晴れたらいいね

no photo no life

恐怖の犬越路

タイトルが大袈裟なんですが、おじんたちにとっては実感です。今週も相模原のyamazakiさんに誘われて犬越路(いぬこえじ)登山に行ってきました。

早朝7:00に相模原駅で落ち合いyamazakiさんのJeepで出発。413号線を走り、「うらたんざわ渓流釣場」「神之川キャンプ、マス釣場」の看板を目安に左に折れ、神ノ川沿いに車を走らせます。途中朝日に照らされた渓谷沿いの紅葉が素晴らしかった。


2013112418.jpg
(神之川キャンプ、マス釣場入口)


相模原駅から1時間ほどで日陰沢橋に到着。ここで車を止め身支度をして出発。日陰は寒い。時間は8:25。


2013112417.jpg
(神の川ヒュッテ)


「神の川ヒュッテ」を横に見ながら登って行きます。今日のルートはyamazakiさんにすべてお任せしてまったく予習をしてこなかったんですが、これがすごかった。大したことないような話だったんですが、完全にyamazakiさんに騙された(笑)。

いきなりの急坂に二人ともだんまり。えっ?今日は軽いハイキングのつもりだったのに全然違うじゃん!


2013112401.jpg


2013112416.jpg


この辺までは今までの登山経験でよくある登りだったんですが・・。


2013112403.jpg


沢沿いにガレ場が出現し行きてを阻みます。さらに激坂、鎖場、梯子と急で危険な上りが待ち受けてました。今までカメラをぶら下げていたんですが、危険を感じてバックパックにしまい込んじゃいました。写真なんか撮ってる余裕なし。こんなことならコンデジも持ってくればよかった。ここから写真なし。

こりゃあ下るのが大変だなあ(予感が当たった)。


2013112405.jpg
(犬越路)

それでも1時間半ちょっとで犬越路に到着。やれやれ。避難小屋もありました。この先は大室山に繋がってます。


2013112406.jpg
(犬越路からの眺め)

見晴らしもよく、運が良ければ富士山も見られるとか。数人の登山者と会いました。ここが相模原市と山北町の境界線です。その昔、武田信玄が小田原城を攻めた時イヌを先頭にここを越えたとも、またそれが地名の起りともいわれています。

予定ではこの先まで行くつもりだったんですが、時間がないのでここで終わり。来た道を下ります。

予想通り下りに大苦戦。枯葉が積もり滑りやすくなっている激坂をそろりそろり慎重に降りていきます。それでもyamazakiさんも自分も何度も尻からひっくり返ってしまった。yamazakiさん梯子で尻もち、危なかった。自分もガレ場の浮石でひっくり返ってしまい危うく頭を怪我するところだった。中高年にとって下りはとても危険ですね。当然のことながら大事なカメラはしまい込んじゃって写真はゼロ。


2013112408.jpg
(日陰沢橋から上流を臨む)


「2度とここには来ないね、もう急な登りのある山は止めようよ」二人して愚痴ります(笑)。

「神の川ヒュッテ」まで降りてきてホッと一安心。あ~怖かった。遠くに先ほど登った犬越路が見える。こんな山でおたおたしているようじゃ・・先日百名山登坂を成し遂げた友人のmatsumoto君の偉業に改めて拍手と尊敬の念を抱きました。


2013112409.jpg
(日陰沢橋付近)


日陰沢橋のたもとの駐車場で昼食の準備。今日はyamazakiさんが炊事道具一式持参。


2013112410.jpg


2013112411.jpg


まずは自分用にきつねうどんを作ってもらいました。卵もおとしてアツアツのうどんを頂きました。これがうまかった。山小屋の鍋焼きうどんに負けず劣らずといったところ。


2013112412.jpg


yamazakiさんも天ぷらうどんを食べます。おにぎりや漬物、その他いろいろ準備して頂き感謝感謝です。


帰りは車をゆっくり走らせ周囲の紅葉の写真を撮りました。ちょうど見ごろですね。


2013112413.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)

2013112419.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)


2013112414.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)


マス釣場の川の水のきれいだったこと。


2013112415.jpg
(神ノ川沿いの紅葉)


