晴れたらいいね

no photo no life

真岡鐡道と蔵の町栃木 其の3(栃木市)

蔵の街大通りから巴波川(うずまがわ)沿いを歩きます。

totigi-map03.gif
(栃木市内部分略図、橋、道路、歴史的建造物は一部省略)

IMG_0827_copy.jpg

常盤橋手前で見かけたこの看板のお店。「寺内萬年筆病院」とは思い切った名前ですね。萬年筆の修理を生業としているんでしょうか。ちょっと店内を覗いたらまだ営業をやっているようでした。

2012082802_copy.jpg
(常盤橋から巴波川の眺め)

栃木の町に繁栄をもたらしてきた巴波川は思ったより水の流れは澄んでいました。場所によってはたくさんの鯉が泳いでいるのを見ることが出来ます。右に横山郷土館が見えます。

2012082803_copy.jpg
(横山郷土館)

元水戸藩士であった横山家は、店舗の右半分で麻問屋、左半分が銀行を営んでいた明治の豪商でした。

IMG_0846_copy.jpg

店舗の両側には鹿沼産の深岩石で作られた蔵が、左右相対して建てられています。店内では当時のままの帳場が残されていました。見学は有料です。

2012082805_copy.jpg

横山家の横を流れている水路(堀)には当時の横山家の荷揚げ場跡がありました。ここで品物の受け渡しが行われていたようです。古くて朽ちたような黒い建物が印象的でした。


IMG_0857_copy.jpg
(市役所別館)

この水路の先には市役所があるんですが、その一角に市役所別館として旧栃木町役場庁舎跡があります。現在は栃木市教育委員会などが使っているようです。

市役所の周りは「県庁掘」に囲まれています。明治時代の一時期、13年間この栃木に県庁が置かれていたときの名残の県庁掘です。

IMG_0875_copy.jpg
(幸来橋から巴波川の眺め)

幸来橋(こうらいばし)から巴波川の眺めがハイライトですね。

江戸時代後期、木材回漕問屋を営んでいた塚田家の「塚田歴史伝説館」がまず目に入ります。当時は木材を筏に組んで巴波川(うずまがわ)から利根川を経由し、江戸深川の木場まで運んでいたそうです。

IMG_0892_copy.jpg

巴波川沿いに並ぶ塚田家の土蔵と黒塀。120mに及ぶ黒塀に囲まれ、8棟の蔵が立ち並んでいます。この眺めが「関東の倉敷」と呼ばれる理由なんでしょうね。

2012082806_copy.jpg

遊覧船のりば辺りから見た風景は一瞬江戸時代に戻ったような感覚になります。和舟、柳、黒塀、土蔵と時代劇のロケにも使われそうですね。

IMG_0885_copy.jpg

運よく遊覧船がゆったりと流れていて、船頭さんが竿を扱いながらガイドをしていました。

IMG_0904_copy.jpg

巴波川沿いはケバい店や屋台もなく、落ち着いた雰囲気でゆったりと散策できます。

写真は撮り忘れましたが、巴波川に架かる橋はみんな石でしっかりと組まれたもので、レトロな外灯がいい雰囲気。でもよ~く考えると木造の橋の方が土蔵、黒塀などにマッチしてると思うけど。

IMG_0916_copy.jpg

相生橋で見かけた明治2年創業「片岡冩眞館」のド派手な建物。

駆け足だったんですが、一応予定していた所は見ることが出来たんで駅に戻ります。

この後迷ったんですが、予定通り次の佐野まで行きました。

tochigi-map03.gif
(今回のコースのおさらい)

目的は全国的に有名な佐野ラーメンを食べることです。佐野着は16時すぎ。でもねえ結果として失敗だったかな。準備不足でした。

というのも佐野駅前にはラーメン屋さんがうじゃうじゃあると思って行ったら・・全然。駅でおねえさんにお勧めの店を聞いていったら「準備中」でダメ。そのあと探したんだけど全然見つからなくてウロウロ。ようやく見つけたお店も同じように「準備中」。トホホ。

地元の方に聞いたらお店も点在していて、さらに悪いことに今の時間(午後2時半頃から5時ごろまで)は準備中になってしまうとか。帰りの時間も迫ってきて(焦り気味)駅前に戻りようやく一軒見つけた。

店内は狭くてタバコの煙がモウモウ。ここのお店の常連さんが酒盛りをしてました。う~んこのお店は・・仕方ないか。(失敗したなあ)

肝心のラーメンはしこしこ麺でスープはあっさり醤油味。これが佐野ラーメンか。昼飯抜きだったんでおいしく食べれたのがせめての救いでした。写真はを撮ったけどブレブレでお見せで来ません。こんなことで自分はグルメのレポートにはむいてないなあとつくづく感じました。Mさんにお任せします。

当初は両毛線の景色を満喫して高崎まで行き、高崎線で帰る予定でしたが変更。小山に戻り、宇都宮線で大宮に戻り、乗り継ぎ本厚木に帰ってきました。本厚木着夜9時前だったかな。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
スポンサーサイト
  1. 2012/08/29(水) 20:12:36|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連続カメラトラブル | ホーム | 真岡鐡道と蔵の町栃木 其の2(栃木市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/1263-aa95f0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)