晴れたらいいね

no photo no life

山本容子さん

先日銀ブラをした時偶然山本容子さんの「山本容子のアーティスト図鑑」展を見ました。

2015110906.jpg

山本容子さん懐かしいなあ。以前テレビでよく拝見してたんですが、ここんとこそんな機会をなくすっかり忘れてました。銅版画家でありながら彼女の作品のことはほとんど知らず、見た目の美しさ(ミーハー的)のほうに興味があったようです。日本人には珍しい彼女のヘアースタイルなんかに目がいってました。

そんなわけで図書館から山本さんの本を借りてきました。

2015110907.jpg2015110902.jpg

2015110903.jpg2015110904.jpg

2015110908.jpg2015110905.jpg

彼女の全作品ではないですが、初期の作品からある程度見ることが出来ました。初期の作品はアンディ・ウォーホルに代表されるポップアートの影響を受けてるなあと感じました。男性用カミソリの刃がずらっと並んだ版画を見たときはちょっと驚きました。

また「本の話 絵の話」では初めての個展の話や、本や絵の話、銅版画の技法など、テレビで拝見していたイメージとは全く違う真面目な話でお人柄がよくわかりました。「パリ散歩画帖」では町並みを散策するときの心得なんかがスナップ写真が好きな自分にとても参考になりました。

古今東西の有名人の顔を版画にしてその横にちょっとした文章を書いているのも興味深かったです。時々むつかしくて理解できないところもありましたが、彼女にこんなに文才があるとは驚きでした。最後の写真の「TUGUMI」は吉本ばななの大ベストセラー作品ですが、この本の装画が山本さんの作品とは知らなかった。

ちょうど今新宿伊勢丹と根岸競馬記念公苑で山本さんの作品展が開催されています。行きたいけど~行けるかな。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/09(月) 05:37:13|
  2. その他
  3. | コメント:0
<<駅~竹内まりや | ホーム | 弘法山公園・吾妻山ハイキング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する