晴れたらいいね

no photo no life

神田古本まつり~お茶の水界隈

今年も「神田古本まつり」が始まりました。

2015102401.jpg

秋空の下、神田神保町の靖国通り沿いの古書店に並べられた古本の前に大勢の人が押し寄せてました。気のせいか古書独特の匂いが周囲に漂います。

2015102402.jpg

ひときわ目立つ「矢口書店」と「古賀書店」は棟続きの3階建てで、1928年(S3)築です。お気に入りの古書を探しながら古い建物を散策するのも楽しいですよ。

2015102403.jpg

いつも見慣れた図書館の本棚と全く異なる種類の古本の数々がどーんと並べられてます。世の中にこんな本があったのか、一見の価値があります。買う人は買うんですね、まとめ買いです。

2015102404.jpg

古い雑誌でいいものがあったらと探したんですが、気に入ったものが見当たらず。浮世絵らしきものがたくさん並べられていて一瞬手が出そうでしたが踏みとどまりました。明治から昭和初期の東京の様子をとらえた古い写真もたくさんあり、興味をそそられました。

前回はJR神田駅、秋葉原駅周辺でしたが、今回は御茶ノ水駅周辺の古い建物を見ました。

20151024map05.png
(道路、大学関係はスペースの都合で省略しています)

2015102405.jpg

神保町の交差点から白山通りを少し歩いたところに「研数学館」(千代田区西神田2-8)がありました。研数学館は、理学の研究・教育の支援を行っている一般財団法人です。

昭和4年に建てられた鉄筋コンクリート造4階建ての建物です。建物正面の外壁はゴシック調のデザインで、教会建築をイメージさせるような塔状の壁が屋上に乗せられています。正面から左側は塗り替えられてますね。

2015102406.jpg

白山通りに面した右側には古めかしい文字が並び、

2015102407.jpg

スクラッチタイルがまだうかがえ、歴史を感じさせます。

この時、突然カメラに異常事態発生!!焦ったけど撮影は可能だったんで続行。

2015102409.jpg

研数学館のすぐ近くにあるのが「カトリック神田教会」(千代田区西神田1-1-12)。正式には聖フランシスコ・ザビエル聖堂といいます。過去に焼失、大震災で倒壊し、現在の聖堂は1928年(S3)の再々建。スケールのあるルネサンス・ロマネスク様式の教会です。

2015102410.jpg

ぐるっと回ってこちらが入口になるのかな。内部は外観からは想像できないほどの広大さ、荘厳さを誇り、堂内を飾る聖像、聖画
と合わせて「これぞカトリック」と思わせるそうです。関係者らしき人がいて入るのを躊躇しちゃったんですが、見学可能のようです。

2015102412.jpg

教会の真ん前にあるのが「神田女学園」。初代東京市長の松田秀雄らによって1890年(明治23年)に設立されました。建物は昭和10年築ですが改装されているようですね。

2015102413.jpg

駿河台と呼ばれる台地に上る坂道がいくつかあります。そんな中でこれが「女坂」です。対になっている「男坂」に対して名付けられたものです。男坂が一直線の急坂であるのに比べ、中途で中やすみするようになっているので、「女坂」と呼ばれています。上ってみたけどお年寄りにはちょっときついかもしれません。

2015102414.jpg

こちらが「男坂」です。

2015102415.jpg

明大通りを下って右の坂道を上ったところに「山の上ホテル」(千代田区神田駿河台1-1)があります。建物は1937年(S12)財団法人日本生活協会の宿泊施設として建てられたものです。戦後米軍の接収を経てS29年山の上ホテルとして開業しました。池波正太郎や吉行淳之介など文人の逗留したホテルとして知られている。

2015102420.jpg

 「御茶ノ水スクエア」(千代田区神田駿河台1-6)は1925年(T14)竣工。主婦の友社の社屋として建てられました。1987年(S62)解体されましたが、ファサードを復元する形で高層棟をたちあげました。現在この建物は、日本大学が譲り受けカザルスホールとして運営しています。近づいてみると壁の表面にいろんな細工がされているんですが、年月があまり経ってないせいかリアル感に乏しい感じがしました。

2015102418.jpg

最後はあまりにも有名な「ニコライ堂」です。正式名称は「日本ハリストス正教会復活大聖堂」です。ハリストスとはロシア語でキリストのこと。1891年(M24))に完成しました。関東大震災で焼損後、1927年から7年の歳月をかけて改修されました。さらいH2年から8年ほどかけて修復されました。

2015102419.jpg

敷地のはずれにある「教団事務局」はほとんど気が付かない。これも古くて1885~1891年(M18~24)に造られました。今回初めてじっくり観察しましたが一見の価値が十分ありますね。今回はこれでおしまい。

今日はカメラ的にはついていなかった。神保町でカメラを取り出した後アイカップがないのを発見。どこかに落としたらしい。その後研数学館突然ファインダーが真っ白になり全く見えなくなってしまった。焦ったけどモニターは使えたので撮影はそのまま続行。これでかなりテンションが下がっちゃいました。

帰りにに新宿のヨドバシに寄って調べてもらったけど原因不明。またオリンパスのサービスステーションに持ち込まなくては、クソー。オリンパスのカメラは故障が多くない。オリンパス担当の店員さんの話では修理には相当費用が掛かりそうだ(涙)。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
スポンサーサイト
  1. 2015/10/25(日) 08:58:01|
  2. 東京お散歩
  3. | コメント:2
<<丸の内から銀座 | ホーム | シダンゴ山登山>>

コメント

ヒロさん

この辺りの学校の出身の諸先輩方、同輩、後輩は仕事を通じてたくさん存じてますので学校のことはあえて触れませんでした。

ここんとこ神田周辺の古い建物中心に回ってますが、まだまだ探せばたくさんあると思います。しかし東京は広い、一生かかっても回り切れないなあ。



  1. 2015/10/26(月) 05:06:31 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

学校は研数学館の裏手にあったんですが、知らない所がこんなにあるとは!

戻れるものなら35年前に戻りたいです。
  1. 2015/10/25(日) 22:00:39 |
  2. URL |
  3. ヒロ #hKK42Xhc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する