711.jpg


以前も見かけた昭和25年築の瀬川洋服店は健在でした。2階の木の雨戸が当時のままです。

このお店↓が見つからなかった。あれっあれっ??


2017102750.jpg
(撮影2015.11)

昭和11年築のこの古い肉屋さんを探して行ったり来たり、だけど見つからなかった。おかしいと思いながらあとで調べたら2016年にお店を閉じられたようです。煙突(換気扇)らしきものが見えなかったので長屋風建物は改築されたかもしれません。


2017102710.jpg


よみせ通りに交わっている横丁のこの飲み屋街の名前を思い出せない。昼間はひっそりしていますがランチのお店もあった。あっ思い出した、すずらん通りだ。


2017102719.jpg


お米屋さんの前を通り、


2017102721.jpg


鮮魚の山長の店先です。品揃えを見ると以前と変わらない勢いを感じます。


2017102741.jpg


あれっ見かけないカフェが出来たんだ。今年の9月にオープンしたCIBI(チビ)です。この他にもよみせ通りに新しいショップやカフェ、居酒屋がオープンしている。

午後1時を回っている、腹減った~。不忍通りで昼食。さらに続きます。
(撮影日2017.10.26)

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2017/10/28(土) 05:19:56|
  2. 東京下町散歩
  3. | コメント:0

運慶展は素晴らしかった

東京国立博物館平成館で開催中の「運慶展」に行ってきました。開催から1ヶ月が経つというのに人気は衰えません。

2017102602.jpg

30分ほど並んで入場出来ましたが、予想以上に会場内は混んでました。今回の展示方法がよかったのは、多くの作品が360度ぐるりと見られることです。仏像の後ろ姿ってとっても興味深く、結構重要なんですね。わずか1mの手の届く近さから鎌倉時代の国宝の仏像をじっくり見ることが出来ました。

絵画と違った立体的迫力にただただ感嘆するばかりです。仏像表面のすべすべ感に驚きます。800年以上もよく無事で今日まで残ってましたね。似たようなものがあってちょっと頭が混乱してますが、印象に残ったのは①大日如来坐像(デビュー作)②八大童子立像(童子の表情がとってもかわいかった)③無著菩薩立像 世親菩薩立像(穏やかな表情が堪らない)④天燈鬼立像 龍燈鬼立像(ふんどし姿がかわいい)⑤四天王立像 です。もちろんこの他の作品も素晴らしいですよ。改めて歴史上の偉大な大仏師にこんな素晴らしい遺産を残してくれて感謝です。皆さんにお勧めです。これだけの国宝、重文が一挙に揃うのは当分ないかもしれません。

売店が大盛況でした。図録や雑誌、トートバッグやフィギア、その他もろもろグッズ等々。絵画は写真である程度分かりますが、仏像は現物を目の前にしてその立体感を存分に味わないと真の価値を十分に感じ取れないと思います。展示場で体験したあのイメージをいつまでも頭の中に留めておきたいです。

余談ですが、神奈川県横須賀市の「浄楽寺」から阿弥陀如来坐像及び両脇侍立像(重文)他3点(重文)が展示されているのに驚いた。つい先日このお寺の近くを歩いたばかりです。

2017102601.jpg


常設展も少し見てから外に出ました。お天気も良く表慶館が青空に映えます。


2017102603.jpg

大きな木の下で思い思いに腰をおろし、中にはお弁当を食べている方もいらっしゃいました。

この後久しぶりに谷根千をぶらり散歩しました。ここでも外国の観光客がいっぱいだ。続きます。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2017/10/26(木) 17:51:47|
  2. 美術展
  3. | コメント:3

新鮮な野菜がてんこ盛りの「サンロード中の橋商店街」

東武亀戸線の亀戸水神で電車を撮った後お目当ての「サンロード中の橋商店街」へ向かいました。

2017102502.jpg

亀戸駅前を通り、南に下り、新大橋通りにぶっつかりました。この下を都営新宿線が走ってます。

20171024map01.png

新大橋通りを歩き大島六丁目の交差点で丸八通りを渡ればようやく「サンロード中の橋商店街」の入口だ。亀戸水神から1時間かかった。上の地図を作る時に気が付いたんだけど、わざわざ亀戸駅を回らなくても丸八通りを下れば半分の距離で済んだ。知らないというもんだ。


2017102501.jpg


これが「サンロード中の橋商店街」の入口です。そもそもここにやって来たのは、例によって「散歩の達人」の最新号にこの商店街が取り上げられていたからです。以前から好きだった商店街巡りが去年の9月からバッタリ途絶えていてそろそろどこかに行きたかった。

第一印象は肩透かし。入口からもっとごちゃごちゃしていると思ったらあくまで平凡だった。あれっれっれ、残念賞かな?


