晴れたらいいね

no photo no life

天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道part1

今日も青春18きっぷ。時刻表の地図をくまなく眺めているとアイディアが浮かんでくる。そして見つけたのが「天竜浜名湖鉄道」と「遠州鉄道」です。たまには関東を離れて東海地方もいいかな。皆さんのブログを参考にさせて頂きました。

2番電車で出発、小田原 → 熱海 → 掛川に到着したのが朝9時前。掛川駅構内に天竜浜名湖鉄道のホームがありました。乗り継ぎ時間がないので急いで「1日フリーきっぷ」1700円を買って乗り込みます。いつもの出発ホームの写真はなし。

8時58分出発。車内はいっぱいで座れない方もいた。「日本の原風景に出会う旅」というキャッチフレーズのごとくのどかな自然の中を単行列車に揺られ、古びた駅舎を眺めつつ進んでいきます。駅舎(本屋)など国の登録有形文化財が多数(30)あるのも興味をそそられます。限られた時間の中で効率よく回りたいものです。

2014072903.jpg

国登録有形文化財駅舎は天竜浜名湖鉄道(以下天浜線)に11ヶ所あるんですが、その一番最初の駅がここ「桜木」駅です。

2014072904.jpg

旧国鉄時代、二俣線としてもっとも早い昭和10年に開通した三ヶ所の駅のうちのひとつ。ここもそうですが、ほとんどの駅が無人駅です。

2014072905.jpg

昭和10年建設の木造平屋切妻造り。駅舎の周囲はゴミひとつなくきれいです。今回何ヶ所か駅舎を巡りましたが、どの駅も手入れが行き届いていて清潔感がありました。トイレもきれいでした。沿線の方や天浜線の関係者の方の日頃の地道な努力なんでしょうね。

2014072906.jpg

開業当時のベンチが残っています。

2014072907.jpg

台の上に新鮮な野菜が置かれてました。きゅうり、ピーマン大好き人間としては頂いて帰りたいとこですが、荷物になるんであきらめます。ご近所の方の心づくしが伝わってきます。

2014072908.jpg

駅の向こう側に住んでいるのお母さんが線路を横切り、待合室を通り抜けてどこかに消えちゃった。余談ですが、ここから徒歩8分の所に有名なヤマハピアノを製造している掛川工場があるんですね。

2014072909.jpg

上り電車がやってきて下りを待ちます。再び電車に乗ります。車両はこのTH2100形がほとんどです。

2014072929.jpg

線路の両側を真っ青な広々とした水田が続いています。今回ここからの写真を撮りたかった。掛川に戻ってくるときに途中下車してトライです。特に「細谷(ほそや)」と「原谷(はらのや)」駅間が撮影ポイントですね。写真にしみがポツポツ目立ちますがこれは電車のフロントガラスの汚れです。

2014072930.jpg

桜木から三つ目の「原谷(はらのや)」駅でまた下車します。

2014072912.jpg

この駅舎も登録文化財です。昭和10年建設の木造平屋切妻造り。ここも最も早い昭和10年に開通した三ヶ所の駅のうちのひとつです。駅構内では百日草かなきれいに咲いていた。多くの駅でこうした花壇が設けられて旅人の目を楽しませてくれる。

2014072913.jpg

開業当時の木造改札口が今でも現役で使われています。

2014072914.jpg

これが1日フリーきっぷ。通常は乗車の時整理券をとり、降りるときに精算です。

待ち時間、ちょうど薪割りをしていた駅舎の隣の住人の方と世間話。天浜線の歴史や名所などを教えて頂き、待合室ではテレビロケの話しもしてくれました。2004年7月~9月にフジテレビで放映された「ウォーターボーイズ2」で「姫乃駅」として登場したそうです。その時の写真が飾ってあった。

2014072915.jpg

再び乗車。天浜線は市街地を通ったりして「小湊鉄道」や「ひたちなか海浜鉄道」ほど自然のド真ん中を走るというわけではないですが、時折通り抜ける緑の風景には癒されます。

2014072916.jpg

天竜二俣駅に到着。写真の上屋やプラットホームが文化財です。でもあんまりよく見てこなかった。

2014072928.jpg

この駅には有形文化財が満載。この駅舎もそうです。沿線の駅で一番多いですね。奥に天浜線の本社事務所が入ってました。ここで10:30からの「転車台・扇形車庫」の見学会(別途料金)に参加します。

ベテランらしきおねえさんが説明役で先導してくれました。説明を真剣に聞こうとしたんだけど、正直ものすごい暑さで半分は飛んでました。見学コースは決まっているので勝手に敷地内に入れない。

2014072918.jpg

一番興味があったのがこの転車台。ここだけは真剣に話を聞きました。昭和15年から今日まで現役で活躍しているのは全国でもわずかになった。実際に電車を転車台に載せてぐるっと回してくれます。現在は電動だけど、建設当時は手動で回転させていた。

2014072919.jpg

小学校の時、遠足で遠出をしたとき岡谷(?)の機関区で見た記憶がある。

2014072920.jpg

現在では本来の用途から少し変わったかもしれないけど、見ていてとても楽しかった。

2014072921.jpg

大雨が降った時排水はスムーズにいくのかな・・なんて余計なことを考えちゃったりして。

2014072923.jpg

TH3000形が検査に入っていた。

2014072924.jpg

扇形車庫。これまた現役で使われているのは本当にめずらしい。建設当時は6線分あったが現在は4線だけ。

2014072925.jpg

鉄道歴史館へ。冷房がなくて大型扇風機が1台のみ。マニア垂涎の歴史的グッズが多数陳列されてました。暑くて堪んないし、どちらかといえばあんまり興味もないし・・ガイドさんには悪いけど早く出たかった。夏は見学には不向きですね。

2014072922.jpg

運転区事務室。昭和15年に建てられ、木造平屋建てで一部が2階建てとなり、大きな木製ガラス窓が特徴。1階は運転司令室等で2階は会議室。この建物の裏側には運転区浴場(現在は使用されていない)、運転区休憩所などの施設がある。

2014072927.jpg

一番目立ったのがこの高架貯水槽。現在も現役で車両の洗車の時に使われている。あれやこれやと有形文化財だらけですが、あまり意識しない方がいいかも。見学会は40分ほどで終了。個人的にもっとじっくりと見たいのですが、電車が1時間に1本なんで常に時刻表とにらめっこ。次は二俣本町です。今回一番楽しみ、期待していた場所へ向かいます。

続きます。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 19:46:29|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0
<<天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道part2 | ホーム | 天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する