晴れたらいいね

no photo no life

歌川広重

ずーとはまっている番組にNHK-BSプレミアム「プレミアム アーカイブス」があります。自分好みの素晴らしい番組ですが、直接見られないので録画して後でゆっくり見ています。溜まってしまって見きれない。

今週の3回連続「浮世絵の天才絵師たち」には興奮しました。その中で取り上げられた歌川広重の「名所江戸百景」が見たくて調べたら図書館にあった(ニッコリ)。

2013012401.jpg

「広重ベスト百景」赤瀬川源平の名画探検 講談社

カメラ好きの赤瀬川さんの解説が明快で斬新でとても面白かった。あまり詳しくなかった広重の画風の秘密がよく分かった。「広重の視覚には、現代のカメラアイが潜んでいる」と赤瀬川さんが解説されてましたが、さすがカメラに造詣の深い方のお言葉です。

カメラをやっている人間にとって広重の絵はとっても参考になった。その大胆な意表を突く斬新な構図には驚かされます。

2013012405.jpg

左:名所江戸百景「はねたのわたし弁天の社」右:名所江戸百景「深川万年橋」

カメラでいえばまるで単焦点の広角レンズ1本で勝負している画風です。

2013012406.jpg

右下の鷲が飛んでいる名所江戸百景「深川洲崎十万坪」の大胆さには笑ってしまう。

極端すぎるくらいの遠近法を用い、前景にドカーンと何かを据えて遠くを眺めています。そのくせ前景になるものは全部は見せていない。見せないことでいろいろ想像させるというにくいことをやってます。

というわけでカメラをかじる者にとって、とっても参考になる広重の風景画でした。

**************************************

今日(25日)の朝刊で見かけたんで早速応募しました。即返事がありOKです。

オーシャンドリーム号船内見学会>日時:2013年3月30日(土)10:00~16:00

2013012501.jpg

おひとりでもご家族でもどうぞ。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 18:46:27|
  2. | コメント:0
<<江の島のチューリップ | ホーム | 「エル・グレコ展」と「飛騨の円空」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する