2017102504.jpg


と思ったら、奥に入っていくと様相は一変しました。ごちゃごちゃ感はないけど、おじいさんおばあさんで賑わってました。大正時代に誕生したというこの商店街は、野菜に肉に惣菜となんでもそろいます。15時以降は歩行者天国になり大賑わいだそうです。当初その時間に合わせてこようかなとお思ったけど、あまり混んでいると写真が撮りにくいのでこのぐらいの時間(12時過ぎ)がちょうどよかった。


2017102503.jpg


店振りは他の商店街と変わらないですが、八百屋さんにはてんこ盛りの新鮮な野菜が並んでました。値段についてはまったく分からないですが、激安とのことです。


2017102505.jpg


この行列は何なんだろう?後で又ここを通った時その理由が分かりました。


2017102507.jpg


商店街の全景はこんな感じです。大体400mぐらい続いています。


2017102508.jpg



2017102509.jpg


ちょうどお昼時でお腹がグ~と鳴った。


2017102510.jpg


自分もおいしそうなお弁当を買いたかったけど、腰をおろしてゆっくり食べる場所が見当たらなかったのでここはぐっと我慢です。


2017102511.jpg


一番奥で見かけたこの古い建物は半分閉まっているのでよく分かりませんが酒屋さんのようです。ここから引き返します。


2017102513.jpg


「おや、久しぶりだね。どうしてたの」お店の方がお馴染みさんに気軽に声をかけてます。


2017102514.jpg



2017102515.jpg


このお店ご自慢の自家製のぬか漬けの樽がどーんと置かれている。きゅうりのぬか漬けがうまそうだ。


2017102516.jpg


どこのお店も盛りだくさんの果物や野菜がきちんと並べられているところに感心しちゃう。


2017102517.jpg


サツマイモがどんどんと並べられている。


2017102518.jpg



2017102519.jpg


さっきの亀戸駅周辺でも多く見かけたんですが、ここでもインドの方がものすごく多い。近くの大島六丁目団地に多くのインドの方が住んでいるという話もあるんだけど、よく分からない。


2017102506.jpg


さっきの長い行列の訳が分かった。ここは千葉県農産品直売組合の直販所で、てんこ盛りトマトが200円で売られてました。皆さんこれ目当てで開店まで待ってたんですね。

これでおしまい。商店街のど真ん中にある「竹の湯」という銭湯を見逃してしまった。

そしてもう一ヶ所立ち寄りました。新大橋通りの南に平行して走っている通りに「大島中央銀座商店街」がありました。「サンロード中の橋商店街」に来る途中に偶然見つけた商店街です。


2017102520.jpg


中央銀座と名前はすごいんですが、閉まっている店もあり、人通りもあまり多くはないですね。一番上の地図にこの商店街を緑色で色付けしたんですが、その範囲がはっきり分からず、正直自信はないです。念のためお断りしておきます。


2017102523.jpg


上の写真の大きな通りの他にも大島中央銀座の小旗が掲げてある狭い通りがありました。お店が点在していましたが、正直寂しさを感じました。


2017102522.jpg

大島駅前でようやくお昼を食べ、都営新宿線に乗り、新宿回りで帰りました。

E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2017/10/25(水) 17:25:53|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0

東武亀戸線をチョイ撮りから亀戸駅前へ

東武亀戸線の亀戸駅のホームです。ここからひと駅乗車します。今日の一番の目的はこの亀戸線じゃあないんだけど、詳しくは後で。

2017102407.jpg


亀戸線に乗るのは2度目だけど、黄色い電車は初めて見るような気がする。緑色の電車も見かけた。全線でワンマン運転をしています。


2017102401.jpg


あっという間に隣の亀戸水神に到着。今日はここでチョイ撮りです。


2017102409.jpg


大きなカーブを描いて小村井方面から電車がやって来た。


2017102404.jpg


この時間(10時台)は上下とも10分おきに走っているので待つことはないです。


2017102405.jpg


亀戸まで歩いて戻ります。


2017102406.jpg


ここは有名な踏切。といって何か物足りない。


2017102408.jpg


ちょうど一緒になった幼稚園児が保母さんにガードされて商店街を用心深く進んでいく。孫の顔がちらつくなあ。


2017102410.jpg


亀戸駅までの商店街も見所満載です。ここだけで1ページ出来そうです。


2017102411.jpg


こんな古い建物を見つけるとうれしくなっちゃう。「塩」なんていう看板が大昔の専売公社を思い出させる。


2017102412.jpg


珍しい花が店先を飾っています。お店の方にひと声かけてパチリ。


2017102413.jpg


この先に餃子屋さんがあって一度は寄ってみたいと思っているんだけど、なかなかタイミングが合わない。


2017102414.jpg


亀戸駅前を通り、


2017102415.jpg


ぶらぶらと街並みを見ながら、


2017102416.jpg

新大橋通りを歩き「サンロード中の橋商店街」を目指します。今日はここが目的です。続きます。

OM-D E-M5.M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
  1. 2017/10/24(火) 16:45:28|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0

