晴れたらいいね

no photo no life

「始皇帝と大兵馬俑」展

東京国立博物館で開催中の「始皇帝と大兵馬俑(だいへいばよう)」展に行ってきました。

約2200年前、「最初の皇帝」を名乗り、中国大陸に統一王朝を打ち立てた秦の始皇帝。その巨大な陵墓のほど近くには、8000体からなる地下軍団「兵馬俑」が埋められていました。1974年の出土以来、・・・・東京国立博物館パンフレットより抜粋

展示は第Ⅰ章から第Ⅲ章までの構成ですが、第Ⅰ、第Ⅱ章は秦王朝と始皇帝の遺品の食器、装飾品、瓦、水道管などが並んでいます。正直鑑賞眼もなく、少々退屈気味でさっと通り過ぎます。それにしても前9~8世紀、前5~3世紀の物がよく残っていたものです。

そして最後の第Ⅲ章「始皇帝が夢見た『永遠の世界』」が展示のハイライトです。巨大な部屋に本物(陶製)の兵馬俑が10体ほど置かれてます。兵士の隣には軍馬も置かれてます。最初自分は勘違いをしてて、これらは複製品かなと思っていたらすべて本物だった(感動)。近づいて見たんですが、リアル感がすごい。

そしてこれらの本物の兵馬俑の背後にはたくさんの複製の兵馬俑が並んでいました。顔つきをよく見ると大相撲の元横綱の朝青龍にそっくりさんもいた。全体的に頬骨がはった感じの顔でした。

そして最後にサプライズだったんですが、複製品が何体か置かれ、撮影OKの場所が設けられていました。うわ~うれしい、よかったちゃんとしたカメラを持ってきて。

・・で撮ったのが下の写真です。フラッシュはNGだけど、撮り放題です。

2015112109.jpg

複製品とはいえ近づくと摩訶不思議な世界に入り込んだ感覚になります。

2015112107.jpg

現在の中国の人の顔とは違うね。どちらかといえばモンゴル系と思ったけど、よく見るといろんなタイプの顔が混ざっている。

2015112103.jpg

大きさは等身大のような気がします。結構大きいですよ。

2015112102.jpg

この不敵な笑みはなんだろう。

2015112119.jpg

戦いに明け暮れた彼らは何を考え、どんな生活をし、どんな家族を持ち、何が楽しみで生きたんだろう。

ところで、前210年に始皇帝が没すると、過酷な支配に対する民衆の反感が高まりを見せ、全国に反乱が広まり、前206年に秦は滅亡してしまった。秦の滅亡後に中国を再統一したのは漢(前漢)の高祖でした。秦代から漢代にかけて確立した皇帝を頂点とする政治・社会制度はその後2000年以上にわたり中国を統治する支配システムとなったのです。

現実の世界に戻って清々しい秋空を眺めたら我に返りました。

2015112111.jpg

表慶館にはいつの間にかブルガリが入ってました。この大木はユリノキです。

2015112113.jpg

因みにここでくつろげる人はチケット購入者のみですから。

このあと久しぶりに谷中へ。谷中1丁目に見たいものがありました。

20151121map03.png

以前雑誌か何かで見かけた古井戸を見たかった。でもこれがなかなか見つからず、言問通りを右往左往しちゃいました。地図で見ると簡単そうだったんですが、入り口がなかなか見つからなかった。

2015112123.jpg

てっきり玉林寺の横に通りがあると思っていたら境内から入っていくんですね。矢印の先を進んでいきます。

2015112121.jpg

くねくねと進んで行ったら・・あった。やっと見つけた。ちょっとした階段の上り口に屋根のついた古井戸がありました。よく見ると「N家専用」と書かれた木札が打ち付けられていた。手押し部分は紐で括りつけられていて勝手に使えないようになっていた。N家は井戸の向かい側のお宅らしい。谷中といえ個人宅の井戸がこうして残っているのには驚きました。

2015112114.jpg

このあと久しぶりに谷中を散策。しばらく見ないと空き地になっちゃたり、新築が進んでます。

2015112115.jpg

へび道を通り、よみせ通りを歩きます。

2015112116.jpg

雑誌にも取り上げられているお店。こんにゃく・ところてんの製造販売を行っている。刺身こんにゃく(酢味噌付き)が名物かな。

2015112117.jpg

三軒長屋の肉屋さんも健在だ。とんがっているのは煙突ではなくて換気扇です。おばちゃんが常連さんと楽しいおしゃべりをしていた。

2015112118.jpg

谷中銀座を歩きます。相変わらずの混みようで、外人さんが増えたなあ。それにメンチカツ、いか焼き、芋菓子などなど食べ歩きが目立った。

日暮里から山手線に乗って帰ってきました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
スポンサーサイト
  1. 2015/11/21(土) 17:12:03|
  2. 美術展
  3. | コメント:0
<<日向の紅葉 | ホーム | 大山の紅葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する