晴れたらいいね

no photo no life

横浜山手坂めぐりpart1

山手西洋館巡りの時、山手本通りから見えていたいくつかの急坂。こんな坂を上ったり下りたりするのは大変だなあと思っていたのに今回全部回る羽目になっちゃいました(笑)。いつも西洋館ばっかりで見ているのでこんな楽しみ方もたまにはいいでしょう。ちょっぴり疲れるけどね。

yamanote-map5.png
(山手周辺、赤線が今回歩いた坂です)

新聞では九つの坂が紹介されていましたが、ひとつ(①大丸谷坂)を加えて全部で10の坂を上り下りしました。この中で初めて知ったのが②フェリス坂、⑤高田坂です。

今回①~⑩の順番で実際は回ったんですが、周辺に見どころがいろいろあった「代官坂」からご紹介します。

2013012908.jpg
(代官坂はこの先)

元町仲通りをからの代官坂の入り口を探したんだけど最初分からなかった。行ったり来たりして見つけた。角のこのカフェのところを入っていくと代官坂だ。

2013012909.jpg
(石川徳右衛門の屋敷跡)

坂の入り口に石川徳右衛門の屋敷跡がありました。屋敷跡の案内板によれば、

「・・坂の途中この地に横浜村名主石川徳右衛門が居住していたことから、代官坂と呼ばれています。」

「幕末開港前後の当主徳右衛門は、日米和親条約締結のための応接場の設営、食糧、その他の一切を掌りました。ペリーが横浜村に上陸し住民の暮らしぶりを視察したおり屋敷を訪れ、徳右衛門が供応した様子が、『ペルリ提督日本遠征記』に記されています。」
案内板抜粋

今でも子孫の方がこのお屋敷に住まわれているそうです。JR石川町の駅名もこの石川徳右衛門からとられたようです。

2013012910.jpg
(宮崎生花店)

屋敷からすぐ先にあるのが「宮崎生花店」。1873年創業の西洋切り花店の最初だそうです。今でもご商売をされていて店内には色とりどりの花が見えました。

「日本パプテスト発祥之地」という碑がこの近くにあるそうですが、何度も探したけど見つけられなかった。

2013012911.jpg
(増田窯ギャラリー)

花屋さんのすぐお隣が横浜焼きという陶磁器の増田窯ギャラリーです。ちょうどおねえさんが店内をお掃除されていて近寄って写真が撮れず、遠くからパチリ。ショーウインドウで素敵な陶磁器を見ることが出来ます。

2013012913.jpg

通りの反対側にあった素敵な外観のお店。覗いたけどなに屋さんかよく分からなかった。自転車屋さんかな?

2013012914.jpg

そのお隣のしゃれた建物のカフェ。

2013012915.jpg

ダンスホールの「クリフサイド」(写真右側にありますが写っていません)が見えてきて坂はここから勾配を増していきます。代官坂トンネルが口を開けていますが、左の坂をを上っていきます。

2013012916.jpg

坂の途中にあったお宅の郵便受け。似たようなものをイギリス館の前でみかけたなあ。

2013012917.jpg

やがて山手本通りとぶつかり坂は終わりです。

代官坂を下って高田坂の上り口を探します。すぐには見つからなかったけど、ここだ。

2013012920.jpg

さっきの石川邸より仲通り側に戻ったところにある歯科クリニック前の階段が入り口だった。

2013012921.jpg

少し急な階段を上っていきます。元町界隈の喧騒から離れてこの坂はどこにつながっているのかな。まったく初めての場所なんでちょっと冒険心をくすぐられます。

2013012950.jpg

坂の途中にあったかわいらしいカフェ。途中で自分と同じく山手の坂めぐりをしているようなおじさんとすれ違った。

2013012922.jpg

階段を上りきったところに公園があった。「元町百段公園」です。地元の人でなきゃ知らない公園でしょうね。

その由来を記した解説板が設置されていました。横浜開港から大正にかけて、元町二丁目と山手の丘上とを繋いで急な石段があった。石段は百一段あり、人々は「百段」と呼んで親しんでいた。その「百段」は残念ながら関東大震災で崩れてしまい、現在は残っていない。その「百段」の歴史をとどめるために造られたのが、この「元町百段公園」だそうです。

古代ギリシャを思わせるような柱がいくつも建っている。なぜにこんな柱を建てたんだろう?この公園からの見晴らしは抜群だった。ぽつんとおじさんがひとり日向ぼっこをしていた。桜の季節にこっそりと訪れて静かにお花見をするのもいいかも。

人通りの少ない静かなこの道は山手本通りの汐汲坂の信号へと続いているようです。

続きます。

GRDⅢ
スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 06:26:42|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:2
<<横浜山手坂めぐりpart2 | ホーム | 横浜山手の坂めぐり>>

コメント

ヒロさん

いつも山手本通りしか歩いてなかったんですが、こうして知らないところを歩くのも楽しいですね。
知らないところがまだまだいっぱいありますね。

石川さんは地元のためにいろいろ尽力されたようです。

余談ですが、江戸時代に生きた日本人というのはあらゆる点において素晴らしいですね。
  1. 2013/01/30(水) 05:38:06 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

ただ漠然と歩くんじゃなく、何かテーマを決めて歩くのもいいですね。

山手は結構歩いてるんですが、いつも同じようなルートでマンネリ気味です。

石川町の名前の由来が個人名って言うのは知りませんでした。 個人名が町名になってるって結構多いですね。
  1. 2013/01/29(火) 22:41:05 |
  2. URL |
  3. ヒロ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する