晴れたらいいね

no photo no life

安野光雅の本2

あれから安野光雅に魅せられて、たくさんの本を見ました。中でも特に気に入ったのはヨーロッパを旅して描いた風景画でした。

2016030901.jpg2016030902.jpg

2016030903.jpg2016030904.jpg

上段 左:イギリスの村 1983 右:オランダの花 1988
下段 左:イタリアの丘 1980 右:ヨーロッパの街から村へ 1999

1970~1990代にアサヒグラフや週刊朝日に連載されたものをまとめたものです。

素敵な風景画ばっかりで選ぶのに迷いましたが、いくつか紹介します。

2016030905.jpg2016030906.jpg
<オランダの花> 左:ズンデルトのはずれの農家 右:セルトーヘンボスのヨットハーバー 

2016030907.jpg2016030909.jpg
<イギリスの村> 左:ヨークの海岸で 右:バースの近くの村

2016030908.jpg2016030910.jpg
<ヨーロッパの街から村へ> 左:マルセイユの入江 右:旧市街の食料品店

安野光雅が自分で車を運転し、ヨーロッパ中を駆け巡り、スケッチしたものです。絵と共にその土地でのエピソード、歴史の添え書きがあり、これがまた面白い。もちろんヨーロッパなんか行ったことはないけど、その土地の暮らしぶりや国民性を垣間見ることが出来ました。それにしても水彩画で描かれる田舎の風景がとても心にしみる。自分が風景写真を撮る時の参考になれば、という思いもありました。イタリアで40年近く昔の教え子の女性に偶然会ったエピソードもほほえましかった。

安野さんのような水彩画を描いてみたいと前々から思っているんだけど、なかなか先に進まない。

余談ですが、安野光雅の数学的センスが溢れる「算私語録」を読んでいてこんなのを発見。
1975年1月17日朝日新聞の夕刊に載った記事。ある男性が宝くじ40枚を買って2等1000万円が当たった。今でいえば数千万円になるのかな。同僚の間でやっかみやら冗談やら大変な騒ぎになった。本人は真剣に悩み、同僚間の人間関係の方が大切だと当たりくじを燃やしてしまった。実にもったいない話なんですが、この男性の住所を見て目を疑った。自分の田舎のご近所だった(驚)。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/09(水) 05:04:01|
  2. | コメント:3
<<マネー・ショート 華麗なる大逆転 | ホーム | 飯山観音まで歩く>>

コメント

イリヤさん

恥ずかしながらつい最近まで安野光雅さんのことは全く知りませんでした。
調べてみると、とにかくものすごい数の作品に驚かされます。
絵心だけでなく広い知識をお持ちで、洒脱な文章が面白いです。
田舎育ちなのでヨーロッパの田園風景には特にひかれました。

ブログのスタイルが変わりましたか?
最近あまり出歩かないからかな。身近な話題が増えたのかな(笑)。
実は元気そうに見えますが、体調が万全ではないのです。
季節の変化に体がついていけないようで、いまいち調子が出ません。
そのせいで気力も若干落ち気味です。
暖かくなればまた元通りになると思うのですが・・・。
お気遣いありがとうございます。


  1. 2016/03/10(木) 05:08:13 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

akiさん、こんにちは。
安野光雅さんの風景画は私も大好きです。
本は持っていませんが、何回か小さな展覧会に行ったり、カレンダーを買ったりしています。
行った事の無い場所の風景でも、何となく懐かしくほっこりした気持ちにさせて貰えます。
美術だけでなく他の分野にも造詣の深い方というのは知りませんでしたが、今度本も読んでみたくなりました。
「算私語録」(3456?)数学的センスだけでなくユーモアのセンスもおありのようですね。
宝くじのお話、私には真似が出来そうもありません^^;
ブログのスタイルが変わりましたか?
  1. 2016/03/09(水) 17:28:45 |
  2. URL |
  3. イリヤ #OEx97cus
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/09(水) 15:24:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する