晴れたらいいね

no photo no life

ゴヤ展から上野公園

9時半の開館に合わせて上野の国立西洋美術館へ。「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」展に行ってきました。

2011112601.jpg

さすがに土曜日とあってすでに100人くらい並んでます。

目玉の「着衣のマハ」は素晴らしかったですね。「洗濯女たち」に描かれている女性達の表情がとてもやさしかったのが印象に残ります。ただ油彩画が少なくて素描が多く少々期待はずれでした。

bijutu01.gif

美術展のあとは上野公園周辺をぶらぶら。

2011112602.jpg

イチョウは色づき見頃を迎えてました。上野動物園に向かう家族連れの波をかき分けて東京藝術大学のほうへ。美術学部のキャンパスは自由に入れるので中へ。自販機のコーヒーを飲んで一休み。

2011112603.jpg
(黒田記念館)

黒田記念館のイチョウも見事ですね。何度もここの前を通っているんですが、時間が合わなくて一度も中に入ったことはない。

この先にある「国際子ども図書館」はお気に入りです。この建物は明治時代のルネサンス様式の洋館であり、東京都選定歴史建造物に選ばれています。お近くまで行ったらぜひ一度は中を覗いてみてください。(休館日:月曜日、祝日、休日)こどもと銘打ってますがどちらかといえば大人向けの図書館です。

2011112604.jpg

建物外壁の大きなメダリオン(大きな徽章(きしょう)やメダルの付いた飾り)が目に入ります。もちろん入場無料です。

この建物は、今からおよそ100年前、明治39年(1906年)に帝国図書館として建てられました。・・・その後、建増しや修理を行い、国立国会図書館の渋図書館となって、大事に使われてきたのです。・・・そして平成12年国際子ども図書館として子どもも楽しめる、児童書がいっぱいの新しい施設に生まれ変わりました。(パンフレットより引用)

2011112606.jpg

最初の見所は3階まで吹き抜けの大階段。3F→2Fは木と鉄で出来ていて、2F→1Fは石で出来てます。一番てっぺんにあるシャンデリアは100年前のものです。

2011112610.jpg

室内の木製の建具はケヤキ材でできた創建時のものを調整したうえでそのまま利用しているそうです。

2011112607.jpg

この内部廊下の雰囲気いいですね。図書館とは思えない造りですね。

2011112608.jpg
(本のミュージアム内部)

3Fにある本のミュージアムの内部です。こった柱ですね。中央エディキュール部分は創建時はここが書庫の出入り口だった。係りの女性にいろいろ説明して頂きました。すみません、この場所は写真撮影禁止だったんですね。

2011112609.jpg

3F西側ラウンジではこのように表面に釉薬をかけた「白薬掛け煉瓦」が使われて創建時のままの外壁を見ることが出来ます。窓も3ヶ所で創建時のヒノキ材の建具が保存されてます。

上野のお山をもう少しぶらぶらするつもりだったんですが、ちょっと風邪っ気なんで素直に戻りました。

久しぶりに今日はこのカメラ。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 17:25:45|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浅間尾根道を歩く | ホーム | 横須賀のトンネル巡り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/1079-e2c8ff7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)