晴れたらいいね

no photo no life

チェット・ベイカー

手持ちのMDに入っているCTI最大のヒットアルバム『アランフェス協奏曲』ジム・ホールを久しぶりに聞いたんだけど、うかつだった。

2016022001jim hall
(アランフェス協奏曲/ジム・ホール)

ジム・ホールの名演はともかく、このトランペットは誰だっけ?間のとり方が凄くいいんだよね。今まで何気に聞き流していたけど、凄くいいじゃん。チェット・ベイカーだった。音が出そうで出ない、出ないようで出る・・・スースーという感じから柔らかな音色が流れ出す。連続で10回ほど聞いちゃいました。ついでながらローランド・ハナのピアノも最高。

もちろん昔からチェット・ベイカーのことは知ってましたよ。トランぺッターというより変な声で歌を歌うジャズマンぐらいの認識しかなくて、ほとんど聞いたことはなかった。

彼の名前を冠したアルバム多くはなかったんですが、図書館から何枚か借りてきました。さらにyoutubeで彼の演奏をたくさん見聞きしました。しかしゴマンと映像が残っているんですね(驚)。

2016022104chet baker3
(CHET BAKER SINGS)

チェット・ベイカーと言えばこの「CHET BAKER SINGS」1956 が名盤と言われてますが、あいにく図書館にはありませんでした。

2016022003chet baker12016022002chet baker22016022105chet baker5

(左:Chet Baker best 中:Chet Baker IN PARIS 右:Chet Baker sings and plays )

左のベスト盤に「CHET BAKER SINGS」の内8曲が収録されているのでまあ良しとしましょう。彼は実にたくさんのアルバムを残していますが、これらのCDやyoutubeでその片鱗がうかがい知れました。「MY FUNNY VALENTINE」に代表される彼の歌は個性的で、中性的で、ファンも多いのですが、個人的にはそれほど好きにはなれません。それよりさっきも言ったけど、出そうで出ないような感じで、一見頼りなさそうな吹きっぷりだけど、よく歌っているプレイが気に入りました。

彼の生涯は波乱に満ちたもので、最後は不慮の事故で亡くなりました(1929-1988)。たくさん見たyoutubeの中で一緒にプレイをしたラス・フリーマンのインタビュー、テナーの巨人スタンゲッツとの共演、ドキュメンタリー映画「Let's Get Lost」が特に印象に残りました。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/21(日) 17:21:36|
  2. 音楽
  3. | コメント:0
<<シャッター街 | ホーム | 松田町の河津桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する