晴れたらいいね

no photo no life

三之宮比々多神社例祭

今日は伊勢原の「比々多神社」の例祭です。比々多神社はその昔自転車乗りだったころたびたび立ち寄った神社で、例祭も10年くらい前に一度ちらっと見たことがある。

2016042203.jpg

11時過ぎに到着。平日のこんな時間なんで子供の姿も見えず、たいして混んではいません。見渡せば、半分はカメラおじさんとカメラおばさんです。

2016042202.jpg

神社周辺のサトザクラが見ごろ迎えていました。こんもりもっこりの花びらを思わずいじりたくなっちゃいます。

時間が来ました、いよいよ始まりです。

2016042204.jpg

午後1時少し前、三ノ宮を皮切りに、栗原、神戸の氏子達が「青年宮詰」といって順番に神社に駆け込んできます。まずは三ノ宮がダーッと走り込んできます。

2016042206.jpg

栗原が続き、

2016042207.jpg

最後に神戸の氏子が拍手に迎えられて入ってきました。地区は違ってもご近所ですから、一年ぶりの再会にうれしそうで、お互いに声を掛け合っていました。

2016042208.jpg

本堂にあった御神輿が慎重に運び出されます。

2016042210.jpg

まずは境内の中で威勢よくひと揉みします。こんな時は御神輿に近づいてパチパチやるんですが、関係者の方たちに厳しく規制されて近づけません。なるほど御神輿はあっちこっちに激しく動き回り危険です。

2016042211.jpg

神社の境内から外に出たところでも威勢よく動き回ります。

2016042212.jpg

そして午後1時10分、行列出立、神輿御立です。土手の下から行列をパチパチ。ここが撮影ポイントのようで、カメラマンがいっぱい。

2016042214.jpg

勢いあまって土手の下に転げ落ちないように必死です。

2016042216.jpg


2016042217.jpg

バッチリカメラ目線ですね、お兄さん。

2016042218.jpg


2016042219.jpg

途中で御神輿を台車に乗せて移動するんですね。「栗原入口」バス停付近です。この辺りは畑ばっかりで民家は一軒もありません。

2016042222.jpg

東名が見える辺りです、加藤清正・熊谷次郎直実・先代萩の男之助のカラクリ人形が載せられた山車が止まっています。この山車は御神輿と一緒にこの先巡幸するのではなく、御神輿が再び比々多神社に戻る時一緒に神社に戻るようです。

2016042221.jpg

小中学生かな、お囃子をやってましたが、しっかりしたものでした。この先まだまだ続くようですが、ここで神社の方に戻ります。

2016042223.jpg

境内は屋台でびっちりなんです。でも子供たちがいないので今のところ閑散としてます。夕方5時過ぎに御神輿と山車が戻ってきます。その時が例祭のクライマックスのようです。見たいけどこのあと3時間も待てないので帰ります。

帰りのバス、途中「叔母様」バス停の名前がアナウンスされたら乗客がどっと笑った。「おばさま」なんてバス停の名前は全国探してもここだけじゃあないの。自分も知らなかった。でもこの辺りの長閑な雰囲気がいいですね。いつも東京の有名なお祭りしか見ないけど、地元に近い所のお祭りもいいですね。なお伊勢原駅北口から臨時バスが出てますし、帰りも比々多神社から臨時バスが何本かありました。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
スポンサーサイト
  1. 2016/04/22(金) 18:45:14|
  2. お祭
  3. | コメント:0
<<新緑の三渓園 | ホーム | 報国寺から鶴岡八幡宮へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する