晴れたらいいね

no photo no life

蔵造りの町並み川越(前編)

川越はその昔身内がここに住んでいたので2度ほど訪ねたことがあります。でもどうやっていったのか、まったく覚えていない。若い時にそれほど興味が湧かなかった町並みも年をとれば見方も変わってきます。

本厚木から新宿にでて西武新宿線に乗る。

2012022002.jpg
(西武新宿駅)

今までも、これからも乗る機会がほとんどないのでホームで記念にパチリ。急行に乗り、1時間で川越に到着。本厚木から2時間かかった。時間は10時。うわ~寒い!顔が切れるように痛い。神奈川とずいぶん気温が違いますね。

先日手に入れた「関東小さな町小さな旅」で予習はしていったんですが、このパンフレットを駅か現地でぜひ入手しましょう。とても分かり易くて便利です。もう少し丈夫な紙を使ってくれるとうれしいのですが。

2012021903.jpg
(川越市観光課パンフレット)

20120220map02.gif
(川越市内略図 道路はかなり省略しています)

有名な蔵造りの町並みのある一番街にまっすぐ行かないで、ちょっとわき道の「大正浪漫夢通り」を通りましょう。

2012022003.jpg
(大正浪漫夢通り)

その名の通り昔の洋館風の建物が並んでます。お医者さん、喫茶店、和菓子屋さん、が見えます。

2012022004.jpg
(加藤家)

川越市指定文化財の加藤家。屋根に「うだつ」が見えます。今日お目当ての蔵造りですが、喜びはぐっと抑えます。先に行けばもっとすごいのがあるから、ここであんまり驚いちゃあいけない。現在は鶏料理屋さんです。

2012022005.jpg
(川越商工会議所)

そして通りの終わり、角には国の登録有形文化財の「川越商工会議所」の洋風の建物があります。

角を回り、「山崎美術館」の黒々とした建物を眺めて仲町の信号を右折します。黒漆喰の豪華な店蔵が並ぶ一番街です。蔵造りの町並みは平成11年に国の伝統的建造物群保存地区に指定されました。本川越駅からまっすぐ来ても15分くらいかかるのかな。

ここから真っ黒な蔵造りの建物のオンパレードです。改めてみてもその迫力に圧倒されます。大きな鬼瓦の屋根に黒漆喰の壁と分厚い観音開きの扉。風格がありますね。同じように見えて一軒一軒違った個性を出してます。


2012022006.jpg
(亀屋)

まず最初に目に飛び込んでくるのがこの黒々とした建物。「店蔵の最高峰」なんてガイド本に書かれてます。店の創業は天命3年(1783)の和菓子の老舗店「亀屋」です。建物は明治のものだそうです。足を止めてまずはじっくり見ましょう。2階の観音開きの扉は防火の役目があります。

2012022007.jpg
(やまわ)

両側の町並みをゆっくり味わいながら進んでいくと路地の角にあるこの建物が目に入ってくる。川越の観光写真でよく目にする陶舗「やまわ」です。鬼瓦が圧巻ですね。このお店を前面に入れたところが撮影ポイントですね。長めのレンズで圧縮効果を狙ってみましょう。

2012022008.jpg

日曜日なのか観光客は想像以上に多いですね(驚)。

2012022015.jpg

もうひとつ驚いたのは交通量が多いこと。もう車がひっきりなしに通り抜けます。観光客が大勢歩いているので少し怖いですね。何とか車を入れないで建物の写真を撮りたいのですが・・ままならない。せめて土日だけでもこの通りを車の進入禁止にしてホコテンにして欲しいですね。もっと観光客が増えると思うけど?ダメかな。

2012022011.jpg

なんといってもここ川越は芋料理、芋菓子のお店が多いですね。気軽にどのお店も入れるので試食してみましょう。

2012022014.jpg

こんな箸置きのような小物を扱ったお店もあります。買わないのに店内をぶらぶらするのが苦手なんでちょっと覗き込むだけ。

2012022013.jpg

小江戸観光協会に展示されていた紙張り子面の狐面です。

2012022009.jpg
(大沢家住宅)

この建物は国の重要文化財に指定されている「大沢家住宅」です。寛政4年(1792)に造られ、呉服太物を商っていた店蔵です。民芸品のお店の暖簾がかかってますね。

2012022012.jpg
(埼玉りそな銀行川越支店)

順序が前後しますが、この建物は「埼玉りそな銀行川越支店」です。これも国の登録有形文化財です。明治11年(1878)に設立され、大正7年(1918)に改築されました。真っ黒な店蔵ばっかり見ていたんで、この白い建物を見ると何故かホッとしました。

ふぅ~、ここまでまとめるのもしんどいですね(笑)。後編に続きます。

※参考 「関東小さな町小さな旅」(山と渓谷社)「川越市観光課パンフレット」

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
スポンサーサイト
  1. 2012/02/20(月) 20:03:14|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<蔵造りの町並み川越(後編) | ホーム | 蔵造りの町川越へ>>

コメント

sugipyさんおはようございます。

川越の町並みは素敵ですよ。蔵造りの建物は圧巻です。食べ物をいろいろ売ってますからお子さんも楽しめると思います。ぜひおいで下さい。ただ神奈川からはちょっと遠いですが。
そうですね、洋館の建物が残っているのも意外でした。
  1. 2012/02/21(火) 06:00:34 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

akiさん、こんばんは。
川越って随分素敵な街なんですね。
黒塗りの建物がある一方、洋風建築もあって。洋風建築はちょっと横浜の馬車道や関内っぽいですね。

  1. 2012/02/20(月) 22:16:15 |
  2. URL |
  3. sugipy #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/1132-be3f9ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)