晴れたらいいね

no photo no life

東京遺産

毎月発売をマークしている「散歩の達人」の6月号の特集は「東京遺産」とちょっと大きく出た。

『散歩の達人』は創刊19年。街はずいぶん変わりました。なかには再開発で根こそぎ消滅した店や風景をちらほらと……。嗚呼、もったいない! というわけで。おこがましくも世界遺産の向こうを張って、スタッフ総出で「東京遺産」を選びました。選定基準は〝100年先も残っていてほしい″思いと19年間の経験、そして勘。これまで本誌に登場したものが中心ゆえ、ある意味、ベスト版! いろんな意味で気合が入っています。ー本文より

こういうのに弱いんだよね、すぐ買っちゃいました。東京遺産として全80点が載ってました。他にもあるだろうとツッコミを入れるほど詳しくないんで、とりあえず素直に読むことにします。

どんなのが選ばれたかというと、


2014052101.jpg


「いい店」「東京ソウルフード」「風景」・・などジャンルが六つ。いの一番に阿佐ヶ谷にある喫茶店の「ヴィオロン」が登場。知らないなあ~。


2014052102.jpg


銀座のキャバレー「白いばら」も選ばれていた(驚)。その昔お仕事?で何度か行ったけど、懐かしい。


2014052103.jpg


この風景も皆さんご存知ですね、谷中のヒマラヤスギがある三叉路です。


2014052105.jpg


去年の年末に初めて行った砂町銀座。


2014052104.jpg


日本古来の広告宣伝集団のちんどん屋さんも登場。

ざっと調べたら、行ったり見たりしたところは80点中の24点でした。ちらっと気づいたけど歴史的建造物等は入っていない。選定には異論もあると思うけど(そもそも80で収まらない)、さらっと読みましょう。これからの東京散歩の参考になりそうです。「散歩の達人」を読んでいると行ってみたいところがどんどん増えていく(笑)。

EOS5DMarkⅡ、EF24-105mmF4L
スポンサーサイト
  1. 2014/05/21(水) 18:03:22|
  2. | コメント:0
<<紫陽花 | ホーム | 原っぱは残った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する