晴れたらいいね

no photo no life

北の湖理事長 日本相撲協会葬

先日亡くなった北の湖理事長の日本相撲協会葬が両国国技館で営まれ、お焼香に行ってきました。その前に今年も築地場外市場にも立ち寄りました。その話はあとで。

2015122202.jpg

国技館前に12時半過ぎに着いたんですが、入口に若い衆がずらっと並んでました。もう少し早く来れば北の湖理事長の車を迎えるところが見れたんですね。圧巻の眺めなんですが、何よりも鬢付け油の匂いがぷ~んと周囲に匂っていました。相撲協会幹部の親方衆もちらほら見えました。

一般焼香のための入場は簡単に出来、カードに住所、名前を書いて受付に出し、国技館の中へ案内されました。通路の壁には北の湖理事長の数々の写真が飾られてました。懐かしそうに見入る方、写真を撮る方、個人をしのびます。

2015122330.jpg

式場の様子が映し出されたパネルの前の椅子に座り午後1時の開始を待ちました。

葬儀委員長は、故人の後任となる八角理事長(元横綱北勝海)が務め、予定通り午後1時に始まりました。詳細はすでに報道されている通りです。各界の方の弔辞の中でも北の湖部屋東京後援会の会長さんの言葉が心に残りました。

自分の知る限り昭和の大横綱大鵬に並び称される不出世の大横綱だと思います。ほぼ同年代なんでよく知ってますが、とにかく強すぎて、愛想がなくて、正直当時は嫌いだったなあ。近年では相撲界の不祥事の時の理事長でますます嫌いになった。そんな自分が北の湖の葬儀に出るなんて不思議ですね。この年になると北の湖の人柄がよくわかるようになりました。不愛想に見えても本当は心の優しい他人に対して気遣いの出来る人だった。同時代を生きた大横綱の葬儀には行かなくては。

2015122331.jpg

お葬式の進行はこの定点映像でしか見られなかった。

2015122333.jpg

式が終わった後一般会葬者も会場に入れてくれてお焼香出来ると思ったら、そうじゃなかった。廊下の一角に臨時の場所が設置され、北の湖理事長の写真が見守る中お焼香を済ませました。

2015122334.jpg

改装御礼のハガキをもらい外に出たらまだ大勢の方がお焼香のために並んでいた。一日も早く日本人の横綱が出て欲しい。でも正直望み薄だけどね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
スポンサーサイト
  1. 2015/12/22(火) 20:45:30|
  2. その他
  3. | コメント:0
<<築地場外市場 | ホーム | 浅草羽子板市2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する