晴れたらいいね

no photo no life

大山千枚田と久留里線~其の1(大山千枚田)

「青春18きっぷ」の最後は千葉県にしました。ここんとこ千葉県づいていて、鉄道や地理に詳しくなりました。

今日のルートは、

本厚木 → 京急久里浜 → 東京湾フェリー → 金谷 → 大山千枚田 → 浜金谷 → 木更津 → 上総亀山 → 木更津 → 千葉 → 新宿 → 本厚木

メインは大山千枚田の写真と久留里線に乗ることです。

ooyama-map01.gif
(大山千枚田と久留里線周辺略図)

大山千枚田は昔から一度は写真に撮ってみたかった場所です。今回ようやく夢が叶った。

朝8時20分に乗船。

8月12日に「房総横断鉄道の旅」で久しぶりに東京湾フェリーに乗ったばっかりだったんで、今回はさほど感動もなく淡々と行き交う船を眺めてました。

IMG_7196_copy.jpg

夏休みが終わったせいか前回に比べてお客さんも少なく、静かな東京湾横断の船旅でした。館山まで行くというイケメンで長身のローディーとちょこっと話しました。

IMG_7283_copy.jpg

金谷港から久里浜に向かって出港していく「かなや丸」を防波堤から見送ります。それにしても今日もまた猛暑になりそうだ。

2012091001_copy.jpg

大山千枚田をネットで調べると、アクセス方法として安房鴨川からバスに乗ると出てます。自分もてっきりこのルートしかないと思っていました。浜金谷から内房線でぐるっと回って安房鴨川まで行くのかなあと。

でもバスの時刻表を見てて気が付いた。東京湾フェリー始発で鴨川方面にいくルートもあるじゃん。

東京湾フェリー待合所で40分ほど待って、9時40分発のこのバス「日東バス」に乗ります。乗客は4人だけだった。

海岸沿いの127号線を走り、やがて保田から34号線(長狭街道)に入ります。この街道がよかったですね。アップダウンはあるもののカーブも少なく快適でした。集落もポツンポツンとあるだけで、周りを山に囲まれた静かな(車の往来は多かったけど)街道でした。

大山千枚田に一番近いバス停「釜沼」に30分ほどで到着。

IMG_7302_copy.jpg

バス停30m先に大山千枚田の大きな案内板が出ていて迷うことはないです。

sennmaida-map01.gif
(大山千枚田周辺略図)

同じバスに乗ってきた世田谷から来たという同年輩の方と一緒になりました。二人とも初めてだったんで話をしながら歩き始めます。

IMG_7364_copy.jpg

緩やかな坂道を上り始めたんですが、なんだこのクソ暑さは、堪んないなあ。

ここで嫌な予感が。

バスの途中で見かけた田んぼではほとんど稲刈りが終わっていた。早い!地元神奈川に比べて随分早い。こちらは収穫の早い品種なんだろうか?この坂道でも周りの田んぼはほとんど終わっているじゃあないの。

「もしかしたら大山千枚田も稲刈りは終わっているじゃあないのかな?」

棚田が趣味で全国を回っているというこの方がおっしゃった。

ギクッ!

棚田一面に広がる黄金色に輝く稲穂の写真を撮りたくてはるばるやってきたのに、それはないよ~。

汗びっしょりかいて20分かかってようやく到着。

予感的中!!

IMG_7246_copy.jpg

大山千枚田の感動に浸る前にガクッ。

2012091002_copy.jpg

きれいに刈り取られてました。かろうじてほんのわずか残ってました。

IMG_7309_copy.jpg

あとで聞いたんですが、8月の25日前後から稲刈りが始まったそうです。例年こんなもんでしょう。

こういう情報は載ってなかったですね。稲穂の写真を撮りたければ8月の中旬ごろまでに行きましょう。次回気をつけよう。

2012091004_copy.jpg

次から次へと車で観光客が上ってきます。同級生仲間らしきおじさん達が記念写真でカメラに向かってはいポーズ。

IMG_7278_copy.jpg

ところで棚田の一番底の方にはまだ刈り取りが行われてない田んぼが何枚かありました。詳しくは分からないですが、一般応募の稲刈り隊の皆さんが稲刈りの真っ最中でした。ここだけでも残っていたのが不幸中の幸いでした。

IMG_7281_copy.jpg

刈り取った稲を縛るのに必要な縄を編んでいたおばあさん。うまいもんです。自分も子供の頃、明治生まれのおばあちゃんに教えてもらったけど、うまく出来なかった。おばあさんとお話をして写真を撮らせてもらいました。

この千枚田には木陰がないのでたいへんだ。「棚田倶楽部」という施設があって中に喫茶があるのかな。涼みたかったんですが、今日はあいにく団体貸切になっていて一般者は入れませんでした。

先ほどご一緒した方はこの先大山不動尊に行かれるということでお別れしました。

丸坊主の棚田では思うような写真も撮れず、炎天下で2時間ほど粘りましたがダメでした。バスの時間が迫っているので、バス停まで戻ります。

IMG_7347_copy.jpg

老夫婦のお二人が暑い中脱穀作業をしてました。

IMG_7374_copy.jpg

この田んぼではお孫さんと一緒におじいちゃんがうれしそうな顔をして稲刈り。声をかけてパチリ。時間があればもっとのんびり散策したい素敵な場所でした。

続きます。

※文中の略図はあくまで大雑把な位置関係把握目的で表示しています。現地に行かれる場合は、正確な地図を参考にして下さい。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L、IXY510IS
スポンサーサイト
  1. 2012/09/10(月) 20:03:07|
  2. 関東小さな町小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<青春18きっぷ | ホーム | 大山千枚田と久留里線>>

コメント

ヒロさん

こんなに千葉が早いとは知らなかった(驚)。せっかく行ったのにガックリ。でも最初はこんなもんでしょうね。来年に期待します。でもしょっちゅう行けないしね。

方角についてはよく分からないのですが、大丈夫な気がします。ネットで探せば皆さんが撮った四季折々の素晴らしい写真があると思います。ご参考にしてください。

四季折々、早朝から撮りに行かれる地元の方が有利ですね。

  1. 2012/09/11(火) 19:02:58 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

あぁー、大山千枚田がっくりでしたね。

千葉は早場米で田植えも4月半ばには始まっちゃうんですよね。(ゴルフの行き帰りでよく見ました。)

影を見ると南向きのようですが、水を湛えた夕陽に輝く棚田ってのは無理そうですか?
  1. 2012/09/10(月) 22:13:05 |
  2. URL |
  3. ヒロ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/1271-0a279ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)