晴れたらいいね

no photo no life

金杉通り

都内各所で古い建物を探しているうちに、台東区下谷にたどり着いた。鶯谷駅を降りて陸橋の上から袋小路やラブホテルゾーンの建物を眺め、今日の出発点の「根岸1丁目」の交差点にやってきた。

ここから始まる金杉通りと隣の昭和通りの間に挟まれた下谷2丁目、3丁目が今回のメインです。とりあえず金杉通りから見てみよう。

20150203map05.png
(台東区下谷周辺略図)

2015020317.jpg

さっそく銅板葺の看板建築があった。今日はコントラストが強すぎて困った。幸先いいなあと思ったけど、この後この通りで銅板葺にはお目にかかれなかった。

2015020301.jpg

「根岸3」の交差点にある「肉のえびすや」(台東区下谷2-13-8)。古そうにみえて意外と40年くらいの歴史で、古い写真を見ると建物の外壁は茶っぽかった。改装をしたようだけど日除けは昔のまんまだ。

2015020302.jpg

お肉屋さんですが、売れ筋はやはりメンチカツ、コロッケ、唐揚げ、カキフライがご近所に評判のようです。

2015020310.jpg

美容室の「かなすぎ」(台東区下谷2-19-2)。十数年前の写真を見ると、出桁造りの家の隣は銅板張りの看板建築があったんだけど、今日見たら車庫に変わっていた。さらに店の名前も以前は「オーバ美容室」であった。

2015020311.jpg

かつらは婚礼用の日本髪鬘のことですね。

2015020307.jpg

おっ、こんな建物もあったか。「鈴木食品工業株式会社」(台東区根岸3-16-17)が1Fを使っているようです。西洋風な屋根の造りに特徴があります。IFは最近改築されたようだ。建物通り、この会社の創業は古く、安政年間にさかのぼります。食品類の販売を営み、現在、航空機内食やホテル・レストランなど、主に業務用商品の開発、製造、販売を行ってます。

2015020312.jpg

この建物の横の路地を入ったところにあるしぶとさがにじみ出ているこの建物はなんだろう。ところでこの金杉通りを境に、東側が下谷で西側が根岸になります。

2015020313.jpg

「柳通」の交差点にあった雄飛堂薬局。場所からいって建物は戦前のものかな、建て替えか改装をしている感じだ。隣の不動産屋はトタン張りの看板建築に見える。隣の理容店とつながっているみたいだ。

2015020321.jpg

この薬局の真ん前は関西風お好み焼き、鉄板焼きの「ぽんた」(台東区根岸4-1-1)。古い写真ではここには喫茶「スリーエイト」があり、2階にぽんたがあったはずなんだけどね。隣の「ネギシ書房」、「洋菓子「ヤナギヤ」は当時のまんまだ。

2015020319.jpg

さらに進むと出桁造りの屋根が見えてきて、「いり豆落花生」の看板の店は「山口煎豆店」(台東区下谷3-3-7)だ。明治創業の老舗で、店内は昔ながらの丸い瓶や木棚に、落花生等の豆以外に煎餅やミックスゼリーなんかが所狭しと置かれていた。写真に撮りたかったけどちょうどお客様がいてとり逃した。

2015020309.jpg

「矢島写真店」(台東区根岸4-1-25)。1918(大正7)年に開業。洋風の建物は、1930(昭和5)年ごろ板張りの外壁をタイル張りに改装したが玄関や内部は大正期のまま。残念ながら昨年の夏に95年間の歴史に幕がおり、惜しまれつつ閉店となりました。こうしてみても大正モダンの建物の佇まいが美しい。解体をまぬがれて新たな利用が見込まれている。

この先は古い建物もなさそうなので「根岸3」の信号まで戻ります。

2015020304.jpg

交差点から根岸寄りに入るとめずらしい五差路があった。ひとつの角にあったのが「手児奈(てこな)せんべい」(台東区根岸3-13-1)。言問通の方からこの一角は「うぐいす通り商栄会」という商店街になっている。

2015020306.jpg

五差路の反対側にこの立派な建物(根岸3-3-17)が残っていた。不動産、野菜直売所、鑑定事務所などが入っている。

2015020305.jpg

先ほどの「手児奈せんべい」の右側の路地を少し入っていくと「ヘャーサロン ヤマザキ」(台東区根岸3-15-5)があった。目いっぱいの植木に囲まれている。

2015020314.jpg

そしてその前に人気のない大きな建物(台東区根岸3-13-24)が見えた。空家のようで少しづつ傷んで来てるようだ。かつてはこの辺りに「根岸三業地」と呼ばれた花街があったそうで、この大きな建物もそれに関連したものかも知れない。もしかしたら旅館だったかも。

2015020315.jpg

再び五差路に戻り、鶯谷駅に向かう途中から右の路地に入ったところにあった蔵のような真黒な建物(台東区根岸3-4)。

2015020320.jpg

さらに中に入っていくと真黒な家屋があった。何気に写真んを撮って後で調べたら「鍵屋」(台東区根岸3-4-23-18)だった。マスコミにも取り上げられる知る人ぞ知る有名なお店なんですね。創業が安政3年(1856年)、女性だけの入店は認めないという老舗の居酒屋さんです。男性との同伴なら女性もOK。ちなみに店内は撮影OKで、店主自らポーズをとってくれるとか。

今回も実際行ってみるとすでになくなっている古い建物が何軒かあった。去年まであった金杉通りの出桁造りの立派な家が取り壊されていた。時間との勝負ですね。こうしてみると写真ってボケだアングルだといっても一義的には記録の道具だなあとつくづく感じた。

さてこのあと下谷3丁目の方に向かいました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6
スポンサーサイト
  1. 2015/02/04(水) 17:49:38|
  2. 楽しすぎる商店街
  3. | コメント:0
<<見てはいけないモノを見てしまった | ホーム | 台東区下谷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する