晴れたらいいね

no photo no life

浅草寺羽子板市

浅草仲見世の混雑はちっとも煩わしくはないですね。見慣れた光景でも来るたびに人の心をワクワクさせてくれます。

2012121815.jpg

年の瀬だというのに今日のポカポカ陽気は大助かり。ここでは急がず流れに身を任せましょう。

2012121804.jpg

今年もやってきました浅草羽子板市。

2012121805.jpg

「押絵羽子板」は、江戸時代後期(1800年ごろ)江戸歌舞伎の隆盛を背景に、浮世絵師の描く役者絵を押絵細工として羽子板に取り付けたのが始まりです。ー浅草寺歳の市パンフレットより

2012121806.jpg

五重塔前を中心に羽子板、羽根、江戸玩具、江戸小物、手摺り版画等を売る50以上のお店が所狭しと並んでいます。東京のお店が多いですが、平塚、春日部、二宮町、新座市からやってきてます。

2012121807.jpg

皆さんお値段が気になるところですが、高いものでも5万円ぐらい、売れ筋は1~3万円クラスでしょうか。
けっして高くないですよとお店の方が説明されてました。安いものは値札が付いていますが、お高いものは付いてません。交渉になるんでしょうか。縁起物なんであんまり値切っている人は見かけなかった。

お買い上げがあると揃って手締め、いい年をお迎えください。

2012121808.jpg

毎年カメラマンの一番人気はこのお店のおかみさん。

2012121812.jpg

この羽根もよく売れてました。

2012121811.jpg

五重塔前の名残のイチョウ。

2012121809.jpg

一見すると同じように見える顔も職人さんの個性が出ています。よく見ると、とても色っぽい表情をしてます。

2012121813.jpg

NHKの海外向けの放送でしょうか、TVクルーが取材に来てました。流暢に英語を話す女性が何度もリハーサルをやってました。

2012121816.jpg

品数が多く、下から上までびっちり並べているお店が景気がいいようです。それとお客さんの呼び込みの上手なところでしょうか。今年もいいものを見させてもらいました。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
スポンサーサイト
  1. 2012/12/19(水) 18:57:48|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浅草文化観光センターからの眺めは抜群 | ホーム | 浅草寺歳の市~浅草羽子板市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/1337-d25ccee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)