晴れたらいいね

no photo no life

東電OL殺人事件

東電OL事件~別人DNA検出」

突然のニュースに驚いた。今になってこんな事実が出てくるなんて。忘れていたものをひょっこり思い出させました。

2011072101.jpg

本棚を探したら幸いまだ捨てずに残っていた。佐野眞一さんの「東電OL殺人事件」。何故この本を買ったのかはっきり覚えてないけど、友人のM君に勧められたのかな。

その当時(10年位前かな)、仕事帰りにM君といっぱいやる前に、M君の案内で殺人事件のあった古ぼけたアパートの部屋の前まで見に行ったんです。事件があってから時間が経っているとはいえ、殺人事件の生々しさがぬぐえず、とっても薄気味悪かった。たしかその部屋は取り壊されることもなく、誰かが住んでいたと記憶してます。場所は渋谷の円山町、井の頭線神泉駅のすぐ近くです。

本の内容はほとんど覚えてませんが、優れたノンフィクション作品だったと思います。小説ばっかり読んでいるのでたまにはドキュメンタリーもいいかな。これを機会に近々読み返してみよう。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/21(木) 19:46:37|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「散歩の達人」8月号 | ホーム | 浜降祭>>

コメント

コメントありがとうございます。

この事件は「事実は小説より奇なり」ですね。

被害者の昼と夜の顔の落差にセンセーショナルな記事が書かれ、過熱しましたね。

この本はその落差の謎を丹念に追っていたような気がします。

これからの司法の対応に興味がもたれます。
  1. 2011/07/22(金) 20:52:09 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

東電OL事件

東電OLは慶應経済出身の38歳の独身キャリア(総合職)がまずは注目

これが東電でも高卒さんであれば…ねぇ

容疑者が真犯人になりませんでしたね

昼間は総合職のOL。夜はガーターベルトの売春婦。
売春婦は売春婦だけど人気薄の部類らしくてあまりお客さんに恵まれてはいなかった(笑)

殺されたアパートはまだある!

心理的瑕疵(かし)物件はどういう扱いかいなっと

不可思議で愚かなおばちゃんにしか思えないけどなあ
  1. 2011/07/21(木) 22:52:12 |
  2. URL |
  3. 東電は東電だなあ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/1005-4bd4ac2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)