晴れたらいいね

no photo no life

東京マラソン2016

絶好の天気に恵まれて、東京マラソン2016がスタート。今日は浅草から銀座に回るつもりです。

10時少し前に雷門前に到着したんだけど、一列目はすでに埋まっていて、後ろからの見物となりました。雷門側は3重4重の人垣となってます。

2016022801.jpg

日陰で寒さに震えながら待っていると、10:00車いすのトップグループが轟音と共に目の前を通過して行った、早い!こうしてみると競技用車いすのマシン的な美しさはF1のそれに匹敵する。人馬一体というが、まさにマシンとそれを操る人間の姿は一個の芸術作品のように見えてくる。

2016022803.jpg

10:33ペースメーカーの二人から数秒遅れでトップ集団の7人が通過して行きます。あれっ日本人がひとりも入ってないじゃん。隣の方が失望のあまり悲鳴を上げていた。この辺りは28km地点のほんの手前になります。

2016022804.jpg

金龍の舞が周囲を駆け巡り、大会を盛り上げます。

2016022820.jpg

雷門前ではこの他に芸者さんの太鼓の演奏があったり、おば様方の踊りがあったりと賑やかでした。

2016022805.jpg

トップ集団に遅れること1分、村山謙太(旭化成)がひとり走り去った。村山から2分遅れで第2グループが通過して行きました。

2016022806.jpg

このあと「浅草文化観光センター」の2Fに場所を移動し、しばらく写真を撮っていました。トップが通過してから30分ぐらいしか経っていないので、この辺りを走っているランナーは足に自信がある人たちです。間違ってもかぶりもんやコスプレの人はいないです(笑)。

2016022822.jpg


2016022808.jpg

今回外人さんが多かったですね。(過去最高の84の国と地域から約6500人が参加)

2016022809.jpg

そろそろ面白いランナーが通りそうですね。見物人も期待してます。ここで吾妻橋の交差点の近くにあるお馴染みの牛丼屋さんに入ったけど、ひとっこひとりいなかった。一瞬今日は臨時休業かなっと思っちゃいました。注文して10秒で目の前に来た。

2016022810.jpg
(以下写真は縦幅のみトリミングしました)

昼食の後、吾妻橋の交差点から浅草橋方面に走っていくランナーを応援しました。ちょうどここは28km地点です。

2016022811.jpg


2016022812.jpg

「頑張れ!」「頑張れ!」と声をかけて励ましましたが、よく考えてみれば、みんな頑張ってんだよね。他にもっといい声のかけ方ってないのかな。

2016022823.jpg

一瞬、アル・パチーノが走っていると思っちゃった。ダメもとの観光気分で走っていると思いきや、大違い。外人さんはみんなマジで懸命に走っていた。そりゃそうかもね、わざわざ大金を払って来るからには何が何でも完走しなくちゃあ国へ帰れない(笑)。

沿道で応援している人たちに自ら近づいてハイタッチをしていくランナーもたくさんいた。声をかけて反応するランナーはまだまだ余力がありそうだけど、全く無反応の人は相当疲れているんだろうね。

2016022814.jpg

沿道にいた知り合いに手を振るランナー。

2016022815.jpg

今回外人さんが目立ったけど、外国のランナーを励ます言葉って何だろう?Go!Go!Go!とかCome onとか適当に言っていたけど、これでいいのかな(笑)。

あとで調べたら → これ とか こんなのがあった。来年以降また応援するときに参考にします。

2016022816.jpg

たしか小田原のミカンと言っていたと思いますが、ミカンの皮をその場で剥いて、ランナーに差し出していたご家族がいました。お子さんがキャンディーを持って待ち構えているご家族もいた。あちこちで見られる風景でした。ランナーと応援する人たちとの一体感はここにいないと味わうことは出来ない。

2016022819.jpg

沿道で待ち構えていた奥さんと二人のお子さんと感動の再会。男の子がものすごく喜んでいた。お父さんは疲れているけど、あくまで強気の発言でご家族を安心させています。横で聞いていて感動ものです。

2016022817.jpg

トップランナーからこの時点で2時間近く遅れてます。皆さん気持ちがあっても足が、足が、相当痛んでます。

2016022821.jpg

このあと銀座に回る予定だったんだけど、ここ浅草で十分だ、そろそろ帰ります。皆さん頑張って完走してください。

※後で結果を知ったけど、日本勢の成績にガッカリ。学生勢の健闘、社会人選手の不振。アフリカ勢には永遠に追いつけないのか。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
スポンサーサイト
  1. 2016/02/28(日) 17:05:02|
  2. その他
  3. | コメント:4
<<安野光雅の本 | ホーム | 大和郷土民家園の河津桜>>

コメント

星峰さん

走ったり、山登りをしたり、自転車に乗ったり、苦しい思いをした後の達成感は格別ですね。
自分もたいしたことのない山登りをしますが、途中なんで山に登っているんだろうと後悔しつつ登ったことが何度もありました。
でも登り切った後の満足感と爽快感は忘れません。

頑張った過去の思い出は自分の勲章としましょう。
星峰さんは金メダルがいっぱいです。
今の自分に出来ることを精一杯やることが一番だと思います。
誰かが言いました、「出来ないことを数えるより、出来ることを数えましょう」とね。最近この言葉が身に沁みます。
  1. 2016/03/01(火) 04:47:32 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

そうですね・・苦しくなって来るともう二度と走らないぞ~って
思ったりしますが、走り終えた後の達成感はどんなタイムであろうと
言い尽くせないものですね・・

今では遠い思い出になってしまいましたが・・^_^;
  1. 2016/02/29(月) 11:17:39 |
  2. URL |
  3. 星峰 #rdwG4C.k
  4. [ 編集 ]

星峰さん

ランナーにとってちょっと暑いくらいでしたが、絶好の天気に恵まれてよかった。
今まで何度も応援に行ってますが、今回が一番楽しかったです。
こっちは気楽に応援してますが、走っている人の顔を見てると大変だなあ~。
星峰さんも経験あると思いますうが、苦労して完走した後の満足感は本人しか分からないんでしょうね。

  1. 2016/02/29(月) 04:54:05 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

東京M応援お疲れ様でした・・
そうそう、頑張っては一生懸命走ってるものには過酷な言葉なんですよね~(笑)
でも、やはり言ってしまう言葉、他にファイト~っとか、走ってる笑顔素敵~なんていうかけ声を送ったりしています。

今回は前夜祭としての飲み会に昨日行ってきましたが、本番は用があっていかれませんでした~今日は天気が良くて走り易かった事でしょうね。
  1. 2016/02/28(日) 22:55:48 |
  2. URL |
  3. 星峰 #rdwG4C.k
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する