道志道沿いの紅葉も眺め、相模原駅まで戻ってきました。yamazakiさん今日はごちそうさんでした。今度は12月の忘年会でお会いしましょう。

E-P2、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6
スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 05:52:16|
  2. 登山、ハイキング
  3. | コメント:6
<<鎌倉の紅葉 | ホーム | 神ノ川から犬越路>>

コメント

sugipyさん

はっはっは、ちょっと大袈裟だったかもしれませんが、まじ怖かったです。10年前なら難なく降りられた急坂も今となっては恐怖心が湧いてきます。やはり足腰の衰えは相当なものですね。

と言っても山好きなので体力に合った楽な(笑)山登りをこれからも続けていくつもりです。自然に触れるのは最高です。

sugipyさんもご家族での大山紅葉狩りは楽しかったようですね。小さいころから山登りの楽しさを味あわせてやってください。一生続く楽しみのひとつになるかもしれません。来年は大山登山が実現するといいですね。
  1. 2013/11/25(月) 05:00:52 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
またまた絶景素晴らしいですね。
紅葉&ススキが素敵です(^^)
青空の下での昼食も良いですね~
その一方で、そこに至るまでの道程大変でしたね。
おまけに下りも一歩間違えば大怪我とは...
道具や心の準備はもちろん、日頃からの体の準備も大切ですね。
  1. 2013/11/24(日) 21:12:51 |
  2. URL |
  3. sugipy #-
  4. [ 編集 ]

AkO☆さん

おっ、AkO☆さんも山ガールでしたか。

それにしても縦走ルートはすごいですね。泊りがけで登ったんでしょうか。私のようなおじんがまだ登っているくらいですからAkO☆さんもまた山登りを楽しんで下さい。

それにしても年を取りました。10年くらい前だったら何でもない下りも足腰が弱くなったせいか怖いですね。これからも慎重に山登りを楽しみたいと思います。

お仕事は相変わらずお忙しいのでしょうか。気分転換をしてリラックスしてください。
  1. 2013/11/24(日) 15:29:57 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

けーこさん

こんにちは。

改めてけーこさんのブログを読み返したら北丹沢耐久レースの記事がたくさんありましたね。以前からから犬越路ではご活躍だったんですね。そんなけーこさんに仁義も切らずに神ノ川のことを書いちゃいました(笑)。このルートをレースで通るということは同伴者から聞きました。すごいところを駆け登るんですね(驚)。

おじさん達にはとてもきつい下り道でした。もう嫌だといったんですが、隧道を通って林道を歩こうという話ももう出てます。
  1. 2013/11/24(日) 15:21:56 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

お怪我なく無事の下山、良かったです!登山はそれが一番です♪
犬超路!なつかしい~!!ワタクシも(若かりし頃(^^))二度
登ったことがあります。一度目は丹沢湖~檜洞丸~犬超路~丹沢湖。
二度目はヤビツから烏尾山~塔ノ岳~丹沢山~蛭ケ岳~檜洞丸~
犬超路~丹沢湖と縦走しました♪いや~・・・若かった(^▽^;)
二度目に登った時、犬超路~丹沢湖のルートがキレイに整備されていて
ビックリしたことがあります。今はもっとキレイになっているんだろうな~。
それにしても、道志方面からのルートは厳しいですね!
昔、道志方面からは登らない方がいいよ、とアドバイスをもらったことが
あります。。。の、登らなくて良かった(^^;)
  1. 2013/11/24(日) 13:01:42 |
  2. URL |
  3. AkO☆ #-
  4. [ 編集 ]

神ノ川ヒュッテから犬越路手前までは北丹沢12時間耐久レースのコースの一部ですね。 
トレイルランナーのみなさんはそこを駆け上がっていきます。 かつては私も出てましたが。。(私は走れる所しか走れないので登りも下りも歩きでしたが。。)

最近はご無沙汰ですが、レースにも神ノ川ヒュッテにもいろいろ思い入れがあり走るのやめた後も何度かお手伝いに通ったり。。

台風で壊滅的な土砂崩れになる前はヒュッテの下の河原沿いがいいキャンプ場だったんですが。。
  1. 2013/11/24(日) 09:47:44 |
  2. URL |
  3. けーこ #81/lD5GQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する