雨、雨、雨、選挙

10月の10日以降まともに外出したのはお仲間と出歩いた二日間だけだ。自分のブログのタイトル通り雨の日は大っ嫌いだ。ぷらぷら出歩くのが仕事の人間にとって家に籠っているのは地獄だ。体力低下が心配で家の中で気休めに体を動かしているけど全く面白くない(笑)。

今日は投票日だけど、期日前投票に行っているので台風の雨空を眺めながら家で過ごしております。残念ながら今度の選挙はあっという間に興味がそがれてしまった。K党の党首のおごりというべき発言、政策のあいまいさ、内部の混乱等々が国民に嫌われ、正体が見ぬかれ、あっという間に風がやんでしまった。K党にはナンバーワンは入るけど、ナンバーツー、ナンバースリーが見当たらない。もしかしたら・・面白い選挙になると期待し、興奮したけど、最近では全く選挙の報道には関心がなくなってしまった。そうはいっても地元の選挙結果が気になるけど、いつも通り早々と寝ちゃいます。

明日の後半から天気が回復しそうなんで今までのうっぷんを晴らそうっと。

2017102201.jpg
(浜離宮恩賜庭園から望む水上バス 本文と関係なし)

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2017/10/22(日) 10:43:01|
  2. その他
  3. | コメント:0

浜離宮恩賜庭園を散策

銀座の裏通りを歩き、大手門橋を渡って大手門口から「浜離宮恩賜庭園」に入ります。入口はこの他に大江戸線「汐留」に近い中の御門口もあります。4人ともここに来るのは初めてです。

2017101930.jpg


入口でパンフレットをもらうことを忘れてしまってけど適当に散策を開始。浜離宮といえば大きな池とお花畑ぐらいしか思い浮かばないけどどっちにあるのかな。


2017101914.jpg


高層マンションやオフィスビルが目の前に迫っているのにはちょっと驚いた。東京の庭園をいくつか見て来たけど、こういう景色はあまり記憶にない。


2017101917.jpg


脇道を見つけて入っていくと売店「濱見世」があり、団子や大福が売られてます。そしてちょっとした小物のお土産品も並べられてました。


2017101915.jpg


そして隣には休憩所の建物があり、皆さん思い思いにくつろいでいらっしゃいました。


2017101916.jpg


真夏には暑さを避けてひと休み出来る風通しのいい場所ですね。

ちょっと遠回りをしたんですが探していた大きな池を発見。そうだ写真でよく見てたのはこの眺めだ。


2017101927.jpg


「塩入の池」です。

都内にある江戸の庭園では唯一現存する海水の池です。東京湾の水位の上下に従って水門を開閉し、池の水の出入りを調節しています。池にはボラをはじめ、セイゴ、ハゼ、ウナギなどの海 水魚が棲んでいます。

池の中島に浮かぶのは「中島の御茶屋」です。こうしてみると和風の建物や樹木と周囲のビル群の対比がとってもフォトジェニックで新鮮です。日本人でもこんな感覚になるくらいですから、外国人ならいっそう興味をそそられることでしょうね。


2017101919.jpg


老夫婦のお二人が静かに休んでおられました。ここでは抹茶セットがあり、甘いお茶菓子がいただけます。誘われたけど抹茶は苦手なんで遠慮しときます。無性にコーヒーが飲みたくなった。


2017101920.jpg


塩入の岸から小の宇島と中島を結ぶこの橋は「お伝え橋」と呼ばれ、総檜造りです。


2017101922.jpg


庭園の端の海沿いにはベンチが並んでいて外国のご夫婦がのんびりと海風にあたっていた。遠い異国の地で何を思って海を眺めているのでしょうか。


2017101921.jpg


目の前を水上バスが通り、この先の狭い水門を一回の切り返しで難なく通過して行ったのにはみんな驚いた。すげえ運転技術だ。庭園には水上バスの発着場があり浅草、両国、お台場海浜公園そして葛西臨海公園方面に行けます。


2017101928.jpg


これが海水を取り入れる水門です。この後ろにもうひとつ水門があります。


2017101923.jpg


水上バス発着所横の土手の草むらと青空がものすごく色鮮やかだったので思わずパチリ。


2017101924.jpg


発着所から水上バスがまた出発していきます。思ったよりその発着回数が多いのに驚く。

お花畑にコスモスの群生地があったけどとっくにピークを過ぎていた、残念。


2017101912.jpg

そして出入り口に戻って来ました。後になってよくよく庭園マップを眺めてみると見そこなったところがけっこうあった。それに想像以上の広さにみんな驚きました。機会があればお花畑のきれいな時期にまた訪ねてみたいです。その時はレンズはもっと長いものが必要だね。

新橋駅で解散。奇跡的に好天気に恵まれ、おいしいものを食べ、庭園も散策出来てみんな大満足です。又来年お会いしましょう。
(撮影日2017.10.18)

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2017/10/20(金) 05:10:59|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

銀座でお寿司

年に1回会って食事をする昔のお仲間4人が今年は東京駅に集まりました。

2017101926.jpg


以前からこの日(18日)に決めてたんですが、ここんとこの天候不順の折、奇跡的に晴れました。皆さんの日頃の行いがいいですね。でも朝のこの時間は日陰では北風も強く寒かった。


2017101901.jpg


丸の内仲通りを通り、


2017101902.jpg


足早に勤め先に向かう人たちを横目に見ながら日比谷公園へ。

日比谷公園内をちょっと散策し、やって来たのがこのお寿司屋さん


2017101905.jpg


人気のお寿司屋さんです。

早めに並んだんで座れたんですが、


2017101904.jpg


後ろはずら~と並んでいて、開店の11時には行列はさらにさらに延びてました。でもお店のキャパはあるので同時にたくさんの方が入店できそうです。外国の観光客もよく知ってますね、早い時間に来て同じように並びます。おしゃべりをして時間をつぶしたんですが、現役の時に仕事に厳しかった皆さんが世間話に終始。前にも言ったけど、現役を離れるとおじさんのおばちゃん化が進むんですね(笑)。


2017101906.jpg


あいそがよくて感じのいい係りの女性に注文し、わくわくしながら待ちます。板さん6人がせっせと握ってますね。

そしてさほど待たなくて、


2017101907.jpg


うわ~すごい!味わう前に見た目で圧倒されちゃいます。
(写真撮影可)


2017101908.jpg


ランチメニューの「紅葉(もみじ)」です。

≪大トロ・鯛塩酢橘・中トロ・大赤エビ・玉子つまみ・ウニ・いくら・炙りサンマ・トロサーモンガーリックスライス芽葱のせ・牡蛎ポン酢ジュレ・穴子エリンギバター醤油・季節の小鉢・小蒸し・お椀・季節のデザート≫

大きなネタ、食べ応え十分で今まで味わったことのないうまさに言葉が出ない。世の中にこんなにおいしいお寿司があったんだ。最後はお腹いっぱいになったんですが、何とか完食しました。機会があればまた来ようと思いますが、いつのことかな(笑)。遅くとも10時半までに並ぶことをお勧めします。


2017101910.jpg


中央通りを横切り、


2017101911.jpg


黒川紀章さんが設計された「中銀カプセルタワービル」を見上げます。存在は知ってましたが、ここにあったんだ。1972年に竣工で老朽化が進んでいます。

そして「浜離宮恩賜公園」に入りました。続きます。
(撮影日2017.10.18)

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  1. 2017/10/19(木) 05:56:43|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:0

銀座が静かだったころ

雨降り続きでまったく商売あがったりです。ちょうど調べたいことがあって昔の写真をペラペラめくっていたら、銀座の写真を見つけた。昔といっても今から4年前の2013年6月1日(土)に撮ったものです。時間はお昼の12時ちょい過ぎです。

2017101604.jpg


2017101603.jpg

この日はちょうど新しいレンズを買って初めての撮影に銀座に来たのでよく覚えてます。ちょうど土曜日でホコ天になっているんだけど、当時の松坂屋の前はスカスカで外国の観光客もまばらだった気がします。まあ当時も多少は喧騒感はあったけど、今のようにどこか落ち着かないざわざわした雰囲気はあまりなかったと思う。こうして当時の写真を眺めてみるとその変貌振りに驚かされます。今は銀座を歩くのは圧倒的に外国の方が多いです。

ところでいつになったら晴れるんだろう。もしかして10月いっぱい雨ふりなの?

EP-2、LUMIX G 14mmF2.5
  1. 2017/10/16(月) 18:15:24|
  2. その他
  3. | コメント:2
次